トップへ戻る

【2022年上半期】ミニバン販売台数ランキング!今売れてるミニバンはこれだ!

【2022年上半期】ミニバン販売台数ランキング!今売れてるミニバンはこれだ!

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数上位車種をご案内します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきましょう!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ファミリーならやっぱりミニバンでしょ!

ホンダ オデッセイ(2016年型)

大きくて車内が広いということから、ファミリー層からの人気が非常に高くなっているのがミニバンです。

小さなお子様がいるご家庭では、ベビーカーなどもそのまま積むことが出来るのでとても便利です。

小学生以上のお子様がいるご家庭は、シートも広くアレンジも利きやすい車が多いことから遠出の旅行などにとても使いやすい車となっています。

また、その広さから子供だけでなく大人がぎっしり乗ってもゆとりを持って快適に過ごせるような形が多く老若男女問わず、幅広い層から支持を得ています。

そこで今回は、「ミニバンの人気おすすめランキング」と題してどのようなタイプのミニバンが人気だったのか、販売台数毎にランキングでお届けします。

【2022年上半期】ミニバン販売台数ランキング!

それでは、自販連の月別統計データより、2022年上半期(1〜6月)のミニバン販売台数上位の売れ筋車種を見ていきましょう。

社会情勢が大きく揺れ動く2022年に売れたミニバンは、一体どんな車種だったのでしょうか。


※販売台数ランキング情報は、2022年10月現在 一般社団法人日本自動車販売協会連合会調べの乗用車ブランド通称名別順位データを基に作成したものです。各車種の詳細な販売台数については、日本自動車販売協会連合会のデータをご確認ください。

第1位 トヨタ ノア/ヴォクシー(約46,300台)

《画像提供:Response 》《写真提供 トヨタ自動車》トヨタ ヴォクシー 新型

堂々の1位を獲得したのは、トヨタの「ノア/ヴォクシー」。もはや日本のミニバンの定番とも言えるノア/ヴォクシーは2022年1月にモデルチェンジしました。新型ノア/ヴォクシーは、旧式化していた高度運転支援システムを刷新し、最新型に。また、ハイブリッドシステムもトヨタで初の第5世代に進化し、実に95psを発揮するモーターを搭載するなど、全面的にアップデートしています。

ミニバンの命ともいえる室内空間は、全幅が5ナンバーサイズを超え1,730㎜となったことも相まって、左右のCピラー間が75㎜も拡大して1,295㎜となるなど、大幅に拡大しています。また、助手席側スライドドアには、ユニバーサルステップと呼ばれる機械式のステップが、わずか3.3万円でオプション装着できます。

このように、まさに、ミニバンとして王道のモデルチェンジを遂げたノア/ヴォクシー。要注目です!

【トヨタ ヴォクシー ハイブリッド S-Z 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,695mm×1,730mm×1,895mm
ホイールベース2,850mm
最大乗車定員7名
車両重量1,670kg
燃費WLTCモード:23.0km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1,797cc
エンジン最高出力72kW(98PS)/5,200rpm
エンジン最大トルク142N・m(14.5kgf・m)/4,000rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力70kW(95PS)
モーター最大トルク185N・m(18.9kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格3,400,000円(消費税抜)
(2022年10月現在 トヨタ公式サイトより)

《画像提供:Response 》《写真提供 トヨタ自動車》トヨタ ノア 新型。エアロモデルの「S-Z」

トヨタ ノア/ヴォクシーのユーザー評価

トヨタ ノア

前車のノア70系と比較して、乗り心地が大幅に向上しています。重心が安定し、路面が凸凹でも横揺れが少なくなりました。快適です。
ハイブリッド車で、アクセルOFF時の回生ブレーキがよく効いているのが初体験です。
ディスプレイに表示される情報がたくさんあり、楽しいですが、まだ機能全体を把握出来ずにいます。
停止時のブレーキ保持は良いですね。
10.5インチの大画面ディスプレイplusは映像がとても美しく、見やすいです。

第2位 ホンダ フリード(約43,800台)

ホンダ フリード クロスター

《画像提供:Response 》ホンダ フリード クロスター

第2位は、ホンダのコンパクトミニバン、フリードです。デビューから6年が経過し、来年モデルチェンジが噂されているクルマとは思えない快進撃で、2022年上半期は43,800台を売り上げ、フリードは単一車種(1位のノア/ボクシーは2車種の売り上げの合計)としては2022年上半期で最も売れたミニバンになりました。

やはり、全長を4.3m以下に抑えた「ちょうどいい」ボディサイズや、多彩なシートアレンジが可能な点がユーザーからの支持を集めているようで、ハイブリットモデルでもガソリンモデルでも燃費が良好な点も高評価を集めています。

さらに、2019年の大規模マイナーチェンジで、SUV風味の「クロスター」が追加され、コンパクトミニバンクラスとしては初めてクロスオーバー風デザインとして登場した事も、ユーザーからの支持獲得に繋がっているようです。

現行モデルでも十分競争力がありそうなフリードですが、2023年にはフルモデルチェンジが予想されています。最大のトピックスは、ハイブリッドシステムが「SPORT HYBRID i-DCD」から、2つのモーターを持った「e:HEV」にアップデートされる事。

「e:HEV」では、通常走行時はモーターのみで走行し、高速走行時のみ、エンジンの駆動力がタイヤに伝わるシステムで、より高い燃費と、モーターでの力強い走りを両立しています。

フリードのモデルチェンジが楽しみな反面、現行モデルも十分魅力的なので悩ましいですね!

【ホンダ フリード ハイブリッド クロスター 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,265mm×1,695mm×1,710mm
ホイールベース2,740mm
最大乗車定員6名
車両重量1,440kg
燃費WLTCモード:20.9km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1,496cc
エンジン最高出力81kW(110ps)/6,000rpm
エンジン最大トルク134N・m(13.7kgf・m)/5,000rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力22kW(29.5ps)/1,313-2,000rpm
モーター最大トルク160N・m(16.3kgf・m)/0-1,313rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション7速DCT
新車価格2,639,000円(消費税抜)
(2022年10月現在 ホンダ公式サイトより)

ホンダ フリード 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/HO/S083/

ホンダ フリードの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

フリードの中古車情報はこちらからチェック!

ホンダ フリードのユーザー評価

《画像提供:Response 》ホンダ フリード

ホンダ フリード(ハイブリッド)
FREED ハイブリッド G HondaSENSINGの初インプレッションです。
4月に納車後、ゴールデンウィーク中に千葉まで旅行に行った際の評価です。
ワインディング路で意外と旋回性がよく、直進安定性もビシッとしており、
前車フリードハイブリッド(GP3)比較で全然よくなってます。
細かい路面の荒れ部分でもアブソーバーが良く動いているのか、振動があまり伝わってきません。
燃費も以外に良く、680Kmほど無給油走行で21.6Km/Lでした。(郊外路・一部山間部分あり)

ホンダ フリード(ハイブリッド)
ホンダインターナビはPCやスマホにもリンクし燃費がパソコン上でも確認出来ます。
スタッドレスをはいて、ECOモードにして出来るだけモーターで走行できるように
アクセルの踏み代には注意して運転していれば、燃費は余裕で20kmは超えますね。
乗り心地も段差のショックもよく抑えられており、思った以上にエンジン音が高速では気に成らないくらい静かな車です。

第3位 トヨタ アルファード(約34,800台)

《画像提供:Response 》トヨタ アルファード

第3位にランクインしたのは、日本を代表する高級ミニバン「トヨタ アルファード」です。車両価格が平均500万円近くするクルマが、半年で約3.5万台も売れるなんて凄い事ですよね!

アルファードのインテリアは、まさに走る高級ホテル!どの席に座ってもラクシュリーな雰囲気に浸ることができます。なかでも「 Executive Lounge」モデルの2列目シートは、飛行機のビジネスクラスを思わせる豪華なシートが用意されていて、座ると正にVIP気分を味わえます。

アルファードの販売を支えていたのは、その驚異的なリセールバリュー。3年乗ってもかなり高い金額で売れるので、実質的なユーザーの負担が少なく済む点が大いにウケています。

アルファードは2023年のモデルチェンジが噂されています。そのためか、2022年10月現在、ディーラーでの新車の受付はオーダーストップ状態にあるとの情報もあります。次期アルファードは、現行型で確立した豪華路線を更に推し進める事が予想されます。

ただ、大人気ミニバンのフルモデルチェンジですから、実際にオーダーしてクルマが手元に届くまでのリードタイムがどのくらいになるのかは、誰にも予想できません。

どうしてもアルファードが今すぐ欲しい!と思う方は、2022年10月現在で相当な高値にはなっていますが、中古車を探すのが現実的でしょう。

【トヨタ アルファード ハイブリッドG“Fパッケージ”】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,945mm×1,850mm×1,950mm
ホイールベース3,000mm
最大乗車定員7名
車両重量2,190kg
燃費WLTCモード:14.8km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 2,493cc
エンジン最高出力112kW(152PS)/5,700rpm
エンジン最大トルク206N・m(21.0kgf・m)/4,400-4,800rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力フロント105kW、リヤ50kW
モーター最大トルクフロント270N・m、リヤ139N・m
駆動方式電気式四輪駆動(E-Four)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格5,066,364円(消費税抜)
(2022年10月現在 トヨタ公式サイトより)

アルファードのユーザー評価

トヨタ アルファード

《画像提供:Response 》トヨタ アルファード

トヨタ アルファード(ハイブリッド)
納車後、約2ヶ月。3000km走行後のレビューです。
高かったけど、静粛性、乗り心地よし。
燃費もこの大きさで13〜14kmで最高です。

トヨタ アルファード(ハイブリッド)
重いのに、エスティマハイブリッドより高燃費です。30プリウスに近い制御で、とにかく電池を貯めようと努力してくれます。
エアコンも高燃費に寄与しています。
20アルファードと比べて収納も多くなり、とにかく荷物がたくさん積めます。

第4位 日産 セレナ(約27,900台)

《画像提供:Response 》日産セレナ e-POWER

第4位は、日産を代表するミニバン「セレナ」です。

セレナと言えば、「e-POWER」。エンジンで発電機を回し、モーターで走るという電気自動車のような力強い走行感覚が、ユーザーに広く受け入れられています。なかでも、アクセルペダルひとつで車速をコントロールできるワンペダルドライブは、新しいドライビングスタイルとして大人気に!

今でも十分に魅力的なセレナですが、2022年中のモデルチェンジが濃厚となっています。もう一度書きますが、セレナと言えば、「e-POWER」。e-POWERの発電用エンジンは1.4Lに排気量が拡大され、発電量が向上。走行用のモーターは出力が100kwから120kwへと強化される事が噂されるなど、走行性能がかなり強化される見込みです。

エクステリアデザインは全体的にキープコンセプトながら、電気自動車のアリアと強い関連性を感じさせるVモーショングリルやLEDライトを装備し、より未来的なデザインになるとの事。

インテリアはフル液晶デジタルメーターと、大型のインフォティメント液晶ディスプレイの搭載により、大幅にアップデートされます。そして、従来では7人乗りしか選べなかったe-POWERでも、8人乗りが選べるようになるようです。

走りも、ミニバンとしての機能も大幅に進化する新型セレナの登場が楽しみですね!

【日産 セレナ e-POWER ハイウェイスターV】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,770mm×1,740mm×1,865mm
ホイールベース2,860mm
最大乗車定員7名
車両重量1,780kg
燃費WLTCモード:18.0km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンハイブリッド 1,198cc
エンジン最高出力62kW(84PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク103N・m(10.5kgf・m)/3,200-5,200rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力100kW(136PS)
モーター最大トルク320N・m(32.6kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション-
新車価格3,257,000円(消費税抜)
(2022年10月現在 日産公式サイトより)

日産セレナ e-POWER AUTECH SPORTS SPEC

日産セレナのユーザー評価

発進加速は 力強くスムーズ。
シフトは Sモードオンリーで、加減速思いのまま。いつものドライブや通勤がとても気持ちいい。
アクセル離せば、停止までスムーズ。でも停止維持や極低速域は ブレーキ操作しないと、いろんな意味で危ないので、必ずブレーキ使います。停止維持は ブレーキホールドがあるので、楽チン。
3台セレナを乗り継ぎましたが、e-powerが一番

日産セレナ
家族、トライブするには良い車です、ノア、ヴォクシー、エクスクワイヤーよりも、セレナでしょう、セレナは、トルクがあるので、坂道でも、らくらくです。
走りも、ストレス感じません。
8人乗せても、リッターあたり12.5キロ走りました。

日産 セレナ 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/NI/S012/

日産 セレナの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

セレナの中古車情報はこちらからチェック!

第5位 トヨタ シエンタ(約25,900台)

《画像提供:Response 》《写真提供 トヨタ自動車》トヨタ・シエンタ:ホワイトパールクリスタルシャイン

5位はトヨタ・シエンタです。

新型シエンタが、7年ぶりのフルモデルチェンジで2022年8月に登場しましたので、5位のランキングは旧型のシエンタによって達成されたものです。モデル末期の旧型でも25,900台も売り上げるんですから、すごいですよね。

2022年8月に登場した新型シエンタは、先代のスニーカーをイメージしたポップなデザインから、ヨーロッパの小型商用車を思わせるツール感のあるスタイリングへとデザインが変わりました。

先代と同じく、7人乗りと5人乗りがラインナップされており、こちらも先代と同じくハイブリッドとガソリンの2つのエンジンが選べます。ハイブリッドもガソリンエンジンモデルも、1.5Lエンジンは直列3気筒のダイナミックフォースエンジンとなり、どちらも最高出力が向上。

トヨタで最小の7人乗りミニバンながら、3列目もしっかり座れるデザインとなっていて、不要の時には2列目のシート下にダイブインさせる事でラゲッジスペースを拡大する事が出来るなど、様々な使い方に対応できるのがシエンタの特徴です。

旧型からガラリとデザインを変えてきたシエンタに、ユーザーがどう言う反応を示すのか、注目ですね!

【トヨタ シエンタ HYBRID Z 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,260mm×1,695mm×1,695mm
ホイールベース2,750mm
最大乗車定員7名
車両重量1,370kg
燃費WLTCモード:28.2km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリン 1,490cc
エンジン最高出力67kW(91ps)/5,500rpm
エンジン最大トルク120N・m(12.2kg・m)/3,800‐4,800rpm
モーター種類
交流同期電動機
モーター最高出力
59kW(80ps)
モーター最大トルク
141N・m(14.4kg・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格2,645,455円(消費税抜)
(2022年10月現在 トヨタ公式サイトより)

トヨタ シエンタ 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S077/

トヨタ シエンタの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

トヨタ シエンタのユーザー評価

《画像提供:Response 》《写真提供 トヨタ自動車》トヨタ・シエンタZ(ハイブリッド・2WD・7人乗り、アーバンカーキ)

トヨタ シエンタ(このユーザー評価は旧型のものです)
この車の場合、70~80km/hが良い感じで14くらいで燃費計の瞬間最高値は17.8です。
逆に100~110km/hは燃費が3km悪い11。
また50~60km/hでは10の壁は厚い感じ。
総合的に見ると12くらいで落ち着くって感じです。
AWDゆえにこんな物なのでしょうね。


トヨタ シエンタ(このユーザー評価は旧型のものです)
予想以上に燃費が安くて助かりました。遠距離ドライブをしたのですが、給油する回数が少なくて安定したドライブに繋がり嬉しかったです。
また通勤の時にも使いましたが、燃費の良さで経費を最小限に抑える事ができました。
やはり車は燃費が大事だと思いました。

第6位 ホンダ ステップワゴン(約12,400台)

《画像提供:Response 》《写真提供 ホンダ》ホンダ・ステップワゴン新型(エアー)

6位は、ホンダ ステップワゴンがランクインしました。

6代目となるステップワゴンは、2022年5月に発売されました。このランキングは、2022年1月〜6月の新車販売データを基にしていますので、ステップワゴンの12,400台はほぼ全て旧型の販売実績によるものです。

6代目ステップワゴンは、初代ステップワゴンをオマージュした「ちゃんとボンネットがあるデザイン」を特徴としています。最近のミニバンの常として、プレーンなデザインの「AIR」と、押し出し感のある「SPADA」の2本立てでデビューしました。

新型ステップワゴンの特徴は、全車3ナンバーになった事です。旧型では「SPADA」が装着するエアロパーツの関係で3ナンバーになっていましたが、今回からはベーシックな「AIR」も全幅が1,750mmになりました。理由は、「広い室内空間の実現」で、とくに3列シートの居住性は旧型に比べ格段に向上しています。

また、先代ステップワゴンの特徴だった、リアハッチに備わる第5のドア「わくわくゲート」が廃止されました。リアガラスが分割されて線が入ってしまう点がユーザーに不評だったのと、どうしても構造的に車重が嵩んでしまう事が廃止理由と言われています。

ステップワゴンは、今回のモデルチェンジで徹底的に商品力を磨き上げていて、居住性の向上、内装の質感アップ、最先端の予防的安全システムへのアップグレード、ハイブリッドの e:HEV化による燃費向上と、全方位にわたって大幅に進化しています。

2022年にはステップワゴン、ノア/ヴォクシー、セレナという3大ミニバンが全て新型に切り替わりますので、比較検討するのが大変ですね!

【ステップワゴン AIR(FF)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,800mm×1,750mm×1,840mm
ホイールベース 2,890mm
最大乗車定員 7名
車両重量 1,810kg
燃費(WLTCモード) 13.9km/L
エンジン種類 直列4気筒ガソリンターボ 1,496cc
エンジン最高出力 110kw(150ps)/5,500rpm
エンジン最大トルク 203N・m(20.7kgf・m)/1,600-5,500rpm
モーター種類 -
モーター最高出力 -
モーター最大トルク -
駆動方式 前輪駆動(FF)
トランスミッション 無段階変速オートマチック(トルクコンバーター付)
新車価格 2,998,600円(税込)
(2022年10月現在 ホンダ公式サイトより)

ホンダ ステップワゴン 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/HO/S003/

ホンダ ステップワゴンの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ステップワゴンの中古車情報はこちらからチェック!

ステップワゴンのユーザー評価

《画像提供:Response 》《写真提供 ホンダ》ホンダ・ステップワゴン新型(スパーダ)

ホンダ ステップワゴン ハイブリッド
復路170km中、高速150km+下道20km程度で夜間走行、6人乗車、
エアコン27度で燃費は17km弱。何故か燃費は伸びませんでした。
2時間運転しましたが、レーンキープ+ACC機能で疲れはほぼないに等しいです。過去の2011年式フリードに比べて、疲れは1/3以下で燃費は同じ位ですね。同乗者は1,2列目は相当快適なようです。
これまで片道500kmとか関東への車移動は、検討していませんでしたが今後検討してみようと思います。

第7位 三菱 デリカD:5(約8,000台)

《画像提供:Response 》デリカD:5

第7位にランクインしたのは「三菱 デリカD:5」。上半期の累計販売台数は8,000台となっています。

デリカD:5の注目点は走行シーンに合わせて選ぶことのできる3つのドライブモードにあると言って良いでしょう。2WDモード、4WDオートモード、そして4WDロックモードの3種類。特に4WDロックモードは悪路や雪道での走破製を高めるために後輪への駆動配分を大きくしています。

未舗装路念頭に置いた走行モードを用意するミニバンはこのデリカD:5くらい。オフロードも平気で走れるハイパフォーマンスミニバンと言っても良いでしょう。アウトドア好きなら買って損はありません。

なおデリカD:5のエンジンはディーゼルエンジンであるということ。ガソリンエンジンとは異なるフィーリングのエンジンですので、経験のない方は一度試乗することをお勧めします。

【三菱 デリカD:5 P 8人乗り】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,800mm×1,795mm×1,875mm
ホイールベース2,850mm
最大乗車定員8名
車両重量1,980kg
燃費WLTCモード:12.6km/L
エンジン種類直列4気筒ディーゼルターボ 2,267cc
エンジン最高出力107kW(145PS)/3,500rpm
エンジン最大トルク380N・m(38.7kgf・m)/2,000rpm
駆動方式四輪駆動(4WD)
トランスミッション8速AT
新車価格4,069,000円(消費税抜)
(2022年10月現在 三菱公式サイトより)

関連する投稿


【スライドドアのコンパクトカー】おすすめ車9選!使い勝手良く家族も喜ぶスライドドア車、厳選しました

【スライドドアのコンパクトカー】おすすめ車9選!使い勝手良く家族も喜ぶスライドドア車、厳選しました

軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広く存在していまう。値段も大抵は200万円以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


【2022年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2022年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


【2022年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2022年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2022年10月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ シエンタが7年ぶりのフルモデルチェンジ!新型シエンタと対抗車種を比較

トヨタ シエンタが7年ぶりのフルモデルチェンジ!新型シエンタと対抗車種を比較

トヨタ シエンタが、7年ぶりにフルモデルチェンジを果たしました。シエンタは、ホンダのフリードとともに3列シートの「コンパクトミニバン」で、ファミリー世代を対象としています。そんな新型シエンタは、どのような車がライバルと成り得るのでしょうか。


【2022年最新】軽自動車燃費ランキングTOP10!燃費がいい軽自動車はコレ

【2022年最新】軽自動車燃費ランキングTOP10!燃費がいい軽自動車はコレ

価格の安さや維持費の安さでお財布に優しい軽自動車ですが、近年の軽自動車は燃費性能も大幅に向上しており、上手に選べばガソリン代もしっかり節約することができます。いったいどの軽自動車が低燃費なのか、気になってきますよね。この記事では、最新のカタログ燃費をもとに、最も低燃費な軽自動車10車種を紹介します。最新軽自動車の驚きの燃費性能を、ぜひチェックしてみてくださいね。


最新の投稿


【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

女性が運転していたらより一層かっこいい。そんな車を国内外の多様なジャンルの車から国産車5台、輸入車5台をピックアップしました。貴女に似合うピッタリの一台が見つけてください。


【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

車には様々なボディタイプがありますが、多くの人が車と聞いて最初に思い浮かべる、最もオーソドックスな形状の車がセダンです。最近のセダンは流れるルーフラインでクーペのような美しいデザインも多く、セダンの定義やイメージも時代とともに少しずつ変わってきています。この記事では、現在販売されている新車のセダンで販売台数ランキングトップ5の国産車と輸入車をそれぞれ5台ずつ、計10台紹介します。


【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

昨今アウトドアや車中泊の人気が高まっていますが、気軽に車中泊を始めるなら「軽バン」がおすすめです。もともとは「仕事用」のイメージが強い軽バンですが、実はいろいろな種類があります。この記事では車中泊におすすめの軽バンを5台紹介します。


【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

昨今、各メーカーが最も力を入れてるジャンルの一つであるといっても過言ではないSUV。悪路走破性能に特化した本格クロカンSUVはもちろんのこと、都市型クロスオーバーSUVや高級感溢れるフラッグシップモデル、さらには一風変わったこだわりのデザインの車種まで、国産&輸入のかっこいいSUVを10車種紹介します。


【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

市場には、リセールバリュー(再販価値)の高い車と低い車があります。購入時にリセールバリューの高い車を選べば、新車販売価格は高額であっても、所有期間中に目減りする資産価値、すなわち自分の持ち出し分は意外と少なくなる可能性も。この記事では、リセールバリューの高いおすすめの5車種を紹介します。