目次へ戻る

【大阪モーターサイクルショー2017】ホンダブースで話題だった4台!

【大阪モーターサイクルショー2017】ホンダブースで話題だった4台!

2017年3月18日から20日までの3連休に開催された『第33回 大阪モーターサイクルショー2017』。こちらの記事では大阪モーターサイクルショーのホンダブースにて出展された車両の情報をピックアップしまとめています。


【大阪モーターサイクルショー2017】3月18日~20日に開催

2017年3月18日~20日の3連休に、インテックス大阪1号館および2号館で開催された『第33回 大阪モーターサイクルショー2017』。過去最大規模であると同時に、3連休の開催となり、多くの来場者で賑わいました。

こちらの記事は、大阪モーターサイクルショーにて出展されたホンダの車両をピックアップし紹介しています。

発売が待ち遠しい! CBR250RR

ホンダブースで注目を浴びたのは、新開発の250cc水冷直列2気筒エンジンを搭載した『CBR250RR』。

インドネシアですでに発売がスタートしており、クラスを超えた装備内容がすでにバイクファンの間で話題となっています。

上下2段からなるLEDコンビネーション・ヘッドライトのフロントマスクをはじめとした、スピード感あふれる外装は目をひくもので、倒立フロントフォークやアルミ鍛造スイングアーム、クラス初のスロットルバイワイヤシステム、ラップタイマーを搭載するフルデジタルメーターなど「スーパースポーツ」と呼ぶに相応しい一台です。

ライディングモードも備わっており、ライダーは「コンフォート、スタンダード、スポーツ」の3段階を状況や好みによって選べます。

昨今250ccスポーツバイクは大人気で、各メーカーが覇権を握ろうと凌ぎを削っていますが、上級モデルに匹敵する装備内容とアグレシッブなスタイルのこのCBR250RRが国内発売されることになれば、インパクトは非常に大きいでしょう。

早速のレーシング仕様!CBR250RRレースベース車

こちらも注目を集めた1台。HRC(ホンダ・レーシング)が市販を予定している『CBR250RRレースベース車』です。

CBR250RRレースベース車は、HRCサービスショップにて完成車をコンプリートすることを前提に、HRCからHRCサービスショップへ提供されます。

サーキットで不要なヘッドライトやストップランプ、ウインカーなどは省略され、ECUやハーネスはレース専用品です。

速度リミッターも外されており、そのままレースへの参戦が可能です。

直列2気筒エンジンを搭載する新型『CBR250RR』は、公道バージョンもまだ国内では販売をスタートしていませんが、早くもHRCのレースベース車がお披露目されました。

CBR250RRの発売が目前に迫っていることは間違いないでしょう。

新型CBR250RRもCBR250RRレースベース車も価格等仕様詳細はまだ未定です。いずれも3月24~26日東京モーターサイクルショーでも披露される予定となっています。

異彩のビッグスクーター!X-ADV

ホンダブースで異彩を放っていたのは、昨秋のEICMA2016(イタリア・ミラノショー)で初披露したニューモデルの『X-ADV』。

エンジンはNC750系の水冷SOHC4バルブ直列2気筒745cc。

マニュアルトランスミッションの構造をそのままに、クラッチとシフト操作を自動化した「DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)」が組み込まれ、イージーライディングが楽しめます。

ストロークの長い41mmカートリッジ式倒立フォークやリアサスペンション、U字断面のアルミ製スイングアームが与えられている足周りは、ワイヤースポーク式のホイールがセットされていて、フロント17、リア15インチのサイズ。

ストロークの長い41mmカートリッジ式倒立フォークやリアサスペンション、U字断面のアルミ製スイングアームが与えられている足周りは、ワイヤースポーク式のホイールがセットされていて、フロント17、リア15インチのサイズ。

メーターまわりもラリーマシンのような雰囲気で、ハンドルはテーパーアルミバー。

少しくらいならダートも行ける雰囲気が面白い1台です。公式プロモーションビデオでもオフロードを元気よく走っているので、実際のダートライディングがいまから楽しみです。

ヘッドライトをはじめとした灯火類はLED式で、エッジの効いたスタイルといいすべてが近未来的。ウインドスクリーンは5段階で調整可能で、高速道路のクルージングも快適なはず。

広いメットインスペースがシート下にあり、ビッグスクーターならではの利便性も魅力。国内発売も間近なようです。

レブル250が復活!BMXモチーフのコンセプトモデル

「レブル250」というバイクを皆様はご存知でしょうか。レーサーレプリカ全盛期の1985年に発売された250ccのアメリカンです。

1985年発売当初のホンダ・レブル

2000年以降は日本での販売をしていませんでしたが、北米仕様のレブル(CMX250)は、30年以上にわたり、販売をされているロングセラーモデルです。

そのレブルが復活したのです。今回展示されたレブルはBMXをモチーフとしたコンセプトモデル。

新しいスタイルで、よりアクティブでフリーダムな楽しみ方を提案しています。

こちらが、カスタムモデルのベースとなっている新型レブル。昔のレブルは並列2気筒エンジンを搭載していましたが、新型で水冷単気筒となっています。

発売時期と価格は未定だが、車体色はブラック、シルバー、イエローが予想されています。

カスタムの自由度も非常に高い1台なので、今回出展されたスタイルコンセプトモデルのように、自分好みにカスタムしてみてはいかがでしょか。

関連する投稿


【10月19日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10月19日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10/19情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


ホンダ モンキー 125ccで復活!?2017年10月に世界初公開!発売日は?

ホンダ モンキー 125ccで復活!?2017年10月に世界初公開!発売日は?

2017年8月をもって生産終了となったホンダの50ccバイク、モンキー。惜しまれつつも生産終了となったモンキーですが、10月に開催される東京モーターショー2017にて125ccの「モンキー125」として世界初公開となるようです。モンキー復活の詳細情報と共に、市販化の可能性や発売時期の予測などについてをまとめます。


ヤマハSR400が復活・・・!!どうなる消えゆく名車たち・・・!

ヤマハSR400が復活・・・!!どうなる消えゆく名車たち・・・!

9月1日にYAMAHAから発表されたSR400やドラッグスター等、一時代を築いてきた名車とも言えるバイクたちの生産終了の報せ。SRに関しては発売から約40年も続く大人気のバイクです。そんな悲しい報せでしたが、そんな最中SR400が「復活」するとの情報。詳しくまとめます。


【9/6更新】フランクフルトモーターショー2017 出展車&トピック一覧

【9/6更新】フランクフルトモーターショー2017 出展車&トピック一覧

世界最大級の規模ともいわれるフランクフルトモーターショーが9月12日にドイツにて開幕します。二年に一度のビッグモーターショー、出展メーカー、見どころ、気になるワールドプレミアは…?など、ドイツには行けないけれどもモーターショーが気になる!という方に情報を随時更新しお届けします。


YAMAHAの名車SR・ドラスタなど生産終了…。400ccアメリカンは絶滅…

YAMAHAの名車SR・ドラスタなど生産終了…。400ccアメリカンは絶滅…

2017年9月1日、YAMAHAは夏の終わりと共に「SR」「ドラッグスター」など全9車種の生産終了を相次いで発表しました。ドラッグスターが生産終了となったことにより国内で生産されていたアメリカンバイク(400cc)が全て絶版となることなりました。こちらの記事にて詳細をお届けします。


最新の投稿


日産キューブ!中古価格・色・内装・口コミ完全網羅!新型はいつ?

日産キューブ!中古価格・色・内装・口コミ完全網羅!新型はいつ?

日産のコンパクトカー、と聞かれたら何の車を思い浮かべますか?マーチ、ノート…。日産のコンパクトカーは魅力的な車が多いですが、今回ご紹介するのはキューブです。カワイイ見た目とは裏腹に、パワー面もしっかりしているキューブ。今回はこのキューブの、中古価格や色、口コミ、スペック、燃費などについて見ていきます。


新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

マイナーチェンジされた新型ステップワゴンは、スパーダに待望のハイブリッド車が設定されたり、「ホンダセンシング」が全車標準装備になったりと、話題満載の改良になりました。となると、ステップワゴンを選ぶとしたら、ベストチョイスは話題のスパーダハイブリッドでしょうか?それとも・・・


どうなる!?日産!!大規模リコールの末、国内全工場で出荷停止…

どうなる!?日産!!大規模リコールの末、国内全工場で出荷停止…

2017年10月19日の夜、日産は無資格検査の発覚後も続けて無資格検査を行っていたとし、緊急記者会見をし国内にある6ヶ所全ての工場で車の出荷を停止し、さらに約3万4000台を追加でリコールするとの発表をしました。最新の情報からどういった経緯で起こった事件なのかをまとめます。


レクサスLS新型発売! LS500 LS500h 最新情報完全網羅

レクサスLS新型発売! LS500 LS500h 最新情報完全網羅

新型レクサスLSが10月19日より発売されました。まさにレクサスの中のレクサスともいえるレクサスLSがフルモデルチェンジして登場です。最高級フラッグシップセダンであるレクサスLS新型の、基本情報・スペック・価格・ハイブリッド・燃費ほかレクサスLS新型の気になる情報について見ていきます。


【10月19日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10月19日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10/19情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。