タミヤに憧れ、タミヤで遊び、タミヤを懐かしむ人に朗報!

タミヤに憧れ、タミヤで遊び、タミヤを懐かしむ人に朗報!

タミヤは、由良拓也氏デザインによる電動RCバギー「ビッグウィッグ」の復刻版を3月11日頃より発売します。それにちなんで、今回はタミヤについてまとめてみました。


タミヤ、由良拓也デザインの電動RCバギーを30年ぶりに復刻

タミヤは、由良拓也氏デザインによる電動RCバギー「ビッグウィッグ」の復刻版を3月11日頃より発売します。

ビッグウィッグは、日本を代表するレーシングカーデザイナー由良拓也氏がボディデザインを担当したことで話題を集めた電動RCバギー。1986年にタミヤ電動RCカー誕生10周年記念モデルとして発売したモデルです。

今回、当時の基本構成を変えることなく、改良を加えた復刻版を発売します。

多くの実車に使われている、応答性に優れ、リニアな操舵感が特徴のラック&ピニオン方式のステアリングシステムを採用

スリムなスタイルが主流だったそれまでのバギーボディから一転。空気をスムーズに流し、ダウンフォースを生み出すボリューム感あふれるエアロダイナミックボディは今でも十分個性的。マーキングは当時のイメージを踏襲しつつ、リヤウイングに由良氏が代表を務める「ムーンクラフト」のロゴマークを大きく配置しました。

シャーシはオフロード走行時の安定性に優れたシャフトドライブ4WD。モーターパワーをロスなく四輪に伝達するフルベアリング仕様とし、スムーズなコーナリング性能を生み出すデフギヤを前後に装備。

サスペンションはダブルウィッシュボーン四輪独立。サスアームは強度の高いフロントAアーム、リヤHアームとし、ショック吸収性に優れたCVAオイルダンパーを装着。泥の付着を最小限に抑えるフラットディッシュホイールには、十分なグリップ力を発揮するオーバルブロックタイヤをセット。

さらに、ビッグウィッグだけに採用されたラック&ピニオン方式のステアリングもそのまま踏襲しています。

全長390×全幅235×全高140mmで、車体重量は約1340g(RCメカ、バッテリー含まず)。価格は2万3760円。走行には別途ファインスペック2.4G電動RCドライブセットおよび送信機用電源(単3形電池4本)が必要なのでご注意ください。

あのマツダデミオも…

1/10のデミオ

これは本物のデミオ

タミヤは、RC(ラジオコントロール)カー組み立てキット「1/10電動RCカーシリーズ」の新製品として「マツダ デミオ」を1月21日に発売。さらに同モデルの完成品フルセットを「エキスパートビルトシリーズ」として2月11日に発売しました。

新製品は、4代目「マツダ デミオ」を再現した電動RCカー。マツダのデザインテーマ「魂動」から生み出された躍動感あるフォルムをリアルに再現しました。ポリカーボネート製クリヤーボディで、好みのカラーに塗装して仕上げることができます。また、ボディサイドのグラフィックの他、「魂動」「SKYACTIV TECHNOLOGY」「zoom-zoom」などのロゴマークステッカーも付属します。これはファンとしてはとても嬉しいですね。

1/10のデミオ

本物のデミオ

シャーシは前輪駆動の「M-05」を採用。軽量、スリムなセミモノコックフレームに、バッテリー、モーターなど重量物をホイールベース内におさめ、重量配分の最適化と低重心化を実現しました。

前後ダブルウィッシュボーンの足回りにインナースポンジ内蔵の中空ゴムタイヤを標準装備。駆動系、サスペンション、タイヤなど、豊富なオプションパーツ(別売)によるカスタマイズ、セッティングにも対応し、ビギナーからベテランまで軽快な走りが楽しめます。

価格は組立てキットが1万2744円、プロポ等RC装置や走行用バッテリー、充電器が付属する完成品フルセットが2万5704円。

タミヤ、実車NSXと新作コラボ押し

タミヤは、2016年9月に行われた全日本模型ホビーショー16ホンダ『NSX』の実車を展示し、新作1/24スケール「NSX」や1/10スケールRCカー「NSX(TT-02シャーシ)」への導線をつくりました。

さらに、F-14Aトムキャットや、楽しい工作シリーズ新作「シャフトドライブユニット」なども展示していました。

これは本物のNSX

新型NSXの実車を間近に見るだけでも時間が過ぎるのを忘れてしまうほどだが、これをいち早くモデル化したタミヤは、「ぜひ実車とプラモデル、ラジコンカーを見比べてみて」とアピールします。

1/24スケールのプラモデル版は、「右ハンドルと左ハンドルのどちらかを選べます。

ドアミラー面やエンジンカバー上部のロゴなどは、質感のある金属製インレットマークを採用した」という。1/10スケール電動RCカーシリーズ新作「NSX(TT-02シャーシ)」は、シャフトドライブ4WDを採用したツーリングカー用シャーシ。

これに前後密閉式ギヤケース、4輪ダブルウィッシュボーンサスペンション、10種類のギヤ比が選択できるモーターマウントなどが組まれています。

男心をくすぐられる!大人が楽しむミニカー特集

http://matome.response.jp/articles/35

車が好きで様々な車種をいつも眺めていたいという場合は、本物の車を購入するよりもミニカーをコレクションする手があります。特に高級車のミニカーはミニカーと言ってもおもちゃとは呼べないくらい精巧な作りです。今回は人気の高級車のミニカーについてご紹介します。

関連するキーワード


タミヤ ミニ四駆 ミニカー

関連する投稿


京商、NSX&S660 1/64スケール ミニカーコレクション発売!!

京商、NSX&S660 1/64スケール ミニカーコレクション発売!!

京商は、ジュウロクホウイ社プロデュースによる「KYOSHO 1/64スケール ホンダNSX&S660ミニカーコレクション」を7月に発売します。そこで今回もミニカー特集を開催します!


デアゴスティーニから「デロリアン」1/8スケールが登場!

デアゴスティーニから「デロリアン」1/8スケールが登場!

デアゴスティーニから、毎号付属するパーツを組み立てると映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)」に登場するタイムマシン「デロリアン」の1/8スケールモデルが完成するマガジンシリーズ、週刊『バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン』が1月31日より発売されました。


映画「ワイルド・スピード」シリーズのミニカー!

映画「ワイルド・スピード」シリーズのミニカー!

アメリカの玩具メーカー「マテル」の日本法人マテル・インターナショナルから、カーアクション映画「ワイルド・スピード」シリーズに登場する車種を集めた、ミニカー「ワイルド・スピード ダイキャストカーシリーズ」が3月25日に発売されました。


男心をくすぐられる!大人が楽しむミニカー特集 第二弾!

男心をくすぐられる!大人が楽しむミニカー特集 第二弾!

車が好きで様々な車種をいつも眺めていたいという場合は、本物の車を購入するよりもミニカーをコレクションする手がありますよね。特に高級車のミニカーはミニカーと言ってもおもちゃとは呼べないくらい精巧な作りです。今回は人気の高級車のミニカー特集第二弾をお届けします!


男心をくすぐられる!大人が楽しむミニカー特集

男心をくすぐられる!大人が楽しむミニカー特集

車が好きで様々な車種をいつも眺めていたいという場合は、本物の車を購入するよりもミニカーをコレクションする手があります。特に高級車のミニカーはミニカーと言ってもおもちゃとは呼べないくらい精巧な作りです。今回は人気の高級車のミニカーについてご紹介します。


最新の投稿


トヨタ マークX 走行性能 安全性 価格 詳細一覧!

トヨタ マークX 走行性能 安全性 価格 詳細一覧!

フロントのX文字が印象的なトヨタ・マークXは、アッパーミドルクラスのスポーツセダンです。セダンタイプのFR車は世界的にも希少になり、スタイリッシュで品格を備えたマークXは、ワンランク上のFR車を求めるユーザーにとって、無くてはならない車です。


GT-R(R32)の走行動画をVRで見る!

GT-R(R32)の走行動画をVRで見る!

1989年8月に誕生し、30年近く経った今でも、人気を誇る日産、スカイラインGT-R(R32)。そのスカイラインGT-R(R32)の走行動画をVR動画にてお届けします。


日産 ウイングロード 燃費 価格 車内空間 詳細情報!

日産 ウイングロード 燃費 価格 車内空間 詳細情報!

ウイングロードは、日産自動車が販売している、ステーションワゴンです。日産サニーをベースとして開発されたモデルで、車体の大きさも程よく運転のしやすい車です。街乗りをするのに最適なサイズと、広い車内空間を両立しています。またパワフルな走りと優れた環境性能を兼ね備えています。


実際に経験はしたくないが、興味はある!?JAL安全の舞台裏とは

実際に経験はしたくないが、興味はある!?JAL安全の舞台裏とは

飛行機に乗ると離陸前にビデオや客室乗務員が説明するあれ。みなさんもご存知ですよね!実際に本番で体験するのは恐ろしいので回避したい、でもちょっとだけやってみたいことの一つが、飛行機からの脱出…ですよね。そんな脱出体験ができるなら、やはりやってみたいですか?


日産 セレナ! 最近のセレナ事情を知りたい!2017

日産 セレナ! 最近のセレナ事情を知りたい!2017

日産自動車は、新型『セレナ』の累計受注台数について、発売から7か月が経過した2017年2月末現在で約6万5000台となったことを発表しました。 歴代セレナでトップの売れ行きが続いています。そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのセレナについてまとめました。