目次へ戻る

トヨタ 新型カムリ躍進、セダン復権なるか?

トヨタ 新型カムリ躍進、セダン復権なるか?

017年9月度の販売速報が自販連より発表されました。だれもが注目するのが全体トップとなったフルモデルチェンジした「N-BOX」でしたが、もう一つ注目したいのが30位にランクインした「カムリ」でした。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


新型カムリ 発売以来セダンとしては異例の大健闘

2017年9月度の販売速報が自販連より発表されました。だれもが注目するのが全体トップとなったフルモデルチェンジした「N-BOX」でしたが、もう一つ注目したいのが30位にランクインした「カムリ」です。登録台数は3,324台でしかありませんが、前年同月比はなんと765.9%、しかも9月単月だけのことではなく、フルモデルチェンジした後の7月から三か月連続での700%超えなのです。

ちなみに、3,324台というのは、同じトヨタのLサイズミニバン「ヴェルファイア」や「アルファード」と並ぶ台数であり、計画販売台数は月間2,400台となっています。

新型カムリ人気の理由

新型「カムリ」が好評な理由としては、ワイド&ローフォルムによるスポーティかつ美しいスタイリングがあげられています。たしかに、これまでの小さい「クラウン」、北米向けの大柄なファミリーカーというイメージから、スポーティーでスタイリッシュな「今」の日本人好みのスタイリングは、「セダンもいいじゃないか?」と思わせるカッコ良さがあります。

他のセダン勢は?

SUBARU インプレッサG4

マツダ アクセラセダン

セダンが売れなくなってもうずいぶんと時間が経過し、車種別販売ランキングを見ると、上位には軽自動車、コンパクトハッチバック、ミニバン、そしてSUVだらけ。14位にやっと「カローラ」がランクインしますが、前年比で68.4%止まりと苦戦中。「クラウン」もベスト30には見られません。

他にセダンをラインナップしている車種としても、ベスト30圏内には19位の「インプレッサ」、26位の「アクセラ」があるだけです。しかも「インプレッサ」の販売構成比は、80:20とハッチバックのスポーツがセダンのG4を圧倒しており、「アクセラ」も同様だと考えられます。

そんな状況の中での「カムリ」の躍進は、いよいよセダンの復活を感じざるを得ません。

セダンはもう必要ないのか?

カムリG“レザーパッケージ” (内装色:ベージュ) 〈オプション装着車〉

少子高齢化と若者のクルマ離れによる自動車市場の縮小は今に始まったわけではありません。そして、高齢ドライバーの免許返納など、明るいニュースはなさそうな自動車業界ですが、運転免許の取得件数は順調に伸びているなど、若者を含め、魅力的な車種さえあれば大ヒットする可能性は常にあります。

先進運転車支援システム、自動運転、EV、今これらのキーワードをからめた車種には熱い視線が集まっています。これまで絶対条件だった低燃費はやや後退してますが、むしろ低燃費なのは当たり前と考えても良いでしょう。

ようするに優れたデザインのセダンであれば売れるはず。セダンが必要なくなったのではなく、デザイン的に熟成しきったセダンは個性を出すのが難しいからと、流行り始めたハッチバックやミニバンに注力し、セダンの開発をしなかったメーカーが原因なのかも知れないのです。

そして、かつてのセダンのように、ハッチバックやミニバンがどれも同じに見える今こそ、セダンが復活する時なのです。

高齢ドライバーが欲しいのは今でもセダン

カムリG“レザーパッケージ” (エモーショナルレッド)〈オプション装着車〉

ボディタイプとしては相変わらずミニバンとSUVに人気が集まりますが、ミニバンはそろそろブームが終わりそう。なんせ少子化なのですから。そして、かつてクルマといえばセダンが当たり前だった時代からハンドルを握り続けてきた高齢ドライバーが直面するのが、軽自動車、コンパクトハッチバック、ミニバン、そしてSUVという醜い車たち(彼らの美意識にとって)しかない現状。

家族のために選んだミニバン、平日に運転する奥様のための軽自動車やコンパクトハッチバックではなく、自分がハンドルを奪い返したなら、やっぱりセダンが欲しい。そう思っている先輩諸氏は多いはず。いや、確実に増え続けているのです。

中にはアグレシップな方がSUVを選ぶかもしれませんが、奥様の理解を得るにはゆったりと助手席でくつろいでもらえるセダンが一番なのです。

まとめ

新型「カムリ」を見て、若い時に乗っていて、かつて一世を風靡した「マークⅡ」を思い起こす方もいるのではないでしょうか?

「レクサス」だとえぐすぎる、「クラウン」は遠慮したい。そう思うトヨタ信者の先輩諸氏は「カローラアクシオ」から買い換える車種は、「マークⅡ」を彷彿とさせる「カムリ」しかないはず。今のところ、浮気したくなる国産セダンもないのですから。

カムリ躍進?2018年最新のセダン おすすめ・人気ランキングはこちら

関連する投稿


【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

トヨタは2020年4月23日にオンライン上にて「ヤリスクロス」を初公開しました。そして7月中旬より先行予約が開始されるとの情報も。 新型コンパクトSUV市場はまたまた混戦の予感さえしています。「ヤリスクロス」とはどのようなクルマなのでしょうか。コンパクトSUV「ヤリスクロス」を徹底調査してお届けしていきます。


トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタのカローラシリーズはその時代のニーズにマッチしながら常に進化を遂げてきました。そんな中、トヨタは世界的なSUVブームに合わせて、カローラシリーズにコンパクトSUV「カローラクロス」を設定しタイで初公開しました。カローラクロスは日本で発売はされるのか?気になる情報をまとめてお伝えします。


トヨタ MIRAI(ミライ)初フルモデルチェンジ 発売は2020年秋?最新情報

トヨタ MIRAI(ミライ)初フルモデルチェンジ 発売は2020年秋?最新情報

トヨタの燃料電池車、MIRAI(ミライ)が今秋にフルモデルチェンジを控えていると言われています。MIRAI(ミライ)にとっては初のフルモデルチェンジということで、航続距離のアップや、価格などが気になりますね。本記事ではそんなトヨタのMIRAI(ミライ)最新情報についてまとめています。


今、中古車が熱い!トヨタのおすすめ中古車5選

今、中古車が熱い!トヨタのおすすめ中古車5選

2019年度の新車販売台数累計を見ても、上位の多くを占めるトヨタ車は、中古車市場においても高い人気を誇ります。その中でも特に人気の高いおすすめしたい車種の中古車を(前モデルも含めて)ご紹介します。


【フルモデルチェンジ】トヨタ新型ハリアー発売 価格は299万円から

【フルモデルチェンジ】トヨタ新型ハリアー発売 価格は299万円から

トヨタハリアーがついにフルモデルチェンジして発売されます。1997年に高級SUVとしてデビューして以来、長年人気を牽引してきたハリアー。7年ぶりのフルモデルチェンジとなるハリアーについて、発売時期や価格などを調査し徹底解説していきます。新型ハリアーの最新画像、最新動画、最新情報満載です!


最新の投稿


【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

日産にはコンパクトSUVから本格的SUV までラインナップされています。人気があるSUVですが、「日産のSUVにはどんな特徴があるのか」と迷う方もいるかもしれません。e-POWERやプロパイロットなど魅力的な機能を備えた日産のSUVをまとめてご紹介します!


【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

トヨタは2020年4月23日にオンライン上にて「ヤリスクロス」を初公開しました。そして7月中旬より先行予約が開始されるとの情報も。 新型コンパクトSUV市場はまたまた混戦の予感さえしています。「ヤリスクロス」とはどのようなクルマなのでしょうか。コンパクトSUV「ヤリスクロス」を徹底調査してお届けしていきます。


【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。


トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタのカローラシリーズはその時代のニーズにマッチしながら常に進化を遂げてきました。そんな中、トヨタは世界的なSUVブームに合わせて、カローラシリーズにコンパクトSUV「カローラクロス」を設定しタイで初公開しました。カローラクロスは日本で発売はされるのか?気になる情報をまとめてお伝えします。


【2020年最新】スバルのSUV一覧!特徴やおすすめの理由は?

【2020年最新】スバルのSUV一覧!特徴やおすすめの理由は?

日本で唯一水平対向エンジンを採用しているスバル。低重心で安定した走りを実現しているスバルには、XV・フォレスター・レガシィ アウトバックと魅力的なモデルが揃っています。この記事では、2020年現行のスバルのSUVをまとめてご紹介します!中古のおすすめモデルもピックアップしますので、中古で探しているあなたも必見です。