トップへ戻る

【最新版】2020年発売が予測される 国産の新型SUV情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される 国産の新型SUV情報まとめ

群雄割拠の自動車業界、とりわけSUVが熱いです。2020年はどんなSUVの新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのか。本記事ではSUVに焦点を当て、2020年に発売が予測・期待されるSUVの新車・新型車最新情報をまとめています!国産車編です。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【最新版】2020年発売が予測される新型SUV情報まとめ

群雄割拠の自動車業界、とりわけSUVが熱いです。2020年はどんなSUVの新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのか。本記事ではSUVに焦点を当て、2020年に発売が予測・期待されるSUVの新車・新型車最新情報をまとめています!

【国産車】2020年発売が予測・期待されるSUV 新型車・モデルチェンジ&新車情報

トヨタ Tjクルーザー

トヨタ Tjクルーザー

トヨタ Tjクルーザー

トヨタ Tjクルーザー

トヨタ Tjクルーザー

トヨタ Tjクルーザー

トヨタ Tjクルーザー

スライドドア付きのSUV、トヨタのTjクルーザーが2020年に発売予定です。Tjクルーザーは2017年の東京モータショーで世界初公開となったコンセプトカーで、SUVの迫力とミニバンの実用性が融合した新世代クロスオーバー。

ボディサイズは、トヨタのSUV、『C-HR』よりホイールベースが100mm以上長く、全高は1620mmと70mm高くなる模様。

また、パワートレインは、2.0リットル直列4気筒+電気モーターの「マルチステージTHS II」ハイブリッドシステムが予想され、最高出力は160ps程度となると見られています。

駆動方式はFFと4WDが設定される予定。

…と囁かれていましたが、2月の時点で、発売はないとのことです。とても残念です。

トヨタ ハリアー新型

トヨタ ハリアー 新型 予想CG

トヨタ ハリアー 新型 予想CG

現行ハリアー

現行ハリアー

世界的にSUVは、クーペスタイルが潮流となっていますが、この流れに乗って2020年のモデルチェンジするのがトヨタの人気SUV、ハリアーです。

新型ハリアーは、新世代「TNGA」(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)に基づく「GA-K」プラットフォームを採用するほか、3列7人乗りが設定される可能性も。

発売日などはまだ未定ですが、2020年6月が有力視されています。

トヨタ ランドクルーザー新型

トヨタ ランドクルーザー 次期型 予想CG

トヨタ ランドクルーザー 次期型 予想CG

トヨタ・ランドクルーザー現行

トヨタ・ランドクルーザー現行

トヨタの大型SUV、ランドクルーザーですが、2020年にフルモデルチェンジするのではないかと言われています。現行モデルは2007年に発売されているので、もうそろそろと見ても問題ないでしょう。

パワートレインに関しては、いくつかの情報があります。

一つは、3.5リットルV型6気筒、あるいはV型8気筒ツインターボディーゼルエンジンの設定。もう一つは、レクサス『LS』から流用される3.5リットルV型6気筒ツインターボエンジン、及びマルチステージハイブリッドシステム。

ただし、ディーゼルとハイブリッドの同時ラインアップより、後者のみの設定の可能性が強くなっています。

トヨタ ランドクルーザープラド新型

写真は現行ランドクルーザープラド

写真は現行ランドクルーザープラド

2017年にマイナーチェンジが行われたランドクルーザープラド。

ランドクルーザーを一回り小さくしたSUVです。

このプラドもフルモデルチェンジを2020年に控えているのではないかと言われています。

基本的に、プラドは7年周期でフルモデルチェンジを行っているのですが、前回のフルモデルチェンジが行われたのは2009年。そのため、ランドクルーザーと同様に、フルモデルチェンジが行われるのではないかと見られています。

トヨタ RAV4プライム新型(PHV)

トヨタ RAV4 プライム 新型

トヨタ RAV4 プライム 新型

トヨタ RAV4 プライム 新型

トヨタ RAV4 プライム 新型

トヨタ RAV4 プライム 新型

トヨタ RAV4 プライム 新型

トヨタ自動車の米国部門は、「RAV4」のプラグインハイブリッド車(PHV)、『RAV4プライム』(Toyota RAV4 Prime)をロサンゼルスモーターショー2019で初公開しました。

RAV4にPHVが設定されるのは、今回が初めてのこと。

「プリウス」のPHVは、すでに米国市場に『プリウス・プライム』の車名で投入されています。

新型RAV4のPHVもこれに倣い、RAV4プライムの車名で米国市場へ投入される予定です。

日本でもおそらく2020年~には投入されるのではないでしょうか。

二次電池は、大容量のリチウムイオンバッテリーだ。このバッテリーを床下に搭載することにより、新型RAV4と同様の室内空間を確保した。また、低重心化により走行安定性の向上にも貢献するという。

EVモードでは、最大62kmをゼロエミッション走行できる。この効果で、米国EPA(環境保護局)燃費性能は90MPGeを達成する見通しだ。トヨタによると、RAV4史上、最も燃費性能に優れるという。

プリウスPHV同様、「ヒートポンプオートエアコン」をRAV4 プライム向けに最適化して搭載した。高効率な電力消費を実現するなど、PHVに求められる高い環境性能を追求する。また、大容量バッテリーの利点を生かして、災害時に役立てるよう、駆動用電池に蓄えた電力を最大1500Wの出力で家電などへ供給できる外部給電機能を採用している。

ホンダ ヴェゼル新型

ホンダ ヴェゼル 次期型 予想CG

ホンダ ヴェゼル 次期型 予想CG

ホンダ・ヴェゼルツーリング(現行モデル)

ホンダ・ヴェゼルツーリング(現行モデル)

ホンダ・ヴェゼルツーリング(現行モデル)

ホンダ・ヴェゼルツーリング(現行モデル)

ホンダの人気SUV、『ヴェゼル』。

このヴェゼル次期型に関する情報を入手しました。

次期型ヴェゼルの注目はパワートレイン。1.5リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンのほか、ハイブリッドモデルは現行モデルの1モーター式「i-DCD」に代わり、2モーター式の「i-MMD」高性能ハイブリッドモデルをラインアップすると見られています。

電気モーターがメインとなりスムーズな加速と低燃費を実現するとのこと。

ヴェゼル次期型のワールドプレミアは2020年後半と予想されています。またPHEVは遅れて2021年以降の登場となるのではないかと言われています。

レクサス 新型LX

レクサス LX 570

※写真はレクサス LX 570

レクサスが、米特許庁に『LX600』の車名を登録したことが発覚、フラッグシップ・クロスオーバーSUV『LX』に設定される新エンジンの可能性があることが明らかになっています。

仮に「LX600」が誕生するとなると「LX570」を超える高性能モデルになることが予想されます。

また、ハイブリッドモデルの可能性も示唆されています。

同社のフラッグシップ・セダン『LS500h』は、3.5リットルV型6気筒ツインターボチャージャーのマルチステージハイブリッドを搭載していますが、このエンジンをLXにて提供する可能性があるとのこと。

2020年秋ごろには、新型LXの姿を見ることができるのではないでしょうか。

日産 新型エクストレイル

日産 エクストレイル 次期型(予想CG)

日産 エクストレイル 次期型(予想CG)

日産三菱連合が開発を進めるミドルサイズSUV、『エクストレイル』新型。

2020年にフルモデルチェンジを控えており、2020年夏以降にはワールドプレミアが行われるとのことです。

エクストレイル新型は、三菱『アウトランダー』新型とプラットフォームを共有し兄弟モデルになります。

注目のパワートレインは、往来の内燃機関エンジンの他、新世代パワートレイン「e-POWER」の搭載が濃厚です。

最後に

本記事では、2020年に発売が予想される新型のSUV(国産車)をまとめてご紹介しました。

貴方の気になるSUVはありましたか?

2020年発売の新型車・新車情報をもっと知りたい方はこちら

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。