トップへ戻る

新型RAV4(ラヴフォー)最新情報まとめ 価格・中古車価格・内装ほか

新型RAV4(ラヴフォー)最新情報まとめ 価格・中古車価格・内装ほか

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年4月に日本復活しました。新型RAV4のデザインや、スペック、価格、発売後の試乗記や評価、口コミなどについて掲載しています。(※2020年7月更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


2019年4月10日、新型RAV4が発売

トヨタ RAV4 ハイブリッド現行モデル(海外)

トヨタ RAV4 ハイブリッド現行モデル(海外)

トヨタから、新型RAV4が2019年4月10日より日本発売されました。

RAV4(ラヴフォー)は、1994年に誕生したトヨタのクロスオーバーSUVです。

モノコック構造の乗用車をベースにし、今注目度の高いクロスオーバーSUVの元祖として世界で人気を博した世界戦略車になります。

RAV4のボディサイズはモデルチェンジを経て変化してきました。初代のRAV4は、日本でいう「5ナンバーサイズ」に収まるコンパクトサイズのクロスオーバーSUV。

しかし北米市場の要求などにより、モデルチェンジのたびにボディサイズの拡大が行われました。2代目以降は全て3ナンバー規格のボディサイズとなっています。主要市場の欧米においては他の同社製SUVと比較して、コンパクトなサイズとなっています。

このRAV4の人気は、後のホンダ『CR-V』や日産『エクストレイル』誕生のきっかけとなったとも言われています。

日産の本格SUV、エクストレイルに改良新型が登場

https://matome.response.jp/articles/766

ハイブリッドも完備の本格SUVと言えば。そう日産のエクストレイルです。 エクストレイルの価格・中古価格・燃費・ハイブリッド他についてまとめました。

2016年に日本生産終了、3年の時を経て2019年日本復活

トヨタ RAV4(2016)

トヨタ RAV4(2016)

世界中で販売台数を伸ばしたRAV4でしたが、後続勢に押されてしまう結果に。

2005年に発売された3代目RAV4を最後に、惜しまれつつも2016年に日本生産を終了しました。

RAV4の事実上の後継車は2016年に登場したコンパクトSUV・C-HRになります。

そのような背景があったからこそ、RAV4がフルモデルチェンジを経て日本復活するというニュースが流れた際には大きな話題となったのです。2019年にも登場すると言われていた通り、2019年に新型RAV4の国内販売が再開されました。

 
RAV4 基本情報・スペック表
ボディタイプ(全長×全幅×全高(mm)) 4,610〜4,600x1,855〜1,865x1,685〜1,690
ホイールベース(mm)2,690
エンジンスペック(mm) 【M20A-FKS(2.0L 4気筒エンジン)】
最高出力126kW(171PS)/ 6,600rpm
最大トルク:207N・m(21.1kgf・m)/ 4,800rpm
【A25A-FXS型(2.5L 4気筒エンジン、ハイブリッドモデルに搭載)】
最高出力131kW(178PS)/ 5,700rpm
最大トルク:221N・m(22.5kgf・m)/ 3,600〜5,200rpm
※新車情報は公式サイト調べ(2020年7月現在)

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

https://matome.response.jp/articles/587

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報をまとめています。

トヨタ 新型RAV4 外装(エクステリア)デザイン

トヨタRAV4 Adventure外装

トヨタRAV4 Adventure外装

トヨタRAV4 Adventure外装

トヨタRAV4 Adventure外装

トヨタRAV4 Adventure外装

トヨタRAV4 Adventure外装

トヨタRAV4 Adventure外装

トヨタRAV4 Adventure外装

トヨタRAV4 Adventure外装

トヨタRAV4 Adventure外装

トヨタRAV4 Adventure外装

トヨタRAV4 Adventure外装

トヨタ 新型RAV4 内装(インテリア)デザイン

トヨタRAV4 Adventure内装

トヨタRAV4 Adventure内装

トヨタRAV4 Adventure内装

トヨタRAV4 Adventure内装

トヨタRAV4 Adventure内装

トヨタRAV4 Adventure内装

トヨタRAV4 Adventure内装

トヨタRAV4 Adventure内装

トヨタ 新型RAV4 走行性能その① 新4WDシステムがとにかくすごい

トヨタがRAV4のために開発したシステムが「ダイナミックトルクベクタリングAWD」です。

これはなんだ、という人のために、説明すると、走行している状況に合わせて、前後のトルク配分、後輪トルクを左右独立で制御し、旋回するときに車の安定性を高めてくれる「トルクベクタリング機構」と、4輪駆動が不要な際に、プロペラシャフト前後で動力伝達を切断することで、燃費の向上を図る「ディスコネクト機構」を採用しています。

このシステムを端的に表すと、

トヨタ RAV4 | 特長 | トヨタ自動車WEBサイト

https://toyota.jp/rav4/feature/?padid=from_rav4_top_feature_2#ft-perf

トヨタ RAV4 の公式サイト。走行性能、スペース・収納、機能・装備、安全性能、コネクティッドサービスなどをご確認いただけます。

思い通りに曲がれる

燃費性能が高まる


というメリットがあるというわけです。

トヨタ 新型RAV4 走行性能その② マルチテレインセレクトがすごい

新型RAV4に搭載されている、マルチテレインセレクトがすごいです。

オフロード走行において、路面状況に応じた走行支援を3つのモード、(MUD&SAND/NORMAL/ROCK&DIRT)から選択できます。

路面状況に応じて、モードを選択することで、よりその路面状況に合った4WD性能を最大限に引き出します。

トヨタ 新型RAV4のスペックは?

RAV4現行(海外)

トヨタ 新型RAV4アドベンチャー基本スペック

駆動方式
4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)
4,610×1865×1690mm
車両重量
1,630kg
最大乗車定員
5名
燃費
WLTCモード15.2㎞/L
最小回転半径
5.7m
総排気量
1,986cc
最高出力
126(171)/6600rpm
最大トルク
207N・m(21.1㎏・m/4800rpm
燃料タンク容量
55L

(2020年2月現在公式サイト調べ)

トヨタ 新型RAV4の燃費は?

新型RAVのカタログ燃費は下記の通りとなっています。

■2.0Lガソリン車:WLTCモード燃費 15.2km/L(4WD)
■2.0Lガソリン車:WLTCモード燃費 15.8km/L(2WD)
■2.5Lハイブリッド車:WLTCモード燃費 20.6km/L(4WD)
■2.0Lガソリン車:WLTCモード燃費 21.4km/L(2WD)
※新車情報は公式サイト調べ(2020年7月現在)

SUVの燃費性能はどちらかというと低い傾向にあります。しかし当メディアの姉妹サイトにあたるe燃費の「クロカン・SUV 燃費ランキング」では7月時点でRAV4 ハイブリッドが実燃費17.44km/Lで7位を記録。SUVその中でもRAV4は健闘していると言えるでしょう。

燃費が気になる方はハイブリッドモデルを購入することをおすすめします。

e燃費 クロカン・SUV 燃費ランキング

トヨタ 新型RAV4の価格は?

トヨタ RAV4 新型

トヨタ RAV4 新型



Adventure
2,904,545円
G-Zpackege
3,100,000円
G
2,965,000円
X
2,415,000円
ハイブリッドG
3,535,000円
ハイブリッドX

2,965,000円

(2020年7月現在公式サイト調べ)

価格は消費税抜き

気になるのが、フルモデルチェンジした新型RAV4の価格ですよね。

エントリーモデルがXで、約240万円~という価格設定となっています。トヨタのSUVラインナップの中では、コンパクトSUVのライズよりも高く、ハリアーやランドクルーザープラドよりもややお求めやすい中堅の価格設定です。

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

トヨタ ラインナップ | トヨタ自動車WEBサイト

https://toyota.jp/carlineup/

トヨタブランドが誇る魅力的で多彩なカーラインナップ。お好みの車がきっと見つかるはず。

トヨタ 新型RAV4の中古車価格は?

トヨタ RAV4 新型

トヨタ RAV4 新型

2020年7月時点のresponse中古車における現行モデルの中古車価格相場を調べたところ、234.8万円〜497.7万円となっています。昨年発売されたばかりの現行モデルということもあり、中古車の相場価格も全体的に高めです。

トヨタ RAV4 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S147/

トヨタ RAV4の中古車を買うならレスポンス中古車。気になる方はこちらをご覧下さい。

【最新情報】トヨタの新型RAV4 PHVモデルが登場か

トヨタ RAV4 プライム 新型

トヨタ RAV4 プライム 新型

トヨタ自動車の米国部門は2月3日、米国で2月6日に開幕するシカゴモーターショー2020に、新型『RAV4』のプラグインハイブリッド車(PHV)、『RAV4プライム』(Toyota RAV4 Prime)を出展しました。RAV4にPHVが設定されるのは、今回が初めてのこと。また、日本での発売は2020年6月頃と言われています。

そしてRAV4のPHVモデルは既に発売を開始。予定通り日本では6月8日、米国では7月1日に発売されたばかりですが、どうやら日本国内では搭載されるバッテリーの生産能力が注文数を超えてしまったようで、注文が一時停止中となっています。

『プリウス』のPHVは、すでに米国市場に『プリウス・プライム』の車名で投入されており、新型RAV4のPHVもこれに倣い、RAV4プライムの車名で米国市場へ投入されます。

 

RAV4 PHV 基本情報・スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高(mm))4,600x1,855x1,690〜1,695
ホイールベース(mm)2,690
燃費 ハイブリッド走行時:22.2km/L(WLTCモード)
充電電力使用時走行距離:95
新車価格 G:税込4,263,636円
G"Z":4,536,364円
BLACK TONE:4,900,000円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年7月現在)

価格は消費税抜き

トヨタ RAV4 新型、初のPHV出展へ…シカゴモーターショー2020 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2020/02/05/331408.html

◆専用デザインの内外装 ◆PHVシステム全体で302hpのパワー ◆EVモードは最大63km

まとめ

トヨタ RAV4 新型

トヨタ RAV4 新型

いかがでしたか。

発売されて以降、高い人気を誇るRAV4についてご紹介しました。PHVモデルも登場し、RAV4旋風はまだまだ続きそうです。

新型RAV4の最新情報はこちら

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 RAV4 SUV

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。