目次へ戻る

トヨタ ランドクルーザープラド エクステリアから走行性能まで解説!

トヨタ ランドクルーザープラド エクステリアから走行性能まで解説!

トヨタのランドクルーザーと言えば、世界を代表するようなオフロード走破性に優れた名車だ。今回はそんなランドクルーザーを兄と呼ぶランドクルーザープラドについて詳しくまとめた。


トヨタランドクルーザープラドとはどんな車?

主な特徴

ランドクルーザープラドは世代が新しくなるたびにその性能を大きく伸ばして来た。ランドクルーザーシリーズの中でも重量の見直しがされ、オフロード性能が充実したものとなっている。頼れるボディと卓越した本格四駆の性能を搭載していながら都会の道でも軽やかな走りを楽しめるのだ。

日本のみならず、世界中のあらゆる環境のもとでも、変わらない安定性と信頼を誇るランドクルーザープラド。この車ならではの爽快感あるドライビングをもたらす、まさに”命の賭けることができるクルマ”にふさわしい一台といえる。

美しく、バリエーションのあるエクステリアデザイン

ランドクルーザープラドの魅力の一つとも言えるのがボデイカラーの多彩さだ。ブラック、ホワイトパールクリスタルシャインといった大人に似合うカラーリングからダークブルーマイカ、ダークグリーンマイカなどのひとクセある色合いが唯一無二の存在感をアピールしてくれるものまでボディ9色を展開。

ボディのカラーに合わせてシートなどの内装のチェンジも可能。ドライブの楽しみをもう一度思い起こさせてくれる仕様となっている。

e燃費アワードで表彰された強者

ランドクルーザープラドに関して燃費に関することは外せない重要事項だ。車体の重さと多くの機能を搭載していることから”燃費は決してよくは無い”イメージを持たれがちのタイプだが、改良・研究が重ねられた結果第11回目のe燃費アワード「燃費達成率部門」においてトップとなっているのだ。

ランドクルーザープラドは山道などの悪路でも比較的平坦で滑らかな走りが可能だ。ボディの軽量化やトヨタの技術を結集し、より乗用車に近い走りを実現したことで11.0km/リットルを可能としている。環境への配慮もなされているため、心置きなく快適なドライビングを楽しむことができそうだ。

優れた2種のエンジンと6 Super ECT

ランドクルーザープラドに搭載されている『直4 2.8L 1GD-FTV(ディーゼルエンジン)』はパワフルで軽やかな走行を可能とした。排出されるガスのクリーン機能も備えていることも特徴であり、『直4 2.7L 2TR-FEエンジン』はパワーと環境性能そして快適なドライビング操作などあらゆる点において秀でたものとなっている。

完成された機能によりスムーズな加速が可能になっている。ランドクルーザープラドでは6 Super ECT機能も見逃せない。優秀なエンジン性能を余すことなく発揮し、滑らかな走りを実現する6 Super ECTがあればこそプラドならではの魅力が光るのだ。

トヨタランドクルーザープラドの車内空間を紹介!

シートがとにかく座り易い!

トヨタのランドクルーザープラドは5人乗りと7人乗りのモデルが存在し、サードシートまですべてが本革仕様となっている。サードシートが装備されていることからも一目瞭然だが、車内スペースは非常に広い空間なのだ。

シートを含む内装色のカラーはブラックとフラクセンが採用されていて、ボディカラーによって内装色も変わる。たとえばスーパーホワイトはフラクセン、シルバーメタリックはブラックが標準設定となっている。購入の際は内装色もチェックしておくと良いだろう。

インテリアも美しく、実用性の高い造りに!

スーパーUVカットガラスとTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを採用したランドクルーザープラドのインテリアは、単におしゃれなだけではなく快適に過ごせるように配慮されている。

フロントガラスに採用されたスーパーUVカットガラスは99パーセントもの紫外線をシャットアウトし、強烈な直射日光による肌へのダメージを緩和してくれる。そしてTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイでは、燃費情報や航続可能距離などを直感的に把握することができるのだ。

ラゲッジスペースは文句なしの広さ

ランドクルーザープラドは広い車内スペースをフルに生かした、ラゲッジスペースの機能性も大きな魅力の一つとなっている。18の収納スペースを誇り、持ち物の種類によって余裕で分けてしまうことができる上、4つのシートアレンジを活用すれば大きな荷物であっても積み込めるようになる。

バックドアガラスハッチはわざわざバックドアを開くことなく荷物を出し入れすることが可能だ。さらにランドクルーザープラドの形状は、バックドアを開く際のスペースが不要になっている点も見逃せない。

その他の快適性能も充実!!

ランドクルーザープラドにはいくつものハイクオリティな快適性能が備えてあるが、特に快適温熱シートやオプティトロンメーター、左右独立温度コントロールフルオートエアコンあたりには注目しておきたいところだ。

運転席と助手席に装備されている快適温熱シートは、背もたれや座席の部分に至るまでシート全体を温めてくれる。そして明るい場所でも見やすいオプティトロンメーター、運転席と助手席でそれぞれ温度を設定可能な左右独立温度コントロールフルオートエアコンというように、ドライバー以外の搭乗者にとっても快適な機能だ。

トヨタランドクルーザープラドの装備紹介

VSC&TRC

オフロードの走破性が高いだけにプラドには優れた予防安全装備が施されている。雪道などの滑りやすい路面などで、プラドの横滑りを防止するためにVSC&TRCが作動するようになっている。また急ブレーキを掛けた時には、後続車両への配慮から緊急ストップランプが点灯することで警告サインで注意を促す。

心強い装備がプリクラッシュセーフティシステムで、先行車や障害物が迫って来た時に、その状況に応じてドライバーに警告する。さらに衝突の危険性が高まると自動ブレーキが介入し、衝突が避けられない状況になるとシートベルトが巻き取られ搭乗者の安全が確保されるのだ。

どこから衝撃を受けても守ってくれるエアバッグ!

トヨタのプラドには搭乗者の安全対策として360度、どの角度からであっても衝撃を軽減するエアバックが装備されている。また後方からの追突に備えて、搭乗者が負傷しやすい頸部などへの衝撃を軽減するアクティブヘッドレストも採用された。

さらには搭乗者だけでなく、衝突の際に歩行者の安全を確保するためのボディ構造も見直されている。ボディ前面からの衝突時に歩行者の頭部が接触しやすいボンネット部分に衝撃を軽減する工夫を施したことで、幅広く衝突安全性能が向上したのだ。

実際に乗ってみた感想

”プラドはハイテク化が取り入れられたことで、より快適に安全に運転が楽しめるようになったと言われています。実際に乗り心地は悪路走破性に優れたクルマであることを忘れてしまうほど上質で、ロングドライブまで苦もなくこなせる様です。
しかしハイテク化され乗り味が快適になったことで、プラドが備えたパフォーマンス性能をヘビーデューティ感覚で味わえないジレンマが出てしまうなど贅沢な悩みも囁かれます。
さらにボディー剛性の高さから伝わるしっかりとした室内空間は、快適なドライブをサポートしてくれることでしょう。”

バリエーションとそれらの価格

プラドのベーシックなグレードといえばTXになる。本体価格は税込み約350万円で最低限の装備が施されていて、自分だけの一台を作るためのカスタム車両などにも適するといえるだろう。さらにTXには、本革シートがおごられたLパッケージも存在する。

上級グレードとしては、TZ-Gが用意されていて、価格は税込み約513万円になる。特にインテリアが上質になり、落ち着いた雰囲気が高級感を印象づけている。2つのグレードとは別に、TXの特別仕様車がレッドウッドの本革シートなどを装備して、税込み約476万円で登場したのも見逃せないポイントだ。

トヨタのSUVを一覧で比較したい方はこちらから

トヨタ・レクサスのSUV徹底比較!価格、使い勝手、燃費、何で選ぶ?

http://matome.response.jp/articles/724

昨今、非常に人気が高くなっているSUVですが、日本が世界に誇る自動車メーカー「トヨタ」にも多くのSUVが存在します。また、トヨタだけでなくトヨタの高級車ブランド「レクサス」にも存在しますが、価格や燃費性能などそれぞれどのような特徴があるのかまとめてみましたので、是非ご覧ください。

人気、おすすめのSUVを知りたい方はこちらから

2017年上半期 最も売れた国産SUVは?オススメ・人気ランキング TOP10

http://matome.response.jp/articles/722

今国内でとても人気のSUVですが、2017年の上半期(1月~6月)に最も売れたSUV車種は何だったのか!?全軽自協のデータ及び自動車産業ポータルMarkLinesのデータを元に国産SUVのみをランキング形式でお届けしています。他、7人乗りSUVやコンパクトSUVのおすすめ車種の紹介もしています。

7人乗りの外車SUV おすすめ10選!人気車種を一覧で比較!

http://matome.response.jp/articles/775

今、とても人気の高いSUV。国内でも多くのSUV車が販売されていますが、元々はアメリカが発祥であり、その後ヨーロッパや日本でも人気が出た車種です。今回はそんなSUVの中でも3列シートで7人乗りタイプのおすすめ輸入車をまとめてみました。

関連する投稿


レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

トヨタのレジアスエースは、トヨタで生産、販売されているキャブオーバー型のバンです。ハイエースの姉妹車で、1999年に発売されました。2004年には現行モデルの2代目レジアスエースが発売されています。本記事ではレジアスエースについてご紹介します。


レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

高級車レクサス。そのレクサスの中でもかなりラグジュアリーなSUV、それがLXです。本記事ではそんなLXの内装画像をまとめました。LXを購入検討している方、レクサス最高峰のSUVの内装がどうなっているのか気になるという方はぜひ本記事を読んでみてください。


レクサスのSUV NX 性能・価格・中古価格・試乗評価・燃費ほか完全網羅

レクサスのSUV NX 性能・価格・中古価格・試乗評価・燃費ほか完全網羅

レクサスNXは2014年のラインナップ以降、レクサスのグローバルな販売を牽引してきたプレミアムSUVの中核モデルと言えます。2017年にはマイナーチェンジを行いました。UXよりも大きく、RXよりも小さいサイズのNX。街乗りにも、アクティブにもオススメのNXについて改めてご紹介していきます。


トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

トヨタの新型スープラに関する情報がほぼ毎月のように世間を騒がしています。こちらの記事では今までキャッチされた情報等を元に新型スープラのスペックや価格等がどうなるか?どのような仕様か?等を予想し掲載しています。【3月20日更新】


レクサスのSUV UX NX RX LX 内装徹底比較!

レクサスのSUV UX NX RX LX 内装徹底比較!

あの高級車レクサス。その中でも今人気の高いレクサスSUV。その内装・インテリアはどうなっているのか?気になる方は多いのではないでしょうか。本記事ではそんな方のためにレクサスの現行SUVの内装画像をまとめました。比較検討の参考にしてみてくださいね。各車種の室内の広さやシートマテリアルについてもまとめています。


最新の投稿


レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

トヨタのレジアスエースは、トヨタで生産、販売されているキャブオーバー型のバンです。ハイエースの姉妹車で、1999年に発売されました。2004年には現行モデルの2代目レジアスエースが発売されています。本記事ではレジアスエースについてご紹介します。


車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

テレビCMでもよく見かけるダイハツの軽トールワゴン「ウェイク」は高い性能で注目を集めている車です。ウェイクの数ある長所の中でも特に注目されている部分は「車中泊もできる」と言われている室内容積の広さでしょう。今回はウェイクの気になる特徴や燃費をご紹介します。ぜひ購入にあたっての参考にしてください。


アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

マツダとの技術協力によって、生み出されたアバルトの「124スパイダー」の性能から燃費、中古価格などをまとめてみました。


レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

高級車レクサス。そのレクサスの中でもかなりラグジュアリーなSUV、それがLXです。本記事ではそんなLXの内装画像をまとめました。LXを購入検討している方、レクサス最高峰のSUVの内装がどうなっているのか気になるという方はぜひ本記事を読んでみてください。


アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C(フォーシー)とは、イタリアの自動車メーカーであるアルファロメオが製造をしているミッドシップのスポーツカーです。アルファロメオ初のミッドシップの量産市販車でもあります。クーペタイプと、スパイダーのタイプがあります。本記事ではそんなアルファロメオの4C・スパイダーの性能・価格・中古価格・試乗評価についてまとめています。