トップへ戻る

【エンジンオイル】交換時期はいつ?目安は?

【エンジンオイル】交換時期はいつ?目安は?

半年に1度の交換をすすめられることも多い自動車のエンジンオイル。適切な交換時期はいつなのでしょうか?こちらの記事ではエンジンオイルの交換時期について説明しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


エンジンオイルって、何で必要なの?

エンジンオイルとは、エンジンに使われている潤滑油のことです。エンジンは、エンジンオイルがないと機能してくれません。

エンジンオイルには、「潤滑」「密封」「防錆」「冷却」「清浄」という5つの役割があります。

「潤滑」は、エンジンのパーツをスムーズに動かし、摩擦抵抗を少なくする機能です。

「密封」は、シリンダーとピストンの間のわずかな隙間を、エンジンオイルでシールして密閉率を上げることで、燃焼で発生した圧力を逃さなくし、効率よく動力に変換させる機能を言います。

「防錆」は、エンジン内部のパーツの酸化を防ぎ、サビを発生させない機能になります。

「冷却」は、ピストン等にオイルを吹き付ける事で冷却する機能を言います。

「清浄」は、エンジン内で発生したカーボン等を取り去り、内部パーツに付着するのを防ぐ機能となります。

このように、エンジンオイルはエンジン内部で非常に重要な役割を果たしています。そして、エンジンオイルは洗浄等の機能を果たす事で汚れ、熱などの影響でどんどん劣化し、本来の機能を発揮できなくなってしまいます。

そのため、メンテナンス、エンジンオイル交換が大事になってきます。

エンジンオイル5つの役割

潤滑
エンジンのパーツをスムーズに動かし、摩擦抵抗を少なくする。
密封
効率よく動力に変換させる。シリンダーとピストンの間のわずかな隙間を、エンジンオイルでシールして密閉率を上げることで、燃焼で発生した圧力を逃さない。
防錆
エンジン内部のパーツの酸化を防ぎ、サビを発生させない。
冷却
ピストン等にオイルを吹き付ける事で冷却する。
清浄
エンジン内で発生したカーボン等を取り去り、内部パーツに付着するのを防ぐ。

半年に1度おすすめされるエンジンオイル交換、実際どうなの?

ディーラーで新車購入時に加入をすすめられる、「メンテナンスパック」。

メンテナンスパックの特典として「半年ごとにエンジンオイル交換」の文字を目にした方も多いはずです。

まずは、「半年ごとのエンジンオイル交換は必要なの?」という疑問にお答えします。

適切なエンジンオイルの交換時期は?確認したい4つのポイント

エンジンオイルの交換時期は、車種タイプや車の乗り方によって異なります。

適切なエンジンオイルの交換時期の目安は、メーカーの車種ごとの取扱説明書に記載されていますが、今回はトヨタのアフターサービスを例に、一般的なエンジンオイル交換時期を下記に記載しました。

 
エンジンオイル交換の目安
車種交換の目安(距離)交換の目安(時間)
ガソリン車1万5,000km1年
軽自動車(ガソリン車)1万5,000km1年
ガソリンターボ車5,000km6ヶ月
軽自動車(ターボ車)5,000km6ヶ月
ディーゼル車/ディーゼル(ターボ車)1万km1年

上記の表を見ると、「半年ごとのエンジンオイル交換」は、一般的なガソリン車にとって少し早い交換タイミングとなります。

しかし、悪路の走行が多い場合や、走行距離そのものが多い場合、頻繁にアップダウンのある走行等
は交換目安がガソリン車で7,500km、若しくは6ヶ月となるため普段どのような状況下で車の運転をしているかによって左右されます。

また、ターボ車は1分間に10〜20万回転という凄まじい回転数で回るターボチャージャーの軸受を潤滑し、冷却するためにエンジンオイルが使われるため、オイルへの負荷が非常に高く、そのために寿命も短くなってしまう傾向があります。

1. メーカー推奨エンジンオイル交換時期
2. マイカーの走行距離
3. 前回のエンジンオイル交換時期からの経過日数
4. 普段の走行する道路のコンディション等(悪路走行やアップダウンが多い道の走行が多くないか等)

上記の4つのポイントを確認してから判断するといいでしょう。

実際にエンジンオイル交換はどうやるの?動画で確認

気軽に立ち寄れて、通っているうちに
自身のクルマがどんどん好きになっていく場所
を目指し、カーメンテナンスとカー用品で
お客様のカーライフをしっかりサポートします。

でおなじみのジェームスさんの動画では、とてもわかりやすくエンジンオイル交換を解説されています。

ジェームスについて | カー用品のジェームス

https://www.jms-car.com/service/

カー用品店ジェームスは車に関する疑問やお悩みまでお客様のカーライフをサポートします。タイヤ、バッテリー、オイル、車検などメンテナンスはもちろん、最新のナビ、ドライブレコーダーなど豊富な商品を取り揃えています。

知っておきたいエンジンオイルの5つの役割

エンジンオイルはエンジンの内部で循環し、エンジンを保護する役割を担っています。
エンジンは下記のような5つの作用でエンジンを守っています。

1. 潤滑作用
エンジン内部のピストンリングとシリンダー壁の摩擦を減らし、滑らかに動かす役割。
2.密封作用
ピストンリングとシリンダーの間にある気密を保ち、爆発や圧縮ガスの吹き抜けを防ぐ役割。
3.冷却作用
エンジンから発生した熱を吸収して必要以上の加熱を防ぐ役割。
4.洗浄作用
エンジン内部に付着するスラッジやススを取り払い包み込む役割。
5.防錆作用
金属の表面に膜を作り、水分等が直接触れないようにして、エンジン内部にサビが発生するのを防ぐ役割。

エンジンオイル交換をしないと、どうなる?

トラブルの原因になる

とは言っても、エンジンオイルを変えないとどうなるのか不安な方もいらっしゃると思います。

エンジンオイルを交換しないと下記のようなトラブルの原因となります。

■エンジン内部の摩擦抵抗が上がる
→エンジンに負荷がかかることで燃費が悪くなる。

■エンジンオイルが劣化する
→潤滑作用が薄れ異音やエンジン音が大きくなる。

■オイルの劣化や、オイル量の不足
→最悪の場合、エンジンが焼き付いてエンジン交換が必要になる。

エンジンオイルは劣化するスラッジやススを包み黒く濁ります(上記画像:中央)。

劣化したエンジンオイルは定期的に新品のエンジンオイルに交換をすることで、エンジン外に排出されます。

しかし、あまりにも長い間劣化したエンジンオイルを放置すると、スラッジがエンジン内部にこびりつき(上記画像:右)エンジントラブルの原因となります。

マイカーの状態を踏まえて、適切な交換時期にエンジンオイルを交換するようにしましょう。

まとめ

エンジンオイルの適切な交換時期は、車種や走行距離、前回のエンジンオイル交換からの経過日数や普段走行している道路コンディション等が関連しています。

ご自身のマイカーにあったタイミングでエンジンオイルを交換し、賢く節約しましょう。

おすすめのエンジンオイルについても下記の記事にて紹介していますので是非ご覧下さい。

エンジンオイルに関するFAQ

エンジンオイルって、何で必要なの?

エンジンオイルは、「潤滑」「密封」「防錆」「冷却」「清浄」という5つの役割があります。エンジンオイルが、この5つの枠割を果たす事で、クルマのエンジンは正常に動作するように設計されています。エンジンが本来の性能発揮するには、エンジンオイルが欠かせない役割を果たしています。

エンジンオイルは、なぜ交換しなければならないの?

エンジンオイルはには5つの機能がありますが、それらの機能を果たす事でエンジンオイルは汚れ、熱などの影響でどんどん劣化し、本来の機能を発揮できなくなってしまいます。エンジンオイルが機能しなくなると、エンジンが不調になったり壊れたりしてしまうので、エンジンオイルの交換が必要となります。

エンジンオイルの交換のタイミングは?

通常のガソリン車であれば、走行距離1万〜1,5万km程度でのオイル交換がメーカーから指定されている事が多い状況です。ターボ車は、ターボチャージャーの冷却や潤滑のためにオイルへの負担が大きいので、5,000km程度でのオイル交換が指定されている場合もあります。
ほとんどのケースでは、メーカー指定の交換タイミングでオイル交換をすれば問題が発生する事はありません。ただ、年間走行距離が多い人や高速道路での走行が多い人が、メーカー指定のタイミングよりも早めにオイル交換する事は全く問題ありません。こまめなオイル交換は、エンジンにとっては良い影響をもたらします。ただし、その分オイル交換の費用が発生します。

おすすめのエンジンオイルに関する記事はこちら

燃費関連情報

関連する投稿


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


オイルフィルターの交換頻度は?快調エンジンに欠かせない重要部品の仕組みと役割

オイルフィルターの交換頻度は?快調エンジンに欠かせない重要部品の仕組みと役割

車にとっての血液に例えられることも多いエンジンオイル。エンジンオイルの役割はエンジン内部の潤滑だけでなく冷却や防錆などだけでなく、エンジン内部の汚れを回収してくれる役割も担っています。そんなオイルが回収した汚れをろ過して綺麗に保ってくれるオイルフィルターは、人間の臓器に例えるならさながら腎臓のような大事な役割を担う部品。どの程度の頻度で交換するのがよいのか、復習しておきましょう。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。言葉は知っていてもその意味を理解していない方も多いと思いますので今回はガソリン添加剤についてご説明したいと思います。その効果などについても詳しく解説して参ります。これからガソリン添加剤を使ってみようという方は参考にしてみて下さい。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。