トップへ戻る

新型フェアレディZ NISMO初公開!2024モデルやカスタマイズドエディション追加も今すぐは買えない?

新型フェアレディZ NISMO初公開!2024モデルやカスタマイズドエディション追加も今すぐは買えない?

日産は、2023年8月1日、一部仕様を向上した新たな「フェアレディZ 2024年モデル」を発表しました。合わせてパフォーマンスを向上させた「フェアレディZ NISMO」を新たに追加しました。さらに、「東京オートサロン2023」に出展された「フェアレディZ Customized Edition」を再現できる日産純正アクセサリーパッケージも同年10月下旬に発売するようです。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


新型「フェアレディZ NISMO」ついに登場

《画像提供:Response》〈写真提供:日産自動車〉フェアレディZ NISMO

フェアレディZは、これまでに世界で180万台以上の販売を誇る、日産を代表するスポーツカー。2022年に登場した現行モデルとなる7代目フェアレディZは、歴代モデルのオマージュを感じさせる内外装デザインを取り入れたことで話題となりました。

7代目フェアレディZのエンジンは、新開発3.0リッターV型6気筒ツインターボエンジン。最高出力405馬力、最大トルク475N・mと、先代モデルより出力を大幅に向上させながら、シャープでスムーズなレスポンスを実現しています。

これに組み合わされるトランスミッションは2種類。6速マニュアルでは、大トルクのエンジンに対応するため、クラッチディスクとギヤトレインを強化しているほか、新設計のシンクロナイザーシステムの採用やシフトプロファイルの変更により、ドライバーの意のままのスムーズなシフトチェンジを可能としています。

新開発の9速オートマチックでは、幅広いギアレンジによりダイレクトで素早いレスポンスを実現。また、ドライブモードは、普段使いや高速道路でのロングドライブに最適なSTANDARDモードと、ワインディングロードなどでアグレッシブな走行を楽しみたいときに走りのポテンシャルを追求するSPORTモードから選択できます。

そんな7代目フェアレディZに、2023年8月1日、一部仕様を向上した新たな「フェアレディZ 2024年モデル」を発表するとともに、「東京オートサロン2023」に出展しされた「フェアレディZ Customized Edition」を再現できる日産純正アクセサリーパッケージも同年10月下旬に発売すると発表しました。

さらに、パフォーマンスを向上させたハイパフォーマンスモデルの「フェアレディZ NISMO」も発表し、一気にフェアレディZのラインアップを強化しました。

フェアレディZ 2024年モデルでは、全グレードにAmazon Alexaを標準搭載するとともに、カラーのラインアップにS30型「フェアレディZ 432」のカラーとして設定していた「グランプリオレンジ」を想起させる「432オレンジ」を新たに設定。さらに上位グレードとなるVersion TとSTグレードにブルーの特別内装色を追加設定しました。

フェアレディZ向けの日産純正アクセサリーパッケージとして展開される予定のフェアレディZ Customized Editionでは、フェアレディZのエンブレムが入ったフロントバンパー、グリル、カーボンリヤスポイラーなど、特徴的な外観を再現できるエントリーパッケージと、専用デザイン 19インチアルミホイール、専用デザインエンブレム、フードデカールやボディサイドステッカーで「東京オートサロン2023」出展車を再現できるフルパッケージの2種類を用意。どこまで変更したいかを選択可能になっています。

そして今回の目玉となる新型フェアレディZ NISMOには、通常モデルと比較してさまざまなNISMO専用チューニングが行なわれています。

エンジンは、最高出力を15馬力向上させ420馬力に、最大トルクも45N・m向上させ520N・mとし、パワフルな加速を実現。

また、トランスミッションは変速レスポンスと耐久性を向上させることで、俊敏なシフトチェンジを可能としています。

さらに、ステアリングとボディのねじり剛性を高めるとともに、シャシーに施されたチューニングや、新設定の「トラクションモード」が、狙い通りのラインをトレースできる、正確なステアリング操作をサポート。

ブレーキも、NISMO専用ブレーキシステムを採用し強化することで、本格的なスポーツ走行を可能としています。

ドライブモードには、NISMO専用のSPORT+モードを含む、3種類のドライブモードを設定、使用シーンに応じた最適なチューニングが施されています。

エクステリアでも、NISMO専用のフロントグリル、フロントとリヤバンパー、フェンダーモール、サイドシルプロテクター、リヤスポイラー、そしてリヤLEDフォグランプを装備、通常モデルとの差別化を行っています。

これらのパーツは、ダウンフォースを強化するとともに、空力性能を向上。フロントグリルのメッシュは、「NISSAN GT-R」2024年モデルでも採用した、通風抵抗の少ないハニカムデザインとし、風をすくい取る形状のエアガイドスロープとの相乗効果により冷却効率を最大化しています。

足元には、新たに設定した19インチの全面グロスブラック塗装の鍛造アルミホイールを装備。剛性と軽量化を両立した9本のラジアルスポークデザインで、リム幅を広げながらも軽量化が図られています。

インテリアは、基本的なデザインはそのままに、スポーツ走行を盛り上げるカラーと素材を組み合わせ採用。NISMO専用チューニングのRECARO製スポーツシートも装備され、ノンスリップ機能と高い質感を両立しています。

カラーは専用色のNISMOステルスグレー/スーパーブラック 2トーンを含む、全5色。価格は920万円からと、Zのラインアップの中で最も高額で、最上位に位置するモデルとなります。

なお、日産は、フェアレディZ NISMOの販売について以下のように発表しています。

「フェアレディZ NISMO」は当面の間、「フェアレディZ」をご注文され、長期間お待ちいただいているお客さまの中で、NISMOへの振替をご希望される方のみへの販売とさせていただきます。(生産台数に限りがあるため振替希望者が多数となった場合は抽選とさせていただきます。)納期長期化の解消目途が立ち次第、新規のご注文受付を検討してまいります。

つまり、今から販売店に行って新たにフェアレディZ NISMOを買いたくてもすぐには新規の注文はできないということ。どうしても欲しくて、現在フェアレディZの注文を入れていない場合は、今のところ“長納期化”の改善を待つしかありません。

またこれについては、フェアレディZ 2024年モデルも同様で、新規の注文受付は行なわれないとのことです。

2023年~2024年 新車情報はこちら

関連する投稿


フェアレディZの歴代モデルを一挙紹介!一番人気はあのモデル!

フェアレディZの歴代モデルを一挙紹介!一番人気はあのモデル!

1969年の誕生以来、日本を代表するスポーツカーとして進化を続けてきた「フェアレディZ」。今回は、歴代モデルの特徴や人気だったモデルとその理由、現行モデルのスペックなどをまとめました。


3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 25車種を一覧で比較!

3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 25車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


【2023年】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2023年】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインアップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


【2022年上半期】ミニバン販売台数ランキング!今売れてるミニバンはこれだ!

【2022年上半期】ミニバン販売台数ランキング!今売れてるミニバンはこれだ!

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数上位車種をご案内します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきましょう!


新型フェアレディZの価格、スペック、内装、発売日、予約状況の最新情報!

新型フェアレディZの価格、スペック、内装、発売日、予約状況の最新情報!

1969年の初代S30誕生以来、長く愛されているスポーツカー「フェアレディZ」に新型が登場しました。その人気ぶりは、先行受付開始1ヶ月で受注停止となったことが物語っています。新型フェアレディZのグレードは6種類(ProtoSpecを除く)。ここでは、新型フェアレディZの価格、スペック、内装、発売日、予約状況といった最新情報をお届けします。


最新の投稿


マツダ新型「CX-30」発表!丁度いいサイズのクロスオーバーSUV…安全機能など強化

マツダ新型「CX-30」発表!丁度いいサイズのクロスオーバーSUV…安全機能など強化

マツダは2024年7月18日、クロスオーバーSUV「MAZDA CX-30 (マツダ シーエックスサーティ)」の一部改良モデルを発表しました。発表同日より、販売が開始されています。


安全性能強化した日産のコンパクトミニバン/商用バン 新型「NV200バネット」発表!

安全性能強化した日産のコンパクトミニバン/商用バン 新型「NV200バネット」発表!

日産は2024年7月19日、商用バン/ワゴンの「NV200バネット」の一部改良モデルを発表。5〜7人乗りを用意する乗用仕様のワゴンは同日より、4ナンバーの商用仕様のバンは8月上旬より発売する予定です。


ホンダ新型「CR-V」発表!2年ぶり復活の「6代目」が遂に日本導入

ホンダ新型「CR-V」発表!2年ぶり復活の「6代目」が遂に日本導入

2024年7月18日、ホンダは新型燃料電池車「CR-V e:FCEV(シーアールブイ イーエフシーイーブイ)」を正式発表。翌日19日より、販売を開始しました。


【2024年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2024年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインアップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


「人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA」の開催概要と、展示が予定されている注目技術

「人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA」の開催概要と、展示が予定されている注目技術

自動車技術をメインとした展示会である「人とくるまのテクノロジー展」。2024年は横浜と名古屋で開催されます。今回は名古屋開催について、開催概要や展示が予定されている注目技術をピックアップしました。


ブログ 始め方 | 新車情報 | カーリース おすすめ | 原付 おすすめ | ブログ 始め方 | 副業 | 光回線 おすすめ |
ポケットWi-Fi おすすめ | WiMAX おすすめ | VPN おすすめ | オンライン英会話 おすすめ |
オンライン英会話 安い | オンライン英会話 初心者 | 英会話アプリ | 格安SIM | フリーランスエージェント |
ファクタリング 即日 | ファクタリング 非対面 | 年賀状 安い | お盆 渋滞予測 2024