目次へ戻る

【SUV比較】ダイハツ ロッキーとトヨタ ライズ!おすすめはどっち?

【SUV比較】ダイハツ ロッキーとトヨタ ライズ!おすすめはどっち?

コンパクトSUVであるダイハツ ロッキーとトヨタ ライズは2019年11月5日に共に発売されました。ライズはロッキーの兄弟車になります。その売れ行きは好調。 フロント周りのエクステリアデザインや価格設定などにも違いがあり、どちらが買いなのか、正直わからなくなりますよね。本記事では2台の気になる小型SUVの兄弟対決について詳しく見ていきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツ ロッキー トヨタ ライズとは?

この2台は共に2019年11月5日に発売されたばかりのクルマです。

ダイハツが販売しているクルマが「ロッキー」、トヨタがOEM販売しているクルマが「ライズ」になります。

OEM販売とは、「Orrinal Equipment Manufacturning」を略した言葉になります。他社ブランドの商品を製造または販売することを指します。

ダイハツ ロッキーとトヨタ ライズがどのようなクルマなのかそれぞれ簡単にまとめていきます。

ダイハツ ロッキーとは?

ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー

2019年11月5日に発売されたコンパクトSUV「ロッキー」。キャッチフレーズは「新自由SUV」。コンパクトなサイズ感に、アウトドアも日常使いももってこいのSUVということで、まさに多くのユーザーに待たれていたクルマと言える一台。

5ナンバーに収まるお手頃なボディサイズで機能性が高く、フロントグリルからリヤバンパーまで4mを切った全長は、乗りやすさ抜群。

気取らず自然体なデザインは日常にも馴染みやすいデザインとなっています。

トヨタ ライズとは?

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

トヨタは、2019年11月5日に「ライズ」を発売しました。ライズは「SUVに乗りたい、荷物をたくさん積みたい、でも運転しやすいコンパクトなサイズがいい」というニーズに答えるカタチで実現しました。

全長も4メートル以下とコンパクトなサイズ設計。開発のコンセプトは「アクティブ・ユーズフル・コンパクト」。

普段使いでも乗りやすく、お子さんの習い事の送迎や週末のレジャーなど様々なシーンで大活躍しそうです。

そして、「ライズ」は、受注も当初の月販目標4100台の8倍の約3万2000台を受注しており、売れ行きも絶好調ですね。

トヨタ自動車は、新型SUV『ライズ』について、11月5日の発売から1か月にあたる12月4日時点で、月販目標(4100台)の約8倍となる約3万2000台を受注したと発表した。

購入者からは、5ナンバーサイズでありながらSUVらしい力強いスタイル、クラストップレベルの広々とした荷室・室内空間と多彩なユーティリティ収納スペース、駐車支援システムを含む最新のスマートアシストなどが好評点として挙げられている。

トヨタ ライズがかなり幸先のいい売れ行きでスタートをきっているようです。

5ナンバークラストップレベルともいわれている室内スペースやスマートアシスト機能などの充実が高評価を受けています。

ライズの方が元々の月間販売台数の設定も多めですし、これからどのように売れていくかも楽しみですね。

では、次は具体的にロッキーとライズの違いがどこにあるのかについて調べていきます。

ダイハツ ロッキー対トヨタ ライズ どこに違いがあるかを調査!

ダイハツ ロッキー トヨタ ライズ

ロッキーとライズの違いは「顔だけ」。ヘッドライトは同じもので、グリルやバンパーなど樹脂部品の形状の違いで、それぞれの個性を出している。

ダイハツ ロッキーとトヨタ ライズはフロント部分のフリルやフォグランプに違いはあるものの、リヤデザインはほぼ一緒にになります。

トヨタ RAV4の外観にもそっくりですよね。

その他にもこの2台の違いを3点に凝縮して簡単にまとめていきます。

・コネクティッドサービスの違い
・装備内容や価格が違う
・フロント部分の違い

では具体的にどの部分が違うのか見ていきましょう。

コネクティッドサービスが違う!

ダイハツ ロッキー

予防安全機能は最新のモノが搭載されています。新型タントに搭載されているスマートアシスト(全車速追従機能付きACC)とスマートパノラマパーキングアシストはこのモデルにも装着されています。

次世代スマートアシストとしてブラインドスポットモニターと、リアクロストラフィックアラートを新たに設置しています。

そして、「ロッキー」と「ライズ」はダイハツ・コネクトや、T-コネクトといった各社独自のコネクティッドサービスにも対応しています。

いずれもスマートフォンと連携が可能になっており、車載専用通信もモジュールも用意さえています。

事故対応サポートや故障対応サポートも受けられます。

そして、ロッキーのダイハツ コネクトにはパソコンやスマホで車両がどこにいるか確認できる「見守り隊」機能を持っているのですが、ライズのT-コネクトは車両盗難追跡機能のみで、ダイハツのようなサービスを受けようと思えば、オペレーターに依頼しないと使用できなくなっています。

ロッキーのコネクティッドサービスで特にオススメしたいサービスが、車内をWi-Fiスポットにできる「ダイハツWi-Fi」です。

3年間は月1GBまで無料になります。追加料金によりデータの増量も可能です。
・3GB/450円
・5GB/720円
・10GB/1000円~(月/税別)

スマホのパケット通信量を消費することなく、音楽配信サービスRを受信し使用できます。パソコンやタブレットを使用してインターネット接続も可能になります。

このサービスを展開しているのは、ロッキーのみになります。

装備内容や価格が違う!

ダイハツ ロッキー

パワートレインは、DNGAによって開発されたD-CVTも搭載されています。1リットターボエンジンを組み合わせることによって、軽快な加速性能を実現しています。

また、4WDモデルでは、様々なシーンで安定した走行が実現できるようダイナミックトルクコントロールを採用しています。

安全性能充実により、安定した走行が実現できてうれしい限りですね。

・ダイハツ ロッキーの価格:170万5000~242万2200円(月間目標2000台)
・トヨタ ライズの価格:167万9000~228万2200円(月間目標4100台)

製造はいずれもダイハツ滋賀工場になります。

フロント部分の違い

ダイハツ ロッキー

トヨタ ライズ

「ロッキー」と「ライズ」の違いは外観部分で、主にフロント部分の違いになります。

ダイハツ工業の大野亘彦エグゼクティブチーフエンジニアは、「力強く、アクティブな骨格を表現するデザインで、安心感を与える厚みのあるロアボディと踏ん張りのある大経タイヤと張り出したフェンダーや軽快感のあるキャビンで、力強さやアクティブさを表現している」と説明されています。

ヘッドライトはロッキーとライズで同じモノを使用しており、グリルやバンパーなど樹脂部品の形状の違いのみで、それぞれ個性を表現しています。

そして、「ロッキー」と「ライズ」の外観デザインの特徴のひとつとなっているのが大径タイヤになります。17インチのタイヤを採用しながら、5mの最小回転半径を実現しています。

小回りは抜群ですね。これは主婦層にとっては小回りが利くので嬉しいクルマになりますね。

オススメはダイハツのロッキーG 4WD!

ダイハツ ロッキー

オススメしたいのは、外観的デザインも考えて、ロッキーになります。

ロッキーの方がSUVらしいデザインになっています。

もちろん、好みは色々と分かれるでしょう。「ロッキー」と「ライズ」はほとんど違いはないので、多少の装備の違いなどや価格帯で選ぶ人も多いと思います。

そして、「ライズX」は自動ブレーキを含むスマートアシスト未装備になるので、遠慮しておきたいグレードになります。

これらを踏まえた上で、オススメしたいのは「ロッキーG 4WD」になります。

「ロッキーG 4WD」はディスプレオーディオとダイハツコネクト、車内Wi-Fiも込みになりますし、最新の機能搭載で嬉しい限りです。

さぁ、みなさんはどのグレードを選択されますか?

まとめ

ダイハツ ロッキー トヨタ ライズ

・ダイハツ ロッキー・トヨタ ライズは共に2019年11月5日に発売された兄弟車
・この2台の主な違いは外観のフロント部分
・価格帯はロッキーの方がやや高めの設定に
・オススメはロッキーG 4WD

色々と違いを見て来た結果ロッキーG 4WDが装備も整っており、外観も含めて一番オススメしたいクルマになります。

気になった方は、どちらのクルマも魅力的なコンパクトSUVになっていますので、チェックしてみてくださいね。

関連する投稿


【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。


トヨタ MIRAI(ミライ)初フルモデルチェンジ 発売は2020年秋?最新情報

トヨタ MIRAI(ミライ)初フルモデルチェンジ 発売は2020年秋?最新情報

トヨタの燃料電池車、MIRAI(ミライ)が今秋にフルモデルチェンジを控えていると言われています。MIRAI(ミライ)にとっては初のフルモデルチェンジということで、航続距離のアップや、価格などが気になりますね。本記事ではそんなトヨタのMIRAI(ミライ)最新情報についてまとめています。


【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

「このままで終われるか!」という覚悟の元に日産が約2年9カ月ぶりにデビューさせた新型コンパクトSUV『キックス』。いったい『キックス』はどんな車に仕上がっているのか?ライバルとの比較で明らかにします!


その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

レズバニから、ギリシャ神話最大の英雄の名を名付けられた最強カーが登場するとの情報が入ってきました。その名はヘラクレス。いったいどんな車に仕上がっているのか?注目が集まります。


今、中古車が熱い!トヨタのおすすめ中古車5選

今、中古車が熱い!トヨタのおすすめ中古車5選

2019年度の新車販売台数累計を見ても、上位の多くを占めるトヨタ車は、中古車市場においても高い人気を誇ります。その中でも特に人気の高いおすすめしたい車種の中古車を(前モデルも含めて)ご紹介します。


最新の投稿


AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

ARとは「拡張現実」VRとは「仮想現実」と呼ばれているもので、いずれもパソコンやスマホなどを使い仮想の世界をあたかも現実の世界にいるような体験ができる技術です。最近では車にもこの技術が使われ始めています。


ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

万が一のことを考えてドライブレコーダーを装着する車が増えてきましたが、前方だけのタイプの方もまだまだ多いようです。しかし、ドライブレコーダーを装着するなら是非前後に装着する事をおすすめします、今回はドライブレコーダーについて詳しくご説明していきます。


スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

日本国内での携帯電話の普及率はなんと100%を超えていると報告されています(総務省調べ)。もはや携帯なしでは生活に支障をきたすレベルです。そんな今、車の運転時に必要となってくるのがスマホホルダーです。今回は、スマホホルダーの使い方や注意点についてご紹介していきます。


カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

「カーエアコンが効かない!」とお悩みの方必見。夏が本格化する前に、カーエアコンの効きが悪い原因を確認から対処する方法をまとめました。ここ数年、地球温暖化による異常気象によって、日本各地で記録的な猛暑が記録されています。暑い中ではカークーラーが効かないのは、命取りになってしまいます。


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。