トップへ戻る

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スバル WRX STI 改良新型

スバル WRX STI 改良新型

WRX STIはスポーツセダンタイプの車両です。VAB型として知られているスポーツカーになります。

WRX STIの特長はなんといってもスポーツ走行に適した高い走行性能を備えている点です。

2.0L DOHC ツインスクロールターボエンジンを搭載し最高出力227kW(308PS)/6,400rpmに最大トルク422N・m(43.0kgf)/4,400rpmのスペックを備えています。

その他、駆動方式はAWD(四輪駆動のこと)、トランスミッションは6速MTを採用し、サスペンションはフロントがストラット式でリアがダブルウィッシュボーン式etc、かなりきっちり仕上げられています。

STIグレードとSTI タイプSという2つのグレードが用意されていて、どちらも6MT仕様となっています。価格は順番に3,866,400円と4,060,800円です。

BRZ

スバル BRZ

スバル BRZ

BRZはスバルの2ドアクーペタイプのFRスポーツカーです。トヨタ 86の兄弟車として知られています。

水平対向エンジンが搭載されている点や、各部の部品がスバル製であることを考えると、純粋なスバルのスポーツカーとなります。

BRZと86の違いとして大きく上げられるのがサスペンションの仕上げ方です。例えばBRZの足回りはSTIチューニングのザックス製ダンパーやコイルスプリングが採用されています。

グレードは6種類用意されています。それぞれのグレードで6MTモデルを選択することが可能です。6MTモデルの価格帯は2,430,000~3,531,600円です。

【2019年11月更新】スバルのMT(マニュアル)車 最新情報

EJ20 ファイナルエディション

スバルの象徴のような車であったWRX STIが現行モデルを持って生産終了となることが発表されました。2019年12月23日を持って受注を終了する予定となっています。集大成として、WRX STI EJ20 ファイナルエディションという特別仕様車が555台限定の抽選販売となる予定です。

特別仕様車が限定555台というのはファンからしたら惜しいところではありますが、スバルがWRCに参戦していた頃のスポンサーであるState Express 555の555と合わせているところが、なかなか渋いです。

ダイハツのMT(マニュアル)車

スポーツタイプ

コペン

ダイハツ コペン

ダイハツ コペン

コペンはダイハツの2シーター・オープンスポーツカーです。軽自動車スポーツカーでなおかつオープンカーにできる車として、人気車種の1台となっています。

優れたボディ剛性や扱いやすくてトラクションを路面に伝えやすいように適正化されたサスペンション、軽快なハンドリングなど、街乗りからスポーツ走行まで十分楽しむことができる車となっています。

エクステリアのデザインはスポーティーであると同時に都会的でスタイリッシュなデザインにもなっていて、どちらかというと中和的なイメージで男女関係なく欲しくなる印象です。

MTモデルの価格帯は1,873,800~2,138,400円となっています。

商用車

ハイゼット トラック

ダイハツ ハイゼットトラック

ダイハツ ハイゼットトラック

ハイゼット トラックはダイハツの軽トラックです。トヨタ ピクシストラックやスバル サンバートラックはハイゼット トラックのOEM車両に該当します。

5MTモデルの場合、価格帯は680,400~1,301,400円です。エアコンとパワステが付いていないモデルやリクライニングを活用できるジャンボタイプもあるので、選ぶ際には吟味しましょう。

ハイゼット カーゴ

ハイゼット カーゴ

ハイゼット カーゴ

ハイゼット カーゴは5ドア・バンタイプの軽商用車です。ごく一般的なバンですが、フロントフェイスのデザインがかっこよくて印象に残る車となっています。

5MTモデルの場合、価格帯は934,200円~1,431,000円です。

2020年にMT仕様が期待される新型車

日産 ノート次期型の予想CG写真

2020年に販売されるであろう新型車の情報がいろいろと出てくる時期となりました。筆者もいろいろとチェックしたところ、次の車ではMT仕様が登場するのではないかと見ております。

まず1台目はスズキ アルトワークスです。2020年に新型は発売されるとメーカーが発表したわけではありませんが、そこはスズキですから、仮に新型車が発売されたとしてもMT仕様はラインアップに乗るでしょう。

2台目はシビック ハッチバック/セダンです。上述した通りこれら2車種は2020年モデルが発売されると既に発表されています。MT仕様の有無に関してはまだ情報が出ていませんが、タイプRが販売終了となるので、MT仕様を是非ラインアップして欲しいところです。

3台目は日産 ノートです。ノート ニスモというと全日本ラリー選手権に参戦しているくらいですから、ニスモ仕様でMTモデルを販売して欲しいところです。通常グレードはe-POWERやCVTにするなどして、差別化を図っても良いかと思います。

このように、新型車が発表すると言われていても裏の取れた情報は少ないのが現状です。しかし、現行車でMT仕様がラインアップされている車種については、是非ともMT仕様をそのまま継続してラインアップして欲しいところではあります。

今だからこそ考えるMT車の魅力とは

マツダ ロードスター 用6速MT

MT車の魅力は、クラッチペダルとシフトを手動で動かしてその場面に合ったギアを選択して走るところ、つまり自分で操作することを楽しむことにあると言えるのではないでしょうか。おもちゃと一緒で、自分が考えたように機械が動くわけですから、自分の思うように動いた時の達成感が高いです。

ATやCVTの技術が進んでMTよりも性能が高くなってきていることは周知のことです。それゆえMTモデルよりもATやCVT仕様のモデルが増えてきましたし、日本国内では圧倒的にそれら2モデルの需要が高いですから、MTは絶滅危惧種と言っても過言ではないでしょう。

ATやCVT、そしてステアリング裏にあるパドルでシフトアップを行うパドルシフトの車両なら、ステアリングから手を離す時間がほぼなくなるので安定したステアリングワークができますし、パドルシフトならステアリングを握ったままMT車よりも素早くシフトアップできるので、シフト操作によるタイムロスも少なくなります。

SKYACTIV-X

時代の流れとしてEV(電気自動車)へのシフトがあるのは明らかである一方、先日マツダが発表したガソリンの圧縮着火エンジン(SKYACTIV-X)に見るように研究はまだまだ進んでいます。エンジンはこれからまだまだ開発・進歩すると思われますので、進化したエンジンを自身の操作で体感できるということも、MT車の魅力となるはずです。

まとめ

今回は現行で販売されているMT車を紹介しました。日本国内ではすでに少なくなったMT車ですが、こうして見てみると、絶対的な台数としては(一部を除く)各自動車メーカーがMT車をラインアップしているとわかります。

また、MT車とAT/CVT車の両方をラインアップしている車種の場合、MT車では車両価格が比較的やすくなっている点もポイントです。突き詰めて費用を安く抑えたい場合には、MT車を選択することも1つの手段と言えるでしょう。

スポーツカーでなくてもMT車は販売されています。これから車を購入する方でMT免許を持っている方はそちらの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事はこちら

2020年新型車記事はこちら

関連する投稿


【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

2019年に惜しまれつつ生産終了を迎えたセダンのトヨタ・マークXですが、その中で特に目を引くモデルがあります。総生産台数450台のトヨタ・マークX GRMNです。今回はこの特別なマークXについて紹介します。


スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバルとトヨタが共同開発した、いまや日本では貴重な本格的なスポーツカー、スバルBRZ。発売から8年が経過し、現行型の生産は既に終了しています。しかし、先日、新型BRZの情報がワールドプレミアされました!新型BRZ、現行型と何が変わったのかを確認していきましょう。


パジェロの販売が終了。パジェロスポーツの日本での発売はどうなる?

パジェロの販売が終了。パジェロスポーツの日本での発売はどうなる?

惜しまれつつ国内向けの販売は終了したパジェロですが、まだ国外向けには販売が続いているほか、海外専売車種となるパジェロスポーツは製造を継続しています。パジェロの復活は?パジェロスポーツの国内販売は?今回はこのパジェロスポーツについて見ていきましょう。


ダイハツの軽 タント|他のスーパーハイトワゴンとの違いは?

ダイハツの軽 タント|他のスーパーハイトワゴンとの違いは?

2003年よりダイハツから発売されているタントは、広い室内長と軽自動車の中でも長いホイールベースが最大の魅力でした。またスーパーハイトワゴンというジャンルを確立させたのもタントが最初ではないでしょうか。今回はN-BOXやスペーシアなどの他のスーパーハイトワゴンと比較してみます。


ダイハツ 新型ミライース|性能、新車・中古車価格、評判は?

ダイハツ 新型ミライース|性能、新車・中古車価格、評判は?

ダイハツのミライースは「低燃費」「低価格」「省資源」を、うたい文句に発売されてきた軽自動車です。本記事ではフルモデルチェンジを行ったダイハツのミラ イースについて、解説していきます。


最新の投稿


【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

2019年に惜しまれつつ生産終了を迎えたセダンのトヨタ・マークXですが、その中で特に目を引くモデルがあります。総生産台数450台のトヨタ・マークX GRMNです。今回はこの特別なマークXについて紹介します。


スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバルとトヨタが共同開発した、いまや日本では貴重な本格的なスポーツカー、スバルBRZ。発売から8年が経過し、現行型の生産は既に終了しています。しかし、先日、新型BRZの情報がワールドプレミアされました!新型BRZ、現行型と何が変わったのかを確認していきましょう。


室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

たまにしかないものの、荷物をたくさん運びたい時は3列シートのミニバンなどの大きな車だと便利がいいですよね。しかし、普段の取り回しやすさでは2列シートのコンパクトカーが光ります。そこで、2列シートのコンパクトカーながら室内の余裕がたっぷりという、欲張りな普通車を3台ピックアップしてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

自動車業界が100年に一度の大変革期を迎えようとしている令和ですが、平成には多くの名車が誕生しました。そこで、平成に誕生し令和を迎えることなく姿を消した個性ある名車を思い出してもらうことにしました。あなたの知らない車があるかもしれないし、中古車で買える車種もありますよ!


【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

スバル XVが2020年10月8日にマイナーチェンジし発売されました。デザインも刷新されましたが、どの部分が変わっているのでしょうか。 大幅改良されたXVの最新情報をまとめて解説していきます。