【還暦】日産スカイラインの歴代モデルと歴史を振り返る。他イベント情報

【還暦】日産スカイラインの歴代モデルと歴史を振り返る。他イベント情報

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う還暦を迎えます。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史についてと60周年記念のイベント情報を取りまとめ記事にしています。


還暦を迎えるスカイラインは、日産史上最も長い歴史を持つクルマ

2017年4月24日、日産史上、最長の歴史を持つ「スカイライン」が還暦を迎えます。初代のスカイラインは、1957年4月24日に誕生しました。初代のスカイラインは、当時の国産車の1500ccクラスの中では最速を誇っており、最高速度は125km/h。最高出力は60psのエンジンを搭載していました。

初代スカイライン

数ある日産車の中で、スカイラインは60年という最長の歴史を誇っています。

初代フェアレディZ

ちなみにスカイラインの次に日産で長い歴史を誇る車種は、ダットサンフェアレディの後継として1969年10月に誕生したフェアレディZで、48年の歴史を誇っています。

同社の星野朝子専務執行役員は、「60歳を迎えるスカイラインは、日産車の中で、最も長い歴史を持つモデル。同じ名称で60年もの長い間存続した車は、長い自動車の歴史において、大変貴重な存在。これは、スカイラインに込めた日産のモノづくりのプライド。そして何よりも、スカイラインを愛する多くの人々の熱い想いに支えられてきた証」と述べている。

スカイライン 60周年記念のイベントが複数開催

そんな人間で言う還暦を迎える日産、スカイライン。60周年を記念したイベントが日産関連施設にて複数開催されます。

誕生60周年記念イベント「SKYLINE TIMELINE」

2017年4月21日からスカイラインの誕生日にあたる4月24日までの間、六本木ヒルズアリーナにてスカイラインの還暦を祝う60周年記念イベントが六本木ヒルズアリーナにて開催されます。

会場イメージ図

60周年記念イベント「SKYLINE TIMELINE」では、1957年誕生の初代モデルから現行の最新モデルまで、全13モデルを展示。他にも、過去・未来へとタイムスリップが楽しめるフォトスタジオ「SKYLINE TIMELINE STUDIO」が用意されます。

フォトスタジオ

歴代のスカイラインが販売された当時の風景や、未来の風景の中に「とびこんだ」写真撮影ができます。

タイムスリップフォトイメージ

初代から現行までの、歴代13モデルを再現したラバーストラップ(500円)も販売されます。

銀座「NISSAN CROSSING」でも60周年記念イベント

東京の中央区銀座4丁目交差点の一角に位置するにある「NISSAN CROSSING」でもイベントが開催されています。NISSAN CROSSINGは、1963年から2014年までの約50年間、「日産ギャラリー」として人々に親しまれ、2016年9月24日にニッサンブランドの発信拠点としてリニューアルオープンした施設です。

最新テクノロジー搭載のクルマの展示や、世界各国のモーターショーで披露したコンセプトカーなどを常に展示しています。来場者も多いようでリニューアルオープンから約1か月で30万人を突破し、約4か月となる1月25日に100万人を突破したようです。

スカイラインの特別まきアート

そのNISSAN CROSSINGでは、スカイライン60周年記念として、デザイン検討に使用したスケッチ画の展示や、スカイラインプレゼンテーション、クイズラリーの実施。また施設2Fのカフェでは歴代のスカイラインをモチーフにした特別マキアートも飲めるようです。

日産グローバル本社ギャラリーでは、60th誕生記念展示が

現行の13代目スカイライン

神奈川県の横浜市西区にある日産グローバル本社ギャラリーでもイベントが行われています。本社ギャラリーでは上記画像の「SKYLINE 60th Limited」の展示を始め、歴代スカイラインのパネル展示が行われています。

なお4月29日~5月7日の期間は展示をしていないようなのでご注意下さい。

日産 スカイラインの歴代モデルとその歴史

最後に、還暦を向かえ60歳となったスカイラインの歴代のモデルの画像と共に歴史を振り返ります。

初代スカイライン

初代スカイライン

まずは初代のスカイライン。誕生したのは1957年4月24日。初代スカイラインは、日産と合併する前のプリンスから誕生し、東京日比谷の宝塚劇場で発表されました。

初代スカイライン(ALSI系)は、当時1500ccクラス最高出力の60馬力、直列4気筒エンジンを搭載し、最高速度は125km/hというスペック。スポーツカーの「運転する喜び」を享受できるセダンとして、人々の憧れの存在でした。

2代目スカイライン

2代目スカイライン

2代目スカイライン(S50系)は、1963年11月に誕生。4万km、若しくは2年間保証の封印エンジンや、3万kmまたは1年間グリスアップ不要のシャシーなど、メンテナンスフリーが図られ販売されました。愛称は羊の皮を被った狼。

1964年、第2回日本グランプリに出場した「スカイラインGT」は、プロトタイプ・スポーツカーのポルシェ「904GTS」を7周目のヘアピンで抜き去った。それは「走りの性能を極める」ため、当時の『グロリア』の6気筒125馬力「G7」エンジンを、スカイラインの4気筒ファミリーセダンのボディに積んだ、「羊の皮を着た狼」だった。

3代目スカイライン

3代目スカイライン

3代目が発売されたのは、1968年7月。3代目スカイライン(C10型)は、日産・プリンス合併後初のフルチェンジモデル。「ファミリーユースとスポーツ性の両立」というコンセプトを昇華させ、快適なグランツーリスモに。「ハコスカ」の愛称も誕生。

当時の1500ccクラス初のディスクブレーキを採用し、シャシーのグリスアップ不要距離は10万kmまで伸びました。

4代目スカイライン

4代目スカイライン

1972年9月に誕生した4代目スカイライン(C110型)。通称ケンメリ。「ケンとメリーのスカイライン」をキャッチコピーにしたCMは、CMソング「ケンとメリー--愛と風のように--」も異例のヒットを記録し、4代目スカイラインは社会現象となりました。

1972年9月に誕生した4代目スカイライン(C110系)。通称ケンメリ。「ケンとメリーのスカイライン」をキャッチコピーにしたCMは、CMソング「ケンとメリー--愛と風のように--」も異例のヒットを記録し、4代目スカイラインは社会現象となりました。

4代目スカイラインは累計販売台数も歴代最高の64万台を達成し、スポーツセダンとしての名声を不動のものにしました。

5代目スカイライン

5代目スカイライン

5代目スカイライン(C210型)の登場は、1977年8月。「日本の風土が生んだ日本の名車」として、“SKYLINE JAPAN”をキャッチフレーズにデビューしました。通称はジャパン。

シリーズ全車が昭和53年度の排出ガス規制の適合をするとともに、「TI-EX」の新設、GT系には「GT/GT-L」、「GT-EL/GT-EX/GT-ES」がありました。

6代目スカイライン

6代目スカイライン

1981年8月に6代目スカイライン(R30型)が登場。俳優のポール・ニューマンを広告キャラクターに起用したことから通称「ニューマン・スカイライン」と呼ばれました。

この「R30型」は、6気筒モデルも4気筒モデルも同じノーズの長さのボディに統一され、量産車としては当時、世界初の「アジャスタブル・ショック・アブソーバー」を採用し、確実なロードホールディングと快適な乗り心地を両立させました。

また、1983年には日本初の4バルブDOHC+ターボを持つ「2000RS-TURBO」が登場し、10年ぶりとなるサーキットへの復帰を果たしました。

7代目スカイライン

7代目スカイライン

1985年8月登場の7代目スカイライン(R31型)は、人と環境への調和・共生をコンセプトにした高級スポーティサルーンとなりました。

7代目では、3代目の「C10型」以来搭載されてきた「L20」型エンジンに代わり、新世代の「RB20」系ユニットに一新し、当時世界初の4輪操舵システム「HICAS(ハイキャス)」も搭載しました。通称はセブンス。

8代目スカイライン

8代目スカイライン

1989年5月、8代目スカイラインが登場します。運動性を重視し、先代よりも大幅にシェイプアップしたスタイリングとなり、本格的スポーツセダンとして生まれ変わります。先代と比べ4ドアで70mm、2ドアで130mm全長が短いショート・オーバーハング・プロポーション、重量も50kg以上も軽く、新開発4輪マルチリンクサスペンションとの相乗効果で、走りは飛躍的に向上。通称は超感覚スカイライン。

スカイラインGT-R R32型

同年の8月、「GT-R」の名が16年ぶりに復活します。直6・DOHC・2.6リットル280馬力の「RB26 DETT」エンジン、電子制御トルクスプリット4WD・アテーサETS、4輪マルチリンクを採用し、全日本選手権でも無敗を誇りました。

GT-R(R32)の走行動画をVRで見る!

http://matome.response.jp/articles/500/

1989年8月に誕生し、30年近く経った今でも、人気を誇る日産、スカイラインGT-R(R32)。そのスカイラインGT-R(R32)の走行動画をVR動画にてお届けします。

9代目スカイライン

9代目スカイライン

1993年8月、9代目スカイライン(R33型)が誕生、全車3ナンバーボディとなります。居住性と快適性に、スポーツ性を合わせ持つ「卓越した走りの本流グランドツーリングカー」に生まれ変わりました。

「RB25DET」エンジンはターボラグのないリニアチャージコンセプトを取り入れ、250馬力/30kgmの出力。さらにハイトラクションレイアウト、電動SUPER HICAS、ABS、アクティブLSDなどが採用。

NISMO R33GT-R

また「GT-R」は同年秋の第30回東京モーターショーに参考出品され、1995年1月に発売されました。イギリスにも100台限定で輸出され、関税の影響もあり、価格は日本の倍の価格となる1080万円で売られました。

10代目スカイライン

10代目スカイライン

1998年5月、10代目スカイライン(R34型)が誕生、R32以降一貫した目標「The ベストドライビングプレジャー」をキーワードに開発。スカイラインらしさを徹底追及し「ハコで速い!」を目指しました。

NEOストレート6を搭載し、ステアリングでも変速操作できるデュアルマチックM-ATxを採用、剛性感を向上させたボディは“DRIVING BODY”と名づけられます。

R34型GT-Rの発売は1999年1月。R32、R33に続いてレースで活躍し、全日本GT選手権でファンをわかせました。

11代目スカイライン

11代目スカイライン

2001年6月、11代目スカイラインスカイライン(V35型)が誕生します。1999年、日産がルノーの参加となってから初のモデルチェンジ。11代目となるスカイラインは、車両のレイアウトやデザインでいままでのイメージを一新させました。

丸目四灯のテールランプが廃止され、スカイラインというクルマが作り続けてきた思いや伝統、ブランドイメージとかけ離れてしまう結果となり「でぶ」などと揶揄されてしまうことも多いモデルでした。ここから先はスカイラインとGT-Rとが別々の車種としての道を歩むことになります。

12代目スカイライン

12代目スカイライン

12代目スカイライン(V36型)の誕生は2006年11月20日。12代目スカイラインは、先代のイメージを踏襲しているように見えるが、実車は予想以上に躍動感がある。走りに関しても3.5リットルの新型VQ HRエンジンは315psの高出力を発揮し、スカイラインの名に恥じないパフォーマンスを見せてくれた。

商品コンセプトは、魅惑、洗練、高性能で、分かりやすい三つの言葉には、新しいスカイラインの魅力が凝縮されていた。

13代目(現行)スカイライン

13代目(現行)スカイライン

現行のスカイラインは2014年2月26日に発売されました。ハイブリッドエンジンは、3.5リットルV6のユニット「VQ35HR」に電動モーターを加え、シスタムトータルで最高出力364psを発揮。ボディサイズ(タイプPの場合)は、全長4790×全幅1820×全高1440mmで、ホイールベースは2850mm。従来型と比べ、全長は10mm長く、全幅は50mm広く、全高は10mm高くなった。車両重量も従来の1600kgから新型モデルは1770kgに増えた。

日産エンブレムから、インフィニティエンブレムへ変更されました。他注目点として、ハンドルからの入力を電気信号に変換し、ステアリング・アングル・アクチュエーターによりホイールの角度を設定する仕組みになっている「ステアリング・バイ・ワイヤー」が搭載されています。

現行モデルは歴代13代目!スカイラインの評価とは⁉

http://matome.response.jp/articles/327

日産スカイラインは1957年の登場以来、人気を博しているスポーツセダンです。2014年2月に13代目へモデルチェンジしました。ハイブリッド車と次世代ターボ車の二本立てが設定される事となり、かつてのキャラクターとは大きく変化したものの、日産がスカイラインに込める想いは健在です。そんなスカイラインの魅力を大公開です!

別車名となったGT-Rは、2007年に10月にGT-R(R35型)として、登場。

また、2009年7月にはスカイラインクロスオーバーが誕生しました。

こんなにも長い歴史を持つスカイライン。あなたも還暦を祝うイベントに足を運んでみては如何でしょうか。

関連するキーワード


日産 スカイライン

関連する投稿


デザインが魅力のコンパクトSUV 日産ジューク!評判 中古価格 スペックは?

デザインが魅力のコンパクトSUV 日産ジューク!評判 中古価格 スペックは?

今大人気のSUV。最近ではコンパクトなSUVが特に人気ですね。新しく2017年から発売されたコンパクトなクロスオーバーSUV、C-HRの売れ行きが好調なことからも明らかです。今回はC-HRと同じくコンパクトサイズのSUV、日産が誇るジュークについてご紹介します。


売れていなくても無視できない個性派のクルマ ベスト3

売れていなくても無視できない個性派のクルマ ベスト3

自動車を選ぶ場合、みんなと同じ車種を選びますか?それともみんなが乗っていない車種を選びますか?車選びにはそれぞれの考え方が表れます。そこで今回はあえて、みんなが乗っていないけど、素晴らしい個性のある車種にスポットを当ててみました。


新色も続々!日産マーチに新グレード「パーソナライゼーション」登場!

新色も続々!日産マーチに新グレード「パーソナライゼーション」登場!

日産の人気車種マーチに新グレード「パーソナライゼーション」が登場しました。カワイイとネットで話題の藤野有理さん出演の新CMでもおなじみの既存色、「ナデシコピンク」に加えて、新グレードでは新色2色が追加されます。今回は「パーソナライゼーション」に焦点を当ててみました。


日産のEV リーフ新型激写!初公開は東京モーターショー2017か!?

日産のEV リーフ新型激写!初公開は東京モーターショー2017か!?

【2017年7月4日更新】2010年発売以来、電気自動車として第一線を走り続ける日産のリーフ。満を持して新型が発売されると話題になっています。今回は新型リーフの公開されている情報をまとめてみました。初公開日は9月6日に決定しました!!!


【ミニカー】あの名車がミニカーに!日産スカイラインGT-Rのミニカーに迫る

【ミニカー】あの名車がミニカーに!日産スカイラインGT-Rのミニカーに迫る

ほしい車はありすぎる、しかし車庫スペースはない。そんな悩みを持つ貴方、ミニカーはどうでしょうか。今のミニカーはすばらしいクオリティを持つものばかりです。ミニカーであればスペースの心配は減りますし、何より家の中で愛車を見ることができますよ!今回は日産スカイラインについてご紹介します。


最新の投稿


走りも、見た目も個性的に!個性派軽自動車10選!

走りも、見た目も個性的に!個性派軽自動車10選!

今、男女問わず幅広い世代に人気の軽自動車。コンパクトで小回りが利くだけじゃなく、スポーツカータイプやSUVなど様々なタイプの個性的な軽自動車も多く販売されています。ここでは軽自動車にどのような個性的なクルマがあるのかをご紹介していきます。


2020年に新型登場!?トヨタのスポーツカー、86(ハチロク)情報

2020年に新型登場!?トヨタのスポーツカー、86(ハチロク)情報

2020年に新型が登場すると言われている話題の86(ハチロク)。86はトヨタが誇る、スポーツカーです。トヨタとスバル、共同で製作されたスポーツカーで、スバルBRZは兄弟車となります。本記事では86についてまとめています。


これで睡魔を撃退!運転中に持ってこい!つよ~い味方とは!?

これで睡魔を撃退!運転中に持ってこい!つよ~い味方とは!?

夏休みシーズン到来!家族で出かけることが増えると、運転の機会も増えてきますね。日々頑張っている貴方だからこそ、もしかしたら運転中ついつい睡魔に襲われてしまう…ということもあり得ます。けれど一瞬の睡魔で全てを失う危険があることをお忘れなく!そんなにっくき睡魔に打ち勝つ!アイテムをご紹介します。


ランクルの兄弟車!ランドクルーザープラドの基本情報

ランクルの兄弟車!ランドクルーザープラドの基本情報

トヨタのランドクルーザー、みなさんは目にしたことがありますか。ランクルは一目でランクルだとわかる強烈な存在感がありますよね。一方で、ランクルの兄弟車、ランドクルーザープラドはご存知でしょうか。今回はプラドについてご紹介します。


女性に人気!オススメのカワイイ軽自動車10選!

女性に人気!オススメのカワイイ軽自動車10選!

今や女性に大人気の軽自動車。見た目がかわいい車種から、燃費性能が高く使い勝手も良い子育てに頑張るママさんに人気の車種など様々あります。やはりどうせ乗るならウキウキするような車がいいですよね??そんな女性に人気の軽自動車を10台Pick UPしましたので、軽自動車の購入をお考えの方は是非参考にしてみてください!