トップへ戻る

【東京モーターショー2019】 出展車・新型車・コンパニオン情報ほか

【東京モーターショー2019】 出展車・新型車・コンパニオン情報ほか

東京モーターショー2019を写真とともに振り返っていきましょう!10月24日に始まり、11月4日に閉幕した東京モーターショー。約130万人の来場者数を記録し、大成功をおさめました。本記事では東京モーターショー2019の模様、出展車、コンパニオン情報をまとめて紹介します。気になる東京モーターショー2021の最新情報もまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダ MX-30(東京モーターショー2019)

マツダ MX-30(東京モーターショー2019)

マツダ MX-30(東京モーターショー2019)

マツダ FRクーペ

《APOLLO NEWS SERVICE》直6・SKYACTIV-Xを搭載するマツダの新型フラッグシップクーペ(予想CG)

《APOLLO NEWS SERVICE》直6・SKYACTIV-Xを搭載するマツダの新型フラッグシップクーペ(予想CG)

マツダが開発しているとみられる新型フラッグシップ・2ドアクーペ。このクーペが出展されるのではないかと見られています。

パワートレインは、3.0リットル直列6気筒SKYACTIVE-Xエンジンを搭載、走りを追求するプレミアムカーとしてFRの採用が予想されています。また、マイルドハイブリッドやプラグインハイブリッドモデルの設定も期待されています。

マツダのEVプロトタイプ(e-TPV=技術試作車両)

マツダのEVプロトタイプ(e-TPV=技術試作車両)

マツダのEVプロトタイプ(e-TPV=技術試作車両)

マツダは東京モーターショーで量産BEV(電気自動車、以下EV)を世界初公開するとしています。

『マツダ3』『CX-30』につづく新世代商品の第3弾となり、マツダが内燃機関にだけこだわっているわけではなく電動化へもしっかり取り組んでいることを印象付けることとなりそうです。

《写真 マツダ》マツダのEVプロトタイプ(e-TPV=技術試作車両)

マツダ 新型EV

マツダ 新型EV

マツダ・ロードスターの特別仕様車「シルバートップ」(東京モーターショー2019)

マツダ・ロードスターの特別仕様車「シルバートップ」(東京モーターショー2019)

マツダ・ロードスターの特別仕様車「シルバートップ」(東京モーターショー2019)

マツダ・ロードスターの特別仕様車「シルバートップ」(東京モーターショー2019)

【日産】 東京モーターショー2019出展予想車

日産 ジューク新型

《photo by NISSAN》日産ジューク新型

《photo by NISSAN》日産ジューク新型

日産の個性派SUV、ジューク新型。欧州で発表され話題になりましたね。

この新型ジュークが東京モーターショーで日本初公開となるのではと見られています。

《photo by NISSAN》日産ジューク新型

《photo by NISSAN》日産ジューク新型

《photo by NISSAN》日産ジューク新型

《photo by NISSAN》日産ジューク新型

【新型車】ニッサン IMk

日産、軽EV『IMk』

日産、軽EV『IMk』

いま、日本の乗用車市場における軽自動車比率は約4割にものぼる。そんな状況を反映して東京モーターショーには軽自動車のコンセプトカーも出展されているが、日産の『IMk』はそれらの多くとは一線を画する。なぜなら、単なるコンセプトではなく市販を見据えたEV軽自動車だからだ。

ボディサイズは全長3434mm×全幅1512mm×全高1644mm。ショー展示用の厚化粧をしているので軽自動車枠をはみ出しているが、見ての通りボディ自体はすでに発売されている軽自動車の『デイズ』である。

日産、軽EV『IMk』

日産、軽EV『IMk』

日産、軽EV『IMk』

日産、軽EV『IMk』

日産自動車は、軽規格サイズ電気自動車(EV)のコンセプトカー『ニッサン IMk』を世界初公開します。

ニッサン IMkは、新開発のEVプラットフォームを採用した軽自動車規格のボディサイズでありながら、EVならではのスムーズで力強い走りと優れた静粛性を実現可能にしたシティコミューターです。

ニッサン アリア コンセプト

ニッサン アリア コンセプト(東京モーターショー2019)

ニッサン アリア コンセプト(東京モーターショー2019)

ニッサン アリア コンセプト(東京モーターショー2019)

ニッサン アリア コンセプト(東京モーターショー2019)

ニッサン アリア コンセプト(東京モーターショー2019)

ニッサン アリア コンセプト(東京モーターショー2019)

ニッサン アリア コンセプト(東京モーターショー2019)

ニッサン アリア コンセプト(東京モーターショー2019)

日産は、東京モーターショー2019にて『ニッサン アリア コンセプト(ARIYA concept)』は、を公開しました。

日産のビジョン「ニッサン インテリジェント モビリティ」の新しい象徴となるEVクロスオーバーコンセプトモデルです。

前後に高出力電動モーターを配置したツインモーター4輪制御システムを採用。瞬時に緻密なトルクコントロールが可能な電動モーターによって、高次元の発進、加速性能だけでなく、悪路での優れたトラクションコントロールを実現しました。

これは『GT-R』や『エクストレイル』の4輪統合制御技術からインスパイアされたものだとのこと。

日産はアリア コンセプトを、「自動車業界が大きな変革期を迎える中で、ニッサンブランドを再定義し、日産の進化を次なるステージへと導くモデル」としています。

【スズキ】 東京モーターショー2019出展予想車

【フルモデルチェンジ】スズキ ハスラー

スズキ ハスラーコンセプト アーバンアウトドアスタイル(東京モーターショー2019)

スズキ ハスラーコンセプト アーバンアウトドアスタイル(東京モーターショー2019)

スズキ ハスラーコンセプト アーバンアウトドアスタイル(東京モーターショー2019)

スズキ ハスラーコンセプト アーバンアウトドアスタイル(東京モーターショー2019)

スズキ ハスラーコンセプト(東京モーターショー2019)

スズキ ハスラーコンセプト(東京モーターショー2019)

スズキ ハスラーコンセプト(東京モーターショー2019)

スズキ ハスラーコンセプト(東京モーターショー2019)

スズキは、東京モーターショー2019に軽クロスオーバーSUV・ハスラーコンセプトを参考出品しました。

ハスラーの外観は、現行ハスラーに近いイメージ。しかしながら灯火類やドア形状などのディティールが変更され、デザインの深化が伺えます。また、車体形状がより箱型に近くなり、リアクォーターウインドウが追加されたことによってより車体が大きく見えるようになりました。

インテリアは、現行ハスラーと同様にカラフルでポップなスタイリングを継承。インパネデザインは大幅にイメージチェンジ。新型『ジムニー』のような道具感の溢れるコックピットとなっています。

サイズは全長3395mm、全幅1475mm、全高1680mmで、ホイールベースは2640mm。パワートレインは658cc直列3気筒NAモデルと658cc直列3気筒ターボモデルが設定され、全てにマイルドハイブリッドが搭載されています。

ハナレ

スズキ HAHARE(ハナレ)

スズキ HAHARE(ハナレ)

自動運転が実現した効率化社会の中でも、車を所有する喜びを提案するのが、スズキのモバイルルーム自動運転車『HAHARE』(ハナレ)です。

このハナレは、誰もが移動時間とほどよい空間を有効活用することを意図して作られました。今回の東京モーターショー2019に参考出品される予定です。

名前からわかるように、ハナレ、つまり「離れ」のような空間が移動することで、プライベートな空間と、遊びの拠点との空間とを両立します。

ハナレ

ハナレ

ハナレ

ハナレ

スズキ・ハナレ

スズキ・ハナレ

【ダイハツ】 東京モーターショー2019出展予想車

ダイハツ工業 新型コンパクトSUV

ダイハツ工業 新型コンパクトSUV(東京モーターショー2019)

ダイハツ工業 新型コンパクトSUV(東京モーターショー2019)

ダイハツは東京モーターショーで市販予定車の新型コンパクトSUV(車名は未発表)のお披露目をしました。

かつてコンパクトSUV『ビーゴ』をラインナップとして展開していた同社ですが、令和という時代を迎えて新技術とともに再びコンパクトSUVを発進させます。

ダイハツ工業 新型コンパクトSUV(東京モーターショー2019)

ダイハツ工業 新型コンパクトSUV(東京モーターショー2019)

ダイハツ工業 新型コンパクトSUV(東京モーターショー2019)

ダイハツ工業 新型コンパクトSUV(東京モーターショー2019)

ダイハツ工業 新型コンパクトSUV(東京モーターショー2019)

ダイハツ工業 新型コンパクトSUV(東京モーターショー2019)

ダイハツ工業が東京モーターショー2019でサプライズ公開した『新型コンパクトSUV』は、7月に発表した新型『タント』に続く「DNGA(ダイハツ・グローバル・アーキテクチャー)」採用第2弾となる。正式な車名は未公表ながら、発売は年内を予定しているという。

車両サイズは全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mm、ホイールベースは2525mm。コンパクトSUVと言われる車種の中でも小ぶりのサイズになるため、総排気量996ccターボ付きエンジン搭載(最高出力98ps、最大トルク140Nm)ならパワーは申し分ないだろう。

IcoIco(イコイコ)

IcoIco(イコイコ)

IcoIco(イコイコ)

IcoIco(イコイコ)

IcoIco(イコイコ)

毎日の近距離移動に特化し、狭い道もスイスイ走れるコンパクトなパブリックトランスポーター。

地域の中で誰もが自分の意思で自由に移動することで、地域の交流の輪が広がることをイメージしているとのこと。

お世話ロボットNipote:IcoIcoに搭載される

お世話ロボットのNipote(ニポテ)もIcoIcoに搭載される

TsumuTsumu(ツムツム)

TsumuTsumu(ツムツム)

TsumuTsumu(ツムツム)

TsumuTsumu(ツムツム)

TsumuTsumu(ツムツム)

ツムツムの荷台は使い方に合わせて選べるカートリッジ式仕様。働く人にとって便利で使い易い工夫が詰め込まれています。

日本の地域産業を支え、元気を産むための1台になるべく軽トラックとしての用途以外にも農業用ドローン基地や個室空間など新しい使い方も期待されています。

WaiWai(ワイワイ)

WaiWai(ワイワイ)

WaiWai(ワイワイ)

WaiWai(ワイワイ)

WaiWai(ワイワイ)

3列シート6人乗りミニバン。東京モーターショー前にコンセプトカーの情報がリリースされると、ネット上で「かわいい!」と話題になりました。

WakuWaku(ワクワク)

WakuWaku(ワクワク)

WakuWaku(ワクワク)

WakuWaku(ワクワク)

WakuWaku(ワクワク)

関連する投稿


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。


アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

今や人気の面でも販売台数でも高級ミニバンの王者として君臨しているトヨタの「アルファード・ヴェルファイア」。なぜこれ程の人気があるのか?その人気について解説していきます。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。