メルセデスSクラス新型が登場!一体どこが進化した?気になるお値段は?

メルセデスSクラス新型が登場!一体どこが進化した?気になるお値段は?

メルセデスベンツSクラスに、新型が登場しました。本記事では気になるメルセデスSクラスについてまとめています。


メルセデスベンツ、Sクラスに新型が登場

メルセデス・ベンツ日本は、最高級セダン、新型『Sクラス』を発表しました。

8月9日より予約注文の受付を開始、9月上旬より順次納車を開始予定です。

メルセデス・ベンツSクラス。ここが変わった

安心技術が格段に進化した

インテリジェントドライブ

新型Sクラス。まず注目すべきは安全技術の進化でしょう。

先進安全技術「インテリジェントドライブ」がさらに進化しました。

先行車との車間距離を維持する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」は自動再発進機能も新たに備え、停止後30秒以内であればアクセルを踏まなくても自動的に発進するように。

また、車線のカーブと先行車両を認識、車間を維持しながらステアリング操作をアシストしてくれる「アクティブステアリングアシスト」も強化。車線が不明瞭な場合や検知できない場合でも、周囲の車両やガードレール等を検知しステアリングアシストを行います。

高速道路上での車線変更をアシストする「アクティブレーンチェンジングアシスト」では、ウインカーを操作すると、行き先の車線に車両がいないことをシステムが確認し、自動で車線を変更。

アクティブブレーキアシスト

また、緊急時のステアリング操作をアシストする「緊急回避補助システム」、衝突時の衝撃音から乗員の耳を保護する「PRE-SAFEサウンド」などの新機能を採用したほか、歩行者に加え交差点での車両飛び出しにも自動緊急ブレーキが作動する「アクティブブレーキアシスト」も備わり、全方位の安全性を高い次元で実現しています。

先進的なテレマティクスサービス「メルセデス ミー コネクト」

メルセデスミーコネクト

また新型Sクラスには、先進的なテレマティクスサービス「メルセデス ミー コネクト」を搭載しています。

この、メルセデスミーコネクト、事故検知時またはSOSボタン押下時にコールセンターが消防に連絡する「24時間緊急通報サービス」などの「安心安全サービス」、スマートフォンで車外から車庫入れ/車庫出しができる「リモートリモートパーキングアシスト」などの「快適サービス」、メルセデス・ベンツ 24時間コンシェルジュサービスなどの「おもてなしサービス」を提供しています。

本当にVIPのような待遇ですね…!

Sクラス、エクステリアの変化は?


エクステリアでは、光ファイバーによる3本のラインが特徴的なマルチビームLEDをメルセデスベンツとして初の導入!

全車ツインルーバーとなったフロントグリルやワイドなエアインテークを採用し、より精悍でダイナミックな外観となっています。

LEDリアコンビネーションランプには星空の輝きを想起する「クリスタルルック」を採用。

被視認性を確保しながらも、状況によって発光量を調整することで安全性にも寄与します。

Sクラス、インテリアは?

インテリアは流れるような一体感のあるデザインコンセプトを継承しながら、大型コックピットディスプレイやタッチコントロールボタン付のマルチファンクションステアリング、カラーがゆっくりと変化し続けるマルチカラーアニメーションを搭載したアンビエントライト(64色)などを装備しました。

フラッグシップモデルにふさわしい室内空間となっています。

メルセデスベンツ Sクラス新型 グレード別価格は?

新型Sクラスのラインアップは、

3リットルV6ツインターボを搭載するノーマルホイールベースの『S400』
気筒休止システムを持つ新型4リットルV8ツインターボの『S560ロング』
最新四輪駆動システムを搭載した『S560 4マチック ロング』
6リットルV12ツインターボ搭載のハイパワーモデル『S600ロング』
が設定されています。

メルセデスAMGモデルでは、「AMGシリンダーマネジメント」を採用した新型4リットルV8ツインターボを搭載する『メルセデスAMG S63ロング』、トルク可変型四輪駆動システムを装備する高性能モデル『メルセデスAMG S63 4マチック+ロング』、6リットルV12ツインターボ搭載のトップパフォーマンスモデル『メルセデスAMG S65ロング』の3モデルを設定しています。

価格はS400が1128万円、S560ロングが1646万円、S560 4マチック ロングが1681万円、S600ロングが2331万円。メルセデスAMG S63ロングが2451万円、同S63 4マチック+ロングが2491万円、同S65ロングが3323万円です。

メルセデスベンツ人気の理由 各モデル・クラス別試乗体験

http://matome.response.jp/articles/29

外国車というと、真っ先にメルセデスベンツの名前を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?しかし、人気車種ばかりでどのクラスがいいか迷いますよね。今回はそんな憧れの車、ベンツについて、各クラス別にまとめてみました。

関連するキーワード


メルセデスベンツ Sクラス

関連する投稿


【2017年最新版】国産&外車でオススメ・人気のコンパクトSUV10選!

【2017年最新版】国産&外車でオススメ・人気のコンパクトSUV10選!

近年、急激に販売台数を伸ばしているコンパクトSUV。続々と新型が発売され多くの方が車選びの際の選択肢のひとつにあげられるのではないでしょうか。 今や大人気のコンパクトSUVとは一体どんな車なのか、そしてどんな車種がおすすめなのか、今回はそこを皆様にお伝えしようと思います。


【Xクラス】メルセデスベンツに、なななんとピックアップトラックが登場!!!

【Xクラス】メルセデスベンツに、なななんとピックアップトラックが登場!!!

メルセデスベンツに、ピックアップトラックが登場しました!!というわけで、今回はベンツ初のピックアップトラック、メルセデスベンツXクラスについてまとめます。


現役女子大生が選ぶ!こんな車に迎えに来てほしい VS 絶対来ないで!

現役女子大生が選ぶ!こんな車に迎えに来てほしい VS 絶対来ないで!

現役女子大生が選ぶこんな車に迎えに来てほしい!VS 絶対に来ないで対決。車を持っているだけで女子からの見る目は変わります。こんな車で学校まで迎えに来てくれたら好きが止まらない!逆に絶対に乗って来ないで!むしろ乗車拒否!という車をご紹介!イマドキ女子大生のリアルな意見=女子ウケも良いという観点で見て頂けたら幸いです。


メルセデスベンツ人気の理由 各モデル・クラス別試乗体験

メルセデスベンツ人気の理由 各モデル・クラス別試乗体験

外国車というと、真っ先にメルセデスベンツの名前を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?しかし、人気車種ばかりでどのクラスがいいか迷いますよね。今回はそんな憧れの車、ベンツについて、各クラス別にまとめてみました。


【上海モーターショー2017】メルセデス Sクラス 改良新型、初公開予定!!

【上海モーターショー2017】メルセデス Sクラス 改良新型、初公開予定!!

ドイツの高級車、メルセデスベンツは4月13日、中国で4月19日に開幕する上海モーターショー2017において、改良新型『ス』をワールドプレミアすると発表した。


最新の投稿


メルセデスAMGの新型ハイパーカー『プロジェクト ワン』価格・パワートレイン

メルセデスAMGの新型ハイパーカー『プロジェクト ワン』価格・パワートレイン

メルセデスから販売予定のハイパーカー。メルセデスAMG新型「プロジェクトワン」、気になる最新情報についてまとめました。まだまだ謎のヴェールにつつまれている、「プロジェクト ワン」スペック・値段をまとめています。ブガッティシロンよりは少しばかりお手頃…のようです。


新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

環境に良くて燃費性能も高いハイブリッドカー。元々国内で販売されていたガソリンエンジン車にもハイブリッドタイプが続々と登場し、今では国内でかなりの台数が販売されています。今回は新車価格200万円以下のハイブリッドカーにスポットを当ててご紹介します。


【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

毎年、気になる新型やカッコイイ外車、ちょっとお高い高級車が販売されています。そして、道を走れば思わず見とれてしまう外車も多いです。そう。クルマ好きには誘惑が多いですよね。でも、やっぱり、自分の愛車が一番。そう思う方は多いでしょう。今回はそんな自分の車をこよなく愛する方、必見のアンケート調査を載せています。


【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

車が欲しくて新車はどれも高く、軽自動車もしくは中古車ならなんとかなるかもとお考えの方は多いと思います。しかし、調べると新車でも意外と買える新車はあるものです。そこで今回は車が欲しいけどお金が無いという方にオススメの200万円以下で買える新車をご紹介していきます。


【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。