目次へ戻る

ホンダ 新型フリード ハイブリッドの魅力!フリード、フリードプラスの違いは?

ホンダ 新型フリード ハイブリッドの魅力!フリード、フリードプラスの違いは?

ホンダは、2016年9月16日より、全面改良した新型フリード、フリードHVを発売しました。今回はハイブリッドの魅力に迫ります。


新型フリード、ハイブリッドの魅力①ミニバントップのすばらしい低燃費

「ちょうどいい」を合言葉にホンダ・『フリード』が誕生したのは2008年。

全長4m強で5ナンバーサイズ。そこに3列シートを構築したフリードは、ミニバン系のホンダ販売を牽引するモデルに成長しています。

開発責任者の田辺正・本田技術研究所主任研究員

ホンダの新型フリードは、1.5リットルのガソリン車と同排気量のハイブリッド車(HV)があり、HVの最高燃費は27.2km/リットルとミニバンではトップレベルになったことがまず特徴と言えるでしょう。

フリードは3列シートで6~7人乗り。また旧『フリードスパイク』は『フリード+』(フリードプラス。

2列シート5人乗り)に改称、車椅子仕様の福祉車両も設定と、充実したラインアップであることも魅力だと言えます。

開発責任者の田辺正・本田技術研究所主任研究員は、「パッケージ、デザイン、メカニズムの全てを極限まで突き詰め、コンパクトサイズに凝縮した」と語ります。

初代は「ちょうどいい」をキャッチフレーズに、コンパクトで取り回しやすさなどを追求しましたが、「そこを更に一歩ずつ進めた」そうです。

車体サイズは、従来の取り回し性を維持するため全長を50mmだけ長くし、室内空間はクラス最大にしています。

内装のレベルアップにもこだわり、「ドアを開けると、ひと目で質感が良くなったと感じていただけるのでは」(田辺氏)と、アピールしていました。

とにかく車内空間が広すぎる!!ホンダフリード フリード+

http://matome.response.jp/articles/390

フリード・フリード+は、本田技研工業が開発し、販売しているミニバン型の小型乗用車だ。買い物をするのにも、家族でドライブに行くのにもちょうど良いサイズの車で人気になっている。そんなフリード・フリード+の素晴らしさについて紹介するために今回も詳しく調査した。

新型フリード、ハイブリッドの魅力②ちょうどいい大きさの車内空間

大きすぎず、でも小さすぎず、そんな「ちょうどいい」車内空間をもっていることも、新型フリードの大きな魅力です。

室内空間は、限られたスペースながら“ちょうどよすぎる”くらいに感じる巧みな空間構築がうれしい。試乗車は2列目キャプテンシートだったが、より上級クラスのミニバンのような居心地、着座感。3列目は贅沢を言わないまでも、2、3列目を使う場合はスペースをシェアしあえば、十分に実用になる。

一見キープコンセプト? とんでもない! 少し前傾させたリヤウインド(前進感)や全体のカタマリ感(守られ感)、スタンス(安定感)は、新型をすこぶるフレッシュなクルマに見せている。魅力の点で、欧州のコンパクトミニバン系のクルマと同質、同レベルに感じる。

インテリアも質感をグッと高めた。インパネ形状は『ステップワゴン』に似たデザイン。だがパッド部分や加飾パネル、マットシルバーのアクセントなどの見栄え、触感、パーツ同士の合わせなどのクオリティが高い。水平を通し、スッキリしたデザインのインパネのデザインも好感がもてる。“インフィニティプール”がこのインパネのデザインの素だったという。夜間、ドアトリムや床を仄かに照らす間接照明も大人びている。

新型、フリードプラス、フリード、あなたはどっちがお好み?

フリードは、フリードの他にフリードプラス(旧フリードスパイク)があります。
フリードプラスと、フリード、どちらがいいか悩む、という方も多いのではないでしょうか。
そこで、ここでは、フリードプラスの試乗記をご紹介します。

今回試乗したのは2列5人乗りの室内空間を持つ『フリードプラス』。先代では『フリードスパイク』と呼ばれていたモデルだ。そして試乗車に組み合わされたドライブトレーンは、1.5リットル、アトキンソンサイクルのDOHC4気筒にモーターを内蔵した7速DCTを組み合わせたハイブリッド仕様である。

テールゲートを開くと、大型段ボールをくりぬいたような空間が姿を現す。床面は異様なほど低い。天井までの高さは1255mm(開口部)もあって、ゴルフバックを縦積み出来るという。もっともバッグ4本立てて走れば後ろはほとんど見えないから、それはあまりやりたくない。かといって、ゴルフバッグを寝かせて積もうとしても、見事なほど四角く作られて、左右のスペースに無駄な空間が出来ているので、それはできない。横積みしようとすると、ユーティリティーボードを敷いて、その上に載せる方法しか取れず、いささか中途半端。では何故このような形態をとったのか…。
それは明らかにリアシートを倒して二人が横になれる空間を作るためである。震災などで家屋に入れず、車中泊をした経験がある人だと、この空間は非常に有難いだろう。それにエコノミークラス症候群の心配もない。ユーティリティーボードの下にはさらに荷物を押し込む空間があるから、例えば脱いだ靴なんかをそこに置ける(カタログの写真はまさにそうなっている)。これが、リアラゲッジスペースをこのように作り上げた最大の理由だと思う。

それ以外の使い方は、まずベッド仕様有りきの後から考えたものだろう。だから二人でキャンプに行こうとか、車中泊を前提にした使い方なら、このクルマの価値は非常に高いと思えたが、正直な話それ以上でも以下でもない。

フリードと違って、フリードプラスは、シートが2列5人乗りになっているところが大きな違いの一つですね。

この試乗記からもわかるように、アウトドア、例えばシートをベッド仕様にしたり、車中泊を多くするアウトドア派の方であれば、フリードプラスのほうが使い勝手がいいかもしれませんね。

アウトドア派なファミリーにオススメのファミリーカーはこれ!

http://matome.response.jp/articles/68/

奥さんや子どもがいる家族に人気のあるファミリーカーは、ミニバンをイメージしやすいですが、実はSUVが今オススメだってことを知っていましたか?今回はアウトドア派なファミリーはもちろん、パパママにオススメの車もまとめてご紹介します!

関連する投稿


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が、10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・ワールドプレミア・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。【9月10日更新】


マツダ MPVの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場

マツダ MPVの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場

マツダのMPVの燃費や性能をご紹介します。MPVとはミニバンの同義語であるMulti Purpose Vehicleの略を名前の由来とした車です。MPVの性能や特徴以外にも内装についてや、口コミ評価も載せていきます。 購入を検討している方は是非参考にしてください。


【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

2019年下半期。7月~12月にかけて、新型車・新車ラッシュ・フルモデルチェンジが控えています。本記事では2019年下半期に行われると予測される新型デビュー・モデルチェンジを、月ごとにまとめています。国産車・外車(輸入車)はもちろん、価格や注目ポイントも網羅。10月には来る東京モーターショーも控えている2019年下半期の新型車情報を見ていきます!【9月3日更新】


トヨタの最上級ミニバン アルファード/ヴェルファイア中古車価格まとめ

トヨタの最上級ミニバン アルファード/ヴェルファイア中古車価格まとめ

今回の記事では、トヨタの誇る最上級ミニバン、アルファードとヴェルファイアの中古車価格についてまとめています。アルファード、ヴェルファイアの購入検討を考えている方はぜひ本記事をご覧ください。


トヨタのミニバン!エスティマ 中古価格まとめ

トヨタのミニバン!エスティマ 中古価格まとめ

トヨタが生んだ、”天才タマゴ”のキャッチフレーズで一躍人気者になった初代エスティマ。登場からもうすぐ30年が経ちます。2019年7月31日に生産終了してしまったエスティマ。今回は、そんなエスティマの中古車についてお話しして行きます。


最新の投稿


リアスポイラー|役割・効果やリアウィングとの違い、取付費用などまとめ

リアスポイラー|役割・効果やリアウィングとの違い、取付費用などまとめ

リアスポイラー。自作等で取り付けすると車検が通るのか気になりますし、取付工賃や自分で塗装をする方法も知りたいところ。 そもそもリアスポイラーにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょう。今回はそんなリアスポイラーについて、わかりやすく紹介していきます。


【おすすめ10選】愛車の鍵のために!キーケースまとめ

【おすすめ10選】愛車の鍵のために!キーケースまとめ

鍵はいつも身に付けるものなので、ケースもこだわりたいところ。様々なタイプのキーケースがある中で、オススメのものを10選まとめています。


【おすすめ10選】愛車を綺麗に!洗車スポンジまとめ

【おすすめ10選】愛車を綺麗に!洗車スポンジまとめ

車が汚れてきたなと感じたら、何をしていますか?ガソリンスタンドで洗車サービスがあるので利用する人も多いと思いますが、自分でも自宅で洗車が可能です。今回は、自宅で洗車する際に大活躍のスポンジをご紹介します。


【おすすめ10選】車を綺麗に!カーワックスまとめ

【おすすめ10選】車を綺麗に!カーワックスまとめ

愛車を綺麗にお手入れしたい方にオススメのカーワックスをまとめました。コーティングよりもお手軽にできるワックスで、ピカピカの車を目指しませんか?


トヨタのハッチバック オーリス中古車価格まとめ

トヨタのハッチバック オーリス中古車価格まとめ

2006年にデビューしたトヨタ オーリスといえば、ハッチバックタイプのコンパクトカーであり、日本だけではなく世界的に人気のある車です。ヨーロッパではプリウスよりも売れているというから驚きですね。今回は、トヨタ オーリスの中古価格をまとめましたので一緒に見ていきましょう。