目次へ戻る

トヨタ 新型RAV4が日本復活!?デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が日本復活!?デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年に噂されているフルモデルチェンジを機に、日本での販売が復活する可能性が出てきました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。


3年振りに日本復活か!?トヨタのクロスオーバーSUV「RAV4」

トヨタ RAV4 ハイブリッド現行モデル(海外)

RAV4(ラヴフォー)は、1994年に誕生したトヨタのクロスオーバーSUVです。

モノコック構造の乗用車をベースにし、今注目度の高いクロスオーバーSUVの元祖として世界で人気を博した世界戦略車です。

初代のRAV4は、日本でいう「5ナンバーサイズ」に収まるコンパクトサイズのクロスオーバーSUVだったものの、北米市場の要求などにより、モデルチェンジのたびにボディサイズを拡大し、2代目以降は3ナンバーサイズになりました。

主要市場の欧米においては他の同社製SUVと比較して、コンパクトなサイズとなっています。

このRAV4の人気は、後のホンダ『CR-V』や日産『エクストレイル』誕生のきっかけとなったとも言われています。

日産の本格SUV、エクストレイルに改良新型が登場

https://matome.response.jp/articles/766

ハイブリッドも完備の本格SUVと言えば。そう日産のエクストレイルです。 エクストレイルの価格・中古価格・燃費・ハイブリッド他についてまとめました。

2016年に日本生産終了、しかし3年の時を経て2019年日本国内で復活か!?

世界中で販売台数を伸ばしたRAV4でしたが、後続勢に押されてしまう結果に。

2005年に発売された3代目RAV4を最後に、惜しまれつつも2016年に日本生産を終了しました。

RAV4の事実上の後継車は2016年に登場したコンパクトSUV・C-HRになります。

そんな中、RAV4がフルモデルチェンジを経て日本復活する!?というニュースが飛び込んできました。2019年にも登場すると言われているRAV4の次期型で、日本市場でも復活する可能性がある、とのことです。

今回は、日本市場復活の期待を込めて、RAV4新型の最新情報を見ていきたいと思います。

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

https://matome.response.jp/articles/587

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報をまとめています。

トヨタ 新型RAV4 予想されるエクステリアデザイン!

トヨタ RAV4 が3年ぶりに日本市場に復活する?画像は予想CG

現行RAV4(海外)

海外からの情報を元にレスポンスの兄弟サイトSpyder7では、期待を込めた予想CGを制作しました。

このCGを見るに、RAV4新型の外観は、先代に比べてシャープな印象になりフロントマスクを中心に大きく変更されていることがわかります。

フロントグリルや大きな開口部が特徴のバンパー、LEDヘッドライトなどで、表情を一新しています。

また、耐久性のあるオーバーフェンダーやロッカーパネルガードが採用されており、SUVらしくよりアクティブで押し出し感のあるデザインに進化しています。

RAV4のインテリア 快適かつ走りを楽しめる仕様

RAV4現行(海外)

RV4新型のインテリアについてはまだ詳細が出ておりません。そのため現行モデルについて見ていきたいと思います。

RAV4のインテリア・内装で特に評価されていたのが、「荷室サイドレバー」です。

この荷室サイドレバーを使用することで、荷室側からでもシートを倒すことができて普段使いにとても便利です。

このあたりの仕様が次期型にも引き継がれるのか、気になるところです。

トヨタ 新型RAV4のエンジン・スペックはどうなる?

RAV4現行(海外)

RAV4の次期型では『プリウス』などに採用されている「TNGA」プラットフォームを採用すると見られています。

また、パワートレインは、新型『カムリ』にも搭載されたA25A型、直列4気筒ガソリンエンジン「Dynamic Force Engine」やハイブリッドモデルが有力だと言われています。

TNGAプラットフォーム

トヨタの次世代プラットフォーム「TNGA」とは、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの頭文字をとった略称で、プラットフォームの名称そのものを指す訳ではなく、プラットフォームを根幹とした車両作りの開発方針・開発手法です。

【参考】カムリ新型 スペック

 
【トヨタ カムリ新型】 スペック表
燃費JC08モード:28.4km/L
エンジンタイプA25A-FXS
エンジン種類直列4気筒
総排気量2.487L
最高出力(kW(PS)/rpm)131(178)/5,700
最大トルク(N・m/rpm)221(22.5)/3,600 ~ 5,200
タンク容量 50L
駆動方式前輪駆動方式
トランスミッション電気式無段変速機
※トヨタ カムリ新型 Gグレード参照

カー・オブ・ザ・イヤーの大本命!?トヨタのカムリ最新情報 試乗感想他

https://matome.response.jp/articles/1006

日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーにも選ばれているトヨタの新型カムリ。1980年にセリカのセダン版として販売されたカムリですが、この度2017年7月よりフルモデルチェンジを経て10代目が販売開始しました。

また現行モデルは、7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを採用ししていて、変速が素早く行え、マニュアル感での運転を大切にしているクルマとなっています。

【参考値】新型RAV4、燃費は?

RAV4、北米仕様 ハイブリッド

海外の現行RAV4の燃費については、米トヨタでの公式な燃費の発表や資料を見つける事は出来ませんでしたが、日本で販売されていた型式(ACA36W)はJC08モード燃費で12.2 km/L。

また、欧州では欧州仕様の初公開と同時に、環境性能を公表していて、RAV4ハイブリッドの欧州複合モード燃費は20.4km/リットル、CO2排出量は115g/kmとされています。

一方、新型RAV4新型に採用されるのではと噂される、A25A型エンジン(新型カムリに採用)は、JC08モード燃費28.4km/Lとトヨタの公式サイトに記載がありますので、おそらく同程度の燃費になってくるのではないか予測されます。

トヨタ RAV4(2代目)

トヨタ 新型RAV4の価格は?

トヨタ RAV4(3代目)

 
RAV4 価格
価格LE$ 24,410
XLE$ 25,500
XLE Hybrid$ 29,030

気になるのが、フルモデルチェンジした新型RAV4の価格ですよね。

現行RAV4(海外)の価格は上記の通りです。日本円ですと、約280万円~330万円ほどの金額です。(11月14日現在)

2019年に販売予定の新型RAV4も、同程度の価格帯の、290万円~350万円あたりに落ち着くのではないでしょうか。

現行・4代目モデルのRAV4 中古価格で手に入れるならいくら??

4代目となる現行モデルの中古車価格は、マイナーチェンジが施された2015年以降の年式のもので、およそ150万円~230万円。

2000年代のものは30万円~150万円ほどです。

2000年代~以前の旧型のモデルを手に入れたい!という方は30万円台からでもあるようなのでぜひ下記URLを参考にしてください。

トヨタ RAV4 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S147/

トヨタ RAV4の中古車を買うならレスポンス中古車。気になる方はこちらをご覧下さい。

トヨタの新型RAV4!最新情報は随時更新!

トヨタ RAV4 1996年モデル(初代)

いかがでしたか。

復活が待ち遠しいトヨタの新型RAV4。

今後の日本導入についての情報・新型の情報は随時更新予定です!

トヨタ RAV4のスペック、価格やデザインは?詳細情報一覧

https://matome.response.jp/articles/936

トヨタで生産されているクロスオーバーSUVで、現在は日本では販売しておらずヨーロッパを中心に販売されている世界戦略車です。海外で販売されているRAV4について見ていきます。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 SUV RAV4

関連する投稿


トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエースが生誕50周年を迎えました。そしてハイエースおよびレジアスエースを一部改良、12月1日から販売開始予定です。今回の一部改良で、どういった点が変更になるのでしょうか。改めて見ていきたいと思います。


子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

スライドドアはミニバンだけ…。なんて思っている人いませんか?今では軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広いです。値段も大抵は200万以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


日本が誇る低燃費!トヨタ アクアがマイチェン!燃費・性能・評価は

日本が誇る低燃費!トヨタ アクアがマイチェン!燃費・性能・評価は

低燃費なコンパクトカーとして人気が高い、トヨタのアクア。6月にマイナーチェンジを行いました。そして11月、特別仕様車も登場しています。今回は改めて、アクアの性能・スペック・燃費・価格・中古価格についても見ていきます。


トヨタのハリアーが6月にマイチェン!ターボ車を新設定・試乗感想は?

トヨタのハリアーが6月にマイチェン!ターボ車を新設定・試乗感想は?

トヨタのクロスオーバーSUV、ハリアーが6月にマイナーチェンジを経て新たに発売されました。マイチェンで、2.0L直噴ターボエンジン8AR-FTS型を搭載したターボ車を新設定。また、Toyota Safety Sense Pを標準装備するなど進化を遂げています。今回はこの新型ハリアーについてまとめています。


カー・オブ・ザ・イヤーの大本命!?トヨタのカムリ最新情報 試乗感想他

カー・オブ・ザ・イヤーの大本命!?トヨタのカムリ最新情報 試乗感想他

日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーにも選ばれているトヨタの新型カムリ。1980年にセリカのセダン版として販売されたカムリですが、この度2017年7月よりフルモデルチェンジを経て10代目が販売開始しました。カムリの魅力とはいったい何か。改めてカムリの評価・評判・性能・燃費・試乗感想などについてまとめています。


最新の投稿


マツダ アクセラスポーツの情報一覧!価格やスペック評価を完全網羅!

マツダ アクセラスポーツの情報一覧!価格やスペック評価を完全網羅!

マツダ独自の技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)」とデザインコンセプト「魂動(こどう)」を採用したCセグメントハッチバックのマツダアクセラスポーツ。アクセラはセダンもありますが今回はスポーツの方にスポットを当てて、基本スペックや価格、ユーザーの口コミ評価などを合わせて詳しくご紹介していきます。


日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

自動車で行くほどではないけど、歩くのはちょっと遠い…という距離の移動など気軽なチョイ乗りで活用できる折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』。日本初の折り畳み可能なコンパクト原付スクーターを詳しく紹介していきたいと思います!!


マツダの人気コンパクト、デミオ!スペック、価格、評価など一挙掲載!

マツダの人気コンパクト、デミオ!スペック、価格、評価など一挙掲載!

人を魅了するデザインと質感を持ち、さらに軽やかで素晴らしい走行性能で大人気のマツダデミオ。一体どのような車でなぜ人気なのか、スペックや新車・中古車価格、燃費性能やユーザーの口コミ評価までじっくりと見ていきたいと思いますので、デミオが気になる方は是非参考にしてみてください。


マツダ アテンザセダンの評価や中古車価格は?他スペック、燃費など網羅!

マツダ アテンザセダンの評価や中古車価格は?他スペック、燃費など網羅!

2002年に発売が開始されたマツダのアテンザ。2度のフルモデルチェンジを経て現行モデルに至ります。アテンザのボディタイプにはセダンとワゴン(スポーツワゴン)の2種類が設定されています。本記事ではアテンザセダンの方に注目し、スペックや価格、ユーザー評価まで様々な視点から魅力をお伝えしていきます。


トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエースが生誕50周年を迎えました。そしてハイエースおよびレジアスエースを一部改良、12月1日から販売開始予定です。今回の一部改良で、どういった点が変更になるのでしょうか。改めて見ていきたいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング