目次へ戻る

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。
※2019年8月時点のマニュアル車をまとめています。

トヨタのMT(マニュアル)車

GR/GR SPORT

ヴィッツ GR/GR SPORT

ヴィッツ GR(左)とヴィッツ GRMN(右)

ヴィッツ GR(左)とヴィッツ GRMN(右)

ヴィッツGR/GR SPORTとは、トヨタのスポーツコンバージョンブランド・GRシリーズから発売されている、コンパクトカーのヴィッツのスポーツグレードです。ハイブリッド GR SPORTというグレードもありますが、MT車ではありませんので、ヴィッツのMT車に乗りたい場合はGRかGR SPORTから選ぶこととなります。

MT車には5速トランスミッションが採用されています。諸元表によるとGRグレードとGR SPORTグレードの変速比と減速比は同じです。

GR/GR SPORTの大きな特長は、このグレード専用に作られたパーツが数多く採用されていることです。エクステリア・インテリア・パフォーマンスパーツに及ぶまで多岐にわたり、通常グレードとの明確な差別化がなされています。また、GRグレード限定の専用パーツが用意されている点も注目です。

GRグレード専用パーツの中で運転を楽しくさせてくれるパーツをいくつか紹介しますと、専用小径本革巻き3本スポークステアリングホイール、専用シルバープレートアナログメーター、アルミペダル、専用チューニングサスペンション+SACHSアブソーバーなどです。さらに、下回り部分にはボディ剛性強化部品が取り付けられています。

車両価格は、GRグレードが2,292,840円から、GR SPORTグレードが2,076,840円からです。価格にして20万円以上の差でGRグレードは高くなっていますが、その価格以上の価値はあります。

86GR/GR SPORT

86 GR プロトタイプ

86 GR プロトタイプ

トヨタを代表するスポーツカーの1つである86をよりスポーツ仕様に仕上げたのが86GR/GR SPORTグレードです。

GRグレードでは6速MT搭載モデルのみで、GRスポーツグレードには6速MTモデルと6速ATモデル(パドルシフト付き)が用意されています。MT仕様車の変速比・減速比は同じです。

ヴィッツ GR/SPORTと同じようにそれぞれのグレードで専用または共通の装備がエクステリア・インテリア・パフォーマンス装備に用意されています。特に、GRグレードでは専用のバンパーなど、他グレードとの差別化具合がとても高いです。

GRグレードの価格は4,968,000円、そしてGR SPORTの価格は3,846,960円となっています。価格差にして約100万円で、ヴィッツ GR/GR SPORT同士の価格さ(約20万円)よりも大きいです。

スポーツ系

86

トヨタ 86

トヨタ 86

86には先ほど紹介したGR/GR SPORTグレード以外にも3つのグレードが用意されていて、Gグレード、GTグレード、GT Limitedグレード、そしてGT Black Packageから選ぶことが可能です。価格は順番に、2,623,320円、2,981,880円、3,183,840円、3,356,640円となっています。

それぞれのグレードに6速MTモデルが用意されています。変速比・減速比は全て同じで、なおかつGR/GR SPORTグレードのものと同じです。以上のことから、86の全MTグレードでは変速比・減速比に違いがないということがわかります。

GR/GR SPORTグレードとの価格差が大きいということは価格を見れば明らかです。この違いの要因は標準装備している装備品の違いが大きいことは言わずもがなでしょう。例えば、SACHS製アブソーバーはG・GT系グレードでは標準装備ではなくオプション装備です。

コンパクトカー

カローラ スポーツ

カローラスポーツ

カローラスポーツ

初代コネクティッドカーであると同時にスポーツテイストに仕上げられ、「新世代ベーシック」カーとして販売されているのがカローラ スポーツです。コンパクトカーの中ではヴィッツに並ぶマニュアル・トランスミッション採用車種になります。

カローラ スポーツのMTモデルに採用されているトランスミッションはiMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)と呼ばれる変速機になります。iMTとはドライブセレクトモードの「SPORT」選択時に機能する、シフトアップ・シフトダウン時におけるエンジン回転数を制御するシステムです。このシステムによって誰にでもギアの変速をうまくできるようになりました。

カローラ スポーツのMT(iMT)モデルとしてGX、X、G、G Zという3つのグレードが用意されています。価格はこの順番で、2,106,000円、2,2248,000円、2,386,800円です。

セダン

カローラ アクシオ

カローラアクシオ

カローラアクシオ

トヨタのセダン車ラインナップにおいて唯一販売されているMT車がカローラ アクシオです。

2WDおよび4WDのガソリン車モデルそして2WDのハイブリッド車が用意され、そこからさらにグレードによっていくつかに分けられます。この中でMT車仕様となっているのが2WDのガソリン車の1.5Gと1.5Xです。1.5Gグレードは1,716,120円で1.5Xグレードは1,507,680円となっています。

エンジンについて少し触れておくと、MT車に搭載される排気量1.5Lの型式1NZ-FEエンジンは最高出力80kW(109PS)/6,000rpmに最大トルク138N・m(14.1kgf)/4,400rpmのスペックです。マークXやクラウンのような大排気量セダンとは違いますので、覚えておきましょう。

ワゴン

カローラ フィールダー

カローラ フィールダー

カローラ フィールダー

乗用車では2車種のみとなっているワゴン車ラインアップのうち1つであるカローラ フィールダー、スポーティー性・上質さ・新しさをデザインコンセプトとしているこの車、実はMT車が用意されています。

5速マニュアルが搭載されているグレードは、2WDのガソリン車モデルにある
1.5Gと1.5Xグレードです。1.5Gグレードは1,813,320円、1.5Xグレードは1,656,720円となっています。カローラ フィールダーNOグレード全体として見ると、とてもお買い得な価格帯です。

軽自動車

ピクシス トラック

ピクシストラック

ピクシストラック

ピクシストラックはトヨタの軽自動車トラックです。グレードバリエーションが多く、大きく6つのグレードが用意され、さらにそこから2WDモデルとパートタイプ4WDモデルが用意されています。全てのグレードに5MTモデルが用意されているのがポイントです。価格は680,400円~1,274,400円となっています。

ピクシス バン

ピクシスバン

ピクシスバン

ピクシス バンはバンタイプの軽自動車です。一部グレードを除き、この車種にも5MT仕様車が用意されています。MTモデルの価格帯は934,200円~1,431,000円(ターボ仕様車)です。

【2019年11月更新】トヨタのMT(マニュアル)車 最新情報

新型ヤリス

新型ヤリス

2020年2月中旬販売予定となっているヤリスには1.5Lガソリンエンジンと6速MTを組み合わせたグレードが用意されています。細かいスペックはまだ発表されていませんが、どういった車になるのか、楽しみです。

ホンダのMT(マニュアル)車

コンパクトカー

フィット

ホンダ フィット

ホンダ フィット

ホンダを代表するコンパクトカーと言えばフィットです。初代モデルのフィットが今でも街中を走っている姿を定期的に見ることからわかるように、日本を代表するロングセラーコンパクトカーとして存在しています。しかし、街乗り車としてだけでなく、各種モータースポーツでの活躍の場面が多いことも事実です。

現行車は1.3Lと1.5Lのガソリン車モデル、そして1.5Lのハイブリッド車が用意されています。この中で1.3Lと1.5Lのガソリン車モデルに1つずつMT車が用意されているのです。MT車はどちらもFF車(前輪駆動車)になります。

車両価格は、1.3LのMT車タイプ(13G・F)が1,428,840円で、1.5LのMT車タイプ(RS ホンダ・センシング)が2,050,920円です。特にRSグレードがオススメで、は6速MTで最高出力97kW(132PS)/6,600rpmに最大トルク155N・m(15.8kgf)/4,600rpmのスペックを備えていて、他メーカーの1.5Lコンパクトカーと比較しても高い数値を出しています。

関連する投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。