トップへ戻る

トヨタのRAV4 おすすめグレード アドベンチャー! 価格・内装・燃費ほか

トヨタのRAV4 おすすめグレード アドベンチャー! 価格・内装・燃費ほか

トヨタの人気SUV、RAV4。その中でも人気・おすすめのアドベンチャーグレードについて焦点を当ててまとめました。RAV4アドベンチャーの価格、試乗記、内装の画像、中古車情報、燃費情報ほか。RAV4のアドベンチャーを購入検討している方はぜひ本記事をご覧ください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタのRAV4 アドベンチャー最新情報

トヨタ RAV4 アドベンチャー

トヨタ RAV4 アドベンチャー

トヨタのRAV4とは?

トヨタ RAV4 アドベンチャー

トヨタ RAV4 アドベンチャー

トヨタの新型RAV4。5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして1994年より発売されました。2代目以降日本国内販売はなかったものの、昨今のSUV人気により、5代目新型RAV4は見事国内復活を果たしてます。

おすすめグレードは「Adventure(アドベンチャー)」?

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)エクステリア(外装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)エクステリア画像

【参考】RAV4他グレードのエクステリア画像

【参考】RAV4他グレードのエクステリア画像

このRAV4。おすすめグレードはずばりアドベンチャーです。

アドベンチャーには、専用デザインのフロントグリル、フロントバンパーなどが装備され、RAV4の迫力が増すスタイリングにできることが最大の特徴です。

アルミホイールには「切削光輝+ブラック+マットクリア」塗装の施されている専用デザインのホイールが使用されます。

オフロードを楽しみたい、SUVらしいSUVが欲しい、アウトドアを楽しみたい、一番押し出し感のあるデザインにしたい。といった方にとって「アドベンチャー」はベストな選択です。

本記事ではそんなRAV4のアドベンチャーグレードについて見ていきます。

トヨタ RAV4 アドベンチャースペック(燃費・ボディサイズ・ホイールベース)

 
トヨタ RAV4 アドベンチャー 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式4WD
ボディサイズ 全長×全幅×全高(ホイールベース)4,610×1,865×1,690mm(2,690mm)
車両重量1,630kg
最大乗車定員5名
燃費WLTCモード:15.2km/L
最小回転半径5.7m
総排気量1.986cc
最高出力126kW (171PS)/ 6,600rpm
最大トルク207N・m (21.1kg・m)/ 4,800rpm
燃料タンク容量55L
新車価格3,195,500円

トヨタ RAV4 アドベンチャー 新車価格は?

アドベンチャーの価格は3,195,500円です。

RAV4の中では、エントリーグレードであるXグレードの次に手ごろな価格となっています。

 
トヨタ RAV4 グレード別新車価格(2019年12月現在)
Adventure3,195,500円
G“Z package” 3,410,000円
G3,261,500円
X2,656,500円〜
HYBRID G3,888,500円
HYBRID X3,261,500円〜

トヨタ RAV4 アドベンチャー 中古価格は?

気になる中古車価格ですが、RAV4新型は2019年4月に発売されたばかりであるほか、アドベンチャーグレードは中古車市場でも人気が高いようで、あまり値下がりしていないようです。

トヨタ RAV4 中古車市場:約300万円~400万円

トヨタ RAV4 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S147/

トヨタ RAV4の中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

トヨタ RAV4 アドベンチャー インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)インテリア(内装)画像

トヨタ RAV4 アドベンチャー エクステリア(外装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)エクステリア(外装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)エクステリア(外装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)エクステリア(外装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)エクステリア(外装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)エクステリア(外装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)エクステリア(外装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)エクステリア(外装)画像

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)エクステリア(外装)画像

トヨタ RAV4 アドベンチャー 試乗記・評価・レビューは

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)

カーブ時も軽快な走り

カーブを曲がる時の挙動は、高重心のSUVとしては軽快だ。峠道でもボディの揺り返しが少ない。アドベンチャーとG・Zパッケージには、ダイナミックトルクベクタリングAWDが備わる。カーブを曲がる時に、外側に位置する後輪の駆動力を高め、車両の進行方向を積極的に内側へ向ける。この機能は未舗装路でも有効に働いて、旋回軌跡が拡大しにくい。

ベストグレードはアドベンチャー

ハイブリッドは2リットルに比べてエンジンの回転感覚が少し粗く、アクセルペダルを踏み増した時のノイズも若干耳障りだ。その代わり排気量が2.5リットルだから動力性能は高い。E-Fourは後輪を駆動するモーターに余裕を持たせ、車両の向きを変えやすい。開発者は「後輪のモーターの駆動力を高めるため、ノーマルエンジンが2リットルなのにハイブリッドは2.5リットルにした」という。

それでもRAV4の魅力は、軽快に走る2リットルだろう。ハイブリッドはボディの重さを意識させ、走行安定性も若干下がる。後席の下に駆動用電池を搭載するから、座面の柔軟性も少し低く、座った時に底付き感が生じる。またハイブリッドの価格は、排気量の拡大もあり、2リットルよりも61万円少々高い。

ベストグレードは2リットルのアドベンチャー(313万7400円)で、予算を抑えるならXの4WD(283万5000円)も推奨できる。

アドベンチャーの乗り心地が良すぎる

ただ、ガソリン車であるアドベンチャーで感じたあの包み込み感はない。ハイブリッドシステムを積んでいる分、重心が低くて上半分と下半分の重さの違いからくる違和感(?)があるというか、なんかサスペンションがうまく沈まないというかでしっくりこない。というか、アドベンチャーの乗り心地がよすぎるので、それを期待していると肩透かしを食らうのである。

最後に

本記事では、トヨタの人気SUV、RAV4新型の中でも、おすすめ・人気と言われるアドベンチャーグレードに焦点を当ててご紹介しました。

走りを追求したい人、押し出し感のある外装を楽しみたい人であればRAV4アドベンチャーはおすすめです。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 RAV4 SUV

関連する投稿


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


四駆ってなに?!四駆の基本とその種類、おすすめ車種までご紹介

四駆ってなに?!四駆の基本とその種類、おすすめ車種までご紹介

流行のSUVだけでなく、乗用車でも様々な車種に設定が増えてきている四輪駆動。四駆(ヨンク)などと呼ばれ、その呼び名にはなんとなく勇ましいイメージがありますが、現在ではいろんな種類の四駆が存在することはあまり知られていないかもしれません。この記事では、様々な四駆の種類と、おすすめの車種を一緒に紹介していきます。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。