日産の本格SUV、エクストレイルに改良新型が登場

日産の本格SUV、エクストレイルに改良新型が登場

ハイブリッドも完備の本格SUVと言えば。そう日産のエクストレイルですよね。本記事では、エクストレイルの価格・中古価格・燃費・ハイブリッド他についてまとめています。


日産エクストレイルが一部改良されて登場

日産 エクストレイル 改良新型

日産自動車は2017年の6月8日に、一部改良した『エクストレイル』を発売しました。

改良された点は、高速道路同一車線自動運転技術であるプロパイロットを上級グレードにメーカーオプションで設定されたほかに、ハンズフリー機能付きのリモコンオートバックドアを新たに採用したのが特徴となっています。

売れ行きは好調!発売10日で5000台販売

日産自動車は、新型『エクストレイル』の受注台数について、発売後10日を経過した6月18日時点で月間販売目標の5000台を突破したと発表しました。

新型エクストレイルは、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」の搭載や、よりダイナミックとなったエクステリア、高い質感などが好評で、好調な立ち上がりとなっています。

エクストレイルに、プロパイロットが搭載

プロパイロットはエクストレイルの廉価グレードである20Sを除くグレードに搭載可能です。

ただ「プロパイロット単体でのオプション設定は無く」、ハイビームとロービームを自動で切り替えるハイビームアシストを始め、車線逸脱防止支援システム、後退時車両検知警報をセットにした形で14万400円からと設定されています。

ちなみに日産がプロパイロットを初搭載した『セレナ』の場合、プロパイロット搭載グレードを設定しており、その際のベース車両の価格差は約24万円だったことから、エクストレイルは10万円ほど安い価格で同機能を搭載することができるようになります!

そう思うと少し、お得感がありますよね。

高速道路で自動運転!日産「プロパイロット」は想像以上にすごかった

http://matome.response.jp/articles/243

2016年発売のセレナに搭載された日産「プロパイロット」は、自動車専用道路の単一車線での自動運転を実現しました。 これまでのクルーズコントロールや車線キープなどど何が違うのか、今後の展開、実際の使用感などについてまとめました。

プロパイロットについての詳細はこちらの記事からご覧下さい。

エクストレイル、購入客の客層は

エクストレイルを購入しているオーナーの年齢層は20代が18.6%、30代が20.8%、40代が23.3%、50代が17.0%と、幅広い年代から支持を得ていることがわかります。

またグレード別では「20X(ガソリン)」が49.8%、「20Xハイブリッド」が35.4%。ボディカラーはブリリアントホワイトパールが26.4%、ダイヤモンドブラックが21.9%、プレミアムコロナオレンジが15.5%となっています。

【日産 エクストレイル 改良新型】受注5000台突破、発売10日で月販目標を達成 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/06/19/296316.html

日産自動車は、新型『エクストレイル』の受注台数について、発売後10日を経過した6月18日時点で月間販売目標の5000台を突破したと発表した。

エクストレイル 基本情報・スペック

■全長×全幅×全高(mm):4690×1820×1740

■乗車定員(名):7(5~7)
■ホイールベース(mm):2705
■シート:2列/3列
■燃費(JC08モード):15.6~16.4km/L
■駆動方式:2WD /4WD

※20Xのグレードを参考


特に、エクストレイルとして押さえておきたいのは3列シートの存在ですよね。
ガソリンでは、3列シートを選べますが、ハイブリッドでは2列シートのみのラインアップとなっています。

エクストレイル 燃費

ハイブリッドでは20.0~20.8km/L。
ガソリンでは、15.6~16.4km/Lとなっています。

ライバルと言われる、マツダのCX-5と比較すると、CX-5の燃費は14.6km/L~18.4km/Lなので、エクストレイルは燃費においてとても検討していると考えられます。

※どちらもJC08モード燃費

エクストレイル カスタムモデルも気になる

気になるカスタムモデル。いったいどんなものがあるのでしょうか。

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、『エクストレイル』のマイナーチェンジにあわせ、カスタムモデル「モード・プレミア」「エクストリーマーX」をマイナーチェンジ、さらに新商品「助手席スライドアップシート」を設定し、発売しています。

モードプレミア(ハイブリッド)

モード・プレミアは、エクストレイルの持つタフな性能はそのままに、内外装の高級感を高めたモデル。
今回のマイナーチェンジでは、エクステリアにアクセントとしてメタル調塗装を施すなど、デザインを一新したことでスタイリッシュかつ洗練された上質さを表現しました。

またエクストレイル唯一となる19インチ専用アルミホイールの採用や、専用デュアルエキゾーストマフラーのデザインを変更。より都会的で優美な印象に仕上げています。価格は307万1520円から366万5520円。

一方、ボディ下部をガードするエクステリアパーツなどを装備し、本格SUVとしてワイルドでタフなイメージをより強調したモデルがエクストリーマーX。

今回のマイナーチェンジでは、フロント、リヤ、サイドのスタイリッシュガードやドアミラー、ルーフレール(オプション)をブラック基調としたほか、専用デザインの18インチアルミホイールを採用し、よりダイナミックなデザインに一新しました。

さらにベース車同様、「プレミアムコロナオレンジ(特別塗装色)」をはじめとした新色6種類を加え、全12色のボディカラーを設定。

価格は298万2960円から328万3200円。

エクストレイル グレード別価格

≪4WD≫
■エクストレイル 20X [2列](4WD):2,755,080 円
■エクストレイル 20X [3列](4WD):2,827,440 円
■エクストレイル 20X エクストリーマーX [2列](4WD):2,982,960 円
■エクストレイル 20X エクストリーマーX [3列](4WD):3,055,320 円
■エクストレイル 20X HYBRID [2列](4WD):3,098,520 円
■エクストレイル 20X HYBRID エクストリーマーX [2列](4WD):3,283,200 円
■エクストレイル モード・プレミア [2列](4WD):3,277,800 円
■エクストレイル モード・プレミア [3列](4WD):3,371,760 円
■エクストレイル モード・プレミア HYBRID [2列](4WD):3,643,920 円
■エクストレイル 20S [2列](4WD):2,404,080 円
■エクストレイル 20S HYBRID [2列](4WD):2,796,120 円
■エクストレイル モード・プレミア ハイコントラストインテリア [2列](4WD):3,385,800 円
■エクストレイル モード・プレミア ハイコントラストインテリア [3列](4WD):3,479,760 円
■エクストレイル モード・プレミア HYBRID ハイコントラストインテリア [2列](4WD):3,665,520 円

≪2WD≫
■エクストレイル 20X [2列](2WD):2,548,800 円
■エクストレイル 20X [3列](2WD):2,621,160 円
■エクストレイル 20X HYBRID [2列](2WD):2,892,240 円
■エクストレイル モード・プレミア [2列](2WD):3,071,520 円
■エクストレイル モード・プレミア [3列](2WD):3,165,480 円
■エクストレイル モード・プレミア HYBRID [2列](2WD):3,437,640 円
■エクストレイル 20S [2列](2WD):2,197,800 円
■エクストレイル 20S HYBRID [2列](2WD):2,589,840 円
■エクストレイル モード・プレミア ハイコントラストインテリア [2列](2WD):3,179,520 円
■エクストレイル モード・プレミア ハイコントラストインテリア [3列](2WD):3,273,480 円
■エクストレイル モード・プレミア HYBRID ハイコントラストインテリア [2列](2WD):3,459,240 円

エクストレイル 中古価格

新型エクストレイルは、発売されて間もないため、はっきりとした中古価格は言えません。

しかしながら、2017年の年式のものが200万円~300万円で中古販売されているので、おそらく新型エクストレイルもこの価格帯に近い金額で中古販売されると推測されます。

日産 エクストレイル 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/NI/S020/

日産 エクストレイルの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

いかがでしたでしょうか。

エクストレイルは、グレードが25種類も存在するので、どのグレードにすればいいのか悩んでしまうかと思いますが、

3列シートがいいと思う方はガソリン。

やはりハイブリッドがいい、と思う方はハイブリッドにして2列シートに。

そして、売れ筋は「20X(ガソリン)」「20Xハイブリッド」です。

迷った際は、参考にしてみてくださいね。

関連するキーワード


日産 エクストレイル SUV

関連する投稿


【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

毎年、気になる新型やカッコイイ外車、ちょっとお高い高級車が販売されています。そして、道を走れば思わず見とれてしまう外車も多いです。そう。クルマ好きには誘惑が多いですよね。でも、やっぱり、自分の愛車が一番。そう思う方は多いでしょう。今回はそんな自分の車をこよなく愛する方、必見のアンケート調査を載せています。


【人気のコンパクトSUV徹底比較】トヨタC-HRとホンダ ヴェゼル!

【人気のコンパクトSUV徹底比較】トヨタC-HRとホンダ ヴェゼル!

コンパクトSUVは今や人気の高いボディタイプとなっています。トヨタのC-HRとホンダのヴェゼルもコンパクトサイズのSUVに分類され、ライバルと呼べる関係性です。今人気の両車の燃費、広さ、走行性能やエクステリア、インテリア、新車価格と中古車価格を徹底的に比較していきます。


VWから発表される新型コンパクトSUV「T-Roc」スペックや内外装は?

VWから発表される新型コンパクトSUV「T-Roc」スペックや内外装は?

フォルクスワーゲンから、コンパクトSUV「T-Roc」が2017年8月24日に発表されます。まだあまり実態が明らかにされていないコンパクトSUV、T-Rocについて最新情報を随時更新し、お届けします。


【一部改良】マツダのCX-3(CX3)完全網羅!価格・燃費・評価

【一部改良】マツダのCX-3(CX3)完全網羅!価格・燃費・評価

マツダのCX-3(CX3)、一部改良とガソリン車を追加して2017年7月に販売開始されました。気になる実際の評価や、燃費、価格、中古価格についてまとめました。CX-3が気になっている方、必見です。


「いつまでも名車に乗り続けたい」ファンに答えた名車「再生」支援まとめ

「いつまでも名車に乗り続けたい」ファンに答えた名車「再生」支援まとめ

貴方は、自分の車が好きですか。もちろん、好きですよね。新型がでるたびに欲しくなる、という人もいる一方で、ずっと、自分の車に乗り続けたいと願う方も少なくないと思います。そんな方に朗報。自動車会社大手が、名車「再生」に力を入れています。今回は、ホンダ、マツダ、日産の再生支援について焦点をあててご紹介します。


最新の投稿


メルセデスAMGの新型ハイパーカー『プロジェクト ワン』価格・パワートレイン

メルセデスAMGの新型ハイパーカー『プロジェクト ワン』価格・パワートレイン

メルセデスから販売予定のハイパーカー。メルセデスAMG新型「プロジェクトワン」、気になる最新情報についてまとめました。まだまだ謎のヴェールにつつまれている、「プロジェクト ワン」スペック・値段をまとめています。ブガッティシロンよりは少しばかりお手頃…のようです。


新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

環境に良くて燃費性能も高いハイブリッドカー。元々国内で販売されていたガソリンエンジン車にもハイブリッドタイプが続々と登場し、今では国内でかなりの台数が販売されています。今回は新車価格200万円以下のハイブリッドカーにスポットを当ててご紹介します。


【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

毎年、気になる新型やカッコイイ外車、ちょっとお高い高級車が販売されています。そして、道を走れば思わず見とれてしまう外車も多いです。そう。クルマ好きには誘惑が多いですよね。でも、やっぱり、自分の愛車が一番。そう思う方は多いでしょう。今回はそんな自分の車をこよなく愛する方、必見のアンケート調査を載せています。


【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

車が欲しくて新車はどれも高く、軽自動車もしくは中古車ならなんとかなるかもとお考えの方は多いと思います。しかし、調べると新車でも意外と買える新車はあるものです。そこで今回は車が欲しいけどお金が無いという方にオススメの200万円以下で買える新車をご紹介していきます。


【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。