トップへ戻る

【東京モーターショー2019】 出展車・新型車・コンパニオン情報ほか

【東京モーターショー2019】 出展車・新型車・コンパニオン情報ほか

東京モーターショー2019を写真とともに振り返っていきましょう!10月24日に始まり、11月4日に閉幕した東京モーターショー。約130万人の来場者数を記録し、大成功をおさめました。本記事では東京モーターショー2019の模様、出展車、コンパニオン情報をまとめて紹介します。気になる東京モーターショー2021の最新情報もまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


2人乗り超小型EV

超小型EV(電気自動車)

超小型EV(電気自動車)

トヨタ 超小型EV

トヨタ 超小型EV

トヨタ自動車は10月17日、2020年冬頃に発売を予定している2人乗り『超小型EV(電気自動車)』を東京モーターショー2019のMEGA WEB会場で開催されるFUTURE EXPOで一般公開すると発表しています。

超小型EVは、免許取得まもない初心者ドライバーや高齢者などが、買い物等で近距離移動することを想定して開発されています。

全長は2490mm×全幅1290mm×全高1550mmとなり、最小回転半径は3.9mと取り回しの容易なサイズとなっています。

乗車定員は2名、最高速度は60km/hで、一回の充電で約100kmの走行が可能となります。

トヨタ e-RACER

トヨタ e-RACER

トヨタ e-RACER

トヨタ e-RACER

トヨタ e-RACER

トヨタ e-RACER

トヨタ e-RACER

トヨタ e-RACER

トヨタ e-RACER

東京モーターショー2019でトヨタは、未来を体感できる「モビリティのテーマパーク」を謳い、そのブースには市販車はなく、「来年発売するクルマはひとつもない」と強調しました。そんな中、“未来の愛馬”として紹介されたコンセプトカーが未来の電動スポーツカー『e-RACER』です。

スペック等は特に明かされておらず、コンパクトなフォーミュラカー、もしくはカートのようなこのスタイリングが全てを物語っていると想像できます。

各所に散りばめられた「GR」のエンブレムにも注目ですね。

【レクサス】 東京モーターショー2019出展予想車

【世界初公開】レクサス LF-30 Electrified(東京モーターショー2019)

レクサス LF-30 Electrified(東京モーターショー2019)

レクサス LF-30 Electrified(東京モーターショー2019)

レクサス LF-30 Electrified(東京モーターショー2019)

レクサス LF-30 Electrified(東京モーターショー2019)

レクサス LF-30 Electrified(東京モーターショー2019)

レクサス LF-30 Electrified(東京モーターショー2019)

レクサス LF-30 Electrified(東京モーターショー2019)

レクサス LF-30 Electrified(東京モーターショー2019)

レクサスは東京モーターショーで、今後の電動化戦略の方向性を示すEVのコンセプトカー『LF-30 Electrified』を世界初公開しました。

LF-30という車名は、2019年でレクサスが創業30周年を迎えたことに由来。

その節目の年でこれからの30年を考え、また2030年ごろに走っているであろうクルマを想定してLF-30 Electrifiedはデザインされたとのこと。

LF-30 Electrifiedは、全長5090mm×全幅1995mm×全高1600mm。ホイールベースは3200mm。車両重量は2400kg。最高速度は200km/h。110kWhのバッテリー容量を有し、WLTP航続距離は500km。0-100km加速は3.8秒と、スーパーカー並みのパフォーマンス。

【ホンダ】 東京モーターショー2019出展予想車【10月25日更新】

ホンダの会見

ホンダの会見

ホンダの八郷隆弘社長は5月8日に都内にある本社で開いた事業方針説明会で、次期型『フィット』に2モーターハイブリッドシステムを搭載するとともに、2019年秋に開催する東京モーターショーで世界初公開することを明らかにしました。

八郷隆弘社長は会見でまず「ホンダはインフラやクルマの使われ方を考えると、CAFE(企業平均燃費)対応には最も有効な技術はハイブリッドだと考えている。全世界での拡販を通じて燃費の向上による地球環境への貢献を目指し、電動化はハイブリッドを中心に進めていく」との方針を改めて示しました。

ホンダ ホンダe

《photo by Honda》ホンダ e の最新プロトタイプ

《photo by Honda》ホンダ e の最新プロトタイプ

2017年の東京モーターショーで発表されたホンダの新型EV「アーバンEVコンセプト」。この市販モデルがホンダeです。

2019年後半に生産開始予定とホンダより発表されているので、東京モーターショー2019に登場する可能性は高いといえます。

《photo by Honda》ホンダ e の最新プロトタイプ

《photo by Honda》ホンダ e の最新プロトタイプ

ホンダ フィット新型

ホンダ フィット次期型

ホンダ フィット次期型

ホンダは10月16日、東京モーターショー2019で世界初公開を予定している新型『フィット』を、ホームページで先行公開しました。

新型フィットは、独自のセンタータンクレイアウトによる広い室内空間と、多彩なシートアレンジを継承し、ハイブリッドモデルにはより小型になった2モーターハイブリッドシステムを搭載します。

また、従来の使い勝手の良さはそのままに、乗った人が“心地よい”と感じるような、日常をさらに豊かにするクルマとして生まれ変わるそうです。

ホンダフィット新型

新型フィット

新型フィット

ホンダは東京モーターショー2019で、4代目となる新型ホンダ『フィット』を発表。

ライフスタイル・ライフステージに合わせた5つのタイプを設定しています。注目は、新型『フリード』にも新設定となったばかりのクロスオーバーSUVスタイル「クロスター」。

ホンダ フィット 新型

ホンダ フィット 新型クロスター

ホンダ アコード新型

《photo by Honda》ホンダ・アコード新型(北米仕様)

《photo by Honda》ホンダ・アコード新型(北米仕様)

ホンダは2020年初めに日本市場に投入する新型『アコード』に関する情報を、ウェブサイトで先行公開しました。

新型アコードは10代目。1976年発売の初代から一貫して持ち続けてきた「人と時代に調和したクルマ」という考え方のもと、現代のユーザーがセダンに求める価値を徹底的に追求することで、世界のベンチマークとなるような上級セダンを目指して開発されました。

新型アコードは、東京モーターショー2019にて、日本向け市販予定車の初公開を予定しています。

《photo by Honda》ホンダ・アコード新型(北米仕様)

《photo by Honda》ホンダ・アコード新型(北米仕様)

《photo by Honda》ホンダ・アコード新型(北米仕様)

《photo by Honda》ホンダ・アコード新型(北米仕様)

ホンダ フリード改良新型

ホンダ・フリードクロスター

ホンダ・フリードクロスター

ホンダは、10月18日にマイナーモデルチェンジを予定しているコンパクトミニバン『フリード』および『フリード+』に関する情報を、ホームページで先行公開しています。

フリードの今回のマイナーモデルチェンジの目玉は、ずばりクロスオーバースタイルのエクステリアが特長の新グレード「クロスター」が追加されたこと。

時期的にも、東京モーターショー2019に出展されると見てまず間違いないでしょう。

【スバル】 東京モーターショー2019出展予想車

スバルは、東京モーターショー2019で出展する車種情報を発表しました。

世界初公開となる『新型レヴォーグ・プロトタイプ』(既報)、特別仕様車の『WRX STI EJ20 Final Edition プロトタイプ』、『インプレッサSport 2.0i-S EyeSight』、『XV Advance(e-BOXER搭載車)』、『フォレスターAdvance(e-BOXER搭載車)』、参考出品となる『VIZIV ADRENALINE CONCEPT』、2019 Super GT参戦車両『BRZ GT300 2019』の計6台になります。

スバル レヴォーグ

スバル レヴォーグ 新型のプロトタイプ

スバル レヴォーグ 新型のプロトタイプ

スバルレヴォーグプロトタイプ

スバルレヴォーグプロトタイプ

SUBARU(スバル)は23日、東京モーターショー2019において、新型『レヴォーグ』のプロトタイプを世界初公開しました。

スバルでは「自動運転化が進むモビリティ社会において、『誰もが自分の意志で、運転をどこまでも愉しめる未来』を実現したパフォーマンスワゴンをうたっています。
市販モデルの発売は2020年後半を予定しているとのこと。

スバル・レヴォーグ新型(プロトタイプ)

スバル・レヴォーグ新型(プロトタイプ)

スバル・レヴォーグ新型(プロトタイプ)

スバル・レヴォーグ新型(プロトタイプ)

《APOLLO NEWS SERVICE》スバル レヴォーグ 次期型のボディ拡大は必至か。画像は予想CG

《APOLLO NEWS SERVICE》スバル レヴォーグ 次期型予想CG

現行型『WRX STI』

現行型『WRX STI』

現行型『WRX STI』

1989年から長年にわたって主力エンジンだったEJ20型水平対向エンジンが、今年度内に生産終了します。

これに伴って、現行型『WRX STI』も2019年12月23日で受注を終了。

その集大成となる特別仕様車『WRX STI EJ20 ファイナルエディション』のプロトタイプが、東京モーターショー2019で公開されました。

WRX STI Type Sをベースに、回転系パーツの重量公差・回転バランス公差を低減したバランスドエンジンを採用。EJ20型エンジンの特長である高回転域まで吹け上がる気持ち良いエンジンフィーリングをさらに磨き上げています。

555台限定の抽選販売で、受付期間中に販売店でのエントリーが必要。限定台数を上回るエントリーがあった場合は「厳正なる抽選のうえ、当選者に商談の機会を設定する」としています。

価格は「EJ20 ファイナルエディション」が税込452万1000円、「EJ20 ファイナルエディション フルパッケージ」が同485万1000円となっています。

スバルVIZIV ADRENALINE CONCEPT

スバルVIZIV ADRENALINE CONCEPT

スバルWRX STI EJ20 Final Editionプロトタイプ

スバルWRX STI EJ20 Final Editionプロトタイプ

スバル・インプレッサSport 2.0i-S EyeSight

スバル・インプレッサSport 2.0i-S EyeSight

スバルXV Advance(e-BOXER搭載車)

スバルXV Advance(e-BOXER搭載車)

フォレスターAdvance(e-BOXER搭載車)

フォレスターAdvance(e-BOXER搭載車)

『レガシィツーリングワゴン』に代わって2014年にデビューした現行レヴォーグは、当初は日本専用モデルとして大々的にアピール。

日本の道路事情を考慮し、レガシィツーリングワゴンより全長・ホイールベースを100mm短縮。大型化したレガシィに代わる主力モデルとなっています。
この、レヴォーグの次期型のワールドプレミアが東京モーターショー2019で行われるのではないかと言われています。

ワールドプレミアが10月の東京モーターショー2019にて行われれば、年内には発売となりそうです。

【マツダ】 東京モーターショー2019出展予想車

MX-30

マツダMX-30

マツダは東京モーターショー2019のプレスカンファレンスで、同社初の量産電気自動車(EV)となる『MX-30』を世界初公開しました。

丸本明社長は「本日から欧州で先行予約を開始し、来年に欧州のお客様からお届けしていく」と投入計画を表明しました。

このEVは、新たにマツダのラインアップに加わる新世代商品であり、今年発売した『マツダ3』、『CX-30』に続く第3弾。

丸本社長は電動化技術の呼称を「e-SKYACTIV」と明らかにし、かねての電動化計画に沿い、2030年までに生産するすべての車両にこの電動化技術を搭載すると述べています。

MX-30の公表されている性能は、フル充電時の航続距離が欧州のWLTPモードで200kmとなっているがモーター出力などは明らかにしていない。リチウムイオンバッテリーの容量は35.5kWh。マツダはトヨタ自動車などとの共同出資によるEVの開発会社を擁しているが、MX-30は自社開発した。

このEVで提案する価値は「自然体」としており、他のマツダ車とは異なるスタイリングを採用している。また、ドアは2003年発売の『RX-8』で採用した、いわゆる観音開きの「フリースタイルドア」を採用、デザインと居住性の両立を図ったという。

欧州での納車は20年の後半を予定している。最初の販売先を欧州にした理由について、丸本社長は「環境規制が厳しく、(マツダはペナルティなどで)苦しんでいるから。規制はクリアしていかなければならない」と説明した。

一方で、日本など欧州以外での販売時期については明らかにしなかった。また、車名に「MX」を冠したことについては、「ロードスター(の海外名)もそうしているように、新しい価値にチャレンジする商品を歴史的にMXとしてきた経緯がある」と指摘した。

関連する投稿


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。


アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

今や人気の面でも販売台数でも高級ミニバンの王者として君臨しているトヨタの「アルファード・ヴェルファイア」。なぜこれ程の人気があるのか?その人気について解説していきます。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。