目次へ戻る

最新技術がてんこもり!車にまつわるテクノロジー最新事情

最新技術がてんこもり!車にまつわるテクノロジー最新事情

世界は日々進化を続けています。それは、車も同じです。 そんな、車周りのテクノロジー、最新情報について追いました。


最先端技術が満載。車にまつわるテクノロジーとは

日々進化をし続けている日本の技術。それは、車の世界でも顕著です。
エンジン性能や、機能の向上はもちろんですが、ディスプレイ、カーナビも進化し続けています。

何コレかっこよすぎ!?アニメで見たことあるような光景が我が自動車に

何これかっこいい

モジ株式会社から好評発売中の「HUDネオトーキョー」シリーズ。

これは設置もカンタンな、ヘッドアップディスプレイとなっています。

GPS駆動タイプが新たに加わりました。

GPS+シガーソケット利用のため車種を選ばず、かんたんに設置可能です。

価格もリーズナブルなので、お手軽なガジェットとしても楽しめます。

なんだこれ浮かび上がるぞ

もはや、ゲームかアニメのような世界ですね。

絶対に必要、というわけではないですが、この画像を見ると装着してみたくなりますね。

最近のカーナビが激進化!?気になるトレンドはズバリ○○

1990年に、パイオニアが市販モデルで世界初のGPS式カーナビを発売して、早もう27年。

その間、市販カーナビは目まぐるしい進化を遂げました。

発売当時、GPSのカーナビは高価で、一般のユーザーにはとても手が出せるものでありませんでしたが、今ではカーナビの付いていないクルマを探すほうが難しいのでは?と思うほど一般的な存在となっています。

最近の市販カーナビのトレンドはズバリ!「大画面化」と「安全運転支援」

確かに大きい

最新のオーディオ一体型カーナビ(AVナビ)のトレンド、それは「大画面化」と「安全運転支援」です。

家庭用テレビと同様で、クルマの中でも大画面でエンターテインメントを楽しみたいというニーズが生まれたことと、安全運転支援技術が注目されたことで、アフターマーケットでも安全運転支援関連商品の開発が盛んになったことが要因となっています。

最近では、「ディスプレイオーディオ」というモデルもあり、従来のAVナビのナビ機能を除き、スマホをUSB接続することで、「CarPlay」「Android Auto」といったカーナビアプリを使用できるというものです。

海外では割とポピュラーなもので、スマホとクルマを連動させるシステムを日本向けにアレンジした商品です。

ナビ機能を搭載していない分、価格が少しお手頃なことも嬉しいです。

スマホカーナビのユーザーの満足度は、専用カーナビに比べて高くないのが現実。理由としては、「画面が小さく、車での使用には適していない。地図も見劣りする」からだとか。

以上のようなことに加え、車の内装との一体感や、詳細地図、頻繁な地図更新、独自のエンターテインメント性がドライバーのニーズを支えていて、日本のユーザーは“専用機”を好む傾向にあります。

こうしたことから、AVナビは今後も生き残り、ユーザーは使用目的や必要に応じて、専用機、スマホを使い分けていくのではないでしょうか。

更なる進化が期待できますね。

車のフロントウィンドウに激震!?

クルマのフロントウィンドウといえば、いわゆる「ガラス」の使用が義務付けられていました。

しかし、この概念が覆ろうとしています。

なぜガラスの使用が義務付けられていたのかというと、衝突時の安全基準の確保をはじめ、光の透過性や耐摩耗性といった様々な要求特性があるためですが、7月1日に保安基準が改正されたことで有機ガラスなど新たな素材の使用が認められるようになりました。

この流れを受け、列車の窓や自動車のパノラマルーフ、クォーターウィンドウなど、既に実績のあるポリカーボネート(PC)樹脂を使用したフロントウィンドウが開発、市販車に搭載されることになり注目を集めています。

PC樹脂の、フロントウィンドウだって!?

話題のPC樹脂製のフロントウィンドウを開発したのは、大手繊維メーカー「帝人」です。

PC樹脂の持つ特性は、ガラスの1/2という軽さと200倍もの耐衝撃性。

自動車の軽量化に繋がるのはもちろんですが、今回開発されたウィンドウは、通常だとAピラー(支柱)があるフロントウィンドウ周辺部に厚みをもたせることによって、世界で初めてAピラーレスを実現させたのが大きな特徴。

PC樹脂のもの

このウィンドウ、視認性の良さで安全の確保と爽快なドライビングの機会を与えてくれるとともに、従来のガラス窓とAピラーの組み合わせに比べて36%の軽量化を実現、走行性能の向上にも大きく貢献しています。

帝人は、今後、日本国内のみならず欧米の自動車メーカーに向けても市場開拓を進める考えだそう。

詳しい内容はこちらから

いかがでしたか。

自動運転技術については知っていても、なかなか細かい技術の進化までは知らなかった、という人が多いのではないでしょうか。

これからも、技術は日々進化していくんでしょうか。なお一層の進化に注目ですね。

最新の投稿


あなたのクルマのニオイは大丈夫!?一車に一つ芳香剤!

あなたのクルマのニオイは大丈夫!?一車に一つ芳香剤!

車の中のニオイは人によって気になります。家族やデートなどで誰かを乗せる時、良いニオイを演出したいし、またプライベート空間として、自分に合ったニオイで、心地よくドライブを楽しみたいものです。車の芳香剤をいくつかご紹介します。


【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【10/20情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


ボルボの高性能ブランド発! 高級PHEVクーペポールスター1最新情報

ボルボの高性能ブランド発! 高級PHEVクーペポールスター1最新情報

ボルボ発、高性能ブランド、ポールスター。ブランド初のオリジナルモデル『ポールスター1』が登場しました。今回はこのポールスター1について、最新情報をお届けします。 EV航続距離・スペック・価格などをまとめています。


日産キューブ!中古価格・色・内装・口コミ完全網羅!新型はいつ?

日産キューブ!中古価格・色・内装・口コミ完全網羅!新型はいつ?

日産の車、と聞かれたら何の車を思い浮かべますか?マーチ、ノート…。日産には魅力的な車が多いですが、今回ご紹介するのはキューブです。カワイイ見た目とは裏腹に、パワー面もしっかりしているキューブ。今回はこのキューブの、中古価格や色、口コミ、スペック、燃費などについて見ていきます。


新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

マイナーチェンジされた新型ステップワゴンは、スパーダに待望のハイブリッド車が設定されたり、「ホンダセンシング」が全車標準装備になったりと、話題満載の改良になりました。となると、ステップワゴンを選ぶとしたら、ベストチョイスは話題のスパーダハイブリッドでしょうか?それとも・・・