目次へ戻る

スズキ スイフトスポーツ新型 9月20日より発売!価格は183万円から

スズキ スイフトスポーツ新型 9月20日より発売!価格は183万円から

9月13日、スズキのスイフトスポーツ新型が発表されました。3代目となる新型「スイフトスポーツ」は、軽量化技術とともに走行性能を向上させた新型「スイフト」をベースにし、日常での使いやすさを確保しつつも、より高性能なホットハッチバックへと進化させた魅力あふれる一台。なのに183万円からとかなりお買い得の一台です。


スズキの新型スイフトスポーツ 9月20日より発売開始

3代目となるスズキ『スイフトスポーツ』が9月13日に発表になりました。同車は9月20日より発売します。

新型スイフトスポーツは、様々なことが刷新されているようです。今回は新型スイフトスポーツについてまとめました。

開発者は語る「スイフトとは全く別の車」3ナンバー化

スズキ スイフトスポーツ 新型、開発責任者の小堀昌雄氏

「スイフト」の名を冠しているものの「全く別の車種として開発した」と、開発責任者の小堀昌雄氏は語りました。

「アルティメット・ドライビング・エキサイトメント」をコンセプトに、ボディサイズはワイドになり3ナンバー化しました。

また、初めてのターボエンジンとなる1.4リットル直噴「ブースタージェット」を搭載し、「圧倒的な動力性能と、エキサイティングなハンドリングを実現した」フラッグシップ・ホットハッチに仕上がっています。

新型スイフトスポーツ 主な変更点は? ターボエンジン搭載他

フルモデルチェンジしたスイフトスポーツですが、いったいどういった点が変更になったのでしょうか。

変更した点は以下の通りです。

・ボディサイズがワイドになり、3ナンバー化
・初のターボエンジンとなる1.4リットル直噴「ブースタージェット」搭載
・スポーティーさが増したエクステリア
・スポーティさと高級感をあわせ持ったインテリア
・70kgもの軽量化
・加速力

スズキ 新型スイフトスポーツ 基本情報 スペック

 
スイフト スポーツ ボディサイズ・スペック
全長×全幅×全高(mm)3,890×1,735×1,500
ホイールベース(mm)2,450
乗車定員(名) 5
燃費消費率(JC08モード) 16.2~16.4
駆動方式 2WD

スイフトとスイフトスポーツを比較すると、スイフトのボディサイズは全長3,840×全幅1,695×全高1,500~1,525。

一方スイフトスポーツは、全高が50mm、全幅が40mm、サイズアップしていることがわかります。

実際に見比べてみるとその差は歴然です。

スズキ 新型スイフトスポーツ ボディーカラーは全6色

ボディカラーは全部で6種類です。

チャンピオンイエロー
バーニングレッドパールメタリック
スピーディーブルーメタリック
ピュアホワイトパール
プレミアムシルバーメタリック
スーパーブラックパール

チャンピオンイエロー

バーニングレッドパールメタリック

スピーディーブルーメタリック

ピュアホワイトパール

プレミアムシルバーメタリック

スーパーブラックパール

スズキ 新型スイフトスポーツ 躍動感あふれるエクステリア

エクステリアは、スポーツらしく躍動感を強調した専用バンパー&グリルや、軽快さと空力性能を追求したルーフエンドスポイラーを採用しました。

卓越した性能を感じさせる力強いデザインになっています。

こちらはスイフト。比較すると明らか。

スズキ 新型スイフトスポーツ スポーティーさが増したインテリア

インテリアでは、専用セミバケットシートに加え、盤色をタコメーターは赤、スピードメーターをダークシルバーとした専用メーターを採用しました。そのため、よりスポーティーな装いに進化しています。

メーター中央にはブースト計と油温計を追加した4.2インチマルチインフォメーションディスプレイを備えました。

スズキ 新型スイフトスポーツ ターボエンジン初搭載・70kgの軽量化

パワーユニットは、低回転から高トルクを発揮する1.4リットル直噴ターボ「K14C型ブースタージェット エンジン」を搭載しました。

スイフトスポーツは、小排気量ながら140psの最高出力、230Nmの最大トルクで2.2リットル自然吸気エンジン相当の力強さを発揮します。

また、点火制御とターボ過給圧制御を専用チューニング。アクセル操作に対する反応を高め、幅広い回転域で鋭い加速を実現しました。

さらに、軽量高剛性な新プラットフォーム「ハーテクト」採用による70kgの軽量化、新開発サスペンションなどにより高い動力性能とハンドリング性能を実現します。

スズキ 新型スイフトスポーツ 安全性能も充実

デュアルセンサーブレーキサポート

新型スイフトスポーツの安全性能も充実。

スズキ初採用となる車線逸脱抑制機能をはじめ、単眼カメラとレーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知して衝突時の被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をメーカーオプション設定(セーフティパッケージ装着車)し、安全装備も充実させました。

スズキ 新型スイフトスポーツ グレード別価格 183万円から


2WD・6MT 1,836,000円
2WD・6AT 1,906,200円

【セーフティパッケージ装着車】
2WD・6MT 1,922,400円
2WD・6AT 1,992,600円

【セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車】
2WD・6MT 1,980,720円
2WD・6AT 2,050,920円

スイフトスポーツ新型は183万円から販売されています。

最後に 

エクステリア・インテリアはスポーティーに、ボディサイズはワイドに、そして3ナンバー化を図ったスイフトスポーツ新型。また、安全面もさらに進化しています。

これだけの性能を持ちながら、183万円から購入可能とあって、予約が殺到するのではないか?と予想されます。

スイフトスポーツ、通称スイスポが気になっている方は、要チェックですよ。

関連するキーワード


スズキ 車種情報 スイフト

関連する投稿


スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキから1988年に発売され、「ライトクロカン」ブームの火付け役となったロングセラーSUV『エスクード』。このエスクードの改良モデルをスクープしました。エスクードはワールドプレミアが迫っており、これが最後のプロトタイプのようです。2018年ジムニー新型も発売されると噂されるスズキ。2018年スズキから目が離せません。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


インド市場を席巻するマルチスズキのラインナップ

インド市場を席巻するマルチスズキのラインナップ

スズキのインド法人、マルチスズキは2月8日、「デリーモーターショー」において、新型「スイフト」の販売を開始することを発表。インドで圧倒的な強さを誇るスズキは、「スイフト」以外にどのようなモデルを販売しているのか?その陣容を見てみましょう。


スズキ新型ジムニー!フルモデルチェンジ最新情報!発売時期・価格は?

スズキ新型ジムニー!フルモデルチェンジ最新情報!発売時期・価格は?

スズキの軽自動車、ジムニーが20年ぶりとなるフルモデルチェンジを行い、早ければ年内に発表されるという情報が舞い込みました。残念ながら東京モーターショー2017での発表はありませんでしたが、新型ジムニーについての情報を随時更新しお届けします。


ジムニーシエラ新型は2019年に登場か?シエラの燃費・走行性能・価格・評価

ジムニーシエラ新型は2019年に登場か?シエラの燃費・走行性能・価格・評価

スズキのジムニーフルモデルチェンジの期待が高まる中、ジムニーシエラも設定される!?との情報が入ってきました。ジムニーシエラ新型も気になりますね。改めて、ジムニーのワイド版・ジムニーシエラについて基本情報・スペック・燃費・評価・新車価格を見ていきたいと思います。


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開しました。この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となる模様。気になる最新情報をまとめています。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

GfK Japanは全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネットの通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表しました。2017年はドライブレコーダーの販売が急増。販売動向の結果のご紹介と、国内販売台数とおすすめのドライブレコーダーのご紹介をします。