トップへ戻る

トヨタ 新型カムリ躍進、セダン復権なるか?

トヨタ 新型カムリ躍進、セダン復権なるか?

017年9月度の販売速報が自販連より発表されました。だれもが注目するのが全体トップとなったフルモデルチェンジした「N-BOX」でしたが、もう一つ注目したいのが30位にランクインした「カムリ」でした。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


新型カムリ 発売以来セダンとしては異例の大健闘

2017年9月度の販売速報が自販連より発表されました。だれもが注目するのが全体トップとなったフルモデルチェンジした「N-BOX」でしたが、もう一つ注目したいのが30位にランクインした「カムリ」です。登録台数は3,324台でしかありませんが、前年同月比はなんと765.9%、しかも9月単月だけのことではなく、フルモデルチェンジした後の7月から三か月連続での700%超えなのです。

ちなみに、3,324台というのは、同じトヨタのLサイズミニバン「ヴェルファイア」や「アルファード」と並ぶ台数であり、計画販売台数は月間2,400台となっています。

新型カムリ人気の理由

新型「カムリ」が好評な理由としては、ワイド&ローフォルムによるスポーティかつ美しいスタイリングがあげられています。たしかに、これまでの小さい「クラウン」、北米向けの大柄なファミリーカーというイメージから、スポーティーでスタイリッシュな「今」の日本人好みのスタイリングは、「セダンもいいじゃないか?」と思わせるカッコ良さがあります。

他のセダン勢は?

SUBARU インプレッサG4

マツダ アクセラセダン

セダンが売れなくなってもうずいぶんと時間が経過し、車種別販売ランキングを見ると、上位には軽自動車、コンパクトハッチバック、ミニバン、そしてSUVだらけ。14位にやっと「カローラ」がランクインしますが、前年比で68.4%止まりと苦戦中。「クラウン」もベスト30には見られません。

他にセダンをラインナップしている車種としても、ベスト30圏内には19位の「インプレッサ」、26位の「アクセラ」があるだけです。しかも「インプレッサ」の販売構成比は、80:20とハッチバックのスポーツがセダンのG4を圧倒しており、「アクセラ」も同様だと考えられます。

そんな状況の中での「カムリ」の躍進は、いよいよセダンの復活を感じざるを得ません。

セダンはもう必要ないのか?

カムリG“レザーパッケージ” (内装色:ベージュ) 〈オプション装着車〉

少子高齢化と若者のクルマ離れによる自動車市場の縮小は今に始まったわけではありません。そして、高齢ドライバーの免許返納など、明るいニュースはなさそうな自動車業界ですが、運転免許の取得件数は順調に伸びているなど、若者を含め、魅力的な車種さえあれば大ヒットする可能性は常にあります。

先進運転車支援システム、自動運転、EV、今これらのキーワードをからめた車種には熱い視線が集まっています。これまで絶対条件だった低燃費はやや後退してますが、むしろ低燃費なのは当たり前と考えても良いでしょう。

ようするに優れたデザインのセダンであれば売れるはず。セダンが必要なくなったのではなく、デザイン的に熟成しきったセダンは個性を出すのが難しいからと、流行り始めたハッチバックやミニバンに注力し、セダンの開発をしなかったメーカーが原因なのかも知れないのです。

そして、かつてのセダンのように、ハッチバックやミニバンがどれも同じに見える今こそ、セダンが復活する時なのです。

高齢ドライバーが欲しいのは今でもセダン

カムリG“レザーパッケージ” (エモーショナルレッド)〈オプション装着車〉

ボディタイプとしては相変わらずミニバンとSUVに人気が集まりますが、ミニバンはそろそろブームが終わりそう。なんせ少子化なのですから。そして、かつてクルマといえばセダンが当たり前だった時代からハンドルを握り続けてきた高齢ドライバーが直面するのが、軽自動車、コンパクトハッチバック、ミニバン、そしてSUVという醜い車たち(彼らの美意識にとって)しかない現状。

家族のために選んだミニバン、平日に運転する奥様のための軽自動車やコンパクトハッチバックではなく、自分がハンドルを奪い返したなら、やっぱりセダンが欲しい。そう思っている先輩諸氏は多いはず。いや、確実に増え続けているのです。

中にはアグレシップな方がSUVを選ぶかもしれませんが、奥様の理解を得るにはゆったりと助手席でくつろいでもらえるセダンが一番なのです。

まとめ

新型「カムリ」を見て、若い時に乗っていて、かつて一世を風靡した「マークⅡ」を思い起こす方もいるのではないでしょうか?

「レクサス」だとえぐすぎる、「クラウン」は遠慮したい。そう思うトヨタ信者の先輩諸氏は「カローラアクシオ」から買い換える車種は、「マークⅡ」を彷彿とさせる「カムリ」しかないはず。今のところ、浮気したくなる国産セダンもないのですから。

カムリ躍進?2018年最新のセダン おすすめ・人気ランキングはこちら

関連する投稿


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!


トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

魅力的な設計で実用性が高く、ファミリー層から一人乗りまで、幅広いドライバーに人気のシエンタ。今回は、シエンタの特徴や機能、グレードの解説から、最新情報をご紹介します。


トヨタの名車・2000GTは中古で買える?

トヨタの名車・2000GTは中古で買える?

1967年から1970年のわずか3年間のみ生産されたトヨタ2000GTは、あまり知られてはいませんがヤマハ発動機との共同開発された車です。販売台数も337台(2M-B型・2,253cc、9台試作は含まず)と、その数の少なさで幻の車とも呼ばれているようです。今回はこのトヨタ2000GTについて説明します。


【クロカンSUV】トヨタ「FJクルーザー」その魅力に迫る!

【クロカンSUV】トヨタ「FJクルーザー」その魅力に迫る!

トヨタの製造販売していたクロカンSUV、FJクルーザーは、国内での販売以前に2006年に北米で2008年にはメキシコ・中国で発売された後、2010年に国内販売がなされた車です。2018年の製造販売終了まで殆ど形を変えず販売されていました。今回はこのFJクルーザーについて見ていきます。気になる日本復活はあるのでしょうか。


なぜ、トヨタ アルファードは売れるのか?その秘密に迫る!

なぜ、トヨタ アルファードは売れるのか?その秘密に迫る!

アルファード! 豪華でカッコよくて、いつかは乗ってみたいクルマですよね。 大ヒットしているアルファード、なぜそんなに売れるのかを探ってみました!


最新の投稿


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

クルマやバイクに乗っていればいつ遭遇してもおかしくないのが交通事故です。今回は、交通事故における運転手の義務や事故発生時の対処方法、昨今の交通事故事情などをご紹介します。これを読んで万が一の時慌てないようにしましょう。


エンジンがかからない?!車のハンドルロックの解除方法

エンジンがかからない?!車のハンドルロックの解除方法

車に乗ったのにキーが回らない、という経験をしたことをありませんか?これは、車の盗難防止策の一つであるハンドルロックという機能の存在が関係しているかもしれません。今回は、そんなハンドルロックの仕組みとハンドルロックの解除方法に関して解説していきます。


インタークーラーとは?その役割や種類についても解説

インタークーラーとは?その役割や種類についても解説

ターボ(過給機装置)装着車によく聞く、インタークーラーという言葉ですが、そもそもインタークーラーってなんなのでしょうか?今回はこのインタークーラーはどの様な役割を果たしているのか、またその効果についてもご紹介します。


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!