トップへ戻る

パーツクリーナーって何?使い方やおすすめのアイテムまで徹底解説

パーツクリーナーって何?使い方やおすすめのアイテムまで徹底解説

カー用品店などで見かけることの多いパーツクリーナーですが、実際には使ったことがないという方もいらっしゃるでしょう。そこで、パーツクリーナーの役割や使い方、おすすめアイテムなどをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


パーツクリーナーとは

スプレー

パーツクリーナーってどんなもの?

カー用品店などに行くとさまざまなカーケア用品がいくつも並んでいます。パーツクリーナーもそのひとつです。名前のイメージで「車の清掃などに使用するもの」であるということはわかっていても、具体的にどのような役割を担っているのか、そしてどのように使用するものなのかわからないという方も多いようです。

実はパーツクリーナーは、自動車のみでなく電子機器などさまざまなものに使用されるケミカルの一種です。その用途はとても広く、思いがけないようなシーンで使用できるというケースも少なくありません。そこで、まずはパーツクリーナーの役割や基本的な使用方法などについてご紹介します。

パーツクリーナーの役割

自動車にはさまざまな場所にオイルやグリスなどが使用されています。そのため、至る所に油汚れが付着してしまいがちです。このような油性の汚れを洗浄する際に使用されるケミカルが、パーツクリーナーです。

パーツクリーナーと呼ばれる製品にもさまざまなものがありますが、基本的にはアルコールなどが主原料となっており、基本的な成分や用途などは同じです。前述の通り、油性の汚れ全般に対して効果的で、自動車においてはグリスやオイル汚れをはじめとしてブレーキダストなどの汚れを落とすことを得意としています。

もちろん、エンジンオイルやミッションオイルなどのシミなどに対しても効果的で、車のあらゆる部分のクリーニングに使用することができるといわれています。

使い方はとても簡単で、汚れが付着している部分にスプレーしたあとにウェスなどで拭き上げるだけです。即効性があり、スプレーをして汚れが浮くまで待つといった手間も必要ありません。さらにアルコールなどが主成分となっていますので揮発性も高く、すぐに乾いてくれるという点も特徴です。

「洗浄と注油が自動車のメンテナンスの基本である」といわれることも多いですが、その洗浄の部分においてパーツクリーナーは欠かせない存在です。

油汚れなどが発生する部分はあまり表からは見えない場所であるケースが多いことから、わざわざクリーニングする必要はないと考える方も多いかもしれません。しかし、オイルやグリスなどが付着したままになると、埃などが絡んで固着してしまう原因にもなります。

これが可動部分で発生するとパーツの動きが悪くなってしまう恐れもありますし、整備の効率も下がります。さらに注油する際に古いオイルやグリスをそのままにして新たに追加したとしても、十分な効果を得ることはできないでしょう。

それどころか、オイルやグリスと共に埃やゴミなどをため込むことになってしまいます。そのため、自分で車のメンテナンスを行う場合は注油と同時にパーツクリーナーを使用して掃除するようにしましょう。

パーツクリーナーが使用できないケース

パーツクリーナーではさまざまな汚れを落とすことができますので、一見すると万能なように思えるかもしれません。ですが、使用することができない場所がいくつかあります。

まず、塗装された金属部品には使用することができません。塗装の種類にもよりますが、塗装が剥がれてしまう恐れがあります。

加えて樹脂やゴムなどにも使用することができず、パーツクリーナーの成分は樹脂などの劣化を早める可能性があります。自動車やバイクの部品は、一見しただけでは金属に見えても樹脂が使用されているケースがありますので注意が必要です。

パーツクリーナー使用時の注意点

基本的にパーツクリーナーの成分はどれも近いものとなっていますが、製品によって少し用途が異なることがあります。

そのため、どれも同じだと考えて使用するのは危険です。初めて使用するクリーナーの場合は、用途や使用上の注意などを確認した上で適切な方法で使用することが大切です。

パーツクリーナーの選び方

掃除、お手入れ道具

どうやって選べばいい?

単にパーツクリーナーといっても、今日では多くのメーカーからさまざまな種類のものが販売されています。そのため、どれを選べばいいのかわからないという方も多いようです。そこで、続いてはパーツクリーナー選びのポイントをご紹介します。

パーツクリーナーの種類

まずは種類をチェックしましょう。前述の通り、同じパーツクリーナーであっても成分や用途は異なります。主成分が同じでも、微妙に配合が異なることで性能に差が出るケースも少なくありません。

パーツクリーナーは自動車やバイク以外にもさまざまな用途で使用されますので、自動車に使用するのであれば自動車用のものを購入するのがおすすめです。

本格的な自動車のメンテナンスをするのであれば、パーツクリーナーもかなりの量を消費することになります。自分で定期メンテナンスを行う前提であれば、大容量タイプの方がコストパフォーマンスはよくなります。逆に自分でメンテナンスをすることはほとんどなく、一時的に使用するのみであれば使い切りタイプのものがおすすめです。

用途や使用頻度を考えた上で検討すると、使いやすいものを選ぶことができるでしょう。

車以外にも使用できる?

パーツクリーナーでは、さまざまな油性の汚れを落とすことができます。そして、アルコールなどが主成分で揮発性が高いことから電子機器などに使用されることもあります。

塗装面や樹脂などには使用することができないという点に注意すれば、万能クリーナーともいえるでしょう。そのため自動車整備のみでなく、DIYを行うことが多いという方もパーツクリーナーを常備しておくと便利です。

用途に合わせたパーツクリーナー選び

パーツクリーナーの用途が限定されているのであれば、専用のものを購入するのがおすすめです。自動車やバイクの整備がメインの場合、カーショップなどで売られているタイプが使いやすいでしょう。DIYや掃除などさまざまな用途で使用したいのであれば、ホームセンターなどで販売されている万能タイプのものがおすすめです。

基本的にパーツクリーナーの主成分に大きな違いはありませんが、用途に合ったものを選ぶことによって無用なトラブルを防止することができます。

パーツクリーナーのおすすめ5選!

ここでは具体的にパーツクリーナーのおすすめアイテムと、それぞれの特徴や用途などをご紹介します。

1. Holts PR7746

速乾タイプのブレーキ&パーツクリーナーです。浸透力がとても高いので、オイル汚れはもちろんのこと、しつこくこびりついたブレーキダストやカーボンの汚れもしっかりと落とすことができます。さらに、脱脂効果も高いことから塗装前の処理などにも使用可能です。

スチールノズルが付属していますので、細かい隙間など狙った部分にピンポイントでスプレーすることができます。加えて逆さ噴射も可能となっているため、場所を選ぶことなく使用できるという点もポイントです。

自動車やバイク向けのパーツクリーナーの中でも定番のひとつですので、どれを選べばいいのかわからないという方にもおすすめです。価格としては平均的ともいえますが、その分信頼性があり、性能も高いので自動車整備やクリーニングにおいては心強い味方となってくれることでしょう。

ホルツ 脱脂洗浄剤 プレストン ブレーキ&パーツクリーナー浸透 480ml 逆さ噴射可・約60秒で乾燥 Holts PR7746

ホルツ Holts プレストン ブレーキ&パーツクリーナー浸透タイプ 480ml PR7746 HD店

2. AZ パーツクリーナーブルー

パーツクリーナーをたっぷりと使用して車のクリーニングをしたいという方におすすめの、大容量タイプのパーツクリーナーです。価格帯的にもリーズナブルなので、安くて大容量のパーツクリーナーを求める方にぴったりです。

こちらのパーツクリーナーは強い洗浄力を持ちながら、同時にプラスチックなどの樹脂にも使用することができますので、自動車やバイクの整備のみでなくより幅広い用途で使用したいという方におすすめです。

こちらも逆さ噴射可能なスプレーとなっていますので、場所を選ばず使用できます。

AZパ-ツクリ-ナ-ブル- 840ml

AZ パーツクリーナーブルー 840ml ブレーキクリーナー/ブレーキ&パーツクリーナー

3. KURE パーツクリーナープラスチックセーフ

潤滑スプレーなどで知られるKUREのパーツクリーナーです。こちらも強力洗浄が可能でありながら、プラスチックにも使用できます。幅広い用途で使用することのできるパーツクリーナーが欲しいという方におすすめです。

近年、さまざまな自動車部品などに使用されるようになった樹脂と金属の混合パーツなどもまるごと洗浄することができますので、大胆に吹き付けて油汚れやブレーキダストなどを落とすといった用途でも使用できます。

速乾性タイプとなっていますので、周囲に付着したとしても拭き取る必要がないという点もポイントです。さらに逆さ噴射も可能なスプレーとなっていますので、通常では使用しにくい場所であっても無理なく吹き付けることができます。

自動車にはもちろんのこと、さまざまなものの洗浄に使用したいという方にぴったりなパーツクリーナーとなっています。

KURE パーツクリーナー プラスチックセーフ 3021 420ml

KURE パーツクリーナープラスチックセーフ 66 x 66 x 222 mm NO3021

4. SOFT99 99工房シリコンオフ

脱脂力が非常に高く、塗装前の処理などに仕様しやすいタイプのパーツクリーナーです。塗装以外でもステッカーや両面テープなどを貼る前にこちらのスプレーで脱脂することによって、より強力に接着することができます。

非常に洗浄力が高いことからプラスチックや樹脂などには使用することはできませんが、油汚れのひどい場所などをしっかりとクリーニングしたい際に便利なアイテムです。

SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 シリコンオフ 09170 [HTRC2.1]

【在庫あり】SOFT99 ソフト99 99工房 シリコンオフ300

5. ワコーズ BC-9

自動車やバイクのパーツクリーナーとしては定番アイテムのひとつです。洗浄力が高く、速乾性があるのでとても使いやすいクリーナーだといえます。

オイル汚れやブレーキダスト、カーボンなどの汚れをしっかりと落とすことができる上に、プラスチックなやゴムなどへの影響が少ないタイプなので電子部品の脱脂などにも使用することができます。もちろん、金属と樹脂の混合パーツのクリーニングにも対応しています。

価格帯としてはやや高めのものに分類されますが、自動車整備向けのパーツクリーナーとしては評価が高いといわれており、「他のパーツクリーナーではいまいち満足できなかった」という方にもおすすめのアイテムです。

ワコーズ BC-9 ブレーキ&パーツクリーナー9 速乾性タイプのブレーキ・パーツ洗浄スプレー A189 650ml A189 [HTRC3]

WAKOS ワコーズ BC-9 ブレーキ&パーツクリーナー 650ml 1点 (A189)

まとめ

自動車のイメージ

メンテナンスを欠かさずに

自動車を整備、メンテナンスする上でオイルやブレーキダストなどの汚れ除去は重要なポイントとなります。見た目が汚いだけでなく、これらの汚れが蓄積されるとさまざまなトラブルを引き起こす原因となります。

そのため、定期的に汚れをしっかりと落としておきたいものです。
そこで役立つのがパーツクリーナーです。自動車のみでなくさまざまな用途で使用できますので、1本用意しておくことをおすすめします。

関連する投稿


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。言葉は知っていてもその意味を理解していない方も多いと思いますので今回はガソリン添加剤についてご説明したいと思います。その効果などについても詳しく解説して参ります。これからガソリン添加剤を使ってみようという方は参考にしてみて下さい。


車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

バッテリーは、クルマの中でも、トラブルが起こりやすい箇所のひとつです。それでも、普段からバッテリーを充電しておけば、かなりの程度、トラブルを防ぐことができます。そこで今回は、バッテリー充電器についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。