目次へ戻る

トヨタの新型センチュリー フルモデルチェンジ最新情報 発売日・スペックは?

トヨタの新型センチュリー フルモデルチェンジ最新情報 発売日・スペックは?

トヨタの最高級車。国産ショーファードリブン。センチュリーの新型が発表されました。センチュリーは東京モーターショー2017に出展されます。センチュリーのフルモデルチェンジは約20年ぶりとあって、期待が高まっています。本記事では、新型センチュリーの最新情報、発売日・概要についてお届けします。


トヨタのセンチュリー、フルモデルチェンジを発表

トヨタより、東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」にて、2018年発売予定の新型センチュリーを初披露するとの発表がされました。

今回のフルモデルチェンジで3代目となるセンチュリー。

「継承と進化」をコンセプトに、ヘリテージを継承しつつも新しい魅力を付与した内外装デザイン、ショーファーカーとしてふさわしい先進装備・快適装備の採用などに重点を置き、開発を進めてきました。

改めて知りたい トヨタの最高級車センチュリーってどんな車?

トヨタのセンチュリーは1967年~2017年までの間、製造販売されていた最高級乗用車です。
主に日本国内の、官公庁や企業などの公用車、社用車として使用されていました。

また、富裕層の自家用車としても用いられているそうです。
値段はもちろん高いですが、価格云々を度外視して、格調高い車と言えますね。一度は後部座席に乗ってみたいと思う方もいるんじゃないでしょうか。

センチュリー新型 基本情報・スペックを大公開

新型センチュリーは、5リットルV8直噴エンジンとハイブリッドシステムを組み合わせることで、クラストップレベルの低燃費を追求しました。

また、トランスミッションには2段変速式リダクション機構を搭載し、静かで滑らかな走行を実現します。

また、ホイールベースの拡大や、スカッフプレートとフロアの低段差化、ドアの開口高さの拡大を実施するなど、後席優先のパッケージに磨きをかけました。

 
トヨタ センチュリー新型 基本情報
全長×全幅×全高(mm)5,335×1,930×1,505
ホイールベース(mm)3,090
エンジン 型式2UR-FSE

2代目のセンチュリーと比較してみると、2代目は、全長5,270 mm×全幅1,890 mm×全高1,475 mm、ホイールベースが3,090mmでしたので、新型の方が全長、ホイールベースが大きくなり、より重厚感が増したと言えそうです。

センチュリー新型 エクステリア・インテリア

外装デザインでは、二重構造としたグリルの縦格子の奥側やクリアランスランプに七宝文様を施すなど、精緻な造りこみで華やかさを表現しています。

また、プロジェクター式ヘッドランプ3灯とLEDアレイAHSを一体化したヘッドランプで、高級セダンらしいはっきりとした表情を演出します。

リヤシートには電動オットマン付き

リヤシートには電動オットマンを設定。

座り心地を追求したリフレッシュ機能付アジャスタブルリヤシートを採用することで、心地良さと格の高さを実現しています。

また、内装デザインは、後席空間に折り上げ天井様式を採用するとともに、伝統的な柄を施すことで、最高級車にふさわしい格式高い設えを演出しました。

センチュリー 新型気になる発売は2018年?

トヨタのセンチュリー新型、発売は2018年年央と公式から発表されています。

まだ詳細なことは明らかになっていませんが、2018年の秋ごろには、新しくなったセンチュリーが街を走る姿が見られる…かもしれませんね。

どうしても早くこの目で確かめたい、という方は、センチュリー新型が初公開される東京モーターショー2017がオススメです。

【10月13日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

https://matome.response.jp/articles/661/

【10/13情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【2月20日更新】


【シカゴモーターショー2019】トヨタ RAV4 新型にTRDオフロード登場

【シカゴモーターショー2019】トヨタ RAV4 新型にTRDオフロード登場

トヨタ自動車の米国部門は、シカゴモーターショー2019に、新型にて『RAV4』(Toyota RAV4)の「TRDオフロード」を初公開しました。このRAV4TRDオフロードは、日本市場にも今春復活導入される予定の新型RAV4をベースに、オフロード性能を高めたグレードになります。大注目のRAV4のグレード、最新情報をまとめました。


【初披露】トヨタのハイエース 世界向けの新シリーズを発表!

【初披露】トヨタのハイエース 世界向けの新シリーズを発表!

トヨタ自動車は2月18日、『ハイエース』の海外向け新シリーズをフィリピンで世界初公開しました。 自動車市場が拡大し続ける新興国・地域では、物流に加えて、観光用ミニバス、乗合バス等の乗客輸送の需要が拡大。ハイエースの新シリーズは、このような多様なニーズに柔軟に対応するために開発されています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。


【ジュネーブモーターショー2019】トヨタのアイゴに特別モデル登場

【ジュネーブモーターショー2019】トヨタのアイゴに特別モデル登場

トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019において、『アイゴ』(Toyota AYGO)の「x-style」と「x-cite」を初公開すると発表しました。みなさんはこのアイゴ、ご存知ですか?


最新の投稿


【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

カーオーディオの音質改善のために行うデッドニング。具体的にどのような効果があるのか、デッドニングに掛かる費用、方法や、おすすめのデッドニングキットの紹介などを合わせて紹介しています。


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

動いている車を止めるためになくてはならない部品がブレーキです。ブレーキにもいろいろ種類があり、ディスクブレーキタイプに必要な部品の1つがブレーキキャリパーになります。今回はブレーキキャリパーについて、その役割と構造を紹介します。


ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ターボ車には必要不可欠な部品の1つであるのがブローオフバルブです。今回はブローオフバルブの役割と効果について、仕組みも合わせて紹介します。現在ついている純正品から社外品ブローオフバルブへの取り付けを検討する際の注意点も合わせて紹介します。


【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

ジュネーブ・モーターショーとは、スイスのジュネーヴで毎年春に開催される大規模なモーターショーです。世界5大モーターショーの1つでもあり、多くのヨーロッパメーカーの新型車がワールドプレミアされる傾向にあります。2019年もジュネーブモーターショーで多くの新型車が発表される予感!本記事ではジュネーブモーターショー2019についてまとめています。