コイツ、バイクなのに漕げるぞ!?「漕げる電動オートバイ」glafit爆誕

コイツ、バイクなのに漕げるぞ!?「漕げる電動オートバイ」glafit爆誕

みなさんは、オートバイをご存知ですよね。では、「漕げるオートバイ」のことはご存知ですか?おや、知らない?それはもったいないですね。今回はそんな「漕げるオートバイ」glafitについてご紹介しちゃいます!!!


漕げるオートバイとは一体…

漕げるバイク。それは自転車なのか、それともオートバイなのか…。

戸惑う方は多いかと思いますが、まずはこちらの動画をご覧ください。

みなさんは、「漕げるオートバイ」の存在を知っていますか?

オートバックスセブンとFINE TRADING JAPAN(FTJ)は、 FTJの運営するブランドであるglafitのハイブリッドバイク『GFR-01』を、全国のスーパーオートバックスで先行販売します。

この、GFR-01。

見た目は自転車、中身は電動バイク…。

という何だか面白いハイブリッド型次世代モビリティとなっています。

電動バイク走行、自転車走行に加え、バイクと自転車の両者を掛け合わせたハイブリッド走行も可能です。

実は、クラウドファンディングで…支援総額は一億円!?

GFR-01の販売開始にあたり、 FTJは国内大手クラウドファンディングサービス「Makuake」で、試験販売を兼ねたクラウドファンディングプロジェクトを5月30日より開始しました。

資金調達の目標金額であった 300万円を開始からなんと、3時間で達成したというから驚きですよね。

7月20日時点での支援総額は1億0718万円を突破!!

これは、日本国内でのクラウドファンディングにおける資金調達額で最高記録 だそうです(ランクラウド調べ)。

glafitの実力を大公開!コイツ、なかなかやるぞ


GFR-01の電動バイク時の動力は、10円以下の充電コストで航続約45kmを実現(充電時間4.5時間)しています。

車体は、工具不要で折りたたみ・組み立て可能というから素晴らしいですね。

折り畳み、組み立てOKであれば、色んな場所へ持ち運んだり、車に積むのも容易にできちゃいます。

また、気になる重量ですが、約18kgと、一般的な原動機付きバイクと比較して 1/3以下となっています。これは軽いですね!!!!

車体の鍵には指紋認証システム(20人まで登録可能)を採用しています。

また、スマートフォンへ急速充電可能な 2.1A出力の USBポートや、小物収納に便利な専用バッグなど、さまざまなオプションがあります。

漕げる電動オートバイ、どんなモードがあるの?

また、このglafitですが、公式サイトを確認したところ、大きくわけて3つのモードがあるそうです。

①自転車モード
ペダルだけの走行が可能です。
万が一、車体が電池切れとなった時も、ペダルを漕いで、目的地までたどり着くことができます。

②電動バイクモード
ハンドルにスロットルが付いていますので、バイクと同じような走行が可能。
スロットルを回すだけで軽快に走り出します。

③ハイブリッド走行モード
“自分の足”と“パワーユニット”の両方を使います。“パワーユニット”が“自分の足”をサポートする時、いままで味わったことのないスピード感を感じることができます。坂道では、“自分の足”と“パワーユニット”が互いに協力して上り坂も楽に移動することができます。

③の、「自分の足とパワーユニットの両方を使う」という部分にしびれますね!

glafitバイク GFR-01

http://glafit.com/product/glafit-bike/

モード詳細についてはこちらをご覧ください。

そして注意点もあるので気を付けよう!!!

※多数のお問い合わせをいただいた内容になりますので、こちらにも追記させていただきます。glafitバイクは、法律上は原付扱いとなりますのでご購入時には下記の点ご留意いただけますと幸いです。
1、ナンバー登録が必須です
2、自賠責保険への加入が必須です
3、ヘルメットの着用が必須です
4、第一種原動機付自転車を運転することができる免許の携帯が必須です
5、車道を走る必要があります

多数のお問い合わせがあったとあって、その注目度がわかりますね!!

購入を検討される方は頭に入れておくと、よいかもしれません。

glafit、気になるお値段は?予約開始はいつから??

さあ、この記事を読んでいるあなたも、この漕げるオートバイが少し気になってきたのではないでしょうか???

このglafit、全国のスーパーオートバックス店舗では10月2日より先行予約を開始し、11月末に販売を開始する予定です。

店頭販売価格は税込みで15万円です。

こちらでは先行予約ができるそうです
公式サイトはこちら

抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル、受付は8/21まで!

http://matome.response.jp/articles/676

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。

ホンダ モンキーが生産終了…。復活の可能性はあるか?

http://matome.response.jp/articles/228

ホンダの原付50ccバイク「モンキー」が2017年8月末に生産終了することが明らかになりました。こちらの記事では生産終了に至った経緯や、過去のモデルからモンキーの歴史を振ると共に今後のモンキー復活の可能性についてもまとめます。

関連するキーワード


バイク

関連する投稿


【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。


【祝】スーパーカブ1億台!「女々々々しくてチャレンジ!」に挑戦!

【祝】スーパーカブ1億台!「女々々々しくてチャレンジ!」に挑戦!

「原チャであそびつくせ!」というコンセプトのもと、「ゴールデンボンバー」とホンダがコラボした、「女々々々しくてチャレンジ」を2017年8月4日(金)から期間限定で公開中!我が編集部でも女々々々しくてチャレンジに挑みました!この機会に「々」を1億回PUSHしてみましょう!


旧車・絶版車好き必聴!?バイクの音を楽しむ「名車図鑑」に新作!

旧車・絶版車好き必聴!?バイクの音を楽しむ「名車図鑑」に新作!

JAFではホームページ内にて「バイクの音を楽しむ『名車図鑑』」というコンテンツを公開しています。2017年7月14日に、第2弾として2台のバイクが追加されました。追加されたモデルと共に、懐かしの旧車・名車の紹介をしています。


カワサキ、エストレヤ生産終了…6月1日よりファイナルエディション発売中!

カワサキ、エストレヤ生産終了…6月1日よりファイナルエディション発売中!

カワサキモータースジャパンは、トラディショナルシングル『エストレヤ』の生産終了を発表、ファイナルエディションを6月1日より発売します。2017年に生産終了するバイクは他にも様々。まとめてみました。


ホンダ新型レブル250/500のスペック・価格・インプレ・評価一覧!

ホンダ新型レブル250/500のスペック・価格・インプレ・評価一覧!

【5/23更新】2017年4月17日、ホンダから新型クルーザーモデル『レブル250』と『レブル500』が発売されました。こちらの記事では新型レブル250/500のスペック、カラー、価格、燃費、インプレ・試乗評価についてまとめています。


最新の投稿


メルセデスAMGの新型ハイパーカー『プロジェクト ワン』価格・パワートレイン

メルセデスAMGの新型ハイパーカー『プロジェクト ワン』価格・パワートレイン

メルセデスから販売予定のハイパーカー。メルセデスAMG新型「プロジェクトワン」、気になる最新情報についてまとめました。まだまだ謎のヴェールにつつまれている、「プロジェクト ワン」スペック・値段をまとめています。ブガッティシロンよりは少しばかりお手頃…のようです。


新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

環境に良くて燃費性能も高いハイブリッドカー。元々国内で販売されていたガソリンエンジン車にもハイブリッドタイプが続々と登場し、今では国内でかなりの台数が販売されています。今回は新車価格200万円以下のハイブリッドカーにスポットを当ててご紹介します。


【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

毎年、気になる新型やカッコイイ外車、ちょっとお高い高級車が販売されています。そして、道を走れば思わず見とれてしまう外車も多いです。そう。クルマ好きには誘惑が多いですよね。でも、やっぱり、自分の愛車が一番。そう思う方は多いでしょう。今回はそんな自分の車をこよなく愛する方、必見のアンケート調査を載せています。


【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

車が欲しくて新車はどれも高く、軽自動車もしくは中古車ならなんとかなるかもとお考えの方は多いと思います。しかし、調べると新車でも意外と買える新車はあるものです。そこで今回は車が欲しいけどお金が無いという方にオススメの200万円以下で買える新車をご紹介していきます。


【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。