トップへ戻る

CVTとATの違いは?メリット・デメリットも解説!

CVTとATの違いは?メリット・デメリットも解説!

多くの車に搭載されているCVTですが、そもそもCVTという名称は何を表していて、どんなものでしょうか?CVT搭載車の役割や必要性、従来のAT(オートマ)車との違いや、CVT搭載車とAT(オートマ)車どちらを選ぶのが良いのか。など、当記事ではCVT搭載車に関する機能や情報を詳しく説明していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


CVTとは?

「CVT」とは「Continuously Variable Transmission」という英語の頭文字を取ったものです。

日本語訳としては、「無段変速機」あるいは「連続可変トランスミッション」と言われています。
また外国ではあまり使われていないものなので、ガラパゴス変速機と言われることもあります。

ジヤトコ CVT8

CVTは基本的に、AT(オートマティックトランスミッション)に属しますが、システムが通常のATとは異なります。

ほとんどのAT車に搭載されている従来のオートマチックトランスミッションは、Dレンジに入れておくだけで、あとは歯車(ギヤ)の組み合わせを自動的に1→2→3→4とアクセルを踏むだけで自動で変更してくれます。

対する一般的なCVTは
歯車(ギヤ)が存在しておらず、2つの滑車(プーリー)の幅を変えて、ベルトやチェーンを通じて動力を伝える仕組みです。「ベルト式」、「チェーン式」、「トロイダル」など複数タイプに分かれます。

「歯車(ギヤ)を変更する」という概念がない為、スムーズに加速し、走行できるのが魅力です。




変速機って・・・?

変速機は、車の運転免許を取る時に「トランスミッション」という名称で学んだ人も多いのではないでしょうか。

この変速機はエンジンで作られた駆動力を、変速機を経由し、プロペラシャフトに伝達する装置のことです。

CVTとは異なり、いくつかの歯車を組み合わせて、ギヤを変化させて変速し、動力を調整します。

わかりやすい使い方として、坂道で回転数を上げて走る必要がある時に使う人は多いかと思います。

CVTの仕組みって複雑そうだけど、どうなってるの?

CVTの仕組みについて、簡単に説明します。

CVTの構造は、インプットシャフト(エンジンからの動力を伝える役目)とアウトプットシャフト(動力をタイヤへ伝える役目)、それぞれに「プーリー」と呼ばれる相互に向かい合った円錐状のパーツが付いています。

プーリーの円盤をシャフトに移動させることができ、2つのプーリーの間の溝を通っているベルト・チェーンの軌道直径を変更することで、それに伴う動力伝達を「無段階」に変更するという仕組みです。

ギヤで変速を行わないため、AT車で起こるような変速時のタイムラグがなくなるのです。

自動車部品、電動工具のメーカーである「ボッシュ」のCVT説明動画、トヨタのCVT説明の動画が非常に参考になるため、下記にてご覧下さい。

CVTを動画で学ぼう

CVT搭載車とAT車との違いは?

CVT搭載車と比べる前にまず、AT車の特徴を説明していきたいと思います。
前述もしていますが、AT車とは「オートマティック・トランスミッション」の略です。
最近ではAT車限定の免許しか持っていない人も多いかと思います。

AT車は、歯車(ギヤ)の切替をコンピューターで制御し、車自身がスピードに合わせて自動的にギヤチェンジをしてくれるのです。

「歯車(ギヤ)の組み合わせによる変速」という点では、近年では数が減ってしまったMT(マニュアル・トランスミッション)車と同じです。

ギヤチェンジを手動で行う=MT
ギヤチェンジを自動で行う=AT

一般的なAT車もCVT車もどちらも大分類で言えばAT(オートマティック・トランスミッション)に分類され、両者の最大の違いは「変速機の構造が違う」が、シンプルな回答となります。

AT車=変速するためにギヤを自動で変更する。(セミオートマを除く)
CVT車=変速するためのギヤ(歯車)という概念がない。

と認識すれば良いでしょう。

ちなみに、MT車→AT車→CVT搭載車と開発されてきました。

CVTとAT 比較した場合のメリット・デメリット

では、ここからはAT車と比べた場合のCVT車のメリットとデメリットについて見ていきます。

CVTのメリット

まず最初にCVT搭載車のメリットですが、メリットは大きく3つあります。

CVTのメリット①

一つ目は燃費が良くなるということです。
前述したように、ギヤをいつでも最適なものが選択できるので、エンジンの動力を効率よく伝達し、その結果として燃費の向上が見込めます。

CVTのメリット②

二つ目はAT車よりも更にスムーズに無変換での変速ができる点です。
これにより、従来のAT車と比べ変速時に生じるショックがほぼないので、ギヤの切替によって起こるタイムラグや不快感を感じません。

CVTのメリット③

三つ目は燃費が良くなれば、今までのAT車よりも安価に販売がしやすくなるため、車両価格が抑えられ、購入しやすいということにもつながります。

CVTのデメリット

続いてはデメリットについてです。

デメリットとして、CVTの構造的にハイパワーエンジンに対応が出来ないという点が挙げられます。

CVTのプーリー、特にベルト部分が滑ってしまうため、ハイパワーなエンジンが発する大きな出力に耐えることができないのです。高出力のエンジンに耐えうるベルトの開発自体は不可能ではないのですが、従来のメリットであるコストパフォーマンスの部分において、AT車よりも高価になってしまうという理由もあるようです。

CVT、結局良いの?悪いの?

CVT車にもメリット、デメリットがあり、実際のところは運転する場所や乗り方、使用状況によって異なるため、どちらとも言えない現状です。

CVTを理解し、自分のライフスタイルに合わせて選ぼう


普段、街中で複雑な道や細かい道しかないようなところで乗るなら、スムーズな変速ができるCVT車がいいと言えるでしょう。

変速ショックも無く、スムーズに走行ができ燃費も良いというメリットを享受しやすいと思います。

逆に高速道路で走る機会が多い場合は、CVT車よりもAT車の方が良いでしょう。
加速して普段の道よりも早いスピードを出す場合は、前述したようにCVT車ではプーリーの摩擦が増えて燃費が落ちてしまいます。

構造や特性を理解し、自分が走る道からCVT車がベストか、AT車がベストか決めるのが良いかと思います。

まとめ

以上、CVTの仕組み・構造、メリットやデメリットについて説明させて頂きました。

必ずしもAT車と比較し、優秀というわけではありませんが、街乗り中心の方であれば燃費も良く快適なカーライフが送ることができるのではないでしょうか。

これからCVT車かAT車で購入を迷っている人は自分がどこで、どのような走り方をすることが多いかを一度考えてみるのが良いでしょう。

関連するおすすめ記事はこちら

関連するキーワード


メンテナンス 豆知識

関連する投稿


東名高速はなぜ「E1」と呼ばれるのか、その意味は?

東名高速はなぜ「E1」と呼ばれるのか、その意味は?

以前より、高速道路は東名高速や中央道など地名で呼ばれることが多かったですが、近年訪日ブームで多くの外国からの観光客が増えた結果、より国際的にも分かりやすい表記が求められる様になりました。東名高速は「E1」となっていますが、一体それはなぜでしょうか。


ダイナモとは?オルタネーターとの違いも解説!

ダイナモとは?オルタネーターとの違いも解説!

ダイナモという部品がどういうものか知っていますか?自動車で考えると、現在はオルタネーターにとって変わられた、昔使われていた部品です。今回はダイナモの役割を、オルタネーターとの違いと合わせてご紹介しています。


ディーラーとは?販売店との違いや特徴 メリット・デメリットを解説

ディーラーとは?販売店との違いや特徴 メリット・デメリットを解説

車の購入はとても大きな買い物。安全の面からもしっかりと選んで、かつお得に安心して購入したいですよね。車を買う場所として、ディーラー、販売店(サブディーラー)がありますが、違いや特徴を知っていますか?本記事では、ディーラーと販売店の相違点、メリット・デメリットを解説しています。


Android Auto(アンドロイドオート)とは?使い方や対応アプリも紹介

Android Auto(アンドロイドオート)とは?使い方や対応アプリも紹介

「Android Auto(アンドロイドオート)対応」という言葉を耳にしたことはありませんか。一体何なのか気になるという方も多いと思います。カーナビのアプリらしいけど、他の地図アプリとはどう違うの?スマホでナビを見ながら音楽が聴けるって本当?今回はそういったアンドロイドオートの疑問にお答えします。


小型特殊自動車免許 完全ガイド|取得方法や費用、税金など

小型特殊自動車免許 完全ガイド|取得方法や費用、税金など

小型特殊自動車と聞くと、聞きなれないという人も多いかもしれません。この免許は主に農耕用の車両などで必要となる免許です。今回は、小型特殊自動車免許の取得方法や費用、原付、税金などを解説していきます。


最新の投稿


【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

2019年に惜しまれつつ生産終了を迎えたセダンのトヨタ・マークXですが、その中で特に目を引くモデルがあります。総生産台数450台のトヨタ・マークX GRMNです。今回はこの特別なマークXについて紹介します。


スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバルとトヨタが共同開発した、いまや日本では貴重な本格的なスポーツカー、スバルBRZ。発売から8年が経過し、現行型の生産は既に終了しています。しかし、先日、新型BRZの情報がワールドプレミアされました!新型BRZ、現行型と何が変わったのかを確認していきましょう。


室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

たまにしかないものの、荷物をたくさん運びたい時は3列シートのミニバンなどの大きな車だと便利がいいですよね。しかし、普段の取り回しやすさでは2列シートのコンパクトカーが光ります。そこで、2列シートのコンパクトカーながら室内の余裕がたっぷりという、欲張りな普通車を3台ピックアップしてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

自動車業界が100年に一度の大変革期を迎えようとしている令和ですが、平成には多くの名車が誕生しました。そこで、平成に誕生し令和を迎えることなく姿を消した個性ある名車を思い出してもらうことにしました。あなたの知らない車があるかもしれないし、中古車で買える車種もありますよ!


【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

スバル XVが2020年10月8日にマイナーチェンジし発売されました。デザインも刷新されましたが、どの部分が変わっているのでしょうか。 大幅改良されたXVの最新情報をまとめて解説していきます。