「バイク離れ」排ガス規制影響で更に加速か・・・50ccは大ダメージ

「バイク離れ」排ガス規制影響で更に加速か・・・50ccは大ダメージ

日本自動車工業会から3月16日に発表された自動車国内需要見通しによると、2017年度の需要見通しが16年度見込み比で36万9000台(前年度比98.4%)と前年割れが続く見通しとなっています。詳細についてまとめています。


排出ガス規制 概要

排出ガス規制によりバイクの国内需要が低くなる、というのを語る前にまず、「排出ガス規制」とは、どういった規制の内容なのかを説明します。

2015年7月1日、国土交通省はディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化するため、道路運送車両の保安基準等を改正し、公布・施行しました。

バイク、二輪車は、排出ガス中に含まれる窒素酸化物(NOx)、炭化水素(HC)、一酸化炭素(CO)について、これまでの規制値と比較して最大約6割低い水準に引き下げる規制強化となります。その他、新たに駐車時等の燃料蒸発ガスに対する規制及び車載式故障診断装置の装備の義務付けを行います。原付1種に関しても主にクラス1に該当となるため、一酸化炭素、窒素酸化物を50%程押さえなくてはいけません。

この排出ガス規制、新型車が2016年10月1日、継続生産車および輸入車が2017年9月1日から適用開始となります。

こちらの画像はディーゼル重量車排出ガス規制値一覧

簡単にまとめると上記の排出ガス規制をクリアするためには、車両(バイク含み)を生産する際のコストが上がってしまい特に50ccバイク、原付1種などは現行モデルを継続して生産するのが困難な状況になっています。

50ccバイク大きく落ち込む見込み・・・排出ガス規制が課題

2017年3月16日、日本自動車工業会から発表された「自動車国内需要見通し」を見ると、2016年度のバイク国内需要は37万5000台(前年度比94.2%)、2017年度の需要見通しは、2016年度の見込みと比べると36万9000台(前年度比98.4%)と、前年割れが続く見通しとなっていて排出ガス規制の影響が顕著に現れる結果となっています。

特に落ち込みが激しいのは排気量50cc以下のバイク、原付1種で、2016年度見込み16万5000台(91.7%)、17年度見通し15万3000台(92.7%)となっています。原付2種(125cc以下)、軽二輪(250cc以下)、小型二輪車(251cc以上)については、16年度見込み比では前年度割れだが、17年度見通しは前年度を上回る見通しを出しています。

2016年度の見込みには同年4月に発生した熊本地震の影響で熊本の生産がストップした分が反映されていますが、地震の影響がなかった2015年度と2017年度の見通しを比較すると、2015年度実績を上回るのは原付2種だけとなっていて、バイク離れは年々深刻化しています。

排出ガス規制が2017年度のバイク需要を左右

2017年度の国内バイク需要を左右すると考えられるのは、9月1日から継続生産車にも拡大されることとなている排出ガス規制です。

排ガス規制影響により2017年8月で生産終了が決まったホンダ モンキー

日本自動車工業会は、生産終了となるモデルへの駆け込み需要や、規制に対応したニューモデルの新車需要に期待し、上期の需要は底堅いと予測しているようですが、排ガス規制に適応した車両の価格はどうしても上がってしまい、価格上昇もバイク需要の減少要因として作用しています。

ホンダ モンキーを始め、各メーカーの50ccバイク、原付1種の数が減っていく可能性がかなり濃厚となっていますが、逆に125ccの原付2種の発表が増えているのも確か。

今後のバイク市場が大きく変わっていくこととなるのは間違い無さそうです。

関連するキーワード


バイク

関連する投稿


抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャルの受付日時決定!

抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャルの受付日時決定!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。


カワサキ、エストレヤ生産終了…6月1日よりファイナルエディション発売中!

カワサキ、エストレヤ生産終了…6月1日よりファイナルエディション発売中!

カワサキモータースジャパンは、トラディショナルシングル『エストレヤ』の生産終了を発表、ファイナルエディションを6月1日より発売します。2017年に生産終了するバイクは他にも様々。まとめてみました。


ホンダ新型レブル250/500のスペック・価格・インプレ・評価一覧!

ホンダ新型レブル250/500のスペック・価格・インプレ・評価一覧!

【5/23更新】2017年4月17日、ホンダから新型クルーザーモデル『レブル250』と『レブル500』が発売されました。こちらの記事では新型レブル250/500のスペック、カラー、価格、燃費、インプレ・試乗評価についてまとめています。


出会えたらレア?原付ご当地ナンバープレート【関東編】

出会えたらレア?原付ご当地ナンバープレート【関東編】

こちらの記事では、関東地方の原付のご当地ナンバープレートを3つピックアップし紹介しています。


【BIKE! BIKE! BIKE! 2017】GW バイカーが聖地 鈴鹿に集結!

【BIKE! BIKE! BIKE! 2017】GW バイカーが聖地 鈴鹿に集結!

GW(ゴールデンウィーク)初日となる2017年4月29日、鈴鹿サーキットにて参加型バイクイベント「BIKE! BIKE! BIKE! 2017」が開催されます。こちらの記事ではイベント内容等を簡単にまとめています。


最新の投稿


日産リーフ新型激写?!初公開は東京モーターショー2017か!?

日産リーフ新型激写?!初公開は東京モーターショー2017か!?

2010年発売以来、電気自動車として第一線を走り続ける日産のリーフ。 満を持して新型が発売されると話題になっています。今回は新型リーフの公開されている情報をまとめてみました。


抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャルの受付日時決定!

抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャルの受付日時決定!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。


きかんしゃトーマス号に乗れる76日間!2017年は6月17日から!

きかんしゃトーマス号に乗れる76日間!2017年は6月17日から!

静岡県の大井川鐵道にて、今年で4回目となるきかんしゃトーマス号の先行受付が開始しました。こちらの記事では2017年の運行スケジュール、料金はもちろんのこと、過去の振り返りを含めて「きかんしゃトーマス号」の紹介をします。


【クルマイベント2017】東京モーターショー 旧車天国 他 2017年車イベントまとめ

【クルマイベント2017】東京モーターショー 旧車天国 他 2017年車イベントまとめ

2017年、気づけば半年が終わろうとしています。しかし車好きにはこれからビッグイベントが控えていますね!そう!10月に行われる東京モーターショーです。また、モーターショー開催はもちろん、車関連のイベントが目白押しです!今回はこれから開催される主要な車イベントをまとめてみました。車好きさんはブックマークをお願いします!!


【大注目】RX-7(RX-8)の後継モデルRX9が2019年発売!?

【大注目】RX-7(RX-8)の後継モデルRX9が2019年発売!?

2017年の東京モーターショーでマツダから公開されるかもしれないと噂されている「RX-9」。このニュースの詳細そして、ロータリーエンジンの中身、どのように「RX-9」がなると予想されているのか、、まとめてみました!