トップへ戻る

【東京モーターショー2019】 出展車・新型車・コンパニオン情報ほか

【東京モーターショー2019】 出展車・新型車・コンパニオン情報ほか

東京モーターショー2019を写真とともに振り返っていきましょう!10月24日に始まり、11月4日に閉幕した東京モーターショー。約130万人の来場者数を記録し、大成功をおさめました。本記事では東京モーターショー2019の模様、出展車、コンパニオン情報をまとめて紹介します。気になる東京モーターショー2021の最新情報もまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ワクワクはいつでもどこでも気軽に走っていける軽自動車のSUVです。特徴のある無骨なデザインは大きなおもちゃを思わせ、遊びの世界を広げる1台としてアウトドア派に人気が出そうですね。

広い荷室空間とルーフラゲージを装備しています。

【三菱】 東京モーターショー2019出展予想車

三菱 ブース

三菱 ブース

【世界初披露】スーパーハイト軽ワゴンコンセプト

三菱の新型軽スーパーハイトワゴン コンセプトモデル

三菱の新型軽スーパーハイトワゴン コンセプトモデル

三菱自動車プレスカンファレンス(東京モーターショー2019)

三菱自動車プレスカンファレンス(東京モーターショー2019)

三菱ブースではまた、『eKクロス』『eKワゴン』に続く新世代軽自動車の第2弾で、2019年度内に発売する新型軽スーパーハイトワゴンのコンセプトモデルを公開した。解説してくれたのは、三菱自動車 グプタ・アシュワニCOO。

「三菱らしいSUVのテイストのデザイン、スーパーハイトワゴンならではの広々とした居住空間や機能を実現。さらに高性能エンジンとCVTで、低速域から高速域までストレスなくキビキビとした走りを実現させた」

「また、高速道路同一車線運転支援技術 MI-PILOT(マイパイロット)や、衝突被害軽減ブレーキシステム、踏み間違い衝突防止アシストなど、サポカーSワイドに該当する予防安全技術 e-Assist を採用することで、ドライバーの負担を軽減し、乗る人すべてに安心・安全を提供する」(グプタCOO)

【世界初披露】MI-TECHコンセプト

三菱 MI-TECH CONCEPT(東京モーターショー2019)

三菱 MI-TECH CONCEPT(東京モーターショー2019)

三菱 MI-TECH CONCEPT(東京モーターショー2019)

三菱 MI-TECH CONCEPT(東京モーターショー2019)

三菱 MI-TECH CONCEPT(東京モーターショー2019)

三菱 MI-TECH CONCEPT(東京モーターショー2019)

三菱自動車『マイテックコンセプト』(MI-TECH CONCEPT)は「光と風を感じながら大地を駆け抜ける電動SUV」をコンセプトに、従来のガソリンエンジンに変わって軽量・小型なガスタービンエンジンを採用した新しいPHEVシステムを搭載した小型SUVコンセプトだ。

ミツビシ エンゲルベルク ツアラー

ミツビシ エンゲルベルク ツアラー

また、3月のジュネーブモーターショーで世界初披露したミッドサイズの電動SUVコンセプトカー『ミツビシ エンゲルベルク ツアラー』を日本初披露するほか、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』やクロスオーバーSUV『エクリプス クロス』、ミニバン『デリカ D:5』、軽ハイトワゴン『eK クロス』など、主力市販モデルも出品。そのほか、V2Hシステムをパッケージ化し、販売・設置からアフターメンテナンスまでをワンストップで提供する「電動 DRIVE HOUSE」の紹介などを行う。

【メルセデス・ベンツ】 東京モーターショー2019出展予想車

メルセデスベンツ ヴィジョンEQS

メルセデスベンツ ヴィジョンEQS

メルセデス・ベンツ日本は10月23日、東京モーターショー2019にて、同社の電動モビリティブランド「EQ」から、アジア初公開『ヴィジョンEQS(Vision EQS)』を出展しました。

ヴィジョンEQSは、EQブランド初のセダンコンセプトカーで「EQS」の「S」は『Sクラス』を意味し、将来の大型の電動高級サルーンを提示します。

パワートレインは、前後アクスルにモーターを搭載。

最大出力476hp、最大トルク77.5kgmを引き出し、0-100km/h加速4.5秒、最高速200km/hの性能を発揮します。

また、同じアジア初公開としてスマート初のEQとなる『EQフォーツー』が出展されるほか、『E350de』『V220dアバンギャルド ロング』『メルセデスAMG A45S 4マチック+エディション1』『メルセデスAMG A35 4マチック セダン』を日本初公開しています。

メルセデスベンツ ヴィジョンEQS(Vision EQS)

メルセデスベンツ ヴィジョンEQS(Vision EQS)

メルセデスベンツ ヴィジョンEQS(Vision EQS)

メルセデスベンツ ヴィジョンEQS(Vision EQS)

メルセデスベンツ ヴィジョンEQS(Vision EQS)

メルセデスベンツ ヴィジョンEQS(Vision EQS)

スマート EQフォーツー改良新型

スマート EQフォーツー(東京モーターショー2019)

スマート EQフォーツー(東京モーターショー2019)

スマート EQフォーツー(東京モーターショー2019)

スマート EQフォーツー(東京モーターショー2019)

スマート EQフォーツー(東京モーターショー2019)

スマート EQフォーツー(東京モーターショー2019)

メルセデスベンツの参加であるスマートは、10月23日から開幕した東京モーターショー2019にて、『EQフォーツー』(Smart EQ fortwo)改良新型をアジアで初公開しています。

EQフォーツーは、メルセデスベンツの電動ブランドである「EQ」の名前が冠されたスマートのEVモデル。2017年に初めて市販モデルであるEQフォーツーが発売され、今年のフランクフルトモーターショー2019において、改良新型モデルがワールドプレミアされました。今回、東京モーターショー2019の会場で公開されているのはこの改良新型モデルとなります。

【ルノー】 東京モーターショー2019出展予想車

新型ルーテシア

ルノールーテシア

ルノールーテシア

ルノー ルーテシア 新型(東京モーターショー2019)

ルノー ルーテシア 新型(東京モーターショー2019)

ルノー ルーテシア 新型(東京モーターショー2019)

ルノー ルーテシア 新型(東京モーターショー2019)

「東京モーターショー2019」に出展した数少ない輸入車ブランドの中で、フランスの自動車メーカー・ルノーは、5世代目となる新型『ルーテシア』を日本初公開した。

新型ルーテシアは、先代を踏襲しながらもより成熟したボディスタイリングと刷新されたインテリアに。

特にインテリアについては、デザイナーのローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏に「革命とも呼べるほど、見た目品質、そして洗練度と機能が大幅に向上しました。史上最高のルーテシアです」と言わしめるほど。

【その他】トミカなど気になる出展情報

《画像 タカラトミー》トミカ50周年記念コレクション

《画像 タカラトミー》トミカ50周年記念コレクション

タカラトミーは、「東京モーターショー2019」のトミカコーナーにて、12月発売予定の「トミカ50周年記念コレクション」を先行展示します。

《画像 タカラトミー》ブルーバードSSS クーペ

《画像 タカラトミー》ブルーバードSSS クーペ

《画像 タカラトミー》コロナマークIIハードトップ

《画像 タカラトミー》コロナマークIIハードトップ

《画像 タカラトミー》クラウン スーパーデラックス

《画像 タカラトミー》クラウン スーパーデラックス

《画像 タカラトミー》クラウン パトロールカー

《画像 タカラトミー》クラウン パトロールカー

《画像 タカラトミー》トヨタ2000GT

《画像 タカラトミー》トヨタ2000GT

《画像 タカラトミー》フェアレディ Z 432

《画像 タカラトミー》フェアレディ Z 432

トミカ50周年記念コレクション
・ブルーバードSSSクーペ
・コロナマークIIハードトップ
・クラウン スーパーデラックス
・クラウン パトロールカー
・トヨタ2000GT
・フェアレディ Z432

2019 東京モーターショー開催記念トミカ
・ダイハツ ウェイク
・SUBARU BRZ
・日野プロフィア
・ホンダ NSX
・いすゞ ギガ ダンプカー
・マツダ CX-5
・三菱 トライトン
・三菱ふそう エアロスター
・日産 セレナ e-POWER
・UDトラックス クオン
・スズキ ジムニー
・トヨタ GR スープラ

《画像 タカラトミー》2019東京モーターショー開催記念トミカ

《画像 タカラトミー》2019東京モーターショー開催記念トミカ

《画像 タカラトミー》2019東京モーターショー開催記念トミカ

《画像 タカラトミー》2019東京モーターショー開催記念トミカ

【その他】くまモン柄のナンバープレート!?【10月29日更新】

また、地方図柄ナンバープレートも展示されています。気になる方はぜひ見に行きましょう!

最新情報【東京モーターショー2021】も開催決定

そしてそして、気が早いですが、既に東京モーターショー2021の開催も決定しているとのこと。

今から期待ですね。2021年にはいったいどんな車が私たちを楽しませてくれるのでしょうか。

2020年、今回の会場のまわりはオリンピック・パラリンピックの選手村になります。
そこでは、今回見ていただいたような未来のモビリティたちが走りはじめます。
更に、その1年後の2021年には、次のモーターショーを予定しています。
今回、見ていただいたモノたちが、これからの2年でどれだけ進化をするのか?皆さま、想像してみてください。

【おさらい】東京モーターショー2017 来場者数は77万人 2015年よりも4万人減

10/27(金)から11/5(日)に渡って開催された第45回東京モーターショー2017。

総来場者は約77万人でした。

三菱自動車は、「東京モーターショー2019」にて、スモールサイズの電動SUVコンセプトカー『MI-TECHコンセプト』と新型軽コンセプトカー『スーパーハイト軽ワゴンコンセプト』を世界初披露します。

この、総来場者数は前回(2015年:81万2500人)より約4万人少ない結果に。

一般公開となった10月28・29日は台風22号の影響を受け、土日にも関わらず来場者数が各日で10万人を満たない出だし。

11月3日からの3連休では軒並み10万人をオーバーする記録に。最終日となった5日も晴天に恵まれ、朝から家族連れを中心に賑わいました。

後半の3日間で盛り返したものの、やはり序盤の台風の影響なのでしょうか、前回の2015年を下回り、4万1300人という結果でした。

総来場者数が前回を下回ったのは2回連続。

東京ビックサイトに会場を移した2011年以来となる80万人割れの結果になりました。

おすすめ記事はこちら

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/3908

2020年の新型車は? ランクル、ヴェゼル、プリウスPHV?!気になる方はぜひ

【2019年下半期】新型車情報!フルモデルチェンジ・発売日予想まとめ | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/3628

2019年下半期。あのSUVやあの名車がフルモデルチェンジします 東京モーターショー2019でも出展の予感?情報をまとめています

【2019年保存版】2019年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

https://matome.response.jp/articles/2203

東京モーターショー2019以外にも、おすすめのモーターショーは世界中にありますよ!

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。