目次へ戻る

【最新版】SUVおすすめ・人気車種13選を一覧比較!選ぶならどれ?

【最新版】SUVおすすめ・人気車種13選を一覧比較!選ぶならどれ?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では2018年最新の人気ランキングや、国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種13台を紹介、比較しています。


燃費の良いSUVは?経済的なSUV TOP 5!

SUVを選ぶ=燃費は気にしない(若しくは目をつぶる)というのが少し前までのイメージでしたが、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトサイズのSUVが多く出てからは、低燃費なSUVも増えファミリー層がSUVを選び安い時代となってきました。

最後に、燃費の観点でオススメ、人気の車種をランキングに沿って3台紹介していきます。

燃費ランキングTOP 3 はこの3台!

SUVの燃費をランキングにすると上位3位までは下記の車種となります。

1位・トヨタ C-HR(ハイブリッド)
カタログ燃費(JC08モード燃費):30.2km/L  実燃費平均:21.06km/L
2位・マツダ CX-3(クリーンディーゼル)
カタログ燃費(JC08モード燃費):25.0km/L  実燃費平均:18.09km/L 
3位・ホンダ ヴェゼル(ハイブリッド)
カタログ燃費(JC08モード燃費):27.0km/L  実燃費平均:17.83km/L 
※車種名をクリック(タップ)すると各車種の情報に戻ります。

上位3位までは上記車種となっています。先に紹介している人気車種が燃費ランキングに関しても上位という結果となっています。やはり、多くの人に選ばれている人気車種は「燃費がいいから」という理由で選んだ方も多いのではないでしょうか。

【燃費の良いSUV】ランキング第4位はBMW X1

上位3位までは既に紹介している車種のため、4位~5位までを紹介していきます。

まず、実燃費が優秀な低燃費SUVの4位はBMWのX1です。

X1はBMWのSUVシリーズの中で最もコンパクトなSUVとして、日本では2010年4月から販売開始、2015年6月にフルモデルチェンジを行い(日本発表は10月)現行のX1は2代目となっています。

初代X1と比較すると全長が短くなり、全高が高められことで、コンパクトなボディサイズながらSUVらしいたくましいスタイリングとなっています。また、初代X1の駆動はFRでしたが現行2代目のX1はFFとなっています。X1の基本情報、スペックなどは下記になります。

BMW X1のボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 
BMW X1 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4455×1820×1600~1610
最大乗車定員5名
燃費(JC08モード燃費)14.3~19.6km/L
総排気量1498~1998cc
最高出力100~170kW<136~231PS>/4000~5000rpm
最大トルク220~350N・m<22.4~35.7kg・m>/1250~4600rpm
新車価格4,060,000円~6,140,000円

X1は、2017年7月生産分から「sDrive18i」のトランスミッションを6速ATから7速DCTに変更し、よりスポーティな走行性能となりました。

燃費に関しては、クリーンディーゼルのJC08モード燃費が19.6km/L。

実燃費平均値は15.17km/LとSUVの中では実燃費ランキングでは4位に位置しています。

BMW X1のクリーンディーゼルモデルは、新車価格が452万円~495万円と、ガソリン車であるエントリーグレードと比べ、50万程価格が上がりますが、軽油とガソリンの価格差を考えれば満タンに給油した際の価格がレギュラーで約1400円、ハイオクで約1700円の開きが出ます。
(燃料タンク61L、ガソリン価格を全国平均(2017/9時点)レギュラー:125.5円ハイオク:130.5円軽油:102.5円で計算)

長い目で考えればディーゼルの選択が経済的と言えるかもしれません。

【燃費の良いSUV】 ランキング第5位はスバル XV

続くSUV、実燃費ランキングの第5位はスバルのSUV「XV」です。

スバルのXVはインプレッサから派生したクロスオーバーSUVで、現行モデルは2017年4月にフルモデルチェンジをし、3代目となっています。この3代目XVは株式会社SUBARUへと社名変更後初となる新型車となっています。

女性客からの支持も高く購入者の女性比率は約16%、スバル以外の他社からの乗換も約60%となる他、販売開始から1ヶ月で1万台を超える受注を獲得するなど、新規ユーザーの獲得に大きく貢献しているスバルの主力となるSUVです。

XVの基本情報、スペック、燃費や価格は下記の通りとなります。

スバル XVのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 
スバル XV 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式AWD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4465×1800×1550
室内寸法(長さ×幅×高さ)2085×1520×1200
車両重量1410~1440kg
最大乗車定員5名
燃費(JC08モード燃費)16.0~16.4km/L
最小回転半径5.4m
総排気量1599~1995cc
最高出力85~113kW<115~154PS>/6000~6200rpm
最大トルク148~196N・m<15.1~20.0kgf・m>/4000rpm/3600~4000rpm
燃料タンク容量63L
新車価格2,138,400円~2,678,400円

JC08モード燃費は16.0~16.4km/L。実燃費平均は15.12km/Lとなっています。

購入層の多い排気量は2.0リットルのグレードが79%、1.6リットルのグレードが21%と、248万円からの価格ではあるものの、2.0Lグレードが人気。

ボディカラーに関しては全9色のうち、クールグレーカーキとクリスタルホワイト・パールが人気で、それぞれが全体の約3割の販売を占めているようです。

スバルXVの詳細に関しては下記記事にて詳細をまとめて掲載しています。是非チェックしてみてください。

燃費情報をもっと!SUVの燃費ランキングTOP10はこちらから!

本記事では上位3位までがコンパクト部門、売上人気部門にて紹介済み車種のため5位までの燃費ランキングを紹介しました。

下記の記事では実燃費を元にSUV・クロカン燃費ランキングを10位まで掲載しています。燃費の観点でSUVを選びたいという方は是非下記の記事も参考にして頂ければ幸いです。

まとめ

人気ランキング、7人乗りSUVの人気・オススメ車、コンパクトSUVの人気・オススメ車、燃費が良いSUVと4項目に渡り、全13台のSUVを紹介しましたが、如何でしたか?

人気も高く、コンパクトSUVから7人乗り、また国産にすべきか外車にすべきかと選択肢は非常に多いですが、次に買うボディタイプはSUV!という方にとってどの車種を選ぶか?を後押しできるよう情報をまとめさせて頂きました。

デザインも然りですが車両そのもののサイズ、また価格、スペックなど選択する際の要素は様々だと思いますが、こちらの情報がお役に立てば幸いです。

他のSUVを比較したい方はこちらの記事も是非!

また当サイトでは、様々な観点でオススメSUVの情報を比較できるようコンテンツ制作をしています。他にも色々とSUV情報を見比べたいという方は下記の記事も是非ご覧下さい。

こちらの記事はトヨタ、レクサスのみでのSUV比較です。両ブランドの車種が気になるという方は是非ご覧下さい。

こちらの記事では、現役女子大生に「かっこいい」と思うSUVを3台選んでもらい紹介しています。女子ウケの観点も少し気になる・・・と言う方はチェックしてみてください。

関連する投稿


ランドローバー レンジローバースポーツ 欧州にて新開発エンジン設定

ランドローバー レンジローバースポーツ 欧州にて新開発エンジン設定

ランドローバーは2月13日、『レンジローバー スポーツ』(Land Rover Range Rover Sport)に新開発の直列6気筒エンジン+48Vマイルドハイブリッドを搭載する高性能グレード、「HST」を欧州で発表しました。このHSTはどのようなスペックになっているのでしょうか。


【シカゴモーターショー2019】トヨタ RAV4 新型にTRDオフロード登場

【シカゴモーターショー2019】トヨタ RAV4 新型にTRDオフロード登場

トヨタ自動車の米国部門は、シカゴモーターショー2019に、新型にて『RAV4』(Toyota RAV4)の「TRDオフロード」を初公開しました。このRAV4TRDオフロードは、日本市場にも今春復活導入される予定の新型RAV4をベースに、オフロード性能を高めたグレードになります。大注目のRAV4のグレード、最新情報をまとめました。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


【2019年4月 日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年4月 日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!【2月14日更新】


【ジュネーブモーターショー2019】三菱のASX(RVR)改良新型 エクステリア刷新!

【ジュネーブモーターショー2019】三菱のASX(RVR)改良新型 エクステリア刷新!

三菱の人気SUV、ASX(日本名RVR)に2020年モデルが登場します。ジュネーブモーターショー2019にて世界初公開とのこと。今回の改良では、エクステリアデザインが大幅刷新されています。最新情報をまとめています。


最新の投稿


【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

カーオーディオの音質改善のために行うデッドニング。具体的にどのような効果があるのか、デッドニングに掛かる費用、方法や、おすすめのデッドニングキットの紹介などを合わせて紹介しています。


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

動いている車を止めるためになくてはならない部品がブレーキです。ブレーキにもいろいろ種類があり、ディスクブレーキタイプに必要な部品の1つがブレーキキャリパーになります。今回はブレーキキャリパーについて、その役割と構造を紹介します。


ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ターボ車には必要不可欠な部品の1つであるのがブローオフバルブです。今回はブローオフバルブの役割と効果について、仕組みも合わせて紹介します。現在ついている純正品から社外品ブローオフバルブへの取り付けを検討する際の注意点も合わせて紹介します。


【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

ジュネーブ・モーターショーとは、スイスのジュネーヴで毎年春に開催される大規模なモーターショーです。世界5大モーターショーの1つでもあり、多くのヨーロッパメーカーの新型車がワールドプレミアされる傾向にあります。2019年もジュネーブモーターショーで多くの新型車が発表される予感!本記事ではジュネーブモーターショー2019についてまとめています。