【大阪モーターサイクルショー2017】ホンダブースで話題だった4台!

【大阪モーターサイクルショー2017】ホンダブースで話題だった4台!

2017年3月18日から20日までの3連休に開催された『第33回 大阪モーターサイクルショー2017』。こちらの記事では大阪モーターサイクルショーのホンダブースにて出展された車両の情報をピックアップしまとめています。


【大阪モーターサイクルショー2017】3月18日~20日に開催

2017年3月18日~20日の3連休に、インテックス大阪1号館および2号館で開催された『第33回 大阪モーターサイクルショー2017』。過去最大規模であると同時に、3連休の開催となり、多くの来場者で賑わいました。

こちらの記事は、大阪モーターサイクルショーにて出展されたホンダの車両をピックアップし紹介しています。

発売が待ち遠しい! CBR250RR

ホンダブースで注目を浴びたのは、新開発の250cc水冷直列2気筒エンジンを搭載した『CBR250RR』。

インドネシアですでに発売がスタートしており、クラスを超えた装備内容がすでにバイクファンの間で話題となっています。

上下2段からなるLEDコンビネーション・ヘッドライトのフロントマスクをはじめとした、スピード感あふれる外装は目をひくもので、倒立フロントフォークやアルミ鍛造スイングアーム、クラス初のスロットルバイワイヤシステム、ラップタイマーを搭載するフルデジタルメーターなど「スーパースポーツ」と呼ぶに相応しい一台です。

ライディングモードも備わっており、ライダーは「コンフォート、スタンダード、スポーツ」の3段階を状況や好みによって選べます。

昨今250ccスポーツバイクは大人気で、各メーカーが覇権を握ろうと凌ぎを削っていますが、上級モデルに匹敵する装備内容とアグレシッブなスタイルのこのCBR250RRが国内発売されることになれば、インパクトは非常に大きいでしょう。

早速のレーシング仕様!CBR250RRレースベース車

こちらも注目を集めた1台。HRC(ホンダ・レーシング)が市販を予定している『CBR250RRレースベース車』です。

CBR250RRレースベース車は、HRCサービスショップにて完成車をコンプリートすることを前提に、HRCからHRCサービスショップへ提供されます。

サーキットで不要なヘッドライトやストップランプ、ウインカーなどは省略され、ECUやハーネスはレース専用品です。

速度リミッターも外されており、そのままレースへの参戦が可能です。

直列2気筒エンジンを搭載する新型『CBR250RR』は、公道バージョンもまだ国内では販売をスタートしていませんが、早くもHRCのレースベース車がお披露目されました。

CBR250RRの発売が目前に迫っていることは間違いないでしょう。

新型CBR250RRもCBR250RRレースベース車も価格等仕様詳細はまだ未定です。いずれも3月24~26日東京モーターサイクルショーでも披露される予定となっています。

異彩のビッグスクーター!X-ADV

ホンダブースで異彩を放っていたのは、昨秋のEICMA2016(イタリア・ミラノショー)で初披露したニューモデルの『X-ADV』。

エンジンはNC750系の水冷SOHC4バルブ直列2気筒745cc。

マニュアルトランスミッションの構造をそのままに、クラッチとシフト操作を自動化した「DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)」が組み込まれ、イージーライディングが楽しめます。

ストロークの長い41mmカートリッジ式倒立フォークやリアサスペンション、U字断面のアルミ製スイングアームが与えられている足周りは、ワイヤースポーク式のホイールがセットされていて、フロント17、リア15インチのサイズ。

ストロークの長い41mmカートリッジ式倒立フォークやリアサスペンション、U字断面のアルミ製スイングアームが与えられている足周りは、ワイヤースポーク式のホイールがセットされていて、フロント17、リア15インチのサイズ。

メーターまわりもラリーマシンのような雰囲気で、ハンドルはテーパーアルミバー。

少しくらいならダートも行ける雰囲気が面白い1台です。公式プロモーションビデオでもオフロードを元気よく走っているので、実際のダートライディングがいまから楽しみです。

ヘッドライトをはじめとした灯火類はLED式で、エッジの効いたスタイルといいすべてが近未来的。ウインドスクリーンは5段階で調整可能で、高速道路のクルージングも快適なはず。

広いメットインスペースがシート下にあり、ビッグスクーターならではの利便性も魅力。国内発売も間近なようです。

レブル250が復活!BMXモチーフのコンセプトモデル

「レブル250」というバイクを皆様はご存知でしょうか。レーサーレプリカ全盛期の1985年に発売された250ccのアメリカンです。

1985年発売当初のホンダ・レブル

2000年以降は日本での販売をしていませんでしたが、北米仕様のレブル(CMX250)は、30年以上にわたり、販売をされているロングセラーモデルです。

そのレブルが復活したのです。今回展示されたレブルはBMXをモチーフとしたコンセプトモデル。

新しいスタイルで、よりアクティブでフリーダムな楽しみ方を提案しています。

こちらが、カスタムモデルのベースとなっている新型レブル。昔のレブルは並列2気筒エンジンを搭載していましたが、新型で水冷単気筒となっています。

発売時期と価格は未定だが、車体色はブラック、シルバー、イエローが予想されています。

カスタムの自由度も非常に高い1台なので、今回出展されたスタイルコンセプトモデルのように、自分好みにカスタムしてみてはいかがでしょか。

関連する投稿


【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。


【アジアの美人】インドネシアモーターショー2017のコンパニオン

【アジアの美人】インドネシアモーターショー2017のコンパニオン

東南アジアのモーターショーではあたりまえの光景となっているステージモデル/コンパニオンの大量投入。インドネシア国際オートショー2017(インドネシアモーターショー2017)でもその状況にかわりはなく、会場内であちこちのブースで洗練された女性が花を添えていました。


【インドネシアモーターショー】三菱エクスパンダーがお披露目!他

【インドネシアモーターショー】三菱エクスパンダーがお披露目!他

インドネシアモーターショーにて、三菱のエクスパンダーがワールドプレミアされました。今回はエクスパンダーをはじめ、インドネシアモーターショーで披露された内容を厳選してまとめています。


コイツ、バイクなのに漕げるぞ!?「漕げる電動オートバイ」glafit爆誕

コイツ、バイクなのに漕げるぞ!?「漕げる電動オートバイ」glafit爆誕

みなさんは、オートバイをご存知ですよね。では、「漕げるオートバイ」のことはご存知ですか?おや、知らない?それはもったいないですね。今回はそんな「漕げるオートバイ」glafitについてご紹介しちゃいます!!!


【祝】スーパーカブ1億台!「女々々々しくてチャレンジ!」に挑戦!

【祝】スーパーカブ1億台!「女々々々しくてチャレンジ!」に挑戦!

「原チャであそびつくせ!」というコンセプトのもと、「ゴールデンボンバー」とホンダがコラボした、「女々々々しくてチャレンジ」を2017年8月4日(金)から期間限定で公開中!我が編集部でも女々々々しくてチャレンジに挑みました!この機会に「々」を1億回PUSHしてみましょう!


最新の投稿


メルセデスAMGの新型ハイパーカー『プロジェクト ワン』価格・パワートレイン

メルセデスAMGの新型ハイパーカー『プロジェクト ワン』価格・パワートレイン

メルセデスから販売予定のハイパーカー。メルセデスAMG新型「プロジェクトワン」、気になる最新情報についてまとめました。まだまだ謎のヴェールにつつまれている、「プロジェクト ワン」スペック・値段をまとめています。ブガッティシロンよりは少しばかりお手頃…のようです。


新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

環境に良くて燃費性能も高いハイブリッドカー。元々国内で販売されていたガソリンエンジン車にもハイブリッドタイプが続々と登場し、今では国内でかなりの台数が販売されています。今回は新車価格200万円以下のハイブリッドカーにスポットを当ててご紹介します。


【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

毎年、気になる新型やカッコイイ外車、ちょっとお高い高級車が販売されています。そして、道を走れば思わず見とれてしまう外車も多いです。そう。クルマ好きには誘惑が多いですよね。でも、やっぱり、自分の愛車が一番。そう思う方は多いでしょう。今回はそんな自分の車をこよなく愛する方、必見のアンケート調査を載せています。


【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

車が欲しくて新車はどれも高く、軽自動車もしくは中古車ならなんとかなるかもとお考えの方は多いと思います。しかし、調べると新車でも意外と買える新車はあるものです。そこで今回は車が欲しいけどお金が無いという方にオススメの200万円以下で買える新車をご紹介していきます。


【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。