目次へ戻る

オイルキャッチタンク 効果と取り付け方紹介 仕組みと車検時の注意も解説

オイルキャッチタンク 効果と取り付け方紹介 仕組みと車検時の注意も解説

ブローバイガスによるエンジン及び燃焼に関係する部品の性能低下を防ぐために取り付けられるのがオイルキャッチタンクと呼ばれる部品です。レースなどでは安全性の面からも装着義務が定められていますが、今回はオイルキャッチタンクについて、どのようなものか、その効果や取り付け方法、及び車検に通す際の注意点などを紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


オイルキャッチタンクとは

WEIMALL オイルキャッチタンク 350ml 汎用 アルミ製 ホース付属 シルバー 丸型

オイルキャッチタンクとはエンジンで燃え切らずに残ってしまったブローバイガスと呼ばれるガスを溜めるために使用するタンクです。

メーカー純正品で販売・装備されていることはほとんどなく、アフターマーケット(社外)メーカーによる製造・販売が主な流通・購入手段となっています。

市販車では後付けで取り付けられるのがほとんどですが、レースではオイルキャッチタンクの取り付けは安全性の面からレギュレーションでその容量までも取り決められているほど必須の品となっています。

オイルキャッチタンクにはどんな効果やメリットがある?

Ruien 汎用 300mlオイルキャッチタンク 円柱型

1.激しいハンドル操作時、不純物のオイルの流出を防ぐ

オイルキャッチタンクを取り付けることによってエンジン内で発生した不純物やオイルが確実にタンク内に溜めることができて、車外へ漏れないようにすることができます。

特にモータースポーツなどでエンジンを高回転域で使用するような場面では、エアクリーナーなどからオイル漏れを発生する可能性が高くなるため、確実にオイルを溜めておくことのできる部分を設けておくことで未然にトラブルを防ぐこともできるのです。

サーキットなどで車両からオイルが噴き出してコース上を汚すと後続車やその他のサーキットを走っている車がオイルに乗ってスピン・クラッシュする可能性もできて危ないので、安全面からも重要な部品となっています。

例えば、少し古いレギュレーションですが、2013年86/BRZチューニングカーレースのレギュレーションにおいて2.OL以上のエンジンオイルキャッチタンクの取り付けが定められます。

2.ブローバイガスとオイルを分離

下記のオイルキャッチタンクの仕組みに関する説明から何となくわかることかもしれませんが、オイルキャッチタンク内に流れてきたブローバイガスはオイルキャッチタンク内でオイルと分離されます。

オイルだけでなくスラッジカーボンといった不純物も分離され、ブローバイガスは再びインテークを経由して燃焼室へ戻ってきて再び燃焼に利用されるのです。

オイルキャッチタンクの仕組み

セパレートタイプ

セパレートタイプはオイルキャッチタンク内をセパレーターと呼ばれる部品で2重構造にしているオイルキャッチタンクになります。

上下に分けられたオイルキャッチタンク内では、IN側から入ってきたブローバイガスがタンク内を循環して各種不純物と分けられるようになっているのです。

取り除かれた不純物はそのままタンクの下部に落とされて、その後ブローバイガスは再びインテークを経由して燃焼室へ戻ってきて燃焼へ使用されます。

バッフル板を縦に配置してセパレートしているものもあります。

パイプの長さが異なるタイプ

オイルキャッチタンクの取り付けられているパイプ(ブローバイガスが通るところ)の長さにも種類・違いがあります。

このパイプとは上記で少し説明したIN側とOUT側の2つのパイプのことです。これらのパイプがそれぞれ同じ長さのものと、IN側パイプのほうが長くてOUT側のほうが短いものがあります。

後者の場合、IN側パイプがオイルキャッチタンク内まで伸びているため定期的にタンク内のオイルを抜く必要が発生し、これを怠ってIN側パイプがオイルに浸るほどになるとブローバイガスが抜けなくなるため注意が必要です。

オイルキャッチタンクの取り付け方

オイルキャッチタンクを取り付けるには、それぞれの車のブローバイガスの流れに合わせて配管作業を行う必要があります。

一般的には、IN側パイプに固定した耐油性ホースをPCVバルブに取り付ける、OUT側パイプに固定した同様のホースをエアクリーナーなどの吸気に関わる部分へ取り付ける、という感じです。

純正の状態ではブローバイホースと呼ばれるホースでエンジンヘッドとエアクリーナーが繋がれているので、このブローバイホースとオイルキャッチタンクを置き換えると考えましょう。

また、オイルキャッチタンクをエンジンルーム内に固定する必要もあります。

オイルキャッチタンクを購入したときに付属するブラケットやボルトを使えば取り付けることができるようになっているので、エンジンルーム内でエンジンからできるだけ離れていてスペースのある部分を見つけて固定するようにしましょう。

オイルキャッチタンク搭載車の車検は?

オイルキャッチタンクを搭載していても適切に取り付けられていれば車検をパスすることができます。

この場合の「適切に取り付けられている」というのは、オイルキャッチタンクに入ってきたブローバイガスを確実に燃焼室へ戻すようになっていて大気へブローバイガスを放っていないという意味です。

取り付け位置に関する特別な取り決めもなされていませんから、大気中にブローバイガスを放つような取り付け方をしないようにしましょう。

まとめ

様々なメーカーからオイルキャッチタンクが発売されていて、その交換作業も特別な工具が必要という話ではありません。エンジンの調子を保つためやメンテナンスのためにも有益な部品であることには間違いありません。

特にレースなどでは安全性の面からも重要な部品となっています。

一般車の場合にはレース車両と違ってオイル漏れが発生する可能性は低いですが、不純物が発生してエンジン内部やインテークパイプなどに汚れが発生することに間違いはないので、気になっていた方は品質の良いオイルキャッチタンクを購入して取り付けてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


メンテナンス 車検

関連する投稿


エンジンオイルの交換|オイル交換費用の相場・交換時期はいつ?

エンジンオイルの交換|オイル交換費用の相場・交換時期はいつ?

エンジンオイル交換をどこで行うかで悩む方も多いと思います。ディーラーやオートバックスなどのカー用品店・専門店、ガソリンスタンドと様々な場所がありますが今回は料金や時間などからおすすめの場所を解説していきます。そして交換時期・目安も。


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


プレクサスとは?洗車やバイク、ヘッドライトへの効果から使い方まで解説!

プレクサスとは?洗車やバイク、ヘッドライトへの効果から使い方まで解説!

プレクサスはヘッドライトやプラスチック製品全般に効果的です。当記事ではプレクサスの効果や使い方、使ってはいけない箇所、注意点についてを徹底解説していきます。


ETCの取り付け方法&店舗での取り付けにかかる工賃・時間も比較!

ETCの取り付け方法&店舗での取り付けにかかる工賃・時間も比較!

ETCの取り付けをどこですれば良い?そもそも自分で取り付けることは可能?ETCの取り付け方やカー用品点等で取付ける場合の料金・費用は?取り付けにかかる時間は?その他、自分でETCを取付ける際の注意点などを説明しています。


【エンジンルーム】 意外と知られていない洗浄方法を解説!

【エンジンルーム】 意外と知られていない洗浄方法を解説!

エンジンルームの洗浄は、細かい部品がたくさんあり難しそうですよね。しかし、注意点さえ知っていればご自身で洗浄することが可能です。また、大事な愛車を傷つけたくないという方はカーショップなどで依頼することも一つの方法としてあります。本記事ではそんなエンジンルームの洗浄方法について説明しています。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。