発売は2018年か?新型SUV スバル、アセントに迫る!!

発売は2018年か?新型SUV スバル、アセントに迫る!!

SUBARU(スバル)は4月12日、米国で開幕したニューヨークモーターショー2017において、スバル『アセントSUVコンセプト』をワールドプレミアしました。今回はスバルの新型アセント情報についてまとめています。 ※6月6日更新しました


スバル、新型SUV アセント 初公開…2018年発売

SUBARU(スバル)はニューヨークモーターショー2017にて、スバル『アセントSUVコンセプト』をワールドプレミアしました。

アセントSUVコンセプトは、スバルが開発中の新型3列ミッドサイズSUVを示唆したコンセプトカー。

市販版の車名は、『アセント』に決定。

市販車をイメージしたデザインコンセプトカーが、アセントSUVコンセプトになります。

アセントSUVコンセプトは、スバル共通のデザインフィロソフィー「ダイナミック・ソリッド」の下で、3列シートSUVに求められるゆとりあるサイズ感を追求。

さらに、スバルらしい機能性を、内外装に提示しました。

市販車のアセントは、北米市場専用車種として、米国のスバル・オブ・インディアナ・オートモーティブで生産する予定です。

まずはスバル アセントの動画をご覧ください

SUBARU ASCENT SUV CONCEPT, 2017 New York International Auto Show | SUBARU

https://www.subaru-global.com/ms2017/newyork/

World Premiere of SUBARU ASCENT SUV CONCEPT at 2017 New York International Auto Show

新型アセント、日本では展開無し!?

アセントは、新型『インプレッサ』から導入された「スバル・グローバル・プラットフォーム」をベースに、スバル車共通のデザインコンセプト「ダイナミック×ソリッド」のテーマらしく、力強いSUV像を具現化しています。

特に、4輪駆動システムを強調するフェンダー、大型のグリルやアンダーガードが「真のSUVを表現する」としています。

ボディサイズは、全長5050mm(198.8インチ)×全幅1989mm(78.3インチ)×全高1838mm(72.4インチ)、ホイールベースが2972mm(117インチ)とかなり大型。

ちなみにですが、現在のところ日本での販売計画については触れられていません。

気になる!スバル・グローバル・プラットフォームって?

スバル(富士重)の次世代プラットフォーム。「スバルグローバルプラットフォーム」とのネーミングだが、その詳細はどうなっているのでしょうか。

2025年までの使用と電動化まで見据えた次世代プラットフォームが目指したのは「動的質感の向上」である。動的質感とは、スペックなどの数値に現れる性能だけではなく、スムースさや気持ちよさに現れるものだという。ステアリングやペダルの操作感、それに対する応答、クルマの動き、音などの違いで運転を楽に感じる部分だ。これは、数値化、可視化するのは難しく、例えば、ある操作に対する1/10秒の動きの違いだったりする。

スバルでは、従来からあるシミュレーションモデルによる設計に加え、1/1000秒単位で各部の動きを計測するセンサー、200点ものひずみ計測を実路、または専用開発したテストベンチでの測定・評価によって、動的質感を定量化・可視化しているという。体感する指標としては「まっすぐ走れる」「騒音・振動の抑制」「快適な乗り心地」を掲げた。目指すのは、「現行車両と同じ価格帯で欧州車のような動的質感を実現する」(大拔氏)こと。そして、これを実現するために、シャシー剛性の向上、さらなる低重心化、足回りの進化を進め、次世代プラットフォームでは、現行車両にくらべて70~100%の剛性アップを実現したという。

次世代プラットフォームが目指すもの

次世代プラットフォームは剛性アップと走行性能だけを考えたものではありません。

2025年までを見据えたというのは「それまでの車種、自動運転、電動化だけのことではなく、2025年までの衝突安全性能も見据えているということ」。

走行安定性、操縦性の向上は、危険回避や安定走行という面で安全にも寄与するのはもちろんですが、強化構造のフレーム、ホットプレスなど高強度材の最適化などで、衝突時の乗員保護、歩行者保護を徹底するといいます。

乗員保護では、より複雑な衝突シチュエーションへの対応がグローバルに求められています。

また、幼児から高齢者までさまざまな乗員を想定する必要もあります。

これは歩行者保護においても同様です。

スバルの試みとしては、すでにオブリーク衝突を前提とした衝突実験を行っています。

オブリーク衝突とは、クルマが斜めに角度がついた状態で、前方からクルマが突っ込んでくる形の衝突。

発表会で上映された実験映像では、大型SUV相当のクルマに衝突され後方に10メートル以上はじきとばされても、キャビンの空間は確保されていました。

次世代プラットフォームのすごさが改めて感じられます。

関連するキーワード


スバル アセント SUV

関連する投稿


【人気のコンパクトSUV徹底比較】トヨタC-HRとホンダ ヴェゼル!

【人気のコンパクトSUV徹底比較】トヨタC-HRとホンダ ヴェゼル!

コンパクトSUVは今や人気の高いボディタイプとなっています。トヨタのC-HRとホンダのヴェゼルもコンパクトサイズのSUVに分類され、ライバルと呼べる関係性です。今人気の両車の燃費、広さ、走行性能やエクステリア、インテリア、新車価格と中古車価格を徹底的に比較していきます。


VWから発表される新型コンパクトSUV「T-Roc」スペックや内外装は?

VWから発表される新型コンパクトSUV「T-Roc」スペックや内外装は?

フォルクスワーゲンから、コンパクトSUV「T-Roc」が2017年8月24日に発表されます。まだあまり実態が明らかにされていないコンパクトSUV、T-Rocについて最新情報を随時更新し、お届けします。


【一部改良】マツダのCX-3(CX3)完全網羅!価格・燃費・評価

【一部改良】マツダのCX-3(CX3)完全網羅!価格・燃費・評価

マツダのCX-3(CX3)、一部改良とガソリン車を追加して2017年7月に販売開始されました。気になる実際の評価や、燃費、価格、中古価格についてまとめました。CX-3が気になっている方、必見です。


【2017年最新版】国産&外車でオススメ・人気のコンパクトSUV10選!

【2017年最新版】国産&外車でオススメ・人気のコンパクトSUV10選!

近年、急激に販売台数を伸ばしているコンパクトSUV。続々と新型が発売され多くの方が車選びの際の選択肢のひとつにあげられるのではないでしょうか。 今や大人気のコンパクトSUVとは一体どんな車なのか、そしてどんな車種がおすすめなのか、今回はそこを皆様にお伝えしようと思います。


3列シート 7人乗りSUVの外車 おすすめ10選!人気車種詳細情報!

3列シート 7人乗りSUVの外車 おすすめ10選!人気車種詳細情報!

今、とても人気の高いSUV。国内でも多くのSUV車が販売されていますが、元々はアメリカが発祥であり、その後ヨーロッパや日本でも人気が出た車種です。今回はそんなSUVの中でも3列シートで7人乗りタイプのおすすめ輸入車をまとめてみました。


最新の投稿


メルセデスAMGの新型ハイパーカー『プロジェクト ワン』価格・パワートレイン

メルセデスAMGの新型ハイパーカー『プロジェクト ワン』価格・パワートレイン

メルセデスから販売予定のハイパーカー。メルセデスAMG新型「プロジェクトワン」、気になる最新情報についてまとめました。まだまだ謎のヴェールにつつまれている、「プロジェクト ワン」スペック・値段をまとめています。ブガッティシロンよりは少しばかりお手頃…のようです。


新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

新車価格200万円以下で買える!お得なハイブリッドカー10選!

環境に良くて燃費性能も高いハイブリッドカー。元々国内で販売されていたガソリンエンジン車にもハイブリッドタイプが続々と登場し、今では国内でかなりの台数が販売されています。今回は新車価格200万円以下のハイブリッドカーにスポットを当ててご紹介します。


【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

【アリ!?ナシ?!】愛車、15万キロ以上走行は?

毎年、気になる新型やカッコイイ外車、ちょっとお高い高級車が販売されています。そして、道を走れば思わず見とれてしまう外車も多いです。そう。クルマ好きには誘惑が多いですよね。でも、やっぱり、自分の愛車が一番。そう思う方は多いでしょう。今回はそんな自分の車をこよなく愛する方、必見のアンケート調査を載せています。


【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

【ボディタイプ別】新車価格200万円で買えるオススメ車種10選!

車が欲しくて新車はどれも高く、軽自動車もしくは中古車ならなんとかなるかもとお考えの方は多いと思います。しかし、調べると新車でも意外と買える新車はあるものです。そこで今回は車が欲しいけどお金が無いという方にオススメの200万円以下で買える新車をご紹介していきます。


【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

【本日最終日!】抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル!

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。