目次へ戻る

マツダ アテンザ 価格や評価 詳細情報一覧!新型は2018~19年か?

マツダ アテンザ 価格や評価 詳細情報一覧!新型は2018~19年か?

2018年~2019年あたり、そう遠くない未来に、新型が発表されるのでは、と期待されているマツダのフラグシップモデル「アテンザ」。こちらの記事では現行モデルのアテンザ(セダン・ワゴン)について、基本情報、スペック、価格や口コミなどについてもまとめています。


マツダのフラッグシップモデル・アテンザとは

※現行アテンザ

2002年に発売されて以来、2度のフルモデルチェンジを経て、3代目となっている現行モデルのマツダ、アテンザ。

この3代目アテンザは、マツダのフラッグシップモデルに位置付けられています。

外観に一目ぼれして購入を決めた、という人も多いエクステリア、そして走行性能、直進安定性の高さに定評があります。

この「アテンザ」の名前の由来ですが、マツダの新世代商品群の第一弾、Zoom-Zoomコンセプトを明確に体現した車として、人々の注目を浴びるよう、願いを込めて命名したもの、だそうです。

意味:注目(イタリア語からの造語)
由来:マツダの新世代商品群の第一弾、Zoom-Zoomコンセプトを明確に体現した車として、人々の注目を浴びるよう、願いを込めて命名したもの。

マツダ アテンザ 基本情報

マツダのアテンザ。ボディタイプはセダンタイプとワゴンタイプの2つが設定されています。

また、アテンザには、世界一の圧縮比と謳われている「SKYACTIV-D」「SKYACTIV-G」が搭載されているということもポイント。

このSKYACTIV技術によって、低燃費と歓びを感じる走りの両立を可能にしています。

マツダ アクセラ 次期型「SKYACTIV-X」導入第一弾車なるか?

http://matome.response.jp/articles/844

SKYACTIV技術の最先端「SKYAKTIV-X」ですが、次期型アクセラに搭載されるのでは?との声があがっています。

2016年夏に一部改良!「G-ベクタリングコントロール」採用

2016年夏に行われたアテンザ商品改良で、新世代車両運動制御技術「スカイアクティブ ビークル ダイナミクス」の第1弾となる「G-ベクタリング コントロール」を採用しました。

ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを緻密に変化させることで、横方向と前後方向の加速度を統合的にコントロールし、自然で滑らかな車両挙動を実現するもの。

また、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」については、エンジンのトルク応答をより緻密にコントロールする「DE精密過給制御」や、ノック音を抑制し、心地よいエンジンサウンドを追求した「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」などの最新技術を採用しています。

さらに歩行者検知が可能になった「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」など、先進安全技術「i-アクティブセンス」も機能を充実させて、全体的にパワーアップを図っています。

マツダ アテンザ セダン

魂動デザインのエモーショナルな造形が際立つアテンザ。

セダンタイプ=「年上向け」、と受け取られがちなこのご時世ですが、アテンザセダンはそんな声をもろともしないほど上質、上品な見た目、躍動感を感じます。

アテンザ セダン 基本スペック


【XD L Package (2WD (6EC-AT))】

全長 (mm):4,865
全幅 (mm):1,840
全高 (mm):1,450
ホイールベース (mm):2,830
乗車定員 (名):5
車両重量 (kg15):40【1,550】
タイヤサイズ:225/45R19
ホイールタイプ:アルミ(高輝度塗装)
エンジンタイプ:SKYACTIV-D 2.2
エンジン種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
エンジン総排気量 (L):2.188
エンジン最高出力 (kW<PS>/rpm) :129〈175〉/4,500
エンジン最大トルク (N・m<kgf・m>/rpm):420〈42.8〉/2,000
使用燃料:軽油
タンク容量 (L):62
JC08モード燃費 (km/L):19.6

アテンザ セダン グレード別価格

≪クリーンディーゼル≫
【XD L Package】
ナッパレザーシートなど、上質感を追求、こだわりを感じられるアテンザセダンの最上級パッケージ。
■2WD(6EC-AT)3,774,600円
■2WD(6MT)3,774,600円
■4WD(6EC-AT)4,001,400円
■4WD(6MT)4,001,400円

【XD PROACTIVE】
安全運転サポート車(サポカーS)の「ワイド」に該当するとともに、数々の先進技術を搭載しています。安全重視するならこのグレードがおすすめ。
■2WD(6EC-AT)3,288,600円
■2WD(6MT)3,342,600円
■4WD(6EC-AT)3,515,400円
■4WD(6MT)3,569,400円

【XD】
アテンザセダンのベースグレード。安全運転サポート車(サポカーS)の「ワイド」に該当します。
■2WD(6EC-AT)3,207,600円
■2WD(6MT)3,261,600円
■4WD(6EC-AT)3,434,400円
■4WD(6MT)3,488,400円

≪ガソリン≫

【25S Lpackage】
ナッパレザーシートなど、上質にこだわり抜いたアテンザセダンの頂点。
■2WD 3,364,200円

【20S PROACTIVE】
安全運転サポート車(サポカーS)の「ワイド」に該当するとともに、数々の先進技術を搭載し、マツダの安全思想を体現。
■2WD (6EC-AT)2,878,200円

【20S】
ベースグレード。安全運転サポート車(サポカーS)の「ワイド」に該当。
■2WD (6EC-AT)2,797,200円

アテンザ セダン 口コミ・評価・意見

ディーゼル車には2車種乗りましたが、イメージが全然違います。
スポーツセダンそのものです。
燃費も渋滞地域意外では15Km以上だし、軽油なので、普通車の15Km以上にお得感があります。

購入して半年ちょっとですが、普通に町中だけ走っても、
14Km/Lを下回る事はありません。
10km/L以下の報告を見て首を傾げています。
報告された方には失礼かもしれませんが・・・
走行距離が短いからなのか?どういう乗り方すればこんな数字に
なるのでしょうか?疑問です。

2000km走りました。
走り自体はよいと思いますが、乗ってきたのは代々ホンダ車なんで、高速の伸びにやや不満を覚えます。
燃費は高速や郊外の国道巡航するときはリッター20越えありますが、街中の混んでいる道路では10前半です。長距離、郊外路の運転が多い方向けですね。

スポーティーセダン。走りが良い、という声を多くみました。

一方で、燃費についてはその人のライフスタイルによるようです。

マツダ アテンザ ワゴン

アテンザ ワゴン 基本スペック

【参考:25S L Package】

全長 (mm):4,805
全幅 (mm):1,840
全高 (mm):1,480
ホイールベース (mm):2,750
乗車定員 (名):5
車両重量 (kg):1,480
タイヤサイズ:225/45R19
ホイールタイプ:アルミ(高輝度塗装)
エンジンタイプ:SKYACTIV-G 2.5
エンジン種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
エンジン総排気量 (L):2.488
エンジン最高出力 (kW<PS>/rpm):138〈188〉/5,700
エンジン最大トルク (N・m<kgf・m>/rpm):250〈25.5〉/3,250
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
タンク容量 (L):62
JC08モード燃費 (km/L):16.0

アテンザ ワゴン グレード別価格

≪クリーンディーゼル≫
【XD L Package】
ナッパレザーシートなど、上質感を追求、こだわりを感じられるアテンザワゴンの最上級パッケージ。
■2WD(6EC-AT)3,774,600円
■2WD(6MT)3,774,600円
■4WD(6EC-AT)4,001,400円
■4WD(6MT)4,001,400円

【XD PROACTIVE】
安全運転サポート車(サポカーS)の「ワイド」に該当するとともに、数々の先進技術を搭載しています。安全重視するならこのグレードがおすすめ。
■2WD(6EC-AT)3,288,600円
■2WD(6MT)3,342,600円
■4WD(6EC-AT)3,515,400円
■4WD(6MT)3,569,400円

【XD】
アテンザワゴンのベースグレード。安全運転サポート車(サポカーS)の「ワイド」に該当します。
■2WD(6EC-AT)3,207,600円
■2WD(6MT)3,261,600円
■4WD(6EC-AT)3,434,400円
■4WD(6MT)3,488,400円

≪ガソリン≫

【25S Lpackage】
ナッパレザーシートなど、上質にこだわり抜いたアテンザワゴンの最上級グレード。
■2WD 3,364,200円

【20S PROACTIVE】
安全運転サポート車(サポカーS)の「ワイド」に該当するとともに、数々の先進技術を搭載し、マツダの安全思想を体現。
■2WD (6EC-AT)2,878,200円

【20S】
ベースグレード。安全運転サポート車(サポカーS)の「ワイド」に該当。
■2WD (6EC-AT)2,797,200円

アテンザ ワゴン 口コミ・評価・意見

納車後1カ月経過、約1,000km走行。市街地3割、郊外5割、高速道2割で12.4km/Lです。
前車はトヨタのSUV(2.4L)でしたが、7~8km/Lでした。50%ほど燃費向上し、満足してます。
当然ながら室内空間は減少しましたが、低重心で安定した走りに運転が楽しくなりました。

2015年11月納車
比較した車はBMW320d, volvo クロスカントリーなど全てクリーンディーゼルでしたが、試乗を重ねる度にアテンザワゴンAWDの魅力にはまってしまいました。
車との相性を見たくて2カ月で約3000kmを走って見ましたが、どんなシーンでも十分な満足感が得られる良い車だと感心しています。
神戸⇔愛媛間を国道メインで往復した際の燃費は19.8km/lと素晴らしい数値でした。 太いトルクのお陰で時速60-70km/hでの走行時の燃費、走りやすさには驚いています。

エアクリーナーの値段が高過ぎ
他のメーカーの倍するのは何故
なのか?燃費、走りやすさは
良いのにメンテナンスコスト
が高いのは痛いです。

走りやすさがいい!という声がディーゼル、ガソリン、関係なく見られました。
一方で、メンテナンスにお金がかかるという声も。

アテンザ 中古価格帯はどれくらい?

現行アテンザ

年式や、グレードにもよりますが、2015年式以降のものを購入しようと思った場合、中古でも210万~330万円ほどは想定しておいたほうがよさそうです。下記からセダン、ワゴン共に中古車情報の確認が可能となっていますので、気になる方は是非チェックしてみて下さい。

マツダ アテンザ 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/MA/S008/

マツダ アテンザの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

マツダ アテンザワゴン 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/MA/S090/

マツダ アテンザワゴンの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

新型アテンザの続報に期待!

マツダ アテンザ フルモデルチェンジの発売日はいつ?

いかがでしたか。今回は現行のアテンザについて基本情報をまとめました。

また、気になる新型の情報、発売日ですが、

初代アテンザは、2002年~2008年。
2代目アテンザは、2008年~2012年。
(現行モデル)3代目アテンザは、2012年~。

という4年~6年のスパンでフルモデルチェンジが行われているので、おそらく次のフルモデルチェンジが行われる時期は、2018年~2019年なのではないか?と噂されています。

続報が入り次第随時お届けしていきます。

関連する投稿


【9月26日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9月26日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9/26情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

マツダの大人気CXシリーズ。日本ではCX-3やCX-5が知られていますが、他にもたくさん販売されています。各車種の違いがわからない。そもそも何が違うの?という人向けに、今回はCXシリーズについてまとめています。これを読めばCXシリーズがより好きになるかも!?です。


【続報続々】注目のSUV マツダのCX-8新型 続報まとめ

【続報続々】注目のSUV マツダのCX-8新型 続報まとめ

新しいSUV・マツダのCX-8。12月14日発売ではあるものの、発売前から話題になっています。今回はそんなマツダのCX-8の、続報についてご紹介します。


【12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

【12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

2017年9月14日、マツダから7人乗りの新型SUV、CX-8が正式に発表されました。9月14日から予約開始となり発売日は12月14日となっています。本記事では気になるCX-8についての価格、燃費、スペックなどについての情報をまとめています。


スバル レガシィ アウトバック/B4 改良新型発表!アイサイト強化!

スバル レガシィ アウトバック/B4 改良新型発表!アイサイト強化!

スバルは、スバルのSUV、「レガシィ アウトバック」「レガシィ B4」の改良新型を発売することを発表しました。本記事では、レガシィ アウトバック、レガシィB4の基本情報・スペック・価格についてまとめています。


最新の投稿


【名車復活】日産の名車 シルビアが復活!?東京モーターショー公開か

【名車復活】日産の名車 シルビアが復活!?東京モーターショー公開か

日本でも海外でも人気の日産・シルビアが15年ぶりに復活するというニュースが飛び込んできました。公開は10月に行われる東京モーターショーではないかと噂されています。今回はそんな名車シルビア新型の最新情報をお届けします。


【9月26日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9月26日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

【9/26情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。


ミニバンから7人乗りSUVへ 生まれ変わった新型プジョー『5008』とは

ミニバンから7人乗りSUVへ 生まれ変わった新型プジョー『5008』とは

プジョー・シトロエン・ジャポンは、9月25日より、7人乗りSUVへ生まれ変わった新型5008を発売しました。この5008、もともとはミニバンとして発売されていました。新型になって何が変わったのでしょうか。新型5008について最新情報をまとめてみました。


【コンパクトSUV徹底比較】ヴェゼルとジューク!どっちが好み?

【コンパクトSUV徹底比較】ヴェゼルとジューク!どっちが好み?

国内で大人気のコンパクトSUVは今、各メーカーが様々なタイプのコンパクトSUVの開発に力を入れています。特にトヨタや日産、ホンダなどが販売したコンパクトSUVは特に人気が高く売れ行きも好調です。今回はその中からホンダ ヴェゼルと日産ジュークを徹底的に比較していきたいと思います。


【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

マツダの大人気CXシリーズ。日本ではCX-3やCX-5が知られていますが、他にもたくさん販売されています。各車種の違いがわからない。そもそも何が違うの?という人向けに、今回はCXシリーズについてまとめています。これを読めばCXシリーズがより好きになるかも!?です。