レクサスLC500・LC500h 3月16日より発売開始!価格は1300万円から!

レクサスLC500・LC500h 3月16日より発売開始!価格は1300万円から!

レクサスは、新型ラグジュアリークーペ『LC500』を3月16日より発売しました。世界が待っていたLC500。気になるスペックやインテリア、デザインについてまとめてみました。


世界初のマルチステージハイブリッド搭載。新しい風を吹き込むLC500

レクサスは、新型ラグジュアリークーペ『LC500』を3月16日より発売しました。

LC500は、2012年にデトロイトモーターショーで発表したコンセプトカー『LF-LC』の革新的なデザインイメージをモチーフに開発。

ボディサイズは、全長4770mm、全幅1920mm、全高1345mm、ホイールベース2870mm。低重心かつ低い全高とワイドな全幅でアグレッシブなスタンスを実現し、四隅のタイヤを強調するフェンダーが張り出した、抑揚ある立体構成でクーペとしての機敏さを表現しました。

一度は乗りたい高級車レクサス!最新LS、LC500~人気車種まとめ

http://matome.response.jp/articles/22

高級車ブランド、レクサス(LEXUS)。レクサスと言ってもそのバリエーションはライフスタイルに合わせてさまざまです。最新の新型LS、LC500、特に人気の高いハイブリッド車、SUV、クーペについて、価格や違いなどをまとめてみました。

LC500、インテリアはどうなっているの?

インテリアは、ドライビングの高揚感を演出するコックピット空間と、乗員を包み込むおもてなしの助手席側空間を融合し、艶やかさと先進的な機能性とを兼ね備えた独自のラグジュアリー性を表現しました。

また、ペダルやスイッチ類の配置、ステアリング傾角、シートのホールド性など、徹底した走り込みに基づく細部にこだわったレイアウトを実現しました。

また、レクサスFRラインアップの基礎となる新開発GA-Lプラットフォームを採用し、エンジンなどの重量物を車両中心近くに配置。

軽量のCFRPやアルミ部材の積極的な採用で、重心高を下げるとともに、慣性モーメントを低減し、優れた慣性諸元を追求し、回頭性に優れた素直なハンドリングを実現しています。

パワートレインは、ハイブリッドシステムに有段ギヤを組み合わせた世界初のマルチステージハイブリッドシステムをLC500hに採用。

V型6気筒3.5リットルエンジンと走行用モーターの出力を制御することで、低速から力強い駆動力を生み出しパワフルな走りを実現するとともに、EV走行領域を拡大することで15.8km/リットル(JC08モード)の低燃費を両立しました。

またLC500は、最大出力477ps、最大トルク540Nmを発生する5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンと新開発10速ATとの組み合わせとなります。

価格はLC500が1300万円から1400万円、LC500hが1350万円から1450万円。

気になるカラーバリエーションは?

カラーは選べる11色です!
何色にしようか迷ってしまいますね。

レクサスの次の挑戦

トヨタ自動車は3月16日、レクサスブランドの新型ラグジャリークーペ『LC』を発売しました。チーフエンジニアを務める佐藤恒治氏は同日都内で開いた発表会で「レクサスのクルマ造りを変える挑戦の象徴として、このクルマの開発に取り組んだ」と明かしました。

というのも「レクサスがよりエモーショナルなブランドになるために、お客様の感性に訴えるデザインと走りを備えたブランドを象徴するラグジャリークーペが必要だった」ことが背景にあると佐藤氏は語りました。

気になるデザインについては…

まずデザインに関しては「目指したのは低重心でダイナミックなFRらしいプロポーション」とした上で、「重量物を最適に配置し、ドライバーの着座位置を車両の重心に近づける。感性諸元にこだわってクルマとの一体感を感じるドライブフィールを目指した」と解説。

その実現のために「基本に立ち返りプラットフォームを一新した」ことも明かした。LCで採用された新プラットフォームは『GA-Lプラットフォーム』と名付けられ、今後のレクサスブランドのFR系モデルに順次採用される計画で、「エモーショナルなデザインとレクサスらしい走りの味を実現する」としている。

気になる走りについては?

方、LCの走りに関して佐藤氏は「開発キーワードは『より鋭く、より優雅』。鋭くとは正確でリニアな剛性。優雅には動きのつながりやしなやかさを示している。アルミやカーボンなどの素材を適材適所に配置し、ボディ剛性を高めながら従来技術に対して約100kgの軽量化を行った。サスペンションはフロント、リアともに新開発し、とくに切り始めの手応えとリニアな応答にこだわった」と述べた。

LC500、エンジンにもこだわりが

このうち5リットルV8には新開発の10速ATが組み合わされ「切れ味が良く、リズミカルで伸び感のある加速を味わうことができる」と佐藤氏は述べました。

さらに「気持ちの良い走りを五感で感じて頂くためにエンジンサウンドにもこだわった。サウンドジェネレーターや排気切り替えバルブの採用により、『LFA』のDNAを引き継いだレクサスらしいエンジンサウンドを奏でる」としています。

世界初、マルチステージハイブリッドシステム採用

一方のハイブリッドは世界初となるマルチステージハイブリッドシステムを採用しています。

「V型6気筒3.5リットルエンジンの最高回転数を6600まで高め、2基のモーターと有段ギアの自動変速機からなるシステムで、いままでのハイブリッドの概念を覆し、ダイナミックな走りを実現するために開発した」と佐藤氏は強調しました。

レクサス LC、プロダクションカーデザイン賞を受賞

レクサスは3月8日、スイスで開催中のジュネーブモーターショー2017において、『LC』が「2016プロダクションカーデザインオブザイヤー」を受賞したと発表しました。

プロダクションカーデザインオブザイヤーは、世界の自動車デザイナー20名が審査を行い、毎年決定している賞です。LCは、一度見たら忘れない表情、クーペならではの美しいボディラインなどが評価され、受賞となりました。

レクサスLCの森忠雄チーフデザイナーは、「LCの開発に携わったすべての人の努力に感謝したい」と述べています。

さすがLC500。カーデザインオブザイヤーをとってしまうデザインセンスはさすがの一言です。

7人の匠から生まれた自信作。是非とも自分で体感してみて

LCは元町工場に専用の組立ラインを新設し生産される。専用ラインは床や天井を白一色にして作業しやすくする一方で、一人ひとりの作業工程をタブレット端末で確認しながら行う最先端のシステムも導入されている。「7人の匠と呼ばれる専門技能士を中心にレクサスのものづくりの技を磨き、1台1台こだわりぬいて、ひとつの作品として世に送り出される」と佐藤氏は胸を張っていた。

関連するキーワード


レクサス LC

関連する投稿


レクサス NX 燃費 価格 車内空間 詳細情報!

レクサス NX 燃費 価格 車内空間 詳細情報!

レクサスNXは、トヨタ自動車が展開しているレクサスブランドから販売されている中型のクロスオーバーSUV車です。SUV車としては高級感があり誰もが憧れる車でしょう。2リットルターボエンジンや2.5リットルDOHCエンジンが搭載されパワフルな走りが楽しめるSUV車です。


もっとレクサスLCを知りたい貴方に!工場をチラ見せ!!

もっとレクサスLCを知りたい貴方に!工場をチラ見せ!!

レクサスのラグジュアリークーペ『LC』を組み立てるアッセンブリー工場がメディアに公開されました。レクサスが生まれる場所は、いったいどんなところなのでしょうか。


レクサス LX 車内空間 燃費 価格 詳細情報一覧!

レクサス LX 車内空間 燃費 価格 詳細情報一覧!

レクサスLXは、レクサスブランドのフラッグシップSUVで、SUVの良さであるオフロード走行時の興奮をそのままに、室内のラグジュアリーをとことん追求しています。空調やオーディオシステムにもこだわりをもち、車内空間の心地よさを乗員全員が味わえるような工夫が随所に見られます。


レクサスCT 実燃費、試乗情報、価格など詳細情報一覧!

レクサスCT 実燃費、試乗情報、価格など詳細情報一覧!

レクサスCTは、トヨタ自動車が展開しているレクサスブランドの小型ハッチバックカーで、レクサスブランドの中では最も手頃な価格で入手できる車です。最も手に入れやすい価格帯のレクサスCTは、どうなっているのでしょうか。魅力を大公開します!


レクサス HS 車内空間 燃費 価格 詳細情報一覧!

レクサス HS 車内空間 燃費 価格 詳細情報一覧!

レクサスHSは、快適性能と車内空間を充実させた中型セダンです。駆動部に2.4L直4アトキンソンサイクルを採用した2モーター式ハイブリッドで、統合出力は190馬力に達するなど、燃費効率と走行性能を両立させています。また価格や安全性能についてご紹介しますので、クルマ選びの参考にしてみてください。


最新の投稿


トヨタ マークX 走行性能 安全性 価格 詳細一覧!

トヨタ マークX 走行性能 安全性 価格 詳細一覧!

フロントのX文字が印象的なトヨタ・マークXは、アッパーミドルクラスのスポーツセダンです。セダンタイプのFR車は世界的にも希少になり、スタイリッシュで品格を備えたマークXは、ワンランク上のFR車を求めるユーザーにとって、無くてはならない車です。


GT-R(R32)の走行動画をVRで見る!

GT-R(R32)の走行動画をVRで見る!

1989年8月に誕生し、30年近く経った今でも、人気を誇る日産、スカイラインGT-R(R32)。そのスカイラインGT-R(R32)の走行動画をVR動画にてお届けします。


日産 ウイングロード 燃費 価格 車内空間 詳細情報!

日産 ウイングロード 燃費 価格 車内空間 詳細情報!

ウイングロードは、日産自動車が販売している、ステーションワゴンです。日産サニーをベースとして開発されたモデルで、車体の大きさも程よく運転のしやすい車です。街乗りをするのに最適なサイズと、広い車内空間を両立しています。またパワフルな走りと優れた環境性能を兼ね備えています。


実際に経験はしたくないが、興味はある!?JAL安全の舞台裏とは

実際に経験はしたくないが、興味はある!?JAL安全の舞台裏とは

飛行機に乗ると離陸前にビデオや客室乗務員が説明するあれ。みなさんもご存知ですよね!実際に本番で体験するのは恐ろしいので回避したい、でもちょっとだけやってみたいことの一つが、飛行機からの脱出…ですよね。そんな脱出体験ができるなら、やはりやってみたいですか?


日産 セレナ! 最近のセレナ事情を知りたい!2017

日産 セレナ! 最近のセレナ事情を知りたい!2017

日産自動車は、新型『セレナ』の累計受注台数について、発売から7か月が経過した2017年2月末現在で約6万5000台となったことを発表しました。 歴代セレナでトップの売れ行きが続いています。そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのセレナについてまとめました。