トップへ戻る

【エンジンオイル】ちゃんと答えられる?エンジンオイル5つの役割

【エンジンオイル】ちゃんと答えられる?エンジンオイル5つの役割

エンジンが正常に作動するのに不可欠なアイテムがエンジンオイル。どんなに進化したエンジンでもエンジンオイルなしでは正常に作動しない。それはガソリンエンジンでも、ディーゼルエンジンでも、レシプロエンジンでも、ロータリーエンジンでも変わらない。では、エンジンオイルはエンジンのなかでどんな役割をしているのだろうか?

⏳この記事は約3~4分で読めます。


なぜ、エンジンオイルが必要なのか

エンジンが正常に作動するのに不可欠なアイテムがエンジンオイル。どんなに進化したエンジンでもエンジンオイルなしでは正常に作動しません。

それはガソリンエンジンでも、ディーゼルエンジンでも、レシプロエンジンでも、ロータリーエンジンでも変わりません。

では、エンジンオイルはエンジンのなかでどんな役割をしているのだろうか? エンジンオイルが担っている5つの役割について説明していこう。

世界で7兆9122億円もの巨大市場

地味な存在に思われがちな「エンジンオイル」ですが、じつは世界で8兆円近い巨大な市場になっています。

富士経済による「潤滑剤関連市場の現状と将来展望 2016」によると2015年の潤滑剤世界市場は7兆9122億円。2016年には1.7%増の8兆0512億円、2025年には15.3%増の9兆1224億円に達すると見込んでいます。

では、なぜこれほどの巨大な市場が生まれるかというと、エンジンオイルがエンジンにおいて非常に重要な役割を担っているからなのです。

潤滑油の世界市場「潤滑剤関連市場の現状と将来展望 2016(富士経済)」

ちなみに長期的には電気自動車や水素自動車といったエンジンオイルを必要としない車種の普及が予想される、試乗の圧迫が懸念されていますが、当面は普及台数が小規模にとどまるため、2025年ごろまではガソリン車用エンジンオイルの市場は拡大することが予想されています。

エンジンオイルの役割1「潤滑」

まず1番にあげられるのが油のツルツル滑る性質を利用した「潤滑」という役割です。

エンジンの内部ではピストンやシリンダーのように金属と金属が接触し、擦れ合っているいますが、オイルがない状態で金属同士を擦り合わせると、摩擦熱であっという間に焼き付いてしまいます。

油には潤滑する性質があるため、金属と金属の間にオイルを介在させることで摩擦熱の発生を緩和できるのです。

エンジンオイルの役割2「冷却」

2番目の役割は熱を伝える性質を利用した「冷却」です。

エンジンのなかで発生した熱をオイルが吸収してエンジンの外に逃がして行きます。その際エンジンの熱をオイルが逃がすためには、オイルの温度(油温)はある程度のレベルまでに保たれる必要があります。

高性能なエンジンの場合は、オイルクーラーなどが追加されてオイルの温度が管理されているのです。

エンジンオイルの役割3「密閉」

エンジンオイル3番目の役割はオイルの粘りを利用した「密閉」です。

エンジンには「ピストン」と「シリンダー」という部品が使われています。エンジン内部の燃焼室で燃料を爆発させ、その燃焼ガスの圧力でピストンはシリンダーと呼ばれる筒の中を動き、その動きでエンジンは動いているのです。

その際、シリンダーの内壁とピストンの間に隙間があると圧力が逃げてしまうので、オイルの粘りを利用して密閉をしています。

ピストン

エンジンオイルの役割4「防錆」

4番目の役割は「防錆」(「ぼうせい」が正しい読みだが、わかりやすく「ぼうさび」と発音することもある)です。

普段の生活でも油が持つ「防錆」の性質を実感されているかたが多いかも知れません。オイルで錆を防げる仕組みとしては、オイルの被膜が金属表面を水分や酸性成分などと遮断することと、オイルが水分や酸性成分を取り込んで金属に影響を及ぼさないようにすることだと言われています。

エンジンオイルの役割5「洗浄」

最後の5番目は「清浄」です。

エンジンのなかで燃料が燃えると「スス」などの副産物が生まれます。洗浄性能の高いオイルはこの汚れをオイルが汚れを取り込んで放しません。

エンジンオイルが黒く変色するのはエンジン内が汚れる代わりに、エンジンオイルがススを取り込んでいるからと言えるでしょう。

最後に

記録によれば、人類は古代ピラミッド時代には石材を運ぶ際のオリーブオイルを潤滑剤として使用していたという。人類と潤滑油の歴史は機械文明が発生する以前から、連綿と続いてきました。

エンジンオイルの役割を知って、オイル選びやオイル交換の頻度などに役立てて行きたいですね。

エンジンオイルに関する情報

関連する投稿


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


オイルフィルターの交換頻度は?快調エンジンに欠かせない重要部品の仕組みと役割

オイルフィルターの交換頻度は?快調エンジンに欠かせない重要部品の仕組みと役割

車にとっての血液に例えられることも多いエンジンオイル。エンジンオイルの役割はエンジン内部の潤滑だけでなく冷却や防錆などだけでなく、エンジン内部の汚れを回収してくれる役割も担っています。そんなオイルが回収した汚れをろ過して綺麗に保ってくれるオイルフィルターは、人間の臓器に例えるならさながら腎臓のような大事な役割を担う部品。どの程度の頻度で交換するのがよいのか、復習しておきましょう。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。言葉は知っていてもその意味を理解していない方も多いと思いますので今回はガソリン添加剤についてご説明したいと思います。その効果などについても詳しく解説して参ります。これからガソリン添加剤を使ってみようという方は参考にしてみて下さい。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。