目次へ戻る

【決定】10ベストカー&受賞車一覧!2017-18日本カー・オブ・ザ・イヤー

【決定】10ベストカー&受賞車一覧!2017-18日本カー・オブ・ザ・イヤー

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーが11月8日に発表されました。本記事では10ベストカーについてと日本カーオブザイヤー受賞車、部門賞と特別賞についての掲載をしています。


【速報】日本カー・オブ・ザ・イヤーがついに決定!最新情報!

2017年12月11日、日本カーオブザイヤーの受賞車がついに決定しました。

日本カー・オブ・ザ・イヤーに選出されたのはボルボのXC60という結果になりました!

上記の記事にて投票結果の一覧と、各部門賞や特別賞についての情報を掲載しています。

日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー発表!!!

11月8日、10ベストカーが発表されました!

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーを決定する第一次選考会で、全31台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」が選出されました。自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる選考委員により選出され、この中から日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定します。
※掲載はノミネート番号順です

日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイトはこちら

2017-2018 10ベストカー 一覧

10ベストカーは次の10台です。

●スイフトシリーズ(スズキ)
●カムリ(トヨタ)
●LC(レクサス)
●N-BOX/N-BOXカスタム(ホンダ)
●CX-5(マツダ)
●ジュリア(アルファロメオ)
●5シリーズセダン/ツーリング(BMW)
●C3(シトロエン)
●XC60(ボルボ)
●ティグアン(フォルクスワーゲン)

スイフト(スズキ)

カムリ(トヨタ)

LC(レクサス)

N-BOX/N-BOXカスタム(ホンダ)

CX-5(マツダ)

マツダ新型CX-5 評価・中古価格・価格・燃費・内装・試乗感想 他

https://matome.response.jp/articles/991

マツダのクロスオーバーSUV、新型CX-5。フルモデルチェンジを経て、2代目が2017年2月より販売開始しました。i-ACTIVSENCEの技術を標準装備・SKYACTIVエンジンを採用している新型CX-5。本記事では、CX-5の 評価・価格・中古価格・スペック・内装・試乗感想・燃費などについてまとめています。

ジュリア(アルファロメオ)

5シリーズセダン/ツーリング(BMW)

C3(シトロエン)

XC60(ボルボ)

ボルボ新型XC60 10月16日より発売 価格は599万円から!

https://matome.response.jp/articles/944

ボルボの新型XC60が10月16日より発売されました。ボルボXC60の、基本情報・スペック・価格・エクステリア・インテリアなどをまとめています。

ティグアン(フォルクスワーゲン)

VW SUVティグアン新型 フルモデルチェンジで燃費・価格・評価は

https://matome.response.jp/articles/993

VWのティグアンが約8年りにフルモデルチェンジを行い、2017年1月より販売開始しています。本記事ではティグアン新型についてまとめています。

第38回 2017 – 2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー | 日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト

http://www.jcoty.org/10best/

日本カー・オブ・ザ・イヤーの公式サイトです。市販を前提として日本国内で発表される乗用車の中から、年間を通じて最も優秀なクルマを選定します。

過去をひも解く!2016-2017 10ベストカーはこれだ!

●インプレッサスポーツ/G4 (スバル)
●プリウス (トヨタ)
●アウディ A4シリーズ (アウディ)
●XC90 (ボルボ)
●メルセデス・ベンツEクラス(メルセデス・ベンツ)
●アバルト 124スパイダー(アパルト)
●ジャガー F-PACE(ジャガー)
●フリード/フリード+(ホンダ)
●セレナ(日産)
●BMW M2クーペ(BMW)

2016-2017 10ベストカーは上記の10台でした。

そして、2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤーは、スバル インプレッサスポーツ/G4でした。

最後に

10ベストカーに、貴方の推している車の名前はありましたか?

12月にはいよいよ日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定しますので、楽しみですね。

引き続き追っていきたいと思います。

関連する投稿


米ホンダがシビックやプレリュード、S2000に試乗できるMT車体験プログラムを開催!

米ホンダがシビックやプレリュード、S2000に試乗できるMT車体験プログラムを開催!

米国ホンダが、MT車の楽しさを体験してもらいたいと1980年代から2000年代初頭までに生まれたミレニアル世代向けに「シフトギア」プログラムというMT車を試乗できる講習会を開始しました。実際にどんな目的や内容なのか、用意された車種など、現在のマニュアルトランスミッション(MT)車の状況を含めて紹介します。


【WCOTY】ワールドカーオブザイヤー2018 最終選考3台が決定!

【WCOTY】ワールドカーオブザイヤー2018 最終選考3台が決定!

【3月7日更新】東京モーターショーが終わると、気づけば2017年もあと数ヶ月。そうです、ワールドカーオブザイヤーの季節がやってきました。本記事では、ワールドカーオブザイヤーにノミネートされている車を随時更新していきたいと思います!


【WCOTY】「ワールドアーバンカー2018」最終選考の5台をチェック!

【WCOTY】「ワールドアーバンカー2018」最終選考の5台をチェック!

WCOTY(ワールドカーオブザイヤー)主催団体は1月23日、「ワールドアーバンカー2018」の第二次選考5車種を発表しました。都市に似合う車を選ぶこの賞に最後まで残ったこれら5台の中には、日本ではなじみのない車種も含まれています。そこでこれらをご紹介しつつ、都市に似合う車とはなにか?を考えてみました。


過去5年で不正改造車が激減?東京オートサロン会場周辺の街頭検査

過去5年で不正改造車が激減?東京オートサロン会場周辺の街頭検査

毎年恒例の東京オートサロン会場周辺での特別街頭検査。2013年〜2018年までの過去5年間のデータを並べて掲載しています。


【不正改造の取締り】取締り基準、ポイント9つ&罰則内容や通報先は?

【不正改造の取締り】取締り基準、ポイント9つ&罰則内容や通報先は?

本記事では不正改造の取締り対象になるポイント9つと、罰則と取締の流れ、不正改造車を見かけた際の通報先までまとめてご紹介いたします。


最新の投稿


ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表しました。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)です。


アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

Audi(アウディ)が6月に発表した「Q8」の高性能モデル、「RS Q8」がスクープされました。パワートレインにランボルギーニ「ウルス」のと共通のエンジンを備えると見られている、「RS Q8」。本記事では「RS Q8」の最新情報をご紹介します。


出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

トヨタ自動車は、最高級乗用車(ショーファーカー)『センチュリー』を21年ぶりにフルモデルチェンジし、6月22日より販売を開始しました。貴方は、センチュリーのこと、どれだけ知っていますか?


8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

ボルボカーズは6月20日、新型ボルボ『S60』を発表しました。S60のフルモデルチェンジは実に8年ぶりのこととなります。PHVも設定され、刷新されたS60新型についてまとめています。


W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

FIFAワールドカップロシア初戦、大迫勇也選手がコロンビア戦で1得点をあげたことにかけた電光掲示板(道路情報板 )の交通標語が話題を呼んでいます。当記事では熊本県警が発信するワールドカップにちなんだ電光掲示板の標語と、過去の流行に絡めた電光掲示板の表示も合わせてご紹介します。