トップへ戻る

【エンジンオイル】交換時期はいつ?目安は?

【エンジンオイル】交換時期はいつ?目安は?

半年に1度の交換をすすめられることも多い自動車のエンジンオイル。適切な交換時期はいつなのでしょうか?こちらの記事ではエンジンオイルの交換時期について説明しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


エンジンオイルとは

エンジンオイルとは、エンジンに使われている潤滑油のことです。エンジンは、エンジンオイルがないと機能してくれません。

そのため、メンテナンス、エンジンオイル交換が大事になってきます。

半年に1度おすすめされるエンジンオイル交換、実際どうなの?

ディーラーで新車購入時に加入をすすめられる、「メンテナンスパック」。

メンテナンスパックの特典として「半年ごとにエンジンオイル交換」の文字を目にした方も多いはずです。

まずは、「半年ごとのエンジンオイル交換は必要なの?」という疑問にお答えします。

適切なエンジンオイルの交換時期は?確認したい4つのポイント

エンジンオイルの交換時期は、車種タイプや車の乗り方によって異なります。

適切なエンジンオイルの交換時期の目安は、メーカーの車種ごとの取扱説明書に記載されていますが、今回はトヨタのアフターサービスを例に、一般的なエンジンオイル交換時期を下記に記載しました。

 
エンジンオイル交換の目安
車種交換の目安(距離)交換の目安(時間)
ガソリン車1万5,000km1年
軽自動車(ガソリン車)1万5,000km1年
ガソリンターボ車5,000km6ヶ月
軽自動車(ターボ車)5,000km6ヶ月
ディーゼル車/ディーゼル(ターボ車)1万km1年

上記の表を見ると、「半年ごとのエンジンオイル交換」は、一般的なガソリン車にとって少し早い交換タイミングとなります。

しかし、悪路の走行が多い場合や、走行距離そのものが多い場合、頻繁にアップダウンのある走行等
は交換目安がガソリン車で7,500km、若しくは6ヶ月となるため普段どのような状況下で車の運転をしているかによって左右されます。

ディーラーにエンジンオイル交換を頼む前に、

1. メーカー推奨エンジンオイル交換時期
2. マイカーの走行距離
3. 前回のエンジンオイル交換時期からの経過日数
4. 普段の走行する道路のコンディション等(悪路走行やアップダウンが多い道の走行が多くないか等)

上記の4つのポイントを確認してから判断するといいでしょう。

実際にエンジンオイル交換はどうやるの?動画で確認

気軽に立ち寄れて、通っているうちに
自身のクルマがどんどん好きになっていく場所
を目指し、カーメンテナンスとカー用品で
お客様のカーライフをしっかりサポートします。

でおなじみのジェームスさんの動画では、とてもわかりやすくエンジンオイル交換を解説されています。

ジェームスについて | カー用品のジェームス

https://www.jms-car.com/service/

カー用品店ジェームスは車に関する疑問やお悩みまでお客様のカーライフをサポートします。タイヤ、バッテリー、オイル、車検などメンテナンスはもちろん、最新のナビ、ドライブレコーダーなど豊富な商品を取り揃えています。

知っておきたいエンジンオイルの5つの役割

エンジンオイルはエンジンの内部で循環し、エンジンを保護する役割を担っています。
エンジンは下記のような5つの作用でエンジンを守っています。

1. 潤滑作用
エンジン内部のピストンリングとシリンダー壁の摩擦を減らし、滑らかに動かす役割。
2.密封作用
ピストンリングとシリンダーの間にある気密を保ち、爆発や圧縮ガスの吹き抜けを防ぐ役割。
3.冷却作用
エンジンから発生した熱を吸収して必要以上の加熱を防ぐ役割。
4.洗浄作用
エンジン内部に付着するスラッジやススを取り払い包み込む役割。
5.防錆作用
金属の表面に膜を作り、水分等が直接触れないようにして、エンジン内部にサビが発生するのを防ぐ役割。

エンジンオイル交換をしないと、どうなる?

トラブルの原因になる

とは言っても、エンジンオイルを変えないとどうなるのか不安な方もいらっしゃると思います。

エンジンオイルを交換しないと下記のようなトラブルの原因となります。

■エンジン内部の摩擦抵抗が上がる
→エンジンに負荷がかかることで燃費が悪くなる。

■エンジンオイルが劣化する
→潤滑作用が薄れ異音やエンジン音が大きくなる。

■オイルの劣化や、オイル量の不足
→最悪の場合、エンジンが焼き付いてエンジン交換が必要になる。

エンジンオイルは劣化するスラッジやススを包み黒く濁ります(上記画像:中央)。

劣化したエンジンオイルは定期的に新品のエンジンオイルに交換をすることで、エンジン外に排出されます。

しかし、あまりにも長い間劣化したエンジンオイルを放置すると、スラッジがエンジン内部にこびりつき(上記画像:右)エンジントラブルの原因となります。

マイカーの状態を踏まえて、適切な交換時期にエンジンオイルを交換するようにしましょう。

まとめ

エンジンオイルの適切な交換時期は、車種や走行距離、前回のエンジンオイル交換からの経過日数や普段走行している道路コンディション等が関連しています。

ご自身のマイカーにあったタイミングでエンジンオイルを交換し、賢く節約しましょう。

おすすめのエンジンオイルについても下記の記事にて紹介していますので是非ご覧下さい。

おすすめのエンジンオイルに関する記事はこちら

燃費関連情報

関連する投稿


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


【車検のまとめ】受けられるお店から、車検切れ対策まで!

【車検のまとめ】受けられるお店から、車検切れ対策まで!

クルマが、安全性などの基準に適合しているかどうかを、一定期間ごとに検査する制度が車検です。クルマの調子が良くても、悪くても、受けなければなりません。今回は、カーライフに欠かせない、車検についてまとめました。


ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズが開発したバリアスコートは、効果の高いコーティング剤です。今回はワコーズのバリアスコートのメリットやデメリット、期待できる効果や具体的な使用方法、使用時の注意点などについて解説します。


融雪剤って何?豪雪時に使いたい融雪剤10選

融雪剤って何?豪雪時に使いたい融雪剤10選

積もった雪を溶かして、除雪しやすくしてくれるのが融雪剤ですが、複数の種類に分かれています。環境に優しいタイプや除草剤としても使えるものまである中で、使いやすい融雪剤を10種類ピックアップ。おすすめできる理由と共に、融雪剤の選び方をご紹介します。


最新の投稿


「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

車を通常より安く購入する方法にもさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く購入できることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてご紹介します。


ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

関東地方を中心としたエリアで聞かれることの多いルーレット族という言葉ですが、案外その定義を知らないという方も多いようです。そこで、ルーレット族の定義や名前の由来などについてご紹介します。


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

物損事故の際に警察へ通報せずその場から立ち去る当て逃げは、罰則が適用される立派な法律違反となります。そこで今回は、当て逃げの概要や遭った時の対処法、遭わないためのポイントなどについてわかりやすく解説します。


もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

どれほど注意していても降りかかる可能性があるもらい事故は、起こってしまった際の咄嗟の対処が難しい事故のひとつでもあります。そこで今回は、もらい事故の概要や起こった時の対処法、防止するためのポイントについて解説します。