目次へ戻る

【決定】10ベストカー&受賞車一覧!2017-18日本カー・オブ・ザ・イヤー

【決定】10ベストカー&受賞車一覧!2017-18日本カー・オブ・ザ・イヤー

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーが11月8日に発表されました。本記事では10ベストカーについてと日本カーオブザイヤー受賞車、部門賞と特別賞についての掲載をしています。


【速報】日本カー・オブ・ザ・イヤーがついに決定!最新情報!

2017年12月11日、日本カーオブザイヤーの受賞車がついに決定しました。

日本カー・オブ・ザ・イヤーに選出されたのはボルボのXC60という結果になりました!

上記の記事にて投票結果の一覧と、各部門賞や特別賞についての情報を掲載しています。

日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー発表!!!

11月8日、10ベストカーが発表されました!

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーを決定する第一次選考会で、全31台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」が選出されました。自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる選考委員により選出され、この中から日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定します。
※掲載はノミネート番号順です

日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイトはこちら

2017-2018 10ベストカー 一覧

10ベストカーは次の10台です。

●スイフトシリーズ(スズキ)
●カムリ(トヨタ)
●LC(レクサス)
●N-BOX/N-BOXカスタム(ホンダ)
●CX-5(マツダ)
●ジュリア(アルファロメオ)
●5シリーズセダン/ツーリング(BMW)
●C3(シトロエン)
●XC60(ボルボ)
●ティグアン(フォルクスワーゲン)

スイフト(スズキ)

カムリ(トヨタ)

LC(レクサス)

N-BOX/N-BOXカスタム(ホンダ)

CX-5(マツダ)

マツダ新型CX-5 評価・中古価格・価格・燃費・内装・試乗感想 他

https://matome.response.jp/articles/991

マツダのクロスオーバーSUV、新型CX-5。フルモデルチェンジを経て、2代目が2017年2月より販売開始しました。i-ACTIVSENCEの技術を標準装備・SKYACTIVエンジンを採用している新型CX-5。本記事では、CX-5の 評価・価格・中古価格・スペック・内装・試乗感想・燃費などについてまとめています。

ジュリア(アルファロメオ)

5シリーズセダン/ツーリング(BMW)

C3(シトロエン)

XC60(ボルボ)

ボルボ新型XC60 10月16日より発売 価格は599万円から!

https://matome.response.jp/articles/944

ボルボの新型XC60が10月16日より発売されました。ボルボXC60の、基本情報・スペック・価格・エクステリア・インテリアなどをまとめています。

ティグアン(フォルクスワーゲン)

VW SUVティグアン新型 フルモデルチェンジで燃費・価格・評価は

https://matome.response.jp/articles/993

VWのティグアンが約8年りにフルモデルチェンジを行い、2017年1月より販売開始しています。本記事ではティグアン新型についてまとめています。

第38回 2017 – 2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー | 日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト

http://www.jcoty.org/10best/

日本カー・オブ・ザ・イヤーの公式サイトです。市販を前提として日本国内で発表される乗用車の中から、年間を通じて最も優秀なクルマを選定します。

過去をひも解く!2016-2017 10ベストカーはこれだ!

●インプレッサスポーツ/G4 (スバル)
●プリウス (トヨタ)
●アウディ A4シリーズ (アウディ)
●XC90 (ボルボ)
●メルセデス・ベンツEクラス(メルセデス・ベンツ)
●アバルト 124スパイダー(アパルト)
●ジャガー F-PACE(ジャガー)
●フリード/フリード+(ホンダ)
●セレナ(日産)
●BMW M2クーペ(BMW)

2016-2017 10ベストカーは上記の10台でした。

そして、2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤーは、スバル インプレッサスポーツ/G4でした。

最後に

10ベストカーに、貴方の推している車の名前はありましたか?

12月にはいよいよ日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定しますので、楽しみですね。

引き続き追っていきたいと思います。

関連する投稿


【日本カーオブザイヤー2018-19】今年の車はボルボ XC40に決定!

【日本カーオブザイヤー2018-19】今年の車はボルボ XC40に決定!

日本を代表する「今年のクルマ」を決める「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」は7日、東京都内で最終選考会を実施しました。ノミネートされていた10ベストカーの中から、ボルボ『XC40』が栄冠に輝きました。


今年の日本カーオブザイヤー10ベストカーが決定!順当?意外?

今年の日本カーオブザイヤー10ベストカーが決定!順当?意外?

2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤーを決定する第一次選考会が、都内にて開催され、全27台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10 台の「10 ベストカー」が選出されました。詳しく見ていきましょう。


日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車27台が発表!栄冠はどのクルマに!?

日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車27台が発表!栄冠はどのクルマに!?

今年一番のクルマを決める「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」のノミネート車が31日に発表されました。国産、輸入車16ブランド、合計27台がラインアップされました。また、本命視していたスズキ『ジムニー』が辞退して混戦模様になりそうです。詳しく見ていきましょう!


【WCOTY】ワールドカーオブザイヤー2019ノミネート車発表!

【WCOTY】ワールドカーオブザイヤー2019ノミネート車発表!

今年もあと数ヶ月。そうです。ワールドカーオブザイヤーの季節が巡ってきました!本記事では、ワールドカーオブザイヤーにノミネートされている車を随時更新していきたいと思います!いったいどんな車がノミネートされているのでしょうか。


西日本豪雨による被災・水没車両の買取4000台超えのタウ|今後も強化

西日本豪雨による被災・水没車両の買取4000台超えのタウ|今後も強化

損害車買取シェアNo.1の「株式会社タウ」より、西日本豪雨による被災車両の買取台数が4000台を超えたとの発表がありました。今後も事態収束に向け、全国の提携レッカー業者と協力し、被災車両の引き取りを強化していくようです。詳細についてお届けします。


最新の投稿


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

ダイハツは、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売しています。今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類から選べます。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

復活が噂されていた、ランドローバーディフェンダー。ついにその次期型プロトタイプを激写しました。復活すれば約3年ぶりのこととなります。次世代プラットフォーム「MLA」を採用した他、EVの設定も噂されています。


BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型のプロトタイプを激写しました。今回の次期型で、最大の特長と言えば「UKL」プラットフォームに別れを告げ、同ブランド初となるフロントホイール・ドライブ用「FAAR」を採用することです。ワールドプレミアは2019年初頭なのではと言われている1シリーズ新型について追いました。