レクサスLC500・LC500h 3月16日より発売開始!価格は1300万円から!

レクサスLC500・LC500h 3月16日より発売開始!価格は1300万円から!

レクサスは、新型ラグジュアリークーペ『LC500』を3月16日より発売しました。世界が待っていたLC500。気になるスペックやインテリア、デザインについてまとめてみました。


世界初のマルチステージハイブリッド搭載。新しい風を吹き込むLC500

レクサスは、新型ラグジュアリークーペ『LC500』を3月16日より発売しました。

LC500は、2012年にデトロイトモーターショーで発表したコンセプトカー『LF-LC』の革新的なデザインイメージをモチーフに開発。

ボディサイズは、全長4770mm、全幅1920mm、全高1345mm、ホイールベース2870mm。低重心かつ低い全高とワイドな全幅でアグレッシブなスタンスを実現し、四隅のタイヤを強調するフェンダーが張り出した、抑揚ある立体構成でクーペとしての機敏さを表現しました。

一度は乗りたい高級車レクサス!最新LS、LC500~人気車種まとめ

http://matome.response.jp/articles/22

高級車ブランド、レクサス(LEXUS)。レクサスと言ってもそのバリエーションはライフスタイルに合わせてさまざまです。最新の新型LS、LC500、特に人気の高いハイブリッド車、SUV、クーペについて、価格や違いなどをまとめてみました。

LC500、インテリアはどうなっているの?

インテリアは、ドライビングの高揚感を演出するコックピット空間と、乗員を包み込むおもてなしの助手席側空間を融合し、艶やかさと先進的な機能性とを兼ね備えた独自のラグジュアリー性を表現しました。

また、ペダルやスイッチ類の配置、ステアリング傾角、シートのホールド性など、徹底した走り込みに基づく細部にこだわったレイアウトを実現しました。

また、レクサスFRラインアップの基礎となる新開発GA-Lプラットフォームを採用し、エンジンなどの重量物を車両中心近くに配置。

軽量のCFRPやアルミ部材の積極的な採用で、重心高を下げるとともに、慣性モーメントを低減し、優れた慣性諸元を追求し、回頭性に優れた素直なハンドリングを実現しています。

パワートレインは、ハイブリッドシステムに有段ギヤを組み合わせた世界初のマルチステージハイブリッドシステムをLC500hに採用。

V型6気筒3.5リットルエンジンと走行用モーターの出力を制御することで、低速から力強い駆動力を生み出しパワフルな走りを実現するとともに、EV走行領域を拡大することで15.8km/リットル(JC08モード)の低燃費を両立しました。

またLC500は、最大出力477ps、最大トルク540Nmを発生する5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンと新開発10速ATとの組み合わせとなります。

価格はLC500が1300万円から1400万円、LC500hが1350万円から1450万円。

気になるカラーバリエーションは?

カラーは選べる11色です!
何色にしようか迷ってしまいますね。

レクサスの次の挑戦

トヨタ自動車は3月16日、レクサスブランドの新型ラグジャリークーペ『LC』を発売しました。チーフエンジニアを務める佐藤恒治氏は同日都内で開いた発表会で「レクサスのクルマ造りを変える挑戦の象徴として、このクルマの開発に取り組んだ」と明かしました。

というのも「レクサスがよりエモーショナルなブランドになるために、お客様の感性に訴えるデザインと走りを備えたブランドを象徴するラグジャリークーペが必要だった」ことが背景にあると佐藤氏は語りました。

気になるデザインについては…

まずデザインに関しては「目指したのは低重心でダイナミックなFRらしいプロポーション」とした上で、「重量物を最適に配置し、ドライバーの着座位置を車両の重心に近づける。感性諸元にこだわってクルマとの一体感を感じるドライブフィールを目指した」と解説。

その実現のために「基本に立ち返りプラットフォームを一新した」ことも明かした。LCで採用された新プラットフォームは『GA-Lプラットフォーム』と名付けられ、今後のレクサスブランドのFR系モデルに順次採用される計画で、「エモーショナルなデザインとレクサスらしい走りの味を実現する」としている。

気になる走りについては?

方、LCの走りに関して佐藤氏は「開発キーワードは『より鋭く、より優雅』。鋭くとは正確でリニアな剛性。優雅には動きのつながりやしなやかさを示している。アルミやカーボンなどの素材を適材適所に配置し、ボディ剛性を高めながら従来技術に対して約100kgの軽量化を行った。サスペンションはフロント、リアともに新開発し、とくに切り始めの手応えとリニアな応答にこだわった」と述べた。

LC500、エンジンにもこだわりが

このうち5リットルV8には新開発の10速ATが組み合わされ「切れ味が良く、リズミカルで伸び感のある加速を味わうことができる」と佐藤氏は述べました。

さらに「気持ちの良い走りを五感で感じて頂くためにエンジンサウンドにもこだわった。サウンドジェネレーターや排気切り替えバルブの採用により、『LFA』のDNAを引き継いだレクサスらしいエンジンサウンドを奏でる」としています。

世界初、マルチステージハイブリッドシステム採用

一方のハイブリッドは世界初となるマルチステージハイブリッドシステムを採用しています。

「V型6気筒3.5リットルエンジンの最高回転数を6600まで高め、2基のモーターと有段ギアの自動変速機からなるシステムで、いままでのハイブリッドの概念を覆し、ダイナミックな走りを実現するために開発した」と佐藤氏は強調しました。

レクサス LC、プロダクションカーデザイン賞を受賞

レクサスは3月8日、スイスで開催中のジュネーブモーターショー2017において、『LC』が「2016プロダクションカーデザインオブザイヤー」を受賞したと発表しました。

プロダクションカーデザインオブザイヤーは、世界の自動車デザイナー20名が審査を行い、毎年決定している賞です。LCは、一度見たら忘れない表情、クーペならではの美しいボディラインなどが評価され、受賞となりました。

レクサスLCの森忠雄チーフデザイナーは、「LCの開発に携わったすべての人の努力に感謝したい」と述べています。

さすがLC500。カーデザインオブザイヤーをとってしまうデザインセンスはさすがの一言です。

7人の匠から生まれた自信作。是非とも自分で体感してみて

LCは元町工場に専用の組立ラインを新設し生産される。専用ラインは床や天井を白一色にして作業しやすくする一方で、一人ひとりの作業工程をタブレット端末で確認しながら行う最先端のシステムも導入されている。「7人の匠と呼ばれる専門技能士を中心にレクサスのものづくりの技を磨き、1台1台こだわりぬいて、ひとつの作品として世に送り出される」と佐藤氏は胸を張っていた。

関連するキーワード


レクサス LC

関連する投稿


いつか乗りたいレクサス!スポーツ・セダンタイプはどんなものがあるの?

いつか乗りたいレクサス!スポーツ・セダンタイプはどんなものがあるの?

長年、世界の自動車市場では日本車は価格の安さがウリのコンパクトカーというイメージが強くありました。そんな中、高級車としてはじめて世界中で受け入れられたのが「レクサス」です。改めて、レクサスにはどのような種類と魅力があるのか、レクサスを調べてみました。


雪道も山道も!アウトドア派が乗るべき車をまとめてみた

雪道も山道も!アウトドア派が乗るべき車をまとめてみた

オシャレな外装や広々とした室内空間をアピールする車が増えていますが、車の本来の魅力であるスピード感やパワフルさが光る車にも改めてスポットライトが当たっています。そんな車たちはアウトドアにぴったり!山道走行や雪道もOKな車を紹介します。


スポーツ?セダン?タイプ別レクサスまとめ

スポーツ?セダン?タイプ別レクサスまとめ

トヨタ自動車のレクサスは、1989年からアメリカで展開された高級車ブランド。レクサスはそれまでの高級車の在り方を否定した「機能的」で「高品質」な車を作ってきました。そんな全世界で受け入れられるレクサス、あなたが欲しいのはセダン?スポーツタイプ?それともSUV仕様?


日本の高級ブランドレクサス人気車種!LC RX RC LFA 紹介

日本の高級ブランドレクサス人気車種!LC RX RC LFA 紹介

日本車の高級ブランドとして世界中で認められる強固な地位を築いた「レクサス」。スポーツ、セダン、ハイブリッド、SUV、クーペと、さまざまなラインナップが揃えられています。2017年春に展開予定の注目すべき新型モデルはどんな車でしょう?


一度は乗りたい高級車レクサス!最新LS、LC500~人気車種まとめ

一度は乗りたい高級車レクサス!最新LS、LC500~人気車種まとめ

高級車ブランド、レクサス(LEXUS)。レクサスと言ってもそのバリエーションはライフスタイルに合わせてさまざまです。最新の新型LS、LC500、特に人気の高いハイブリッド車、SUV、クーペについて、価格や違いなどをまとめてみました。


最新の投稿


自動で動くイス?日産の「プロパイロットチェア」が面白い

自動で動くイス?日産の「プロパイロットチェア」が面白い

日産の「プロパイロットチェア」はプロパイロットのコンセプトをわかりやすく人々に伝えるために製作された自動で動くイスです。その動画と体験デモの様子を見てみましょう。


「生物兵器防衛モード」EVテスラの空気清浄がすごい

「生物兵器防衛モード」EVテスラの空気清浄がすごい

テスラは、病院や宇宙産業などで使われている空気濾過システムにヒントを得て、空気清浄システムを開発してきた。そして今回、花粉、バクテリア、汚染物がキャビンに潜入する前に外気から取り除き、これらの微粒子を完全に消去するために、キャビンの空気を系統的に洗浄することの可能なHEPA (ヘパ)フィルトレーションシステムを開発した


2020年に高速道の逆走事故ゼロへ、メーカー・国土交通省の様々な取り組み

2020年に高速道の逆走事故ゼロへ、メーカー・国土交通省の様々な取り組み

国土交通省は2020年までに高速道路での逆走事故ゼロを目指し、高速道路各社と自動車メーカーが連携した各種の取り組みを行っています。


国が定める新基準「安全運転サポート車」ってなに?

国が定める新基準「安全運転サポート車」ってなに?

高齢運転者による交通事故対策の一環として、自動ブレーキなどの先進安全技術を活用した一定の運転支援機能を備えた車「安全運転サポート車」について調べてみましょう。


クルマ業界の赤い彗星!?シャア専用オーリスⅡ! (画像多め)

クルマ業界の赤い彗星!?シャア専用オーリスⅡ! (画像多め)

皆様はシャア専用オーリスをご存知でしょうか?シャア専用オーリスは2013年に初代が作成され、2015年に第2世代目が作成されました。こちらの記事ではシャア専用オーリスⅡの情報を画像と共にお届けします。