目次へ戻る

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が、10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・ワールドプレミア・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。【9月10日更新】


目次

【東京モーターショー2019】の最新情報一覧

2019年に開催される、第46回東京モーターショー2019。最新情報をまとめています。

人が参列している東京モーターショー2017の様子

東京モーターショー2017の様子

【東京モーターショー2019】開催日程・開催関連情報一覧

東京モーターショー2019 開催日程・開催場所

東京モーターショー2019は、10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。


開催日程
2019年10月24日(木)~11月4日(月・祝) 
開催場所
東京ビッグサイト
メイン会場
東京ビッグサイト (西 / 南 / 青海展示棟)
住所東京都江東区有明 3-11-1


※東京モーターショー2019は、東京ビッグサイトを含む、青海エリア、有明エリアを利用して開催予定です。

東京モーターショー2019 開催期間、一般公開日を2日間延長!拡充開催も検討中

東京モーターショー2019は、一般公開日を従来より2日間延長となる11月4日までとし、来場者がよりゆっくりと見ることができる会期になっています。

また、近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討。様々な実施プログラムで来場者に満足してもらえるショーを目指すとのこと。

具体的な日程は、10月23日8時から18時および24日8時から11時30分までがプレスデー。

26日14時から18時までが障がい者向けの特別見学日、開会式等の式典を行うオフィシャルデーは24日11時30分から18時。

人数限定のプレビューデーは25日9時から14時。一般公開は25日14時からとなる予定。

東京モーターショー2019は、引き続き、乗用車、商用車、二輪車、カロッツェリア、車体、部品・機械器具、モビリティ関連サービスを含む総合ショーとして開催します。

東京モーターショー2019 チケット情報


プレビューデー入場券(10月25日(金)) 
3800円


一般公開日の入場券
(10月25日(金)14:00~11月4日(月・祝))

前売入場券
1,800円
前売団体入場券 (20名以上)
1,800円
2DAYパス
3,500円
当日入場券
2,000円
アフター4入場券
1,000円
当日団体入場券 (20名以上)
1,800円
通期パス
6,000円

※価格はすべて税込み数字です

ほか、詳細は下記公式サイトをご確認ください。

東京モーターショー2019 チケット情報はこちら

東京モーターショー2019 入場券/価格 高校生以下は今回より無料

前売入場券のオンライン販売は8月1日から開始中です。

価格は一般1800円(当日2000円)、新たに2DAYパス3500円、通期パス6000円も設定。さらに高校生以下は今回より無料になります。

そのほか、一般公開前の10月25日9時から入場できる2万5000枚限定のプレビューデー入場券(3800円)なども用意されます。

東京モーターショー2019 アクセス情報(電車/バス/水上バス/車)

東京ビッグサイトの住所:東京都江東区有明 3-11-1

主なアクセス情報
◆電車
りんかい線
「 国際展示場 」駅下車 徒歩約7分
大崎駅( JR ) ← 14分 → 国際展示場駅 ← 5分 → 新木場駅 ( JR、東京メトロ )
※ 大崎から新宿・大宮方面へ、JR埼京線相互直通運転

ゆりかもめ
「 東京ビッグサイト 」 駅下車 徒歩約3分
新橋駅 ( JR、東京メトロ、都営地下鉄 ) ← 22分 → 東京ビッグサイト駅
豊洲駅 ( 東京メトロ ) ← 8分 →東京ビッグサイト駅

◆バス
都営バス(中央ターミナル発着)
都05系統 ( 勝どき駅前経由 ) :東京駅丸の内南口 ← 約40分 → 東京ビッグサイト
東16系統 ( 豊洲駅前経由 ) :東京駅八重洲口 ← 約40分 → 東京ビッグサイト
門19系統 ( 豊洲駅前経由 ) :門前仲町 ← 約30分 → 東京ビッグサイト
※豊洲駅 ← 約15分 → 東京ビッグサイト

空港バス ( リムジンバス・京急バス )
羽田空港 ← 約25分 → 東京ビッグサイト
成田空港 ← 約60分 → 東京ベイ有明ワシントンホテル(下車 徒歩約3分)
※イベント開催時のみ運行の便もありますので、確認をお願いします

その他直行バス
京急バス(直行):横浜駅東口 ← 約50分 → 東京ビッグサイト

◆車
高速道路
都心方面からは「首都高速11号台場線・台場出口」。
横浜・羽田方面からは「首都高速湾岸線・臨海副都心出口」、「首都高速10号晴海線・豊洲出口」。
千葉・葛西方面からは「首都高速湾岸線・有明出口」、「首都高速10号晴海線・豊洲出口」。

一般道路
新橋方面からはレインボーブリッジを渡り有明へ。
銀座方面からは、晴海通りを経由し有明へ。
葛西方面からは、湾岸道路を経由し有明へ。
※東京モーターショー2019当日は、混雑が予想されるため、公共機関の利用がおすすめです。

※東京モーターショー2019公式サイトを参照

東京モーターショー2019 東京ビッグサイト周辺駐車場情報

東京モーターショー2019当日は、混雑が予想されるので、公共機関の利用が推奨されています。

とはいえ、車好きが集う祭典!とあればマイカーで行きたいという方も多いはず。カーナリズムでは東京ビッグサイト周辺の駐車場情報についてもまとめていますので、気になる方はぜひ下記記事も合わせてご参照ください。

東京モーターショー2019 ホテル情報

遠方から東京モーターショーにいらっしゃるという方は、どこのホテルにしようか悩んでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

なんと、今年は東京モーターショー2019のオフィシャルトラベルエージェンシーとしてJTBが参加しています。

悩んでいる方は、参考にしても良いかもしれません。

株式会社JTBは、第46回東京モーターショー2019のオフィシャルトラベルエージェンシーとして、来場者の皆様に、会場周辺ホテルの宿泊手配のサービスを提供いたします。

東京モーターショー2019 ホテル予約のページはこちら

【東京モーターショー2019】輸入車勢が軒並み不参加!?

輸入車メーカーの不参加が相次ぐ…

輸入車メーカーの不参加が相次ぐ…

プジョー・シトロエン・DSの3ブランドが東京モーターショー2019に出展しないことになっています。17日に都内で開催した「シトロエン2019年ビジネス中間報告会」において明らかになりました。

また、他にもドイツのBMWやMINI、ポルシェ、フォルクスワーゲン(VW)なども不参加を表明しています。

「CASEへの危機感共有」などと報じているが、国内の自動車市場の先細りに危機感を募らせているのはトヨタばかりではない。半年後の10月24日から東京ビッグサイトなどで開催する予定の「東京モーターショー」に、海外主要メーカーのほとんどが出展しない見通しになったそうだ。

きょうの産経が経済面で報じている。それによると、独のBMWやMINI、ポルシェ、フォルクスワーゲン(VW)が取りやめる方針で、多くのブランドにとって10年ぶりの不参加となる見通しで「2020年東京五輪・パラリンピックの前年のモーターショーとして、集客増を狙う日本自動車工業会などの主催者側にとっては痛手」とも伝えている。

【東京モーターショー2019】今年のテーマは?初の試みも!

「OPEN」「FUTURE」そして「MOTOR」を、それぞれのエレメントで表現したロゴ

日本自動車工業会は、「第46回東京モーターショー2019」のショーテーマとテーマロゴを決定しました。

東京モーターショー2019のショーテーマは「OPEN FUTURE」に決定。

モビリティの領域にとどまらず、生活者にとって本当に価値があり、ワクワクする「くらしの未来」にまでショーの領域を拡張し、「未来のモビリティ社会への夢」を感じられるショーとして開催します。

様々なコンテンツを通して、東京モーターショーが未来の可能性が広がる場になることをビジョンとして掲げています。

東京モーターショー2019 無料エリア(試乗・同乗体験は要チケット)拡充

第46回東京モーターショー2019

第46回東京モーターショー2019

東京モーターショーが初めての人にも気軽に立ち寄り楽しんでもらう無料エリア(試乗・同乗体験は要チケット)を充実させました。

OPEN ROADでは、最新の小型モビリティに乗ったり、陸・海・空、様々なモビリティを見ることが可能になります。

また、有明エリアの「DRIVE PARK」では、最新の四輪・二輪車両の試乗体験やステージイベント・デモランのほか、国内初となるFAI公認(予定)ドローンレースを開催する予定です。

東京モーターショー2019 3つのオープンで進化・拡張を目指す

OPEN ROADエリアには展示車両も用意される予定。

コンセプトテーマである「OPEN FUTURE」の「OPEN」については3つの意味があるということも発表された。

まずひとつ目は「未来へのOPEN」。自動車、二輪車メーカーはもちろんのこと、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会、経済産業省やNEDOといった団体との共催は初の試みとのこと。また自工会会員以外のイベントや団体との連携もあり、業界の垣根を越えたオールインダストリーで未来を描くことを目指している。

次に「開催エリアのOPEN」は、お台場周辺エリアが会場となる初の試みとなっている。東京ビッグサイトのある有明エリア、MEGA WEBや青海展示棟がある青海エリアまでが会場の一部となっており、青海側と有明側を結ぶ「夢の大橋」も会場の一部になる予定。

3つ目は、「新たなお客様に向けたOPEN」となっており、有明エリアにある、車やバイクの試乗が体験できる「DRIVE PARK」や、多様な業界が手を取り合って実現する近未来を体験できる「FUTURE EXPO」エリアなどはチケットが不要なため、東京モーターショーを体験したことのない人でも気軽に楽しめるようになっている。

東京モーターショー2019 は一味違う?初の試みが多数

大迫力のヤリスWRC

大迫力!

東京モーターショー2019は、全体的に初の試みがたくさんあり、今までのモーターショーでは味わえなかった体験をたくさんできるイベントとなる模様です。

車好きには気になる有明地区の「DRIVE PARK」では、車や二輪車の試乗はもちろんの事ながら、初めて「東京オートサロン」や「モータースポーツジャパン」と連携することで、普段見ることのできないレースカーなどを目の前で見ることが可能に。

またFAI公認(予定)のドローンレースも国内初開催。大迫力の新感覚モビリティレースをどこよりも早く体感出来るのも特徴と言えます。

夢の大橋を利用した「OPEN ROAD」では、人とモビリティが自由に行き交う1.5kmのシンボルロードとして位置づけられ、近未来を感じるモビリティに試乗が可能で、普段では見られないレアなモビリティの展示もある。電動キックボード、パーソナルモビリティ、超小型モビリティなどは、ここでしか試乗できないものが多く、一般のお客様にとっては貴重な体験が可能になっている。

青海エリアの「FUTURE EXPO」では、4~5年先の未来を見据えた体験エリアとなっており、完全自動運転車、次世代通信である5Gを利用した競技観戦、顔認証技術を利用した無人コンビニでの決済サービスなどが体験できる。

「FIAグランツーリスモ チャンピオンシップ」で活躍するトップランカーたちが一堂に会し、直接対決を行なうe-Motorsports世界大会や、出展者メーカーの対抗戦、初の試みとなる都道府県対抗U18全日本選手権なども開催される予定。

青海展示棟では子供達が楽しめるモーターショーとして、キッザニアと初のコラボレーション。会場に子供達が働く街が出現し、貴重な職業体験ができる。

東京モーターショー2019 コンパニオン情報

東京モーターショーは、新型車のお披露目も楽しみですが、それと同じくらいにコンパニオンに期待している!という方も多いのではないでしょうか。

カーナリズムでも、コンパニオン画像をまとめていく予定です。お楽しみに!

出展メーカー別 出展が予定される新型車・車種情報

東京モーターショー2019 主な出展者一覧【随時更新】

主要な出展メーカーをまとめています。

■青海展示棟 Aomi Exhibition

スバル
ダイハツ
トヨタ
いすゞ
日野
三菱ふそう
UDトラックス

■西展示棟 West Exhibition

スズキ
日産
ホンダ
三菱自動車
Renault

■南展示棟 South Exhibition

マツダ
レクサス
ALPINA
Mercedes-Benz
smart


【トヨタ】 東京モーターショー2019出展予想車

トヨタ GRスポーツ

《APOLLO NEWS SERVICE》GR スーパースポーツ 市販型 予想CG

《APOLLO NEWS SERVICE》GR スーパースポーツ 市販型 予想CG

東京オートサロン2018で初公開された、トヨタ『GRスーパースポーツコンセプト』。その市販モデルが、いよいよ東京モーターショー2019で初公開される可能性があることが明らかになっています。

トヨタは、レーシングマシン『TS050』で2020/2021年のWECに参戦することを決定していて、あわせて、市販型となる「GRスーパースポーツ」が東京モーターショーで初公開されるのではと注目を集めています。

トヨタ TJクルーザー

トヨタ Tjクルーザー(東京モーターショー2017)

トヨタ Tjクルーザー(東京モーターショー2017)

トヨタのTjクルーザーは、バンの積載性能とSUVの力強いデザインとを融合させた新ジャンルのクロスオーバーコンセプトになります。

東京モーターショー2017で参考出展され話題になりました。この市販版が展示されると見られています。

トヨタ ヴィッツ(ヤリス)

トヨタのヴィッツ(ヤリス)次期型

トヨタ ヴィッツ(ヤリス)次期型

トヨタのコンパクトハッチバック『ヤリス』新型が出展される予定です。

トヨタ 86

トヨタ 86

トヨタ 86(画像は現行モデル)

トヨタのスポーツカー、86。この86がフルモデルチェンジして登場すると見られています。

【レクサス】 東京モーターショー2019出展予想車

レクサスが新型のコンパクトEVを、東京モーターショー2019にて初公開する可能性が高いことがわかっています。

英Autocar誌電子版によると、新型EVは2015年に発表された『LF-SAコンセプト』にインスパイアされた電動ハッチバックモデルになるとのこと。

関連する投稿


トヨタのハッチバック オーリス中古車価格まとめ

トヨタのハッチバック オーリス中古車価格まとめ

2006年にデビューしたトヨタ オーリスといえば、ハッチバックタイプのコンパクトカーであり、日本だけではなく世界的に人気のある車です。ヨーロッパではプリウスよりも売れているというから驚きですね。今回は、トヨタ オーリスの中古価格をまとめましたので一緒に見ていきましょう。


【ブランド初】メルセデスマイバッハ初のSUVを2019秋発表か

【ブランド初】メルセデスマイバッハ初のSUVを2019秋発表か

メルセデスベンツは9月14日、メルセデスマイバッハ(Mercedes-Maybach)ブランド初のSUVを今秋、初公開すると発表しました。いったいどんなSUVになるのでしょうか。期待が高まります。


ハイエースがキャンピングカーに大変身!キャンピングカーでもっとカーライフを楽しもう!

ハイエースがキャンピングカーに大変身!キャンピングカーでもっとカーライフを楽しもう!

今、ハイエースベースのキャンピングカーが人気です。暑い夏も終わり、いよいよアウトドアに最適なシーズンがやってきました。そして今ブームとなっているのがキャンピングカーです。今こそ、おすすめしたい!そんなハイエースベースのキャンピングカーをご紹介します。


日本でも発売してほしい!マツダの海外専用車

日本でも発売してほしい!マツダの海外専用車

日本では発売されていない海外専用車があることをご存知ですか?今回は、海外でのみ発売されているマツダ車をご紹介します。


100万円以下で購入できる!国産SUVの中古車5選

100万円以下で購入できる!国産SUVの中古車5選

SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)は、1990年代にブームとなって以来、すっかり定着した感があります。当初は路外走行性能に重きが置かれていましたが、現在のSUVは、より居住性重視、ファッション性重視となっています。本記事では100万円以下で購入できる国産SUVを5車種選び、ご紹介します。


最新の投稿


車検の期限切れで後悔する前に!車検費用・知識についても解説

車検の期限切れで後悔する前に!車検費用・知識についても解説

自動車を所有している人なら必ず関係している車検ですが、期限があることをご存知ですか?期限を守らずに期限切れになってしまったらもったいない!この記事ではそんな車検が期限切れになってしまわないために知っておくべき知識をご紹介しています。


【おすすめ10選】キャンプやアウトドアに!車用ルーフボックスまとめ

【おすすめ10選】キャンプやアウトドアに!車用ルーフボックスまとめ

車内の収納スペースを広げるなど、各メーカーは収容力もアピールポイントの一つとして設計をしています。車内だけでなく、車の屋根の上にも荷物を搭載できるルーフトップがあります。今回はそのルーフトップをご紹介します。


関連サイト

関連サイト


広島駅で買えるお土産20選!地元の特産品を使った人気商品特集!

広島駅で買えるお土産20選!地元の特産品を使った人気商品特集!

広島駅はご当地の商品が多数あります。牡蠣等の海産物やレモン、はっさくなどの柑橘系など。さらには地元名物もみじ饅頭もあってお土産選びは頭を抱えがち。ただ、各店舗が工夫を凝らして広島限定のお土産も沢山編み出しています。今回はそんな広島を訪れた際にぜひ購入を検討頂きたいお土産を集めました。


【おすすめ10選】車用ジャッキ&ジャッキスタンドまとめ

【おすすめ10選】車用ジャッキ&ジャッキスタンドまとめ

ジャッキをご存知でしょうか?車のメンテナンスやカスタムをする際、車の底を持ち上げる小さいクレーンのことです。ジャッキにも様々な種類がありますが、その中のおすすめ商品をまとめました。