目次へ戻る

ホンダ 新型N-BOX・カスタムが8月に登場!何が変わった?発売日 変更点 価格は?

ホンダ 新型N-BOX・カスタムが8月に登場!何が変わった?発売日 変更点 価格は?

ホンダの大人気シリーズ、N-BOX。日本で一番売れている軽自動車と言っても過言ではありません。 そんなN-BOXがフルモデルチェンジをへて8月31日から発売開始されます。今回はそんなN-BOX新型についてわかっている情報をまとめてみました。


ホンダのN-BOXがフルモデルチェンジ!発売日は8月31日!!!!

2015年から2年連続で軽自動車販売台数でトップ、室内空間や奥行きの広さが際立つホンダのN-BOX。

室内空間の広さの秘密は、「センタータンクレイアウト」を採用することにより、前のシートとリヤシートに充分なスペースが作られ、メカを徹底的に小さくすることに成功したからです。

燃費性能については、JC08モードで23.0~28.4km/L、実燃費では17.92km/L。

そんな大人気のホンダ、N-BOXがフルモデルチェンジしました。

新型N-BOX、どこが進化した?N-BOXの進化したところとは?

1 新型N-BOX 約80kgの軽量化に成功

N-BOX新型は、現行モデルに比べて、約80kgもの軽量化に成功しています。

なぜ、ここまでN-BOXは軽量化できたのか。

発責任者を務める本田技術研究所の白土清成主任研究員によると、ボディに使用しているプラットフォームの造り直し、シャシーに使っている材料の進化と述べています。

具体的な手法は「ハイテン化や、いろいろと新しい材料を使った。また今回、工場の中に新しい設備を入れて、量産車してはあまり他社でもやっていない技術だと思うがシーム溶接接合。今までスポット、点で接合していたものを線で接合するので、接合剛性が高い。あとはスポット打点の間に接着剤を入れることによって剛性強度を確保しながら軽量化を行った」という。

シャシーもボディと同様に現行モデル比で45%の軽量化を実現している。白土氏は「シャシーは、材料の進化によってアルミを使ったり樹脂を使ったり、またロット中空化など構造合理化を積み重ねた」と振り返る。

シャシー関連の部品ではアクセルペダル、トランスマウント、エンジンサイドマウント、トルクロッドに樹脂材料が使われているという。

白土氏は「エンジニアリングプラスチックは、一番進化しているところ。今まで耐熱性とか強度、耐久要求で使われなかったところにも適用できるような良い材料がどんどんできている。それはもう積極的に使っていきたい」と語る。

2 新型N-BOX 革新!助手席スーパースライドシート

新型N-BOXでは、助手席が570mmスライドするスーパースライドシートと名付けられたシートが採用されたことも大きな進化の一つです。

このシートが採用されることで、より車の中での動作がスムーズにできますね。
お子さんが後ろで泣き出してしまったり、お子さんの顔を見たいとき、ちょっと車外に降りるとき…。

様々な場面で重用されること間違いなしです。

スーパースライドシートは最上級グレードのG・EXに標準搭載されます。

3 新型N-BOX Honda SENSINGをすべてのタイプに標準装備!

「Honda SENSING(ホンダ センシング)」は自動ブレーキによる衝突回避機能などを統合的に備えた安全運転支援システムのパッケージです。

ドライバーの意思と車両の状態を踏まえた適切な運転操作を判断し、多彩な機能で、より快適で安心なドライブをサポートしてくれるもの。

新型N-BOXには、更に「後方誤発進抑制機能」と「オートハイビーム」が追加されます。

このレベルの運転支援システム搭載は、軽自動車として業界初です。

今から軽自動車の購入を検討している方であれば、新型N-BOXも候補に入れた方がよさそうですね!

ホンダ安全技術「ホンダセンシング」高性能な自動ブレーキが魅力

http://matome.response.jp/articles/199

自動ブレーキによる衝突回避機能などを総合的に備えた、ホンダの安全運転支援パッケージ「ホンダセンシング(Honda SENSING)」 その仕組みと特徴、8つの安全機能、搭載車種についてまとめました。

4 新型N-BOX こだわりの室内空間とデザイン

新型N-BOXは性能だけではありません。

もちろん室内のインテリアやデザインも改めて改良を重ねました。

現行モデルよりも、より素材や機能性にこだわっています。

また、軽自動車と言って侮ることなかれ。新型N-BOXは、高級感も感じる、モダンな室内になっていますよ。

ホンダ 新型N-BOX、ラインアップを一挙紹介

新型N-BOX、気になるラインアップについて見ていきましょう。

■N-BOX G・EXターボ Honda SENSING スーパースライドシート
■N-BOX G・EX Honda SENSING スーパースライドシート
■N-BOX G・Lターボ Honda SENSING ベンチシート
■N-BOX G・L Honda SENSING ベンチシート
■N-BOX G Honda SENSING ベンチシート
■N-BOX Custom(カスタム)G・EXターボ Honda SENSING スーパースライドシート
■N-BOX Custom(カスタム)G・EX Honda SENSING スーパースライドシート
■N-BOX Custom(カスタム)G・Lターボ Honda SENSING ベンチシート
■N-BOX Custom(カスタム)G・L Honda SENSING ベンチシート

N-BOXの公式サイトで発表されているグレードは上記の9グレード。
全タイプにFFと4WD仕様があります。

全タイプに、Honda SENSINGを搭載、シートはベンチシートとスーパースライドシートがあります。

ホンダ 新型N-BOX カラーバリエーションは貴方に合わせた○○通り

■N-BOX 
プレミアムホワイト・パールⅡ
ルナシルバー・メタリック
クリスタルブラック・パール
プレミアムピンク・パール
プレミアムアイボリー・パール
プレミアムガットブラウン・パール
プレミアムイエロー・パール
ブリリアントスポーティブルー・メタリック
モーニングミストブルー・メタリック
ブリティッシュグリーン・パール

≪2トーンカラースタイル≫
プレミアムピンク・パール&ホワイト
プレミアムガットブラウン・パール&ホワイト
プレミアムイエロー・パール&ホワイト
プレミアムアイボリー・パール&ブラウン

■N-BOX Custom
プレミアムホワイト・パールⅡ
ルナシルバー・メタリック
シャイニンググレー・メタリック
クリスタルブラック・パール
プレミアムグラマラスブロンズ・パール
ブリリアントスポーティブルー・メタリック
プレミアムベルベットパープル・パール

≪2トーンカラースタイル≫
プレミアムホワイト・パールⅡ&ブラック
ミラノレッド&ブラック
ブリリアントスポーティブルー・メタリック&ブラック
プレミアムグラマラスブロンズ・パール&シルバー
クリスタルブラック・パール&レッド

N-BOX、カスタム共通のカラーもありますが、どちらか一方にしかないカラーもありますのでご注意ください。

【2017年上半期】軽自動車おすすめ10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

http://matome.response.jp/articles/555

【2017年7月13日更新】国内の自動車販売台数の内、およそ3割の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめて掲載しています。

燃費は?価格は?気になる情報は続報を待とう

いかがでしたでしょうか。

8月31日によりパワーアップして登場する新型N-BOX。

Honda SENSINGが標準装備されたり、80kgの軽量化、助手席にスーパースライドシート搭載など、オーナーとしては良いことずくめな進化ですね。

一方で価格や燃費性能など、まだ明らかにされていない情報もたくさんあります。

新型N-BOX、続報を待ちましょう!

関連する投稿


【9月26日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9月26日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9/26情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


【話題】軽自動車を白ナンバーに!|料金・手続方法やデメリットは?

【話題】軽自動車を白ナンバーに!|料金・手続方法やデメリットは?

【9/20更新】2017年4月1日、道路運送車両法施行規則等が一部改正され、図柄入りナンバーが導入されました。軽自動車も白ナンバーにできるということで話題になっているラグビーワールドカップ、東京オリンピックの特別仕様ナンバープレートについての概要から手続き方法や、料金、またメリット・デメリットに関してをまとめています。


【9月15日発売】一部改良のホンダ シャトル新型  驚きの低燃費を実現

【9月15日発売】一部改良のホンダ シャトル新型 驚きの低燃費を実現

ホンダ シャトルが一部改良を行い、9月15日より発売します。今回の改良で、どこが変更になったのか?変更点をまとめてお伝えします。


ホンダ アーバンEVコンセプト ホンダの今後のEV戦略が見える!?

ホンダ アーバンEVコンセプト ホンダの今後のEV戦略が見える!?

ホンダが発表した、アーバンEVコンセプト。このアーバンEVコンセプト、ホンダにとっては重要な意味合いを持つ車なんです。


ホンダの新型ステップワゴンスパーダ スパーダにハイブリッド追加!

ホンダの新型ステップワゴンスパーダ スパーダにハイブリッド追加!

ホンダのミニバン、ステップワゴン。わくわくゲートや広々としたフロアが魅力です。そのステップワゴンですが、2017年の9月末にマイナーチェンジするとホンダから発表がありました。今回のマイナーチェンジで、スパーダにハイブリッドが追加される模様です。9月末~10月に発売予定の新型ステップワゴン、最新情報をまとめています。


最新の投稿


【名車復活】日産の名車 シルビアが復活!?東京モーターショー公開か

【名車復活】日産の名車 シルビアが復活!?東京モーターショー公開か

日本でも海外でも人気の日産・シルビアが15年ぶりに復活するというニュースが飛び込んできました。公開は10月に行われる東京モーターショーではないかと噂されています。今回はそんな名車シルビア新型の最新情報をお届けします。


【9月26日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9月26日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9/26情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


ミニバンから7人乗りSUVへ 生まれ変わった新型プジョー『5008』とは

ミニバンから7人乗りSUVへ 生まれ変わった新型プジョー『5008』とは

プジョー・シトロエン・ジャポンは、9月25日より、7人乗りSUVへ生まれ変わった新型5008を発売しました。この5008、もともとはミニバンとして発売されていました。新型になって何が変わったのでしょうか。新型5008について最新情報をまとめてみました。


【コンパクトSUV徹底比較】ヴェゼルとジューク!どっちが好み?

【コンパクトSUV徹底比較】ヴェゼルとジューク!どっちが好み?

国内で大人気のコンパクトSUVは今、各メーカーが様々なタイプのコンパクトSUVの開発に力を入れています。特にトヨタや日産、ホンダなどが販売したコンパクトSUVは特に人気が高く売れ行きも好調です。今回はその中からホンダ ヴェゼルと日産ジュークを徹底的に比較していきたいと思います。


【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

マツダの大人気CXシリーズ。日本ではCX-3やCX-5が知られていますが、他にもたくさん販売されています。各車種の違いがわからない。そもそも何が違うの?という人向けに、今回はCXシリーズについてまとめています。これを読めばCXシリーズがより好きになるかも!?です。