トヨタの人気SUV!C-HR・ハリアー!スペック・価格・特徴比較

トヨタの人気SUV!C-HR・ハリアー!スペック・価格・特徴比較

次買う車はSUVで決まり!そんな人も多いのではないでしょうか。近年SUVは売上も好調で、新型もどんどん発売されています。そうなると、一体自分にはどんなSUVが適切なのか、迷ってしまいますよね…。でも大丈夫。このまとめを読んで、各SUVの特徴を見てみましょう!今回はトヨタの人気SUVハリアーとC-HRについてまとめました


今大人気のSUV!

今、最も注目されていると言っても過言ではないSUV。このSUVとは、SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の略です。

もともとはアメリカが発症で、じわじわ日本でも売れ行きが伸びており、毎年多くのSUVが発売されています。
そうなると、「どのSUVを買えばいいの?」という疑問が出てきますよね…。

でも大丈夫です!

このまとめではトヨタのオススメSUVについてまとめていますので、
これを見ればSUVにはどんな特徴があるのか、自分のライフスタイルにはどのSUVが良いかがわかります!

というわけで、今回はトヨタの人気SUV、C-HRとハリアーに焦点を当てて見ていきましょう。

NO.1 トヨタの大本命SUV!?C-HR

C-HR 概要

トヨタの人気&オススメSUV C-HR(CHR)!価格・内装・性能、完全網羅!!!

http://matome.response.jp/articles/587

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報、魅力をまとめてみました。

次世代世界戦略クロスオーバーSUVとして、2016年12月14日に発売されたのが、C-HRです。
販売はトヨタのクロスオーバーSUV初となる、全てのトヨタ車の取扱い店舗(トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店)での取り扱いになったことからも期待の大きさが窺えますね。

世界の様々な道での走行テストや、欧州の一般道路でのステアリングやショックアブソーバーのチューニングなどを行うなど、運動性能にこだわりが。

また、「レスポンス」・「リニアリティ」・「コンシステンシー」を突き詰めることで、コンセプトである「我が意の走り」を追求しています。

C-HR スペック(ボディサイズ・燃費他)

全長:4,360mm
全幅:1,795mm
全高:1,550 - 1,565mm
乗車定員:5人
燃費:15.4km
   30.2km/L(ハイブリッド)

C-HRのグレード別価格

・G(ハイブリッド/2WD)2,905,200円〜
・G-T(ガソリン車/4WD)2,775,600円〜
・S(ハイブリッド/2WD)2,646,000円〜
・S-T(ガソリン車/4WD)2,516,400円〜

C-HRのオススメポイント

安全面ではToyota Safety Sense P Toyota Safety Sense Pを採用しています。これにより事故の回避や衝突被害の軽減を支援してくれます。

また、このC-HRのプラットフォームは、TNGAプラットフォーム。
C-HRは、4代目プリウスの次にTGAプラットフォームを採用した車種となります。

ちなみに、TNGAとは「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」の頭文字からとった略称で、開発リソースを削減しながらも、動力性能や燃費性能、ボディ剛性の大幅な向上を実現したプラットフォーム。


また、なんと言っても、C-HRは存在感がハンパないです。ダイヤモンドをモチーフにした個性的なデザインは遠くからでもC-HRの存在を見せつけてくれます。

所有欲を満たしてくれる車と言えるでしょう。

ハリアーと比べると少しコンパクトサイズで、都会向きのクルマともいえます。


C-HRの口コミ情報

先週末(1/28)、待望のC-HRが納車されました。
燃費は街乗り+高速道路、走行距離200Kmで燃費計は20Km/Lとなかなか優秀な結果でした!
(C-HR/HV)

一番感じたことは、20型より遥かに強力なモーターのトルクと電池容量の増大です。発進時に20型ならもうエンジンがかかるような速度でも何もなかったようにモーターだけで加速して行きます。80km/h位まで平気(電池が極端に減っていない限り)です。それとEVモードで走れる距離が格段に増えた気がします。まあこれらはC-HRだからではなくプリウス系のHVユニットの進化の賜物でしょう。足回りもしっかりしていて18inchのタイヤで荒れた路面でもバタつかず「しっとり」感の走りを実現しています。当然ながら静粛性にも優れています。ただし、アクセルを踏み込んだ時(それなりの加速の為にエンジンがかかる程度)のエンジン音にがっかりします!トヨタの4気筒はうるさいですね本当に!スムーズさがありません。内装はGグレードでとっても高品質な空間を演出しています。個人的にプリウスの何とも言えない奇をてらったチープな内装とは全く違います!燃費は、20型をはるかに凌駕します!二回のお休みでそれぞれ100㎞~300㎞程度のドライブに出かけ25.2km/L(120.8km走行時)、27.4km/L(299.3km走行時)と驚異的な燃費です。もちろん普通に走っての数字です。けち臭い運転はしておりません。但しモニター表示の数字ですので満タン法で計測するともう少し落ちるでしょうが、立派な数字だと思います。同じコース(紀伊半島の山間部経由で新宮市や熊野市方面へ)を20型で走った時は22~3km/L位でしたので。本当に素敵な車です!ただし、パワーシートとサンルーフはオプションでも欲しいです!!!以上です!

(C-HR/HV)

NO.2 元祖高級クロスオーバーSUV!ハリアー

ハリアー 概要

トヨタの人気SUV ハリアー!価格 燃費 内装 グレード 完全網羅!!

http://matome.response.jp/articles/595

トヨタから発売されているSUV、ハリアーは、絶大な人気を誇ります。 ハリアーが気になっている人のために、価格、燃費、他のSUVと比較した結果、グレード、内装、中古車情報についてまとめました。ハリアーが気になる方、必見です!!

カムリ(6代目カムリ)のプラットフォームをベースとして1997年12月に登場したのが、ご存知ハリアーです。

「高級サルーン(セダン)の乗り心地と快適性を兼ね備えたクロスオーバーSUV」として開発され、97年に初代モデルが発売されました。

このハリアーは、何と言っても「高級クロスオーバーSUV」という新たなジャンルを開拓した先駆的モデルで、後に世界中のメーカーから数多くの追随モデルが発売されることとなりました。

命名は「チュウヒ(タカ科の鳥)」の英名「HARRIER」から。そのため、エンブレムもチュウヒをモチーフにしています。

ハリアー スぺック(ボディサイズ・燃費他)

全長:4,720 mm
全幅:1,835 mm
全高:1,690 mm
乗車定員:5人
燃費:
・ハイブリッド車(PREMIUM"Advanced Package"、PREMIUM、ELEGANCE):21.4km/L
・ハイブリッド車(GRAND):21.8km/L
・ガソリン車(2WD全車):16.0km/L
・ガソリン車(4WD車(PREMIUM”Advanced Package”)):14.8km/L
・ガソリン車(4WD車(PREMIUM、ELEGANCE、GRAND):15.2km/L

ハリアーのグレード別価格

《ハイブリッド車》
※北海道地区では値段が異なります
・PREMIUM“Advanced Package” 4,591,963円
・PREMIUM 4,032,000円
・ELEGANCE 3,774,857円
・GRAND 3,713,143円

《ガソリン車》
・PREMIUM“Advanced Package” 4WD  3,891,927円
・PREMIUM“Advanced Package” 2WD 3,697,527円
・PREMIUM 4WD 3,331,543円
・PREMIUM 2WD 3,137,143円
・ELEGANCE 4WD 3,074,400円
・ELEGANCE 2WD 2,880,000円
・GRAND 4WD 2,992,114円
・GRAND 2WD 2,797,714円
・Gʼs 4WD 3,485,455円
・Gʼs 2WD 3,291,055円

ハリアーのオススメポイント

ハリアーはSUVですが、ただのSUVではありません。
「高級クロスオーバーSUV」と銘打っているだけあって、高級感を兼ね備えたSUVです。
そのコンセプトはデザインやCMにも反映されています。

にもかかわらずエントリーモデルは280万前後からということから、他のクラウンといった高級車よりも手を出しやすい値段であったこともあり、今でも人気車として君臨しています。

SUVだがカジュアルすぎず、高級車と言えども落ち着きすぎない、このバランスの良さがハリアーの人気の理由の一つと言えるでしょう。

ハリアーの口コミ情報

後部座席が狭いのが若干マイナスだがトータルで見れば、とても良い車です。

suvで15km/lは、満足です。通勤(10km)でも、チョイ乗りも、高速利用も、値はほとんど変わらないことにもビックリです。エコモードだと出力の出方も穏やかで、運転自体も優しくなれます。エコモード外せば、ストレス無く元気に走ります。一般の山路で特別踏み込まなければ、燃費の悪化はほとんど気になりません。

関連する投稿


【上海モーターショー2017】マツダのコンパクトSUV、CX-3新型まとめ

【上海モーターショー2017】マツダのコンパクトSUV、CX-3新型まとめ

マツダは2017年4月19日、上海モーターショーにおいてプレスカンファレンスを開催、そこで新型CX-3の情報を発表しました。コンパクトSUVが人気の昨今。マツダのCX-3は見逃せません。2017年型に迫りつつ、2015年、2016年型についてもどう改善されたかをまとめました。


ホンダフリード トヨタアイシス 徹底比較!

ホンダフリード トヨタアイシス 徹底比較!

ホンダフリードとトヨタアイシスを比較しました。この両車種はSクラスミニバンというのもあり比較的少人数の家族向けで子育て家族などにとても人気の車種です。概要、車内空間、安全性、走行性を見ていきましょう。


【カローラ 50周年】来店客と作り上げた「世界一巨大な花冠」ギネス認定【おめでとう】

【カローラ 50周年】来店客と作り上げた「世界一巨大な花冠」ギネス認定【おめでとう】

トヨタカローラ福岡は4月22日、来店客やスタッフが「世界一巨大な花冠」の制作に挑戦。約7000個の紙花で巨大花冠を作り上げ、ギネス世界記録として認定されたと発表しました。 そんなカローラについてまとめてみました。


【比較】 トヨタ エスティマ・日産 エルグランド

【比較】 トヨタ エスティマ・日産 エルグランド

比較シリーズ。今回はⅬクラスミニバンで長い間人気を得ている2台。 トヨタ エスティマと日産 エルグランド比較してみました。


【比較】 トヨタ エスティマ・トヨタ ヴェルファイア

【比較】 トヨタ エスティマ・トヨタ ヴェルファイア

比較シリーズ。今回はⅬクラスミニバンとして人気を博している、トヨタのエスティマとトヨタのヴェルファイアを比較してみました。


最新の投稿


日産リーフ新型激写?!初公開は東京モーターショー2017か!?

日産リーフ新型激写?!初公開は東京モーターショー2017か!?

2010年発売以来、電気自動車として第一線を走り続ける日産のリーフ。 満を持して新型が発売されると話題になっています。今回は新型リーフの公開されている情報をまとめてみました。


抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャルの受付日時決定!

抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャルの受付日時決定!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。


きかんしゃトーマス号に乗れる76日間!2017年は6月17日から!

きかんしゃトーマス号に乗れる76日間!2017年は6月17日から!

静岡県の大井川鐵道にて、今年で4回目となるきかんしゃトーマス号の先行受付が開始しました。こちらの記事では2017年の運行スケジュール、料金はもちろんのこと、過去の振り返りを含めて「きかんしゃトーマス号」の紹介をします。


【クルマイベント2017】東京モーターショー 旧車天国 他 2017年車イベントまとめ

【クルマイベント2017】東京モーターショー 旧車天国 他 2017年車イベントまとめ

2017年、気づけば半年が終わろうとしています。しかし車好きにはこれからビッグイベントが控えていますね!そう!10月に行われる東京モーターショーです。また、モーターショー開催はもちろん、車関連のイベントが目白押しです!今回はこれから開催される主要な車イベントをまとめてみました。車好きさんはブックマークをお願いします!!


【大注目】RX-7(RX-8)の後継モデルRX9が2019年発売!?

【大注目】RX-7(RX-8)の後継モデルRX9が2019年発売!?

2017年の東京モーターショーでマツダから公開されるかもしれないと噂されている「RX-9」。このニュースの詳細そして、ロータリーエンジンの中身、どのように「RX-9」がなると予想されているのか、、まとめてみました!