目次へ戻る

【東京モーターショー2017】スバル 主要出展車両まとめ

【東京モーターショー2017】スバル 主要出展車両まとめ

東京モーターショー2017プレスデーが始まりました。この記事ではスバルが東京モーターショー2017に出展している、主な出展車両の画像をまとめています。【10月27日更新】


【東京モーターショー2017】スバル出展車両

VIZIV(ヴィジヴ)PERFORMANCE CONCEPT 【世界初公開】

SUBARU(スバル)は東京モーターショーにおいて、次世代のスポーツセダンをイメージした『VIZIV(ヴィジヴ)PERFORMANCE CONCEPT』を世界初公開しました。

優れた走行性能を象徴する歴代車種や、50年以上に渡り進化を追求してきた水平対向エンジンを核としたシンメトリカルAWDから、スバルは安心で愉しいクルマづくりの将来ビジョンを具現化しました。

『レガシィ』や『インプレッサ』、『WRX』などスバルの走りを象徴するモデルを意識しつつ、現在のスバルのデザイン哲学“DYNAMIC × SOLID”を次世代スポーツセダンの形に落とし込むことに成功。

スバルは「低重心で前進感のある硬質なボディと躍動感をもって張り出すフェンダーの造形、バンパー・フェンダー・ルーフ等のボディ各所に採用したカーボンパーツ、リヤバンパーから大胆に覗くエキゾーストパイプ等により、走りのパフォーマンスを強調」していると説明しています。

ボディサイズは全長4630mm×全幅1950mm×1430mm、ホイールベース2730mm。

インプレッサ FUTURE SPORT CONCEPT

世界トップレベルの安全性能を備えたインプレッサスポーツをベースに、新たなスポーツの価値を提案するデザインコンセプトモデルです。

スピード感+爽快感+運転する愉しさを教えてくれます。

XV FUN ADVENTURE CONCEPT

S208

コンセプトカーではなく、実際に走りを楽しめるモデルとして、Sシリーズ史上最高の性能と質感を実現したドライビングカー『S208』の発売もモーターショー会場で発表しています。

26日から商談エントリーを受け付け、450台の予定数を超過した場合は抽選販売になります。

Sシリーズ史上最高! 450台限定ハイパフォーマンスカー スバルS208

https://matome.response.jp/articles/978

スバルハイパフォーマンスカーのトップエンドモデル、S208。Sシリーズ史上最高の性能と質感と謳われるS208、買うにはどうすれば?性能やスペック、価格他気になる情報について迫ります!

BRZ STI Sport

2014年に発表されたスバルの中期経営計画、際立とう2020の中で、今後スバルの価値をより高めるために、STIブランドを強化し、活用・拡大していくことがアナウンスされた。それに従い、日本では2016年に『レヴォーグSTI Sport』を導入。それに続き、BRZにもSTI Sportが設定されたのだ。

「安心と愉しさを追求するスバルと、WRCやニュル24時間レースなどのフィールドで極限状況において走りを磨き、ドライバーが真に信頼出来る、意のままに動く性能を追求し続けるSTIとのコラボレーションした結果、BRZ STI Sportが誕生した」とはスバル商品企画本部プロジェクトシニアマネージャーだった佐藤公彦氏の弁。

BRZ GT300

2012年から日本屈指のレースカテゴリーの一つである、スーパーGTに参戦しています。

2017年モデルは、水平対向BOXERエンジンの熱効率の改善、軽量化、空力性能の改善、慣性モーメントの向上など、大幅に改良の手を加えています。

【10月25日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

https://matome.response.jp/articles/661

【10/25情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

関連する投稿


スバル インプレッサ2018年モデル初公開!スターリンク搭載!

スバル インプレッサ2018年モデル初公開!スターリンク搭載!

スバルの米国法人、スバルオブアメリカは、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2017において、『インプレッサ』2018年モデルを初公開しました。いったいどういった点が変更・改良されているのか?インプレッサ2018年モデルの最新情報をお届けします!!


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


スバルのアセント、発売日はいつ?日本発売の予定は?価格はいくらくらい?

スバルのアセント、発売日はいつ?日本発売の予定は?価格はいくらくらい?

スバルのアセント。発売が楽しみな一台ではないでしょうか。今回改めてスバルのアセントについて情報をまとめています。日本での発売はあるの?価格はいくら?など。素朴な疑問と、それに対する回答を載せています。【12月4日更新】


【新車で買える】2017年マニュアル車(MT車)まとめ

【新車で買える】2017年マニュアル車(MT車)まとめ

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2017年現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。


【2017年】発売された主な国産車総まとめ&2018年注目の車は?【完全網羅】

【2017年】発売された主な国産車総まとめ&2018年注目の車は?【完全網羅】

2017年発売された国産車、新型車。あなたはいくつ答えられますか?2017年も残りあとわずか。2018年を迎えるその前に、2017年に発売された国産車を振り返って見てみましょう。心血注いで調べあげましたので、2017年の新型車・新車・発売された車の振り返りに、ぜひ読んでいただけると幸いです。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。