トップへ戻る

【CVTとATの違いは?】メリット・デメリットを徹底解説!

【CVTとATの違いは?】メリット・デメリットを徹底解説!

多くの車に搭載されているCVTですが、そもそもCVTという名称は何を表していて、どんなものでしょうか?CVT搭載車の役割や必要性、従来のAT(オートマ)車との違いや、CVT搭載車とAT(オートマ)車どちらを選ぶのが良いのか。など、当記事ではCVT搭載車に関する機能や情報を詳しく説明していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


CVTってどんな変速機なの?

「CVT」とは「Continuously Variable Transmission」という英語の頭文字を取ったものです。

日本語訳としては、「無段変速機」あるいは「連続可変トランスミッション」となります。

ジヤトコ CVT8

CVTは基本的に、AT(オートマティックトランスミッション)に属しますが、システムが通常のATとは異なります。

ほとんどのAT車に搭載されている従来のオートマチックトランスミッションは、Dレンジに入れておくだけで、あとは歯車(ギヤ)の組み合わせを自動的に1→2→3→4とアクセルを踏むだけで自動で変更してくれます。

対する一般的なCVTは
歯車(ギヤ)が存在しておらず、2つの滑車(プーリー)の幅を変えて、ベルトやチェーンを通じて動力を伝える仕組みです。「ベルト式」、「チェーン式」、「トロイダル」など複数タイプに分かれます。

「歯車(ギヤ)を変更する」という概念がない為、スムーズに加速し、走行できるのが魅力です。




ATってどんな変速機なの?

トヨタ FR用10速オートマチックトランスミッション

変速機は、車の運転免許を取る時に「トランスミッション」という名称で学んだ人も多いのではないでしょうか。

この変速機はエンジンで作られた駆動力を、変速機を経由し、プロペラシャフトに伝達する装置のことです。

CVTとは異なり、いくつかの歯車を組み合わせて、変速比を変化させる事で変速し、動力を伝達します。

CVTの仕組みって、どうなってるの?

最も一般的なベルト式CVTには、インプットシャフト(エンジンからの動力を伝える役目)とアウトプットシャフト(動力をタイヤへ伝える役目)に、それぞれ「プーリー」と呼ばれる相互に向かい合った円錐状のパーツが付いています。

お互いに向き合っている2つのプーリーは、油圧でお互いの幅を広くしたり狭くしたりできるようになっています。

2つのプーリーの間には、動力を伝達する金属ベルトやチェーンが挟まっていて、プーリー間の幅を狭くすれば、金属ベルトやチェーンはプーリーの外周に押し出され、プーリー間の幅を広くすれば内周の方向に沈んでいきます。

この原理を応用して、インプットシャフト側のプーリーとアウトプットシャフト側のプーリーの幅を無段階に調節することで変速比を変化させるのが、最も一般的なベルト式CVTの原理です。

文章で説明してもピンとこないと思いますので、ボッシュとトヨタがCVTのメカニズムを説明した動画を作っていますので、ぜひご覧下さい。

CVTを動画で学ぼう

CVT搭載車とAT車との違いは?

CVT搭載車と比べる前にまず、AT車の特徴を説明していきたいと思います。
前述もしていますが、AT車とは「オートマティック・トランスミッション」の略です。
最近ではAT車限定の免許しか持っていない人も多いかと思います。

AT車は、歯車(ギヤ)の切替をコンピューターで制御し、車自身がスピードに合わせて自動的にギヤチェンジをしてくれるのです。

「歯車(ギヤ)の組み合わせによる変速」という点では、近年では数が減ってしまったMT(マニュアル・トランスミッション)車と同じです。

ギヤチェンジを手動で行う=MT
ギヤチェンジを自動で行う=AT

一般的なAT車もCVT車もどちらも大分類で言えばAT(オートマティック・トランスミッション)に分類され、両者の最大の違いは「動力伝達方法」になります。

AT車=歯車→ギアで動力を伝達し、変速はギアとギアの組み合わせを変化して行う
CVT車=金属ベルトやチェーンで動力を伝達し、変速はプーリーの幅を変化させる事で行う

と言う違いがあります。

CVTとAT 比較した場合のメリット・デメリット

では、ここからはAT車と比べた場合のCVT車のメリットとデメリットについて見ていきます。

CVTのメリット

CVTのメリット

CVTは比較的パワーの少ないクルマの走行性能と燃費を両立させる事が得意です。

CVTは変速比を幅広く取る事がATに比べて容易なため、小排気エンジンの限られたパワーを最大限に活かしつつ、燃費も抑えるといった制御が実施しやすいのです。

また、CVTは同じ変速幅を持つATと比べると、比較的低コストで調達できます。そのため、日本の軽自動車のトランスミッションは、ほぼCVTになっています。

一方、幅広い変速幅をもつ8速や9足のような多段ATは、製造コストが高いため高級車を中心に採用されています。

CVTのデメリット

CVTは構造的にハイパワーエンジンに対応するのは苦手です。

ハイパワーに対応するためには、金属ベルトをプーリーにしっかりと押し付けなければ、金属ベルトがスリップして動力が伝わらなくなります。

プーリーを金属ベルトに押し付ける力は油圧によって生み出されていますが、ハイパワーに対応するために高い油圧を得ようとすると、エンジンで駆動する油圧ポンプを大きなものにしなければならず、その大きな油圧ポンプはエンジンのパワーを食ってしまって、全体としては効率が低くなってしまう、という事になってしまいます。

そのため、ハイパワー車には多段ATやDCTのような、歯車で動力を伝達する方式のトランスミッションが採用される事が一般的です。

CVTとAT、どっちがいいの?って悩む必要、ある?

CVTとATには、それぞれ得意不得意があります。

自動車メーカーは、それぞれの特性を把握して、どの車種にどの方式のトランスミッションを搭載するのか慎重に検討して、採用を決めています。

そのため、それぞれの車種に採用されているトランスミッションが、そのクルマには最適な方式であると言えます。

現実的に、クルマを買う際にCVTとATを選択できる車種は存在しません。

あなたが購入しようと思われているクルマのトランスミッションがCVTであれば、それは、メーカーが「このクルマにはCVTが最適!」と判断して搭載しています。

よって、ユーザーれべるでCVTが良いのか、ATが良いのかを迷われる必要は無いと言えます。

CVTとATの違いは? FAQ

CVTとATの違いって、何?

CVTとATでは動力を伝達する方法が違います。CVTは金属ベルトやチェーンをプーリーで挟み込んで、その摩擦力で動力を伝えます。変速比は、プーリーの幅を広げたり狭めたりする事によって変化させます、一方、ATはギアとギアを組み合わせて動力を伝えます。変速比は、組み合わせるギアを切り替える事によって変化させます。
CVTはプーリーの調節で無段階に変速比を変化させられる事から「無段変速機」とも呼ばれます。ATは組み合わせる事のできるギアのセット数で変速数が変わります。そのため、切り替えられるギアのセット数が8個あれば「8速AT」と呼ばれます。

CVTって、どんなクルマに向いているの?

CVTとATは、それぞれ得意分野が異なります。CVTは比較的パワーの少ないクルマの走行性能と燃費を両立させる事が得意です。CVTは変速比を幅広く取る事がATに比べて容易なため、小排気エンジンの限られたパワーを最大限に活かしつつ、燃費も抑えるといった制御が実施しやすいのです。そのため、日本の軽自動車のトランスミッションは、ほぼCVTになっています。

ATって、どんなクルマに向いているの?

ATはパワーの大きなクルマにも対応できるというメリットがあります。そのため、高級車のトランスミッションにはATが採用される事が多くなっています。かつては、変速比がCVTの比べて狭いというデメリットがありましたが、近年では8速や9速のような多段ATが登場し、そのデメリットが消えつつあります。一方で、多段ATはメカニズムが複雑でコストも高い事から、価格の高い高級車でしか採用できない、という事も確かです。

CVTとATって、どっちがいいの?

CVTとATには、それぞれ得意不得意があります。自動車メーカーは、それぞれの特性を把握して、どの車種にどの方式のトランスミッションを搭載するのか慎重に検討して、採用を決めています。そのため、それぞれの車種に採用されているトランスミッションが、そのクルマには最適な方式であると言えます。現実的に、クルマを買う際にCVTとATを選択できる車種は存在しません。

関連するおすすめ記事はこちら

関連するキーワード


メンテナンス 豆知識

関連する投稿


ヘッドライト磨きで黄ばみもすっきりクリア!おすすめ商品もご紹介!

ヘッドライト磨きで黄ばみもすっきりクリア!おすすめ商品もご紹介!

ヘッドライトの曇りや黄ばみは、車の印象を左右する大きな要因となります。いくら車を磨き上げても、ヘッドライトが曇っていたりすると気になる方も多いのではないでしょうか?今回は、ヘッドライトをすっきりクリアにするためのヘッドライトの磨き方について、説明していきます。


【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

違う車が欲しい、自分の車を売却して別の車が欲しいな。そんなことを思った時、まず初めに考えるのが中古車査定ではないでしょうか。しかし、何からすればいいのかわからない。そもそもどこに行くの?そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取り、より高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。


エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

車のエンジンはガソリン・軽油などと空気を混合して動力となります。この時、取り入れる空気をクリーンな物にするためには、エアクリーナーと呼ばれる装置を使用します。本記事ではエアクリーナーやその選び方やおすすめ商品を紹介します。


【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

タイヤの交換やローテーションは自分でおこなう、という方は少なくないでしょう。そんなとき、必ず扱うのがホイールナットです。実は、ホイールナットにはさまざまな種類や形状があり、適切なものを使用しないと、緩んでしまうことさえあります。今回は、ホイールナットについてまとめました。


高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

車やバイク好きの方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?オーリンズと言えば最高峰のサスペンションメーカーであり、レースなどでも活躍が著しいメーカーです。今回はこの「オーリンズ」について見ていきましょう。


最新の投稿


トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタの高級ミニバンとして幅広い層の人気を誇るトヨタのアルファードについて紹介します。内外装の高級感やサイズ感、運転のしやすさなどを紹介すると共に、兄弟車であるヴェルファイアとの違いなども紹介します。


トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラは90年代に高い人気を誇り、惜しまれつつも姿を消しましたが、21世紀に再び復活しました。この記事ではスープラの歴代モデルの紹介や、現行モデルのラインナップ、走行性能などについても紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

ヤリスとして生まれ変わったトヨタの定番コンパクトハッチバックの「ヴィッツ」について紹介します。乗りやすいサイズ感やデザイン、走行性能などについて詳しく解説。また、他メーカーのコンパクトカーとの比較なども行います。


スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキのスイフトスポーツは、コストパフォーマンスが高く走行性も充実している車に乗りたいという希望を叶える一台です。加速性も申し分なく、その性能はオーナーからも高い支持を得ています。そこで今回は、スイフトスポーツの魅力を詳しく解説します。