目次へ戻る

今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。SUVが気になる方はぜひ本記事をご覧ください!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


目次

SUV人気、とどまることを知らず!

国産、外車(輸入車)問わず、売行きを伸ばし注目を浴び続けるボディタイプ「SUV」。

アメリカで市場リサーチを行うJ.D.パワーアジア・パシフィックが調査した「日本新車購入意向者調査」の結果によると、2016年と比較し新車購入を検討するボディタイプはSUVを選択する割合が4%増加し、31%となり新車購入検討者の3割以上がSUVを検討しているようです。

そして現在、SUVの人気は健在。各メーカーそれぞれ自信作となるSUVを発売しています。

2020年の新型車記事 おすすめ記事はこちら

そもそもSUV(エスユーブイ)ってどんな車なの?

そもそもSUVとは「スポーツユーティリティビークル」の頭文字をとった造語です。

SUVには様々な種類と出自が存在するため明確な定義は存在していませんが、名前の通り、スポーツ用多目的車。アウトドアやアクティビティにおすすめの車です。

近年ではSUVがさらに多様化しており、
クロスオーバーSUV、軽SUV、コンパクトSUVといった種類が存在しています。

国産SUV おすすめ!売上・人気ランキングTOP3

まずは2020年現在、どのSUVが人気・売れているのか?

という観点で「日本自動車販売協会連合会」が発表している車名別新車販売台数等を元に「SUV」の販売台数上位3位までの人気車種を紹介していきます。
※2020年9月現在

1位はスズキのハスラー

スズキ ハスラー

栄えある1位はスズキの軽自動車SUV「ハスラー」となっています。2019年12月に2代目となってからもその勢いは衰えず、扱いやすく経済的な軽SUVとなっています。

スズキ ハスラーのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格・中古車価格

スズキ ハスラー

そんなハスラーの燃費やスペック、価格などの基本情報は下記となります。

 
スズキ ハスラー 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
全長×全幅×全高3,395mm×1,475mm×1,680mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)2,215mm×1,330mm×1,270mm
車両重量810~880kg
最大乗車定員4名
WLTCモード燃費20.8km/L~25.0km/L
最小回転半径4.6m
総排気量658cc

最高出力

エンジン+モーター

36<49PS>/6,500+1.9<2.6PS>/1,500

47<64PS>/6,000+2.3<3.1PS>/1,000 ターボ車

最大トルク

エンジン+モーター

63<6.4kg・m>/4,000+40<4.1kg・m>/100

98<10.0kg・m>/3,000+50<5.1kg・m>/100 ターボ車

燃料タンク容量27L
新車価格1,280,400円~1,790,800円
2020年9月現在のメーカー公式サイトより

軽自動車なので小回りも効き、燃費も良く車両価格も維持費も抑えれる。女性にもおすすめしやすい人気SUVと言えるでしょう。

スズキ ハスラーについての口コミ・評価、中古車価格を始め、安全性能についてなど、詳細情報については下記の記事にて詳しくまとめています。ハスラーが気になる方は是非チェックしてみてください。

2位はトヨタのライズ

トヨタ ライズ

大人気のSUVカテゴリーの中で、最も登録台数の多い登録車がトヨタの「ライズ」です。2019年11月に発売された以降、SUVの月別販売1位を守っているばかりか、1月2月6月には全登録乗用車で首位になっています。

人気の理由は、全長が4m以下の運転のしやすいコンパクトサイズでありながらも、室内空間も相応に確保されていること。そして、SUVでありながらも、コンパクトカーより15~20万円高い程度の手頃な価格であるということです。

トヨタ ライズのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格中古車価格

トヨタ ライズ

 
トヨタライズ 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
全長×全幅×全高3,995mm×1,675mm×1,620mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)1,955mm×1,420mm×1,250mm
車両重量980~1,050kg
最大乗車定員5名
WLTCモード燃費17.4km/L~18.6km/L
最小回転半径4.9~5.0m
総排気量996ccターボ

最高出力

72<98PS>/6,000

最大トルク

140<14.3kg・m>/2,400~3,000

燃料タンク容量36L
新車価格1,679,000円~2,282,200円
2020年9月現在のメーカー公式サイトより

ライズはダイハツロッキーの兄弟車であり、ダイハツからOEM供給されている車種です。したがって、「顔つき」だけが異なるだけで全て同じです。

その兄弟車のダイハツロッキーも、ダイハツ製登録乗用車としては異例の大ヒットとなっています。

下記の記事にて、ライズの燃費や、口コミ・評価、中古車価格の相場などについての詳細情報まとめています。

トヨタライズが気になる方は是非チェックしてみてください。

3位はトヨタのハリアー

トヨタ ハリアー ハイブリッドZ

6月17日の発売後1か月で、およそ4万5000台の注文が入るという大ヒットとなった新型ハリアーは、登録車ではライズにつぐ販売台数を記録するSUVとなっています。ライズや軽SUVのハスラーとは比べ物にならない 車両価格でありながらも従来型を上回る人気を得ています。

その理由としては、同じ基本構造を持つRAV4譲りの悪路走破性を誇るSUVでありながらも、あくまで都市に似合うファッショナブルで高級感溢れるそのスタイリングが最大のポイントとなっています。

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式4WD 2WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,740mm×1,855mm×1,660mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)1,880mm×1,520mm×1,215mm
車両重量1,530~1,750kg
最大乗車定員5名
燃費

2.0L 14.7~15.4km/L 

2.5Lハイブリッド 21.6~22.3km/L 

最高出力

エンジン+モーター

2.0L 126PS(171kw)/6,000rpm 

ハイブリッド 131PS(178kw)/5,700rpm

+フロント88PS(120kw) /リア40PS(54kw)

最大トルク

エンジン+モーター

2.0L 207N・m(21.1kgf・m)/4,800rpm 

ハイブリッド 221N・m(22.5kgf・m)/3,600~5,200rpm

+フロント202N・m(206kgf・m) /リア121N・m(12.3kgf・m)

燃料タンク容量無鉛レギュラーガソリン・55L
新車価格

2,990,000円~5,040,000円

上記情報は2020年9月現在のメーカー公式サイトより

ファミリーカーの新しい選択肢?7人乗りSUV 国産&外車 計4台!

続いては冒頭でも触れた、3列シートでゆとりがあり7人乗りが可能となる大型のSUVの注目車種を2台、国産SUVの中から2台、外車SUVから2台紹介していきます。

ファミリーカーとしての選択肢に入れれるよう外車SUVは新車価格が比較的安い、おすすめの車種をピックアップしています。

【7人乗りの国産SUV】どこまで売れるか?マツダの新型SUV「CX-8」

まず、なんといっても注目すべき、注目してもらいたい国産7人乗りのSUVはマツダの新型SUV、「CX-8」です。

3列シート・7人乗り(グレード、シート選択により6人乗り)の国産SUVは、外車(輸入車)に比べると、まだまだ数が少ないですが、マツダはミニバンの変わりの選択肢として7人乗りSUVであるCX-8を国内に投入し、ミニバンの生産を終了しています。

マツダ新型SUV CX-8

身長が180cmを超える男性でもゆとりを持って座れる3列目シートで、居住性の高さも魅力的なSUVとなっています。

CX-8についての燃費、スペック、価格など基本情報は下記となります。発売時にはクリーンディーゼルのみの設定でしたが、その後にリーズナブルなガソリンエンジンとパワフルなガソリンターボエンジン車が追加設定されています。

マツダ CX-8のボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 
マツダ CX-8 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4900×1840×1730
室内寸法(長さ×幅×高さ)2690×1540×1250
車両重量1,720~1,910kg
最大乗車定員6~7名
燃費(JC08モード燃費)11.6~15.8km/L
最小回転半径5.8m
エンジン種類・排気量

①直列4気筒クリーンディーゼル・2,188cc

②直列4気筒ガソリン・2,488㏄

③直列4気筒ガソリン・2,488㏄ターボ

最高出力

①140kW<190PS>/4,500rpm

②140kW<190PS>/6,000rpm

③169kW<230PS>/4,250rpm

最大トルク

①450N・m<45.9kgf・m>/2,000rpm

②252N・m<25.7kgf・m>/4,000rpm

③450N・m<42.8kgf・m>/2,000rpm

燃料タンク容量72~74L
消費税込み新車価格2,948,000円~5,000,600円
※上記情報はメーカー公式サイトによります

SUV「CX-8」詳細情報については下記の記事にてまとめていますので、CX-8が特に気になるという方は是非参考にして下さい。

【7人乗りの国産SUV】スバルの都市型SUV!エクシーガ クロスオーバー7

続いて紹介する国産の7人乗りSUVはスバルのエクシーガ クロスオーバー7です。

2013年の東京モーターショーで出展された「 CROSSOVER 7 CONCEPT」をベースに2015年4月に市販化された7人乗りSUVです。大元ととなっているエクシーガはスバルのミニバンで、専用の足周りやデザインで仕上げたのがクロスオーバー7となっています。

しかしながら、2018年3月30日に販売終了となりました。今現在は中古車として購入するしかなくなっています。

「7つのシートに7人分の快適を」というコンセプトを元に、7シーターレイアウトと、7シーターコンフォートを採用しています。

シートアレンジの幅も広く、使い勝手の良さもおすすめの7人乗りSUVとなっています。

エクシーガ クロスオーバー7の燃費、スペック、価格など基本情報は下記です。

スバル エクシーガ・クロスオーバー7のボディサイズ・スペック・燃費・中古車相場

 
スバル エクシーガ クロスオーバー7 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式AWD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4780×1800×1670
室内寸法(長さ×幅×高さ)2720×1510×1275
車両重量1620kg
最大乗車定員7名
燃費(JC08モード燃費)13.2km/L
最小回転半径5.5m
総排気量2,498cc
最高出力127kW<173PS>/5,600rpm
最大トルク235N・m<24.0kgf・m>/4,100rpm
燃料タンク容量65L
中古車相場75.8万円~239.8 万円
※上記中古車相場はレスポンス中古車検索によります。

スバルの安全装備、アイサイトを搭載していながらも、新車価格でも300万円以下でとなっているのも魅力の1つと言えるでしょう。

クロスオーバー7についての詳細は下記記事よりご覧頂けます。居住性の高さなどについて詳しく知りたい方は是非ご覧下さい。

【7人乗りの外車SUV】ハイパフォーマンスSUV!ランドローバー ディスカバリースポーツ

続いては外車の7人乗りSUVの紹介です。

紹介するのはランドローバー「ディスカバリースポーツ」です。

ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ

ファミリーカーとして考えると価格も高くなるため、ちょっと考えにくくなるかもしれませんが、純粋にクロカンSUV、外車が欲しい!という方には非常にオススメです。

ディスカバリーシリーズのスポーティモデルが、ディスカバリー スポーツです。

ディスカバリースポーツには、コンパクトSUVでありながら、3列シート仕様が用意される。ランドローバーが「5+2」と呼ぶ3列シートは、クラスをリードする多彩なアレンジを可能にしています。

ランドローバー ディスカバリースポーツのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 

ランドローバー ディスカバリースポーツ 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式4WD
全長×全幅×全高4,610mm×1,905mm×1,725mm
最大乗車定員5 7名
燃費(JC08モード燃費)9.6~12.0km/L
最小回転半径5.6m
エンジン種類・排気量

①直列4気筒ディーゼル・1,999cc

②直列4気筒ガソリンP200・1,995㏄

③直列4気筒ガソリンP250・1,995㏄

最高出力

①132kW(180PS)/4,000rpm

②147kW(200PS)/5,500rpm

③183kW(249PS)/5,500rpm

最大トルク

①430 N・m/ 1,750 - 2,500rpm

②320 N・m/1,500rpm

③ 365N・m/1,500~4,500rpm

消費税10%込み新車価格4,500,000円~7,010,000円
※上記情報は2020年9月現在のメーカー公式サイトによります。

関連する投稿


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。


スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

発売直後から継続的に大人気となっているジムニー。しかし、現行型を含む歴代ジムニーには、ボディはそのままにオーバーフェンダーで拡幅され、より大型のエンジンを搭載した普通車仕様が存在してきました。軽自動車で安いのがジムニーの売りじゃないの?!とお思いかもしれませんが、ジムニーが普通車サイズになると、いいこともたくさんあるのです。


ラダーフレームとは?ラダーフレームの強さの秘密から採用車種紹介

ラダーフレームとは?ラダーフレームの強さの秘密から採用車種紹介

「ラダーフレーム」とは、その名の通りはしご型のフレームのことです。国内外のSUV車に、広く採用されています。軽度の衝撃にはびくともせず安心して運転できます。ラダーフレームが変形してしまった場合の修理料金や修理方法など詳しく紹介していきます。


【2020年最新版】セダンの人気ランキングTOP6&おすすめ車種を一挙掲載

【2020年最新版】セダンの人気ランキングTOP6&おすすめ車種を一挙掲載

「セダン」。セダンと単に言っても、スポーツセダンからコンパクトセダンまで、様々なタイプのモデルが存在しています。最も売れているセダンは何なのか、人気ランキング形式で車種の燃費やスペック、価格等を比較できるよう紹介していきます。クルマ選びの参考にしてください。(※自販連より/2020年上半期と7〜8月を元に作成)


ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。