目次へ戻る

ルノー 新型メガーヌ爆誕!発売日は11月9日!!

ルノー 新型メガーヌ爆誕!発売日は11月9日!!

11月9日より、ルノーの新型メガーヌが発売開始されます。あえてGTのみの設定となるメガーヌ。その意図とは…?発売日他、価格、スペックなどをまとめています。


ルノー 新型メガーヌ登場!発売日は11月9日

ルノー・ジャポンは全面改良した『メガーヌ』を11月9日から販売を開始すると発表しました。

ルノー 新型メガーヌ 基本情報・スペック・ボディサイズ

 
ルノー 新型メガーヌ 基本情報
全長×全幅×全高(mm)4,395×1,815×1,445
ホイールベース(mm)2,670
車両重量(kg)1,320
乗車定員(名)5
エンジンターボチャージャー付 筒内直接噴射 直列4 気筒DOHC 16 バルブ
※「GTライン」を参照

ルノー・ジャポンの大極司社長は語る「Cセグメントでも、ルノーを」

ルノー・ジャポンの大極司社長は、都内で開いた発表会にて「Cセグメントでも、ルノーのブランドのプレゼンスを高めたい、強めたいという思いで投入する」と述べていました。

Cセグメントとは…?

この、何かと聞かれる「セグメント」。車用語としては、主に欧州で使われている乗用車をわかりやすく分類、ランク付けする概念です。

具体的には、A〜Eなどのアルファベットを用いて乗用車を分類します。基本、A〜Eの順に大型化、高級化していき、Fセグメントは他のセグメントとは違う超高級車です。
※SUVやスポーツクーペはそれぞれJセグメント、Sセグメントに分類されます。

今回のCセグメントは?というとだいたい全長4350mm〜4600mmでセダン、ステーションワゴン、もしくは全長4200mm〜4500mmのショートワゴン、ハッチバックをCセグメントと分類されてはいるものの、こうでなければいけないという決まりきった定義はないので調査主体によって分類方法は若干変わります。

VWのゴルフ、マツダのアクセラなどはCセグメントですね。

Cセグメントはかなり競争の激しいセグメントでもあります。

日本導入は、スポーツグレードのGTのみ!その意図は

日本に導入される新型メガーヌは、ルノーのモータースポーツ活動を担当するルノー・スポールが開発したスポーツグレードであるGTシリーズのみです。

●1.2リットル直噴ターボエンジンを搭載する「GTライン」
●1.6リットル直噴ターボエンジン搭載の「GT」
●「スポーツ・ツアラーGT」

上記の3タイプ。


日本にGTのみ導入!その理由は

大極社長は「もちろんヨーロッパではメガーヌは他のラインアップと同様にインテンス、ゼン、アクティブというグレードラインアップがあり、その上にルノー・スポールが開発したGTライン、GT、RSがある。私どもはこのうちルノー・スポールが開発したGTに特化して日本に導入する」と述べた。

その理由として「9月半ばで販売台数が昨年1年間の台数を超えた。これで8年連続の対前年比増という成長ができた。この成長の中心となるのがAセグメントの『トゥインゴ』であったり、Bセグメントの『ルーテシア』、『カングー』であったわけだが、やはり輸入車の最も厳しい戦場であるCセグメントでも、ルノーのブランドのプレゼンスを高めたい、強めたいという思いがある」と大極社長は明かす。

そこで「フレンチタッチ、スポーツといったブランドの強みに集中して導入したいと考え、メガーヌGTに特化したローンチングとした」というわけだ。

ルノー 新型メガーヌ グレード別価格

新型メガーヌの価格は
●GTライン 263万円
●GT 334万円
●スポーツ・ツアラーGT 354万

まとめ

いかがでしたか。

ルノーの新型メガーヌは、11月9日発売です。
気になる方はぜひともチェックをお願いします!!

関連するキーワード


ルノー

関連する投稿


犬が選ぶこんなクルマに乗ってみたいベスト3

犬が選ぶこんなクルマに乗ってみたいベスト3

「アウトドア・デイ・ジャパン」など、アウトドアをテーマとしたイベントが数多く開始されていますが、最近注目されているのが、「インター・ペット」など車とペットをテーマとしたイベントです。では、ペット達にとって快適な車とはどんな車なのでしょうか。そこで犬が選ぶ、こんなクルマに乗ってみたいベスト3を選んでみました。


【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

車が欲しくて新車はどれも高く、軽自動車もしくは中古車ならなんとかなるかもとお考えの方は多いと思います。しかし、調べると新車でも意外と買える新車はあるものです。そこで今回は車が欲しいけどお金が無いという方にオススメの200万円以下で買える新車をご紹介していきます。


アルピーヌ復活をその歴史とともに考えてみよう

アルピーヌ復活をその歴史とともに考えてみよう

フランスの自動車大手、ルノーの日本法人、ルノー・ジャポンは6月1日、「アルピーヌ」ブランドの日本における輸入販売事業を行うと発表したというニュースがありました。そもそも復活と言ってオジサン達が騒いでいても、 アルピーヌ自体を知れない方も多いのではないでしょうか?


【インターペット2017】ペットと楽しくカーライフ!オススメカー紹介!

【インターペット2017】ペットと楽しくカーライフ!オススメカー紹介!

ルノー・ジャポンは、イオンペットと共同で獣医師が監修したペットアイテムや、リアカメラ、カーナビをセットし、値段は車両本体価格のままに据え置いた限定車「ルノーカングー ウィズ ペット」を展示。イエロー系10台、ブルー系10台の計20台限定モデルです。


【ジュネーブモーターショー2017】クール!ルノー ゾエ E-スポーツ!

【ジュネーブモーターショー2017】クール!ルノー ゾエ E-スポーツ!

ルノーの小型EV、『ゾエ』をベースにした高性能モデルを提案するコンセプトカーが『ゾエ E-スポーツ コンセプト』。世界最高峰のEVレース「フォーミュラE」向けに開発した技術を盛り込みました。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。