いつもお世話になっています!クロネコヤマトの宅配便事情調べてみた

いつもお世話になっています!クロネコヤマトの宅配便事情調べてみた

深刻なドライバー不足。オンラインショップの発達による宅急便の便数の増加。増える残業時間…などなど今、改めて日本の宅配制度が見直されつつあります。その中でも特に話題になっていたクロネコヤマトについて調べてみました。


ヤマトの宅急便ドライバー不足で「正午から午後2時」の配達指定廃止

ネット通販の急増などによって宅配便の利用者が増えて、配達するドライバーの人手不足が深刻化しているとニュースでも新聞でも話題になっています。

このため、宅配最大手のヤマト運輸は、正午から午後2時は時間帯指定の配達を中止するなど、宅配サービスを抜本的に見直す方針を固めました。

また、クロネコヤマトの宅急便の急増に伴い、ドライバー不足が深刻化、労働組合は春闘で、現在の人員体制では対応が難しいとしていて、会社側に労働時間の見直しなどを要求しているそうです。

このため、ヤマト運輸では、朝から夜まで6つの時間帯で荷物を受け付けている時間帯指定のサービスについて、利用が比較的少ない「正午から午後2時まで」の時間を指定する配達を廃止、ドライバーなどが昼の休憩時間を取得しやすくすることを決めました。

2015年度には、37億個を突破って嘘でしょ!?

また、集配業務の終了時間をこれまでよりも早くするために、現在は午後9時までの夜間の配達時間帯の変更を検討する方針。2017年度中の実施を目指します。

この背景に、国内の宅配便の配達数がネット通販の普及で増加したことが挙げられます。なんでも2015年度には37億個を突破したそう…。国民一人が1年間に30個以上利用したことになりますが、しかも、昼間は留守宅が多く再配達するメモをポストなど投函するケースも急増して効率が悪いのがネックに。

クロネコヤマト、基本運賃の引き上げを決定

クロネコヤマトが「9月末までに宅配便の基本運賃を引き上げる方針を固めた」そうです。

宅急便の全面値上げは消費増税時を除くと27年ぶり。すでに、大口顧客のマゾンジャパンなどと値上げ交渉に入ったそうです。

値上げ幅については明らかにしていないが、長尾社長は「ネット通販の急成長と労働需給のひっ迫で、事業の継続性に危機感を覚えるようになった」ことから「コストに見合った料金に改める必要性を強調した」と伝えています。

今年度のヤマトの宅急便取扱個数が、今年2月まで11か月の累計で17億1226万個に達したことを取り上げており、昨年度は17億3000万個だったことから、過去最高を更新することが確実となったそうです。

取扱個数の急増とドライバー不足で音を上げているヤマトの宅急便ですが、配達する基本運賃の値上げは、今後、ネット通販など「送料込み」の商品価格の見直しにも影響を及ぼすと考えられます。


しかしながら、この現状を見ると、やむをえないでしょう。

今後は、配達員の方が配達に来られたら、一言「ありがとう」と言葉を添えたいですね。

最新の投稿


トヨタ マークX 走行性能 安全性 価格 詳細一覧!

トヨタ マークX 走行性能 安全性 価格 詳細一覧!

フロントのX文字が印象的なトヨタ・マークXは、アッパーミドルクラスのスポーツセダンです。セダンタイプのFR車は世界的にも希少になり、スタイリッシュで品格を備えたマークXは、ワンランク上のFR車を求めるユーザーにとって、無くてはならない車です。


GT-R(R32)の走行動画をVRで見る!

GT-R(R32)の走行動画をVRで見る!

1989年8月に誕生し、30年近く経った今でも、人気を誇る日産、スカイラインGT-R(R32)。そのスカイラインGT-R(R32)の走行動画をVR動画にてお届けします。


日産 ウイングロード 燃費 価格 車内空間 詳細情報!

日産 ウイングロード 燃費 価格 車内空間 詳細情報!

ウイングロードは、日産自動車が販売している、ステーションワゴンです。日産サニーをベースとして開発されたモデルで、車体の大きさも程よく運転のしやすい車です。街乗りをするのに最適なサイズと、広い車内空間を両立しています。またパワフルな走りと優れた環境性能を兼ね備えています。


実際に経験はしたくないが、興味はある!?JAL安全の舞台裏とは

実際に経験はしたくないが、興味はある!?JAL安全の舞台裏とは

飛行機に乗ると離陸前にビデオや客室乗務員が説明するあれ。みなさんもご存知ですよね!実際に本番で体験するのは恐ろしいので回避したい、でもちょっとだけやってみたいことの一つが、飛行機からの脱出…ですよね。そんな脱出体験ができるなら、やはりやってみたいですか?


日産 セレナ! 最近のセレナ事情を知りたい!2017

日産 セレナ! 最近のセレナ事情を知りたい!2017

日産自動車は、新型『セレナ』の累計受注台数について、発売から7か月が経過した2017年2月末現在で約6万5000台となったことを発表しました。 歴代セレナでトップの売れ行きが続いています。そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのセレナについてまとめました。