目次へ戻る

トヨタ 新型カムリ躍進、セダン復権なるか?

トヨタ 新型カムリ躍進、セダン復権なるか?

017年9月度の販売速報が自販連より発表されました。だれもが注目するのが全体トップとなったフルモデルチェンジした「N-BOX」でしたが、もう一つ注目したいのが30位にランクインした「カムリ」でした。


新型カムリ 発売以来セダンとしては異例の大健闘

2017年9月度の販売速報が自販連より発表されました。だれもが注目するのが全体トップとなったフルモデルチェンジした「N-BOX」でしたが、もう一つ注目したいのが30位にランクインした「カムリ」です。登録台数は3,324台でしかありませんが、前年同月比はなんと765.9%、しかも9月単月だけのことではなく、フルモデルチェンジした後の7月から三か月連続での700%超えなのです。

ちなみに、3,324台というのは、同じトヨタのLサイズミニバン「ヴェルファイア」や「アルファード」と並ぶ台数であり、計画販売台数は月間2,400台となっています。

新型カムリ人気の理由

新型「カムリ」が好評な理由としては、ワイド&ローフォルムによるスポーティかつ美しいスタイリングがあげられています。たしかに、これまでの小さい「クラウン」、北米向けの大柄なファミリーカーというイメージから、スポーティーでスタイリッシュな「今」の日本人好みのスタイリングは、「セダンもいいじゃないか?」と思わせるカッコ良さがあります。

他のセダン勢は?

SUBARU インプレッサG4

マツダ アクセラセダン

セダンが売れなくなってもうずいぶんと時間が経過し、車種別販売ランキングを見ると、上位には軽自動車、コンパクトハッチバック、ミニバン、そしてSUVだらけ。14位にやっと「カローラ」がランクインしますが、前年比で68.4%止まりと苦戦中。「クラウン」もベスト30には見られません。

他にセダンをラインナップしている車種としても、ベスト30圏内には19位の「インプレッサ」、26位の「アクセラ」があるだけです。しかも「インプレッサ」の販売構成比は、80:20とハッチバックのスポーツがセダンのG4を圧倒しており、「アクセラ」も同様だと考えられます。

そんな状況の中での「カムリ」の躍進は、いよいよセダンの復活を感じざるを得ません。

セダンはもう必要ないのか?

カムリG“レザーパッケージ” (内装色:ベージュ) 〈オプション装着車〉

少子高齢化と若者のクルマ離れによる自動車市場の縮小は今に始まったわけではありません。そして、高齢ドライバーの免許返納など、明るいニュースはなさそうな自動車業界ですが、運転免許の取得件数は順調に伸びているなど、若者を含め、魅力的な車種さえあれば大ヒットする可能性は常にあります。

先進運転車支援システム、自動運転、EV、今これらのキーワードをからめた車種には熱い視線が集まっています。これまで絶対条件だった低燃費はやや後退してますが、むしろ低燃費なのは当たり前と考えても良いでしょう。

ようするに優れたデザインのセダンであれば売れるはず。セダンが必要なくなったのではなく、デザイン的に熟成しきったセダンは個性を出すのが難しいからと、流行り始めたハッチバックやミニバンに注力し、セダンの開発をしなかったメーカーが原因なのかも知れないのです。

そして、かつてのセダンのように、ハッチバックやミニバンがどれも同じに見える今こそ、セダンが復活する時なのです。

高齢ドライバーが欲しいのは今でもセダン

カムリG“レザーパッケージ” (エモーショナルレッド)〈オプション装着車〉

ボディタイプとしては相変わらずミニバンとSUVに人気が集まりますが、ミニバンはそろそろブームが終わりそう。なんせ少子化なのですから。そして、かつてクルマといえばセダンが当たり前だった時代からハンドルを握り続けてきた高齢ドライバーが直面するのが、軽自動車、コンパクトハッチバック、ミニバン、そしてSUVという醜い車たち(彼らの美意識にとって)しかない現状。

家族のために選んだミニバン、平日に運転する奥様のための軽自動車やコンパクトハッチバックではなく、自分がハンドルを奪い返したなら、やっぱりセダンが欲しい。そう思っている先輩諸氏は多いはず。いや、確実に増え続けているのです。

中にはアグレシップな方がSUVを選ぶかもしれませんが、奥様の理解を得るにはゆったりと助手席でくつろいでもらえるセダンが一番なのです。

まとめ

新型「カムリ」を見て、若い時に乗っていて、かつて一世を風靡した「マークⅡ」を思い起こす方もいるのではないでしょうか?

「レクサス」だとえぐすぎる、「クラウン」は遠慮したい。そう思うトヨタ信者の先輩諸氏は「カローラアクシオ」から買い換える車種は、「マークⅡ」を彷彿とさせる「カムリ」しかないはず。今のところ、浮気したくなる国産セダンもないのですから。

関連する投稿


レクサス HSの燃費、デザイン、価格や評価は?詳細情報一覧!

レクサス HSの燃費、デザイン、価格や評価は?詳細情報一覧!

本記事では、レクサスHSの価格から燃費性能などの基本スペック、そしてユーザーの方からの口コミ評価まで気になる部分を徹底的にご紹介していきたいと思います。


世界が待つトヨタのスープラ年内初公開!?車名が2000GTに変更!?

世界が待つトヨタのスープラ年内初公開!?車名が2000GTに変更!?

全世界が待ち焦がれている…と言っても過言ではないトヨタの新型クーペ・スープラですが、ここにきて車名変更かと騒がれているのをご存知でしょうか。改名はトヨタ史に残るあの名車「2000GT」!?いやいや「スープラ3000」!?そもそも2000GTは復活が騒がれていますね…。改めてスープラと2000GTの情報を整理してみます。


スバル インプレッサ2018年モデル初公開!スターリンク搭載!

スバル インプレッサ2018年モデル初公開!スターリンク搭載!

スバルの米国法人、スバルオブアメリカは、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2017において、『インプレッサ』2018年モデルを初公開しました。いったいどういった点が変更・改良されているのか?インプレッサ2018年モデルの最新情報をお届けします!!


【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

毎年多くの車種が発表される自動車業界、2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのか楽しみです。実は、2018年も引き続きSUVラッシュなことをご存知ですか。来年もSUVなくして車を語れません。本記事ではSUVに大注目!2018年発売が予測・期待されるSUV新車・新型車最新情報をまとめています!


トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

東京モーターショー2017にスープラが復活か?BMWとの共同開発か?等々、トヨタの新型スープラに関する情報がほぼ毎月のように世間を騒がしています。こちらの記事では今までキャッチされた情報等を元に新型スープラのスペックや価格等がどうなるか?どのような仕様か?等を予想し掲載しています。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。