目次へ戻る

マツダ アクセラスポーツの情報一覧!価格やスペック評価を完全網羅!

マツダ アクセラスポーツの情報一覧!価格やスペック評価を完全網羅!

マツダ独自の技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)」とデザインコンセプト「魂動(こどう)」を採用したCセグメントハッチバックのマツダアクセラスポーツ。アクセラはセダンもありますが今回はスポーツの方にスポットを当てて、基本スペックや価格、ユーザーの口コミ評価などを合わせて詳しくご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダ アクセラスポーツ 概要

マツダのアクセラスポーツについて詳しく見ていきましょう。


アクセラは同じマツダで長年親しまれていた「ファミリア」の後継にあたり世界に目を向けた新しい車として2003年に発売されました。

そして2008年にアクセラセダンとアクセラスポーツが発表され、オーストラリアでは2011年から2年連続で販売台数1位を獲得するなど、日本国内やヨーロッパだけでなく世界各国でその性能が評価されました。


躍動的なエクステリアとコックピット感覚のインテリアなどとても魅力的なデザインが与えられています。

また、TwitterやFacebookとも連動するヒューマンマシンインターフェイス「MAZDACONNECT(マツダコネクト)」が採用されていて時代の変化とともにアクセラスポーツも進化し続けています。

エンジンは、新たに投入された1.5Lガソリンの「SKYACTIV(スカイアクティブ)-G 1.5」と、アテンザでもおなじみの2Lガソリン「SKYACTIV(スカイアクティブ)-G 2.0」、2.2Lディーゼル「SKYACTIV(スカイアクティブ)-D 2.2」というラインナップが取り揃えられています。


さらに2017年8月には次世代エンジン「SKYACTIV(スカイアクティブ)-X」を2019年から導入すると発表され、まだまだ進化が止まらないクルマとなっています。

マツダ アクセラスポーツ 基本スペック

マツダアクセラスポーツの基本スペックは下記のようになっております。

◆エンジン種類
水冷直列4気筒DOHC16バルブ/水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ

◆総排気量
1.496~2.188

◆駆動方式
2WD(FF)/4WD

◆最高出力
77/4,000~129/4,500kW[PS]/rpm

◆最大トルク
144/3,500~420/2,000N・m[kgf・m]/rpm

◆燃費
17.8~21.6km/L

◆燃料タンク容量
48~51L

◆乗車定員
5名

◆車両重量
1,260~1,520kg

◆ボディサイズ
全長:4,470mm
全幅:1,795mm
全高:1,470mm

◆室内サイズ
全長:1,845mm
全幅:1,505mm
全高:1,170mm

マツダ アクセラスポーツ 燃費

続いて、マツダアクセラスポーツの燃費性能をカタログ燃費と実燃費で詳しくみてみましょう。

【15C/15S/15S PROACTIVE/15S L Package】
■JC08モード
2WD:19.2~20.4km/L 
4WD:17.8km/L

■実燃費
2WD:15.96km/L
4WD:14.71km/L

【15XD/15XD PROACTIVE/15XD L Package】
■JC08モード
2WD:21.6km/L

■実燃費
2WD:18.26km/L

【22XD PROACTIVE】
■JC08モード
2WD:19.6km/L
4WD:18.0km/L

■実燃費
2WD:15.39km/L
4WD:13.66km/L

【22XD L Package】
■JC08モード
2WD:19.6~21.4km/L
4WD:18.0~19.6km/L

■実燃費
2WD:17.59km/L
4WD:13.66km/L


上記のような燃費性能となっております。
ガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド各モデルによって燃費が変わってきますので参考にしてみてください。

マツダ アクセラスポーツ エクステリア/カラー

続いては、マツダアクセラスポーツのエクステリア、カラーについてです。

エクステリア、カラーともにセダンとほとんど変わらず、サバンナを駆けるチーターがモチーフの美しいフォルムとなっています。

そしてアクセラスポーツのボディカラーはセダン同様8種類用意され、特にツダの新しい赤の「ソウルレッドクリスタルメタリック」は躍動する美しさにさらに磨きをかけ、力強いプロポーションのなかに上質な落ち着きを感じさせると共にその造形を際立たせるマツダの代表的な色ですが、さらにソウルレッドに次ぐ新色のマシーングレーが登場しました。


黒光りする日本刀のイメージを実現するため、塗料に混ぜるアルミフレークを一定方向に揃えて配置しました。


この匠塗によって、塗装面が乱反射せず金属的な黒光りする質感が実現できました。
マシーングレーは光の加減で、表情を劇的に変える色で陽の当たらない場所では暗くて渋い鏡のようなグレーですが、日光を浴びると光沢のあるメタリックカラーへと変化するので、落ち着いた色味で且つ洗練された大人の色味になっています。

マツダ アクセラスポーツ インテリア

続いてはマツダアクセラスポーツのインテリアについてです。


インテリアについても特徴はセダンとほぼ同じで、人馬一体の走りを追求するアクセラのシートデザインは、セダン・スポーツ問わずフロントシートは走る楽しさを、後部座席は開放感をというのがテーマです。

シートマテリアルに関してはサイドサポートに部分的に本革が使われていますが、身体が直に触れる部分はラックススエードが張られていて、この素材は滑りにくくホールド性が高いので、走行時でも力を抜いてラクな体勢で過ごすことが出来るのが特徴です。


シートのカラーはグレードにもよりますが黒と白から選べます。選ぶ色によってインテリアの雰囲気がガラリと変わるので、お好みに合わせて選ぶことが出来ます。

前席は乗り込むたびに走りへの期待が膨らみ、元気が湧いてくるような空間づくりで、後部座席はドライブを気持ち良く楽しめる開放的な空間が広がっています。


さらに快適に過ごせるような多彩なアイテムが標準装備され、アクセラスポーツだけに限らずセダンも含め乗車する時間の心地よさと楽しさで満たすためのこだわりが感じられる一台となっています。

マツダ アクセラスポーツ 安全装備

続いてはマツダアクセラスポーツに標準装備されている安全装備についてご紹介します。


マツダの安全装備に対する思想としては、危険な状況に陥ってから対処するのではなく、危険自体を回避するという想いから独自の安全技術を次々と採用しています。

【アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)】
前方の歩行者や先行車をカメラで検知し(対車両:約4~80km/h走行時、対歩行者:約10~80km/h走行時)、ブレーキを自動制御して衝突回避をサポートします。

【AT誤発進抑制制御[前進時]】
約10km/h以下での徐行前進や停車時は、カメラやフロントグリル内の超音波センサーで前方の障害物を検知し、ペダルの踏み間違いなどによる誤発進・急加速を抑制します。

【AT誤発進抑制制御[後退時]】
駐車場から出る時などに後方に障害物があるにも関わらず、アクセルが一定以上踏み込まれた場合に警告し急発進を抑制します。

【車線逸脱警報システム】
車両が車線を踏み越えそうであると判断すると、ステアリング振動またはランブルストリップス音やビープ音によって警告し、また、ランブルストリップス音は右側の車線を踏み越えそうになると右スピーカーから、左側の場合は左スピーカーから鳴るため、逸脱の方向を直感的に判断でき、ドライバーの素早い回避操作を促してくれます。

【スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時]】
後退時に、超音波センサーで障害物を捉え、衝突の危険性を判断。ブレーキを自動制御し衝突の被害を軽減します。




上記がアクセラ(スポーツ・セダンともに)に標準装備されている主な安全装備です。


これにより、国土交通省と独立行政法人の自動車事故対策機構が行う、被害軽減ブレーキ、車線はみ出し警報、後方視界情報提供装置の安全性能を評価する平成28年度自動車アセスメント評価結果(前期分)において最高評価である「ASV++」を獲得しました。

マツダ アクセラスポーツ 新車価格

続いては、マツダアクセラスポーツの新車価格についてです。


■ガソリン
【15S LPackage】
2WD(6EC-AT) 2,397,600円
2WD(6MT)  2,397,600円
4WD(6EC-AT) 2,619,000円

【15S PROACTIVE】
2WD(6EC-AT) 2,149,200円
2WD(6MT)  2,149,200円
4WD(6EC-AT) 2,370,600円

【15S】
2WD(6EC-AT) 1,954,800円
2WD(6MT)  1,954,800円
4WD(6EC-AT) 2,176,200円

【15C】
2WD(6EC-AT) 1,825,200円
2WD(6MT)  1,825,200円
4WD(6EC-AT) 2,046,600円


■クリーンディーゼル
【15XD L Package】
2WD(6EC-AT) 2,689,200円

【15XD PROACTIVE】
2WD(6EC-AT) 2,440,800円

【15XD】
2WD(6EC-AT) 2,338,200円

【22XD L Package】
2WD(6EC-AT/6MT) 3,088,800円
4WD(6EC-AT/6MT) 3,310,200円

【22XD PROACTIVE】
2WD(6EC-AT) 2,791,800円
4WD(6EC-AT) 3,013,200円

新車価格は上記のようになっています。


その他にも特別仕様車の「スポーツエディション」などもあり、グレードによって様々な価格やエコカー減税も対象となっておりますので新車の購入をお考えの方は是非参考にしてみてください。

マツダ アクセラスポーツ 中古車価格

続いてはアクセラスポーツの中古車価格についてです。


中古車の相場は200万円台が相場となっていますが、2015年以前の年式の中古車であれば170万円以下のものも多くもっと前のものでは100万円以下の中古車もあるので、新車にこだわらず中古車でも良いという方や、とにかく安く手に入れたいという方は中古車情報も是非確認してみてください。

マツダ アクセラスポーツ 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/MA/S005/

マツダ アクセラスポーツの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

マツダ アクセラスポーツ 口コミ評価

続いてはマツダアクセラスポーツの口コミ評価です。
実際に乗っている方の声なのでとても参考になると思います。

レーダークルーズ全開状態で走って時には追加でアクセル踏んでの繰り返しでもまったく苦にならずに走ってくれました。15XDでもまったく問題無いですね。


全開セット+35を登りでも行けました。それでも18 ㎞/l程は走っています。アベレージ的には100+αになります。

帰りは渋滞有りで完全停止含めて19.3 ㎞/lちょっと、とけっこう良い燃費になっています。しかも、6日前に腹腔鏡手術をしていたのですが何の問題も在りませんでした。

OPで18インチを履いているのですが身体に負担の掛からない車ですね。多分、もう1台のGEフィットだったらくたくたになっているはずです。600 ㎞程のドライブでそこそこ疲れたことがあるので。

まとめ

マツダアクセラスポーツについてをまとめてみましたがいかかでしたでしょうか?

スカイアクティブ搭載車としてとても人気のあるアクセラですが、この記事を読んでこの記事を読んで疑問点の解消や初めて興味を持っていただけたという方がいらしたら嬉しいです。


この車が気になるという方は是非お近くのディーラーでお話を聞いてみてください。

関連するキーワード


アクセラ マツダ 車種情報

関連する投稿


マツコネってなに?マツダコネクトはスマホの地図アプリも利用可能?!

マツコネってなに?マツダコネクトはスマホの地図アプリも利用可能?!

マツコネとは2013年発売のアクセラから搭載が開始された、マツダの新世代カーコネクティビティシステムのことで略してマツコネと呼ばれています。今回はこのマツコネについてご説明していきたいと思います。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【3列オトナSUV】マツダ CX-8の魅力、最新情報! 3列目はどうなの?

【3列オトナSUV】マツダ CX-8の魅力、最新情報! 3列目はどうなの?

デザインも商品性も年々進化していくマツダにおいて、ラインナップのフラッグシップとなるのがCX-8です。CX-9(北米中心に発売)と2列シートのCX-5をプラットフォームを組み合わせたことで、3列シートと堂々とした体躯を手に入れたCX-8は、ただのSUVには飽きた慧眼なユーザーに人気を博しています。果たしてその高級感はフラッグシップの名に足るものなのか。3列目の快適性はどうなのか。詳しく見ていきましょう。


コンパクトでもかっこいいSUV4選!かっこいい4車を徹底比較

コンパクトでもかっこいいSUV4選!かっこいい4車を徹底比較

大型のSUVは街中での使い勝手や駐車の手間が面倒だから、コンパクトサイズのSUVが気になる方も多いのでは。しかし、どうせならコンパクトでもかっこいいSUVを選びたいですよね。そこで今回は、コンパクトSUVの中でもルックスが特徴的でかっこいいSUVをまとめてみました。街中でどんどん増えているSUVの中でも目立ってしまいそうな4台をご覧ください。


【最後のロータリー?】マツダ RX-8の魅力とロータリーの未来!

【最後のロータリー?】マツダ RX-8の魅力とロータリーの未来!

もはやマツダの独自技術となった感もある、ロータリーエンジン。その独特な回転フィールで熱烈なファンも多いのですが、搭載された市販車としては、残念ながらRX-8が現在まで最後の車となっています。自然吸気としてより回転フィールを研ぎ澄ましつつ、大人が4人乗れるファミリーカーとしての側面も持つ、魅力いっぱいのRX-8。ロータリーの未来も確認しつつ、振り返っていきましょう。


最新の投稿


ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

もしもひき逃げ事故を起こしてしまった際に、どのように対処すべきでしょうか。さらには、被害に遭ってしまった方、事故を目撃した方もその場で適切な処置をする事が求められます。今回は、ひき逃げを起こしてしまった方、巻き込まれてしまった側、それぞれがどのように対処し、処置をしていくべきかを解説しています。


【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

イタリアの車といえば走行性能の高さや情熱的なデザインが特徴的ですが、実は高級車の世界でも有名なブランドを多く持っています。また、今やセレブや要人が移動する時に使う車は、ハイエンドセダンではなく、ハイエンドSUVの方が多くなっているように思いませんか。高められた車高による室内の余裕と、路上でも抜群の存在感を持つSUVは、次世代の高級車として既に定着している印象もありますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イタリア車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

近年ではドイツ製高級車が市場を席巻していますが、イギリスの高級車もその独特の雰囲気や仕立て、長い歴史で高級車として定評を持っていますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イギリス車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

どこへでも乗っていけそうな自由さが魅力的なSUV。世界的に大人気が継続していますが、その広い室内空間を活用して3列シートを有するものもあります。いざというときは大人数で冒険にも出かけられるし、普段は3列目を格納して広々とした荷室を実現できるなど、ユーティリティ性の高さに磨きをかけた3列シートSUVをまとめてご紹介します。


アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは聞きなれない言葉ですが、元々はレーシングカーに使われていた技術です。では、このアーシングとは、一体どの様な効果があるのでしょうか?今回はこのアーシングチューニングについてご説明します。