目次へ戻る

日本カー・オブ・ザ・イヤー ノミネート車発表!今年は何が…?

日本カー・オブ・ザ・イヤー ノミネート車発表!今年は何が…?

【11月8日10ベストカー発表】もうすぐ日本カーオブザイヤーです。2017-2018のカーオブザイヤーに輝くのは一体どんな車なのか?追っていきたいと思います!!本記事では10月31日に発表された、ノミネート車を一覧にまとめました。最終選考会は12月11日!目が離せませんね!【11月8日更新】


【待ち遠しい】日本カーオブザイヤー(JCOTY)2017-2018は、もうすぐ!

みなさんは、日本カー・オブ・ザ・イヤーを知っていますか。

日本カー・オブ・ザ・イヤーとは、日本国内で市販された乗用車の中から、年間を通して最も優秀だった車に贈る自動車賞のことです。

選考対象は、基本的に前年11月1日から当年10月31日までに日本国内で発表・または発売された乗用車で、年間の販売台数が500台以上見込まれている車となっています。

60名を上限とした選考委員の投票によって、決定されます。


日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2017-2018 スケジュール

 
【2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー スケジュール】
10月31日ノミネート車の発表
11月8日10ベストカー発表
11月29日10ベストカー試乗会
12月11日最終選考会・表彰式

日本カー・オブ・ザ・イヤーの今後の日程の流れをまとめました。

流れとしては、まずノミネートされた約30車種が、一次選考を経て上位10車にしぼられます。

その10車種(10ベストカー)が、日本カー・オブ・ザ・イヤー最終選考の候補車としてノミネートされ、最終選考が行われます。

最終選考の発表は、12月の予定です。

日本カー・オブ・ザ・イヤー、ノミネート車はこの31車種だ!!

気になる2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車は以下の31車種です。
この中から、1次選考を経て、上位10車種にしぼられます。※10ベストカー発表は11月8日です!!!楽しみですね。

スイフトシリーズ
ワゴンRシリーズ
XV
ミライース
ダイハツ トール/トヨタ ルーミー/トヨタ タンク/スバル ジャスティ
カムリ
プリウスPHV
C-HR
LC
N-BOX/N-BOXカスタム
CX-5
ロードスター RF
ジュリア
Q5
Q2
A5 クーペ/スポーツバック/カブリオレ
5シリーズセダン/ツーリング
MINIクロスオーバー
XT5 CROSSOVER
C3
コンパス
レンジローバーヴェラール
ディスカバリー
Sクラス
GLA
Eクラスクーペ/ステーションワゴン
GLCクーペ
3008/5008
XC60
V90/V90クロスカントリー
ティグアン

第38回 2017 – 2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー ノミネート車 | 日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト

http://www.jcoty.org/nominated/

日本カー・オブ・ザ・イヤーの公式サイトです。市販を前提として日本国内で発表される乗用車の中から、年間を通じて最も優秀なクルマを選定します。

【ノミネートされている日本車一覧】 カムリ ワゴンR ロードスターRFほか

スズキ スイフトシリーズ

スズキ スイフトスポーツ新型 9月20日より発売!価格は183万円から

https://matome.response.jp/articles/863

9月13日、スズキのスイフトスポーツ新型が発表されました。3代目となる新型「スイフトスポーツ」は魅力あふれる一台、なのに183万円からとかなりお買い得です!

スイフトは、スズキのハッチバック型のコンパクトカーです。

フルモデルチェンジを行ったスイフトは2017年1月より、そしてスポーツタイプの新型スイフトスポーツ(4代目)は2017年9月より、販売開始しました。

日本仕様のスイフトスポーツでは初となる、3ナンバーになりました。

スズキ ワゴンRシリーズ

【2017年最新】新型ワゴンR登場!軽ワゴン最高の燃費!

https://matome.response.jp/articles/72

2017年2月1日にスズキの人気軽自動車であるワゴンRの新型である、新型ワゴンR、新型ワゴンRスティングレーが発表されました。改めてワゴンRの魅力や特徴に迫ります。

ワゴンRは、スズキが1993年より生産・販売を行っている軽トールワゴンです。

6代目となる新型ワゴンRが、2月から発売されています。安定性抜群の新プラットフォーム「HERTECT(ハーテクト)」を採用したことでも話題になりました。

スズキ 軽トールワゴン 新型ワゴンRスティングレー!性能・燃費・中古価格

https://matome.response.jp/articles/987

スズキの軽トールワゴン・ワゴンR。2017年2月にRはフルモデルチェンジを行い、新型ワゴンRは6代目になります。本記事では、ワゴンRの上級仕様・スポーティなスティングレーについてまとめています。燃費・口コミ・スペック・ハイブリッド・価格・中古価格他。

スバル XV

スバルの人気SUV!新型XV 価格・評価・ボディサイズ・燃費完全網羅

https://matome.response.jp/articles/927

スバルの大人気クロスオーバーSUV、XV。2017年にはフルモデルチェンジ、新型XVが販売されています。新型XVは、なんと全車にアイサイトが標準装備されています。

スバルが生産・販売するXVは、2010年に発売されました。

以降、スバルの代表的なクロスオーバーSUVのうちの一台です。もともとはインプレッサの派生車です。

フルモデルチェンジを発表、5月より発売されました。「EyeSight(ver.3)」を全グレードに標準装備したことが話題になりましたね。

ダイハツ ミライース

ダイハツの軽 ミライース新型 基本情報 燃費 評価・評判 価格・中古価格

https://matome.response.jp/articles/921

ダイハツのミライースが5月9日にフルモデルチェンジを行い、装い新たに登場です!新型ミライースの気になる情報をまとめてみました。

ミライースは、ダイハツが製造・販売を担う軽自動車です。2009年にコンセプトカー「イース」が発表され、このイースを基に作られたミライースは、2011年から販売開始されました。

フルモデルチェンジし、5月より販売開始。安全面では「スマートアシストⅢ」にグレードアップ、また軽量高剛性ボディ構造「Dモノコック」を採用することなどにより、初代ミライースに比べて80kgもの軽量化に成功しました。

ダイハツ トール/トヨタ ルーミー/トヨタ タンク/スバル ジャスティ

トヨタ ルーミー

トヨタ、タンクの兄弟車!ルーミーのすべて

https://matome.response.jp/articles/284

トヨタのルーミーは、ダイハツの小型トールワゴンの技術を活かしたダイハツ トールのOEM、トヨタ タンクと兄弟機種として開発されています。本記事ではルーミーについて紹介しています。

ダイハツが製造・販売する「トール」をベースに、OEM供給されているモデルが、トヨタ・ルーミー、トヨタ・タンク(トヨペット店、ネッツ店でデザイン違いの姉妹車として販売)、スバル・ジャスティです。

2016年の11月より販売開始しています。

トヨタ カムリ

セダン復権なるか?!トヨタ カムリ新型販売開始!燃費 価格 スペック 評価は?

https://matome.response.jp/articles/712

フルモデルチェンジし、7月10日より販売開始したカムリ!気になる新型カムリのスペックや価格についてまとめています。

トヨタ 新型カムリ躍進、セダン復権なるか?

https://matome.response.jp/articles/922

017年9月度の販売速報が自販連より発表されました。だれもが注目するのが全体トップとなったフルモデルチェンジした「N-BOX」でしたが、もう一つ注目したいのが30位にランクインした「カムリ」でした。本記事ではカムリについてまとめています。

カムリは、1980年よりトヨタで生産されている乗用車です。主にボディはセダンとなっています。

初代はセリカのセダン版として販売開始、2代目以降はセリカのサブネームが外れています。

フルモデルチェンジを行った新型カムリが7月より販売開始しました。トヨタの新世代アーキテクチャー「TNGA」を採用。完全なる新設計となっています。

トヨタ プリウスPHV

プリウスPHV、プリウスともまた違う、多くの魅力とは?

https://matome.response.jp/articles/544

新型『プリウスPHV』。航続距離を伸ばすことはもちろん、環境性能を高めながら、新プラットフォーム「TNGA」の採用やデュアルモータードライブシステムなどにより、“走り”の面でも進化しています。

プリウスは、1997年からトヨタで製造・販売されている、世界初のハイブリッド専用車のセダンです。

一方プリウスPHVはというと、2009年より販売開始しています。

2017年02月のフルモデルチェンジでは、プリウスから約1年遅れのモデルチェンジになりましたが、プリウス新型とは全く違うデザインで登場しました。5人乗りのプリウスとは違って4人乗りです。また、TNGAを採用しています。

トヨタ C-HR

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

https://matome.response.jp/articles/587

C-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)をまとめてみました。【2017年11月2日更新】

C-HRは、トヨタが製造・発売するコンパクトクロスオーバーSUVです。2016年12月より販売開始しました。

デザインは「ダイヤモンド」をモチーフにしており、独創的なスタイルとなっています。安全機能をパッケージ化したToyota Safety Sense Pが全車標準搭載になっています。

レクサス LC

レクサスLC500・LC500h 3月16日より発売開始!価格は1300万円から!

https://matome.response.jp/articles/191

レクサスは、新型ラグジュアリークーペ『LC500』を3月16日より発売しました。LC500の気になるスペックやインテリア、デザインについてまとめています。

LCは、レクサスから販売されているクーペです。レクサス初のFセグメントのクーペモデルとして登場しました。
LC500とLC500hの2モデル。

LCには、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を採用、またTNGAコンセプトによる新開発の「GA-L(Global Architecture-Luxury)プラットフォーム」がLCに初採用されました。

ホンダ N-BOX/N-BOXカスタム

N-BOXカスタム

ホンダ新型N-BOX(エヌボックス)!どうかわった?価格・スペックは?

https://matome.response.jp/articles/836

ホンダの大人気、軽トールワゴン『N-BOX(エヌボックス)』と『N-BOXカスタム』がフルモデルチェンジ!新しくなった2台についてご紹介します。

N-BOXは、ホンダが生産・販売を行うトールワゴン型軽自動車です。

9月よりフルモデルチェンジしたN-BOX、N-BOXカスタムを販売開始しました。
ホンダの軽自動車では初めてとなる「Honda SENSING」を全タイプに標準装備しています。今回N-BOX、N-BOXカスタムに搭載されたHonda SENSINGには、ホンダ車初採用となる「後方誤発進抑制機能」を追加していることが特徴です。

マツダ CX-5

マツダ新型CX-5 評価・中古価格・価格・燃費・内装・試乗感想 まとめ

https://matome.response.jp/articles/991

マツダのクロスオーバーSUV、新型CX-5。フルモデルチェンジを経て、2代目が2017年2月より販売開始しました。本記事ではCX-5についてまとめています。

CX-5は、マツダが製造・販売しているクロスオーバーSUVです。

2代目となるCX-5は、2017年2月に発売され、8月には一部改良を行いました。一部改良により、マツダの先進安全技術である「i-ACTIVSENCE」技術の標準装備化ほか、安全技術の向上が図られました。

マツダ ロードスターRF


ロードスターは、マツダが製造・販売するオープンタイプのスポーツカーです。

2016年に発表・12月より日本で販売開始したロードスターRFは、ルーフの開閉操作をスイッチのみで自動開閉できるようになりました。

日本仕様ではソフトトップモデルよりも排気量が大きい「SKYACTIV-G 2.0」を採用、ソフトトップモデル同様に縦置きにして専用チューニングを行ったPE-VPR 「RS」 型を採用しています。

マツダのロードスターRF スペック・性能・価格・評価

https://matome.response.jp/articles/988

ロードスターRFは、マツダが製造・販売を手掛けるオープンカーです。2016年12月より販売開始したロードスターRFは電動格納式ルーフの開閉操作を、スイッチ操作だけでできるように改良されたモデルとなります。今回はマツダのロードスターRFの、スペック・燃費・パワートレイン・評価や評判・価格・中古価格について見ていきます。

【ノミネートされている外国車一覧】 ジュリア Sクラス MINIクロスオーバーほか

アルファロメオ ジュリア

【40年ぶりの復活】アルファロメオ ジュリア新型 発売は10月14日から

https://matome.response.jp/articles/854

アルファロメオ、ジュリア新型が2017年10月14日より発売されています。本記事では、アルファロメオジュリアについてまとめています。

日本では、10月14日より発売開始したアルファロメオブランドのDセグメントスポーツサルーン『ジュリア』。

ハイパフォーマンスモデルのクアドリフォリオは、2.9リットルV6エンジンが搭載されており、510馬力の最高出力に加え、0→100km/hの加速をわずか3.9秒で達成するそうです。

アウディ Q5

アウディ Q5 新型 登場! 初フルモデルチェンジで発売は10月2日!

https://matome.response.jp/articles/878

アウディQ5は、アウディのクロスオーバーSUVです。2008年より発売され、今回初のフルモデルチェンジということで注目が集まっています。

10月2日より販売を開始した、ミッドサイズSUVがアウディのQ5です。今回8年ぶりのフルモデルチェンジとなります。
2世代目となる新型Q5は、新アーキテクチャ「MLB Evo(モジュラーロンギチューディナルマトリックスエボ)」をベースに、デザイン、メカニズムを一新しました。

日本には2.0リットル直4ターボのみを導入しています。

アウディ Q2

関連する投稿


【日本カーオブザイヤー2018-19】今年の車はボルボ XC40に決定!

【日本カーオブザイヤー2018-19】今年の車はボルボ XC40に決定!

日本を代表する「今年のクルマ」を決める「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」は7日、東京都内で最終選考会を実施しました。ノミネートされていた10ベストカーの中から、ボルボ『XC40』が栄冠に輝きました。


今年の日本カーオブザイヤー10ベストカーが決定!順当?意外?

今年の日本カーオブザイヤー10ベストカーが決定!順当?意外?

2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤーを決定する第一次選考会が、都内にて開催され、全27台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10 台の「10 ベストカー」が選出されました。詳しく見ていきましょう。


日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車27台が発表!栄冠はどのクルマに!?

日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車27台が発表!栄冠はどのクルマに!?

今年一番のクルマを決める「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」のノミネート車が31日に発表されました。国産、輸入車16ブランド、合計27台がラインアップされました。また、本命視していたスズキ『ジムニー』が辞退して混戦模様になりそうです。詳しく見ていきましょう!


【WCOTY】ワールドカーオブザイヤー2019ノミネート車発表!

【WCOTY】ワールドカーオブザイヤー2019ノミネート車発表!

今年もあと数ヶ月。そうです。ワールドカーオブザイヤーの季節が巡ってきました!本記事では、ワールドカーオブザイヤーにノミネートされている車を随時更新していきたいと思います!いったいどんな車がノミネートされているのでしょうか。


西日本豪雨による被災・水没車両の買取4000台超えのタウ|今後も強化

西日本豪雨による被災・水没車両の買取4000台超えのタウ|今後も強化

損害車買取シェアNo.1の「株式会社タウ」より、西日本豪雨による被災車両の買取台数が4000台を超えたとの発表がありました。今後も事態収束に向け、全国の提携レッカー業者と協力し、被災車両の引き取りを強化していくようです。詳細についてお届けします。


最新の投稿


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

ダイハツは、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売しています。今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類から選べます。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

復活が噂されていた、ランドローバーディフェンダー。ついにその次期型プロトタイプを激写しました。復活すれば約3年ぶりのこととなります。次世代プラットフォーム「MLA」を採用した他、EVの設定も噂されています。


BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型のプロトタイプを激写しました。今回の次期型で、最大の特長と言えば「UKL」プラットフォームに別れを告げ、同ブランド初となるフロントホイール・ドライブ用「FAAR」を採用することです。ワールドプレミアは2019年初頭なのではと言われている1シリーズ新型について追いました。