トップへ戻る

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2018年3月現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


新車で買えるマニュアル車(MT車)メーカー別まとめ

※この情報は2018年8月7日現在のものです

CVTって何?どんな仕組み?メリット・デメリットからATとの違いも説明 | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/2145

みなさんは、CVTの名前ぐらいはご存知ですよね。 では、そのCVTがどんな役割を持っているか、ご存知ですか?

最新版はこちらです

トヨタ

トヨタ 86

86/トヨタ

トヨタとスバルが共同開発を行い、スバルが生産、トヨタが販売を行っているのが86(ハチロク)です。

走る楽しさを追及した「直感ハンドリングFR」のコンセプトを実現するため、小型・軽量・低重心・低慣性を特長として企画・開発されています。

マニュアル搭載グレード:GT Limited HPP、GT、GTLimited、G

トヨタ カローラアクシオ

カローラアクシオ/トヨタ

コンパクトセダンのカローラアクシオ。
2015年にマイナーチェンジを行いました。デザイン変更は、カローラフィールダーと同じフロントデザインを採用しています。

マニュアル搭載グレード:1.5G、1.5X

トヨタ カローラフィールダー

カローラフィールダー/トヨタ

カローラフィールダーは、カローラの派生車種であるステーションワゴン。1982年にカローラワゴンの名称で初登場しました。

マニュアル搭載グレード:1.5G A.T.、1.5G、1.5X

トヨタ カローラスポーツ【2018年8月2日発売】

カローラスポーツ

トヨタ自動車は、新型車『カローラスポーツ』に6速MT搭載車を新設定し、8月2日より販売を開始しました。

6速MT搭載車には、変速・発進操作をアシストするインテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)を採用。

iMTでは、コンピューターがドライバーのクラッチ、シフト操作にあわせて、最適なエンジン回転数になるよう制御。

常時、スムーズな発進をサポートするとともに、ドライブモードセレクトでSPORTモードを選択すると、走行中の滑らかな変速をアシストします。

MT搭載グレード:Z、G、X(※すべて2WD)

トヨタ オーリス

オーリス/トヨタ

オーリスは、欧州市場におけるカローラ・ハッチバックの後継モデルとして開発されました。

日欧の他、オセアニアなどでも販売されているハッチバック型の小型乗用車です。

マニュアル搭載グレード:RS

マツダ

マツダ ロードスター

ロードスター/マツダ

「走る歓び」を教えてくれる、マツダのオープンタイプのスポーツカー。

マニュアル搭載グレード:RS、SL.P、SS.P.、S、NR-A

マツダ ロードスターRF

ロードスターRF/マツダ

マツダの新型ロードスタークーペ「ロードスターRF」。

従来のロードスターが持つ魅力をより深め、拡張するための新たな挑戦として開発されました。閉めた時に美しく佇むスタイルと、ルーフ開放時の爽快感溢れるオープンエアフィールとの両立。そして、ロードスターがベースとなっているロードスターRFは、電動格納式のルーフが採用されています。

マニュアル搭載グレード:RS、VS、S

マツダ アテンザ セダン/ワゴン

アテンザ セダン・ワゴン/マツダ

マツダのDセグメントセダン&ステーションワゴン『アテンザ』。

マツダのアテンザは、カペラの事実上の後継車として2002年に販売開始されました。

2008年に初めてのフルモデルチェンジが実施され、2012年に2度目のフルモデルチェンジが実施されました。つまり、現行のアテンザは3代目になります。2017年にも一部改良が行われました。

マニュアル搭載グレード:XD、XD Pro.、XD LP.

マツダ アクセラ スポーツ/セダン

アクセラセダン/マツダ

アクセラスポーツ/マツダ

ファミリアの後継車として2003年に登場したアクセラ。4ドアセダンと5ドアハッチバックの2つのボディタイプが設定されています。

アクセラは、低圧縮比で軽油を燃焼させて、ススなどの排出を減らすスカイアクティブ技術を取りいれていたことから、クリーンディーゼル実現をやり遂げたメーカーとして、マツダの名前を世界に広めた車の一つとなりました。

マニュアル搭載グレード:15S P.、15S、15C、22XD LP.(スポーツ)
マニュアル搭載グレード:15S P.、15S、15C(セダン)

マツダ CX-3

CX-3/マツダ

マツダ『CX-3』と言えば、ディーゼルエンジンのみで、サイズの割には高価格というニッチ戦略で誕生したBセグメントのSUV。

しかしそのディーゼル専用として登場したCX-3に、ガソリンモデルが追加されたことでも話題になりました。

マニュアル搭載グレード:XD、XD P.、XD LP.

マツダ デミオ

デミオ/マツダ

マツダのコンパクトカー、デミオは1996年に初代が発売され、このデミオのヒットによってマツダは経営危機を脱したというある意味救世主のような車です。


マニュアル搭載グレード:XD、XD T.、XD TLP.、13S、13S T、13S TLP.、15MB

ホンダ

ホンダ シビック タイプR/ハッチバック

シビックタイプR/ホンダ

シビックハッチバック/ホンダ

6年ぶりに日本で復活したホンダのシビック。ホンダの新型シビックシリーズは、Cセグメントにおいて、トップクラスの「操る喜び」の提供を目指し、サーキットを含め、様々な走行シーンでの運動性能を高めるプラットフォームを新開発しました。

マニュアル搭載グレード:ベースグレード

ホンダ フィット

フィット/ホンダ

今年6月末に大規模改良を受けたホンダのBセグメントサブコンパクト『フィット』。フィットは、日本屈指のコンパクトカー。日産のノート、トヨタのアクア、ヴィッツと並ぶ人気車です。

マニュアル搭載グレード:RS H.S.、13G F

日産

日産 フェアレディZ

フェアレディZ/日産

国産では貴重と言われる2シータースポーツクーペの『フェアレディZ』。2017年7月にマイナーチェンジを行いました。

マニュアル搭載グレード:NISMO、Version ST、Version S、ベース

日産 ノート

ノート/日産

ノートは日産自動車が開発し販売を行なっているコンパクトなハッチバック型の乗用車。コンパクトなサイズ感であるため街乗りや買い物に出かけるのにも最適な車です。電気自動車であるe-POWERも人気ですね。

マニュアル搭載グレード:NISMO S

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。