目次へ戻る

【エンジンオイル】入れすぎた場合どうなる?確認方法と対処法も

【エンジンオイル】入れすぎた場合どうなる?確認方法と対処法も

エンジンオイル交換の際に、エンジンオイルを規定量よりも入れ過ぎてしまったらどうなるのでしょうか?本記事ではエンジンオイルをエンジンに入れすぎた場合のエンジンへの影響、エンジンオイルの量を測る方法や、エンジンオイルを入れすぎてしまった場合の対処法を掲載しています。


エンジンオイルを入れすぎるとどうなる?

自動車のエンジンを正常に作動させるため、潤滑、冷却、密閉、防錆、洗浄などの役割をもつエンジンオイルですが、オイルを入れすぎてしまった場合どうなるのでしょうか?

本記事ではエンジンオイルを入れすぎた場合のエンジンへの影響や、正しいエンジンオイルの量の確認方法、エンジンオイルを入れすぎた場合の対処法をご紹介します。

燃費が悪くなる

エンジン種類によりますが、通常であればコンロッド(ピストンとクランクシャフトを結ぶ連結部位)がエンジンオイルを掻き上げて飛ばし潤滑させます。

しかし、エンジンオイルを入れすぎてしまうとコンロッドがオイルの表面を叩く「オイルたたき」という現象が発生します。

結果、エンジンオイルの温度が上がり油膜を保持しづらくなることで抵抗が発生し、その抵抗が振動になりエンジンが回りにくくなってしまいます。

エンジン性能が通常通り発揮できなくなるため、走っている際のフィーリングが明らかに悪くなることや、燃費の低下に繋がってしまうのです。

マフラーから白煙がでる

エンジンオイルを入れすぎると、本来はエンジンオイルが入らないシリンダー部分にエンジンオイルが入り込んでしまいます。シリンダー部分に入ったエンジンオイルは、ガソリンと一緒に燃えてマフラーから白煙がでる原因になります。

この白煙は多少であればエンジンに影響を与えるものではありませんが、白煙がで続ける場合は早期のメンテナンスが必要です。

エンジンオイルの規定量は車によって違う

まず、エンジンオイルの規定量を知る方法をご紹介します。もし規定量を超える量のエンジンオイルを入れていれば、エンジンオイルの入れすぎです。
エンジンオイルの規定量はエンジンの大きさによって異なり、エンジンが大きいほど規定量が増える傾向にあります。
エンジンの大きさに比例して、エンジン内部に必要なエンジンオイルの規定量は増えるからです。

車種によってエンジンオイルの規定量が異なるのはもちろんですが、同じ車種でもグレードでエンジンが違えばエンジンオイルの規定量が変わることがあるので注意が必要です。

エンジンオイルの規定量は取扱説明書を確認

エンジンオイルの規定量は、車両説明書にあるメンテナンスページでエンジンオイルの規定量を確認することでわかります。

エンジンオイルの量を測る方法

エンジンオイルが入れすぎなのかを確認するために、エンジンオイルの量を測る方法をご紹介します。
エンジンオイルがどの位の量入っているかは、オイルゲージ(油面計)を確認することでわかります。こちらでは実際にエンジンオイルの量を確認する方法を下準備、必要なものに分けてご紹介します。

【下準備】エンジンオイルの量を正しく測るために

エンジンオイルの量を正確に測るために、必ず下記の条件を確認してからエンジンオイルの量を測って下さい。

1. 車を平坦な場所に停める

車を平坦な場所に停車してからエンジンオイルの量を測りましょう。坂道などに停車して車が傾いた状態でエンジンオイルの量を測っても、エンジンオイルの油面が傾いてしまうため正確な量を測ることができません。

2. エンジンオイルの量を測るタイミングは、エンジン始動前か始動後時間が経ってから

エンジンオイルの量を測るタイミングは、エンジン始動前か停止から時間が経ってから行ってください。エンジンオイルが、オイルパン(オイルの流出を防ぐ囲いのこと)に戻るまでに時間がかかるためです。

例としてトヨタでは下記のように「5分以上」を推奨しています。

エンジンオイルの量チェック

点検はエンジン始動前か、エンジンを止めてから少なくとも5分以上たってから行ってください。

【作業】エンジンオイルの量を測る方法

1. ボンネットを開いて、オイルレベルゲージ(油面計)を探す

まずはじめに、ボンネットを開いてオイルレベルゲージ(油面計)を探します。下記の商品のように黄色やオレンジ、赤色など目立ちやすい色のツマミと一体型になっています。

2. オイルレベルゲージ(油面計)を取り外す

次に、オイルレベルゲージ(油面計)を取外します。たいていはツマミが回転式になっており、回すことで簡単に取り外せます。

3. 乾いた布でオイルレベルゲージ(油面計)を拭く

乾いた布でエンジンオイルゲージ(油面計)を拭き取ります。1度拭き取りきれいな状態にすることで、次の工程でオイルゲージを取り出した際に正確な量が分かるようになります。

乾いた布は通常ウエスと呼ばれる糸くずが付着しにくい布が適していますが、ご家庭ではTシャツや端ぎれなどがおすすめです。

4. オイルパンにオイルゲージ(油面計)を入れる

拭き取り終わったエンジンオイルゲージ(油面計)をオイルパンに差し込みます。

5. エンジンオイルゲージ(油面計)を引き抜きオイル量を確認する

エンジンオイルゲージ(油面計)を再度抜き、エンジンオイルゲージの先がどこまでエンジンオイルに浸かっているかでエンジンオイルの量を確認します。

エンジンオイルの量の確認は、エンジンオイルゲージ(油面計)の先端にある2本の線や、LとH、LとFといったアルファベットで判断ができます。LはLOW(規定量未満)、FはFULL(規定量満タン)、HはHIGH(高)を意味します。

エンジンオイルゲージ(油面計)が浸かった部分が2本線の間、LとHの間、LとFの間、にあれば適正量です。

HまたはFよりも上にエンジンオイルが浸かった跡がある場合は、規定量よりもエンジンオイルが入りすぎています。

6. エンジンオイルゲージ(油面計)を元に戻す

エンジンオイルゲージの量を測り終わったら、元に戻します。このときエンジンオイルゲージが外れないようにしっかりと取り付けてください。

エンジンオイルを入れすぎてしまった場合の対処法

エンジンオイルが入れ過ぎてしまった場合の対処方法は、エンジンオイルを抜き取ることです。エンジンオイルを抜き取る方法を2つご紹介します。

1. カーメンテナンス用品店でエンジンオイルを抜いてもらう

カーメンテナンス用品店やディーラーでエンジンオイルを抜いてもらう方法です。

カーメンテナンス用品店で行う作業は、自分でエンジンオイルを抜く場合と変わりません。

しかし、メンテナンス用品を買い揃える必要がないことや安全性、確実性の面でカーメンテナンス用品店がおすすめです。

2. 自分でエンジンオイルを抜く

自分で上抜き、または下抜きを用いてエンジンオイルの量を減らす方法です。詳しい方法は下記リンクに記載してありますので是非参考にして下さい。

まとめ

本記事ではエンジンオイルを入れすぎた場合に、エンジンに起こる影響とその対処法、正しいエンジンオイルの測り方をご紹介しました。

下記にもエンジンオイルに関する記事がございますので是非ご覧ください。

関連する投稿


まさかパンク?万が一に備えてのパンク修理キット!

まさかパンク?万が一に備えてのパンク修理キット!

ドライブ中にタイヤが突然のパンクしたら、とっても困りますね?そんな時に大活躍するのがパンク修理キットです。自分でもパンクを直せるので、何かと重宝しますよ。今回はパンク修理キットを使用したほうが良い理由と使用しない理由をわかりやすく紹介していきます。


ミッションオイルとは?交換しないとどうなる?

ミッションオイルとは?交換しないとどうなる?

普段、あまり意識することのないミッションオイル。実はとても重要な役割を果たしています。ミッションオイルを定期的に交換しないで放っておくと大変なことになってしまいますので、この記事ではその大切なミッションオイルの役割や交換に関して詳しく解説していこうと思います。


重要! ハブベアリングの役割とは?

重要! ハブベアリングの役割とは?

自動車の車体と車輪をつなぐ役割を果たすハブベアリング。あまり注目されることの少ない部品ですが、その果たす役割は超重要!ハブベアリングの不具合は、放置すると最悪の場合、事故につながる危険性もあるので早めに対処しましょう。


【奥が深い】マットブラック塗装、まさに漆黒!こだわりの黒!

【奥が深い】マットブラック塗装、まさに漆黒!こだわりの黒!

本記事では一度は憧れる!?マットブラック塗装についてご紹介します。マットブラックの効果やメリット・デメリット。さらにオリジナルな独創性にこだわったマットブラック塗装の支持者の理由を追求!また、塗装の方法や手入れ法についても解説します。これを読めば貴方もきっとマットブラック塗装がしたくなっちゃうかも?


貴方は知ってる?エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

貴方は知ってる?エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの洗浄は、細かい部品がたくさんあり難しそうですよね。しかし、注意点さえ知っていればご自身で洗浄することが可能となります。また、大事な愛車を傷つけたくないという方はカーショップなどで依頼することも一つの方法としてあります。


最新の投稿


トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタの人気ミニバン「イプサム」の歴代モデルの性能や燃費・中古価格などをまとめていきます。「イプサム」に乗り換えを検討されている方は是非参考にしてください。


【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

熱い視線が注がれているトヨタの新型RAV4。買うかどうか迷っている…。家族になんと説明しようか…。いや、でもなあ…。なんて頭を抱えてお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな悩めるあなたに、本記事ではRAV4新型の試乗記をまとめました。生のRAV4新型の試乗記を読んで、検討の材料にしてみてくださいね!


熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本県には道の駅が多数存在しており、地元の名物が買えたり人気のフードが食べられたりするところがあります。 そんな熊本ので人気のある道の駅を10選集めてみました。


【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

約13年ぶりにモデルチェンジした日野の大型トラック「プロフィア」の最新装備や、価格から特徴とその魅力などについてご紹介していきます。


マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレンオートモーティブは5月15日、新型スーパーカーのマクラーレン『GT』(McLaren GT)を発表しました。4.0リットルV8ツインターボ搭載。0-100km/h加速3.2秒、最高速326km/hとのこと。気になる最新情報をまとめました。