三菱アウトランダーPHEV新型登場!気になる試乗感想は?

三菱アウトランダーPHEV新型登場!気になる試乗感想は?

一部商品改良を行った三菱『アウトランダーPHEV』。 そのポイントはEVモードの追加や新グレードの投入、PHEVシステムの進化などです。ポイントを抑えてご紹介します!!


三菱アウトランダーPHEVに新型が登場

一部改良を行った新型PHEV

三菱『アウトランダーPHEV』が一部商品改良を行いました。

そのポイントはEVモードの追加や新グレードの投入、PHEVシステムの進化などです。

アウトランダーPHEVが評価されている点について、三菱自動車広報部商品広報主任の田中直哉氏は、「室内や荷室の広さや5人乗りであること。

そしてSUVならではの高い4WD性能が。更に、モーター走行が生み出す力強さとレスポンスの良い走り。それに相まって長距離ドライブにおける疲労感の少なさが挙げられる」と話します。

疲労感軽減については、「モーターのレスポンスが早いことから、自分の思い通りにクルマが動くというところにも通じている」といいます。

また、フロントフェイスの「“ダイナミックシールドデザイン”や、インテリアもあまり派手ではなく落ち着いた雰囲気が評価されている」と述べます。

これら強みを踏まえ、新型では「PHEVシステムの進化と新機能の追加。4WDのS-AWC性能の向上。予防安全技術、三菱e-Assistの強化。スマートフォンと連携するナビゲーションの設定が行われた」と説明しました。

三菱のアウトランダーが一部改良!価格は253万8000円から

http://matome.response.jp/articles/249

三菱自動車は、ミッドサイズSUV『アウトランダー』に予防安全機能の向上や「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)」の設定など一部改良を施し、3月2日から販売を開始する。

気になる!試乗した感想は?

このクルマ。基本的には限りなくシリーズハイブリッドに近い。即ちそれは、通常走行の大半をモーターで走り、エンジンは発電機として機能する。そしてより多くのパワーを必要とする時に、エンジンパワーがアシストしてこの時はパラレルハイブリッドになる。12KWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、おおよそ60kmのEV走行を可能にしている。新型『プリウスPHV』に次いでEV走行の距離が長いのではないかと思う。しかもそれを1.9トンもあるクルマで達成しているのだから素晴らしい。このEV走行時の快適さは以前書こうと思って書けなかったアウトランダーPHEVの大きな美点で、それを通常使用ならロングドライブに行かない限り、常に享受できるところが最高である。

アウトランダーPHEV、走りはまだまだ改善の余地あり!?

今回は高速道路での試乗が出来なかったため、断定はできないが、恐らく高速での乗り味は向上していると思われる。しかし一般道がどうかというと、残念ながらそれは達成されていないように思えた。特に路面の補修跡などを通過する際は、どうしても突き上げ感だけでなく、その後に収束するまでの余韻が残ってしまう。部分部分を強化すると、そこは良くなるだろうが、全体として見た時に入力された力の逃げ場所が無くなって、結果としてそれがアンバランスを生んでしまった印象が否めない。とりわけその補修跡を通過した時などに入力されるステアリングの振動がひどく、あたかもステアリングポスト剛性がないようにすら感じてしまう。

改良点といえばもう一つ。今回から新たに「EVプライオリティーボタン」が新設された。その周囲には、セーブモードとチャージモードのボタンもつく。しかし、チャージモードとすると、アイドリングさえストップしなくなるが、これはやり過ぎ。エンジニアの人に聞くと、外部電源に使ったり、アウトドアに使用する際を考慮してと言うが、クルマは本質的には走るのが目的なので、出来ることならそちらを優先していただきたいと思う。

関連するキーワード


三菱 アウトランダー

関連する投稿


三菱タウンボックス ー デザイン、走行性能、安全性などについて

三菱タウンボックス ー デザイン、走行性能、安全性などについて

三菱タウンボックス軽自動車として破格の広さと高さを誇っていて、居住性が高いのが特徴だ。その一方でエンジンシステムには工夫をこらしているため、大きい車にかかわらずパワフルな走りをすることができる。今回は居住性の良さとパワフルさを持つ三菱タウンボックスについてまとめた。


三菱GTO復活!後継モデルの「フェアレディZ」時期型をピックアップ!!

三菱GTO復活!後継モデルの「フェアレディZ」時期型をピックアップ!!

三菱自動車が、「スタリオン」後継モデルとして、1990年に発売した、ファストバック・クーペ「GTO」が復活するというレポートが欧州から届きました。 「GTO」後継モデルには、実質の親会社となった日産「フェアレディZ」にも採用されている、「FR-L」プラットフォームを採用しています。今回はそのフェアレディZを調べました。


名車復活!!!復活が予想される車まとめ

名車復活!!!復活が予想される車まとめ

プレリュードやGTOなど、復活が予想される車をまとめました。


三菱 ekワゴン/ekカスタム デザイン、走行性能、安全性能など詳細を説明!

三菱 ekワゴン/ekカスタム デザイン、走行性能、安全性能など詳細を説明!

三菱eKワゴン/eKカスタムはドライビングの楽しさを教えてくれる、多種多様な機能性やデザイン性を備えていて、魅力的なクルマに仕上がっている。今回は そんなekワゴン/ekカスタムについてまとめた。


三菱i-MiEV デザイン、走行性能、安全性能など詳しく説明!

三菱i-MiEV デザイン、走行性能、安全性能など詳しく説明!

三菱i-MiEVは今までの電気自動車にはないぐらい力強い走りと安定感を持っていて、さらに外装と内装のインテリアにも工夫が施されているため、乗る人に様々な快適さを与える車となっている。今回はそんな三菱i-MiEVについて紹介する。


最新の投稿


日産リーフ新型激写?!初公開は東京モーターショー2017か!?

日産リーフ新型激写?!初公開は東京モーターショー2017か!?

2010年発売以来、電気自動車として第一線を走り続ける日産のリーフ。 満を持して新型が発売されると話題になっています。今回は新型リーフの公開されている情報をまとめてみました。


抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャルの受付日時決定!

抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャルの受付日時決定!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。


きかんしゃトーマス号に乗れる76日間!2017年は6月17日から!

きかんしゃトーマス号に乗れる76日間!2017年は6月17日から!

静岡県の大井川鐵道にて、今年で4回目となるきかんしゃトーマス号の先行受付が開始しました。こちらの記事では2017年の運行スケジュール、料金はもちろんのこと、過去の振り返りを含めて「きかんしゃトーマス号」の紹介をします。


【クルマイベント2017】東京モーターショー 旧車天国 他 2017年車イベントまとめ

【クルマイベント2017】東京モーターショー 旧車天国 他 2017年車イベントまとめ

2017年、気づけば半年が終わろうとしています。しかし車好きにはこれからビッグイベントが控えていますね!そう!10月に行われる東京モーターショーです。また、モーターショー開催はもちろん、車関連のイベントが目白押しです!今回はこれから開催される主要な車イベントをまとめてみました。車好きさんはブックマークをお願いします!!


【大注目】RX-7(RX-8)の後継モデルRX9が2019年発売!?

【大注目】RX-7(RX-8)の後継モデルRX9が2019年発売!?

2017年の東京モーターショーでマツダから公開されるかもしれないと噂されている「RX-9」。このニュースの詳細そして、ロータリーエンジンの中身、どのように「RX-9」がなると予想されているのか、、まとめてみました!