人気のSUVの次にくるものとは?

人気のSUVの次にくるものとは?

世界的なムーブとなっているSUVは、セダンやハッチバック、そしてミニバンと同じように乗用車においての一つジャンルとして定着しています。このSUVブームははたしていつまで続くのか?そして、次にどんな車種が人気となり、今後どのように進化していくのでしょうか。新たに登場したSUVと、最新トレンドを調べてみました。


マツダCX-8登場 3列シートの SUVは日本に定着するのか?

マツダCX-8

マツダは4月28日に、3列シートを備えた新型クロスオーバーSUV「マツダCX-8」を2017年中に国内で発売することを公表しました。

マツダはこれまで、「プレマシー」「ビアンテ」という3列シートミニバンの次期モデルは開発せずミニバン市場を撤退。代わりにグローバルで成長の見込めるクロスオーバーSUVに3列シート車を導入することを公言しており、すでに生産を開始している「CX-9」よりもサイズダウンされた「CX-8」がその第一弾となるようです。

特に悪路を走る性能は必要性はないものの、主にデザインのカッコ良さで人気の出たSUVですが、荷室を含めた室内スペースは通常の乗用車やミニバンに慣れたユーザーには不満が多いはず。そこで、流行のSUVデザイン、ミニバン並みの広い室内と3列シート、さらにたくさん積める荷室を持つ3列シートのSUVである「CX-8」が登場というわけです。

CX-8がSUVの次のトレンドとなるか?

マツダCX-9

しかしこの3列シートSUVである「CX-8」は、ミニバン並みの広い室内を持つといっても、高いとは言えない室内高と、低床化どころか通常の乗用車より高いフロア。そしてスライドドアがない車種がミニバンに取って代われるのか?しかも既存のSUVよりも長い全長とホイールベースは小回り性能は確実に悪くするはず。
しかし、SUVにこだわってクルマ選びをするユーザーなら、3列シートのSUVは願ってもない選択肢となるはずで、これがSUVの次のトレンドの一つとなりえそうなのは確かでしょう。

日産エクストレイル

日産エクストレイル3列シート

三菱アウトランダー

三菱アウトランダー3列シート

SUBARUエクシーガクロスオーバー7

SUBARUエクシーガクロスオーバー7 インテリア

国内では、これまでも日産エクストレイルの3列シート車に人気があったことで、3列シートのSUVに潜在的な需要はあったといえますが、まだ新しいジャンルを確立したとは言えず、3列目のシートも補助シート的なもので、ミニバンに取って代われるレベルではありません。

さらに本格的な3列シートを装備するSUBARUのエクシーガ・クロスオーバー7と三菱の「アウトランダー」があり、「エクシーガ」はもともとのミニバンからの転身なので人気モデルとは言えませんが、「アウトランダー」はマツダCX-8が目指す形にもっとも近いモデルといえます。

大型化か小型化か

ボルボV90クロスカントリー

ボルボV90クロスカントリーに見る大型化の流れ

高級セダンから乗り換えるには既存のSUVモデルでは居住性と高級感に限界があり、大型のSUVとしては「ボルボXC90」「レンジオーバースポーツ」「フォードエクスプローラー」がすでにありますが、流れとしてはそこまで地上高が高くい乗用車ライクで、ステーションワゴンからの乗り換えを考える人には多くの荷物を積めるラゲッジスペースが求められることから、大型のしかもワゴンタイプのSUVが注目されています。

ボルボXC90

大型のSUVとして、ボルボにはインポート・カー・オブ・ザイヤーを受賞した「XC90」というSUVがありますが、新しく加わった「ボルボV90クロスカントリー」は、世界でもっとも美しいステーションワゴンといわれる「V90」をベースとしています。4,940mmもある全長で居住性は十分。大人が4人乗っても余裕がたっぷります。そして、カーゴルームは大量の荷物を積み込めます。この絶対的な広さと、「XC90」ほど腰高ではないデザインと質感が話題となっています。

さらに進む小型化

フィアット500X

ルノーキャプチャー

日本国内では「レガシーアウトバック」でさえ大きすぎると言われていますから、5m近い「ボルボV90クロスカントリー」の全長は日本でのトレンドにはなりえないでしょう。では国内ではどんなSUVが来るのでしょうか。

世界のブームになっているのが低燃費と低価格の小型SUVです。欧州メーカーから発売されるのもMINIクロスオーバー,FIAT500X、ルノーキャプチャーなどの小型のSUVが中心です。これらのモデルは次々と日本国内にも導入されており、SUVを通して輸入車への関心を高める役割もになっています。

日本発スポーツSUVの可能性

トヨタC-HR

日産ジューク

そして、SUV=アウトドアというイメージから、SUV=スポーツという流れも注目されています。トヨタのC-HRはその象徴で、アニュルブルクリンク24時間レースに参戦するようにアウトドアイメージはほとんどなく、クロスオーバーの小型スポーツカーとしています。これまでも日産のジュークは、 SUV風のデザインながらも、スポーツイメージを前面に押し出すことで人気を得ており、欧州勢がまだ参入していない新しい SUVの進化形となる期待があります。

マツダの小飼 雅道(こがい まさみち)代表取締役社長兼CEOは、次のように述べています。「『CX-8』は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車とともに上質さをお求めになるお客様に向けた、マツダの新しい提案です。

マツダのSUVにおける新しい展開が日本のユーザーに向け入れられるのかどうかで、他メーカーが追随してミニバンをも駆逐する勢いを持つのかが決まる重要な車種になりそうです。

関連する投稿


スバル レガシィ アウトバック 中古価格 燃費 価格  口コミまとめてみた

スバル レガシィ アウトバック 中古価格 燃費 価格 口コミまとめてみた

スバルの大人気車種レガシィ、アウトバック。中古価格 燃費 価格 口コミ・・・気になる情報を盛り込みました!!!


トヨタ・レクサスのSUV徹底比較!価格、使い勝手、燃費、何で選ぶ?

トヨタ・レクサスのSUV徹底比較!価格、使い勝手、燃費、何で選ぶ?

昨今、非常に人気が高くなっているSUVですが、日本が世界に誇る自動車メーカー「トヨタ」にも多くのSUVが存在します。また、トヨタだけでなくトヨタの高級車ブランド「レクサス」にも存在しますが、価格や燃費性能などそれぞれどのような特徴があるのかまとめてみましたので、是非ご覧ください。


2017年 国産SUVのオススメ・人気ランキング 上半期最も売れたのは?

2017年 国産SUVのオススメ・人気ランキング 上半期最も売れたのは?

今国内でとても人気のSUVですが、2017年の上半期(1月~6月)に最も売れたSUV車種は何だったのか!?全軽自協のデータ及び自動車産業ポータルMarkLinesのデータを元に国産SUVのみをランキング形式でお届けします。購入をお考えの方は是非参考にしてみてください。


新車価格200万円以下!現役女子大生が選んだかっこいいと思う車 5選

新車価格200万円以下!現役女子大生が選んだかっこいいと思う車 5選

現役女子大生が選ぶシリーズ。SUVやセダンなどにピックアップし、かっこいい車種を選んでもらいましたが、「高い」「買えない」「若者には無理」という声を多数頂きました。なので今回は、新車価格200万円以下の車をピックアップ!現役女子大生が独断と偏見で選んだ、かっこいい!と思った車をご紹介いたします。


国産&輸入車 オススメ・人気のコンパクトSUV 10選!

国産&輸入車 オススメ・人気のコンパクトSUV 10選!

近年、急激に販売台数を伸ばしているコンパクトSUV。続々と新型が発売され多くの方が車選びの際の選択肢のひとつにあげられるのではないでしょうか。 今や大人気のコンパクトSUVとは一体どんな車なのか、そして何がおすすめなのか、今回はそこを皆様にお伝えしようと思います。


最新の投稿


夏!ドライブ!・・・暑い!! 車内の温度を一番早く下げる方法は?

夏!ドライブ!・・・暑い!! 車内の温度を一番早く下げる方法は?

炎天下の下駐車していた車。扉を開けたらめちゃめちゃ暑い!なんてこと、「夏の車あるある」ですね…。そんな時どんな方法が、すばやく車内の温度を下げられるのかJAFで行われた調査結果を元にご紹介。また、予防対策についてもまとめています。


10年振りに使用率 減…。チャイルドシートの正しい選び方と取付け方

10年振りに使用率 減…。チャイルドシートの正しい選び方と取付け方

子供の安全を守るためのチャイルドシート・ジュニアシート。2017年の使用率は2016年と比べると0.1ポイント減という結果になり、10年振りに使用率が低下してしまったと発表されました。こちらの記事では、調査結果の概要から、チャイルドシート、ジュニアシートの正しい取り付け方についてご紹介していきます。


スバル レガシィ アウトバック 中古価格 燃費 価格  口コミまとめてみた

スバル レガシィ アウトバック 中古価格 燃費 価格 口コミまとめてみた

スバルの大人気車種レガシィ、アウトバック。中古価格 燃費 価格 口コミ・・・気になる情報を盛り込みました!!!


【超接近】東京オートサロン2018! 開催概要/コンパニオン/情報まとめ

【超接近】東京オートサロン2018! 開催概要/コンパニオン/情報まとめ

今年も上半期が終了、折り返しに差し掛かっていますね。そう、つまり東京オートサロン2018ももうすぐだということです。本記事ではオートサロン2018、今わかっている情報をまとめています。


エスカレーターは危険!?過去の事件や面白階段まで紹介!

エスカレーターは危険!?過去の事件や面白階段まで紹介!

普段何気なくエスカレーターに乗った時に、歩行することってありますよね!でもそれが恐ろしい事故を引き起こしてしまうこともあります。エスカレーターに乗ったらすぐに手すりを掴むなど個人での対策も必要です。