目次へ戻る

オイルキャッチタンクの効果と取り付け方を紹介 仕組みと車検時の注意も

オイルキャッチタンクの効果と取り付け方を紹介 仕組みと車検時の注意も

ブローバイガスによるエンジン及び燃焼に関係する部品の性能低下を防ぐために取り付けられるのがオイルキャッチタンクと呼ばれる部品です。レースなどでは安全性の面からも装着義務が定められていますが、今回はオイルキャッチタンクについて、どのようなものか、その効果や取り付け方法、及び車検に通す際の注意点などを紹介します。


オイルキャッチタンクとは

WEIMALL オイルキャッチタンク 350ml 汎用 アルミ製 ホース付属 シルバー 丸型

オイルキャッチタンクとはエンジンで燃え切らずに残ってしまったブローバイガスと呼ばれるガスを溜めるために使用するタンクです。

メーカー純正品で販売・装備されていることはほとんどなく、アフターマーケット(社外)メーカーによる製造・販売が主な流通・購入手段となっています。

市販車では後付けで取り付けられるのがほとんどですが、レースではオイルキャッチタンクの取り付けは安全性の面からレギュレーションでその容量までも取り決められているほど必須の品となっています。

オイルキャッチタンクにはどんな効果・メリットがある?

Ruien 汎用 300mlオイルキャッチタンク 円柱型 アルミ製 バッフル付 外径9MM/12MM/15MM継手付属 自動車/バイク用 シルバー

激しいハンドル操作時、不純物のオイルの流出を防ぐ

オイルキャッチタンクを取り付けることによってエンジン内で発生した不純物やオイルが確実にタンク内に溜めることができて、車外へ漏れないようにすることができます。

特にモータースポーツなどでエンジンを高回転域で使用するような場面では、エアクリーナーなどからオイル漏れを発生する可能性が高くなるため、確実にオイルを溜めておくことのできる部分を設けておくことで未然にトラブルを防ぐこともできるのです。

サーキットなどで車両からオイルが噴き出してコース上を汚すと後続車やその他のサーキットを走っている車がオイルに乗ってスピン・クラッシュする可能性もできて危ないので、安全面からも重要な部品となっています。

例えば、少し古いレギュレーションですが、2013年86/BRZチューニングカーレースのレギュレーションにおいて2.OL以上のエンジンオイルキャッチタンクの取り付けが定められます。

ブローバイガスとオイルを分離

下記のオイルキャッチタンクの仕組みに関する説明を読んでいただければわかることと思いますが、オイルキャッチタンク内に流れてきたブローバイガスはオイルキャッチタンク内でオイルと分離されます。オイルだけでなくスラッジカーボンといった不純物も分離され、ブローバイガスは再びインテークを経由して燃焼室へ戻ってきて再び燃焼に利用されるのです。

オイルキャッチタンクの仕組み

セパレートタイプ

セパレートタイプはオイルキャッチタンク内をセパレーターと呼ばれる部品で2重構造にしているオイルキャッチタンクになります。上下に分けられたオイルキャッチタンク内では、IN側から入ってきたブローバイガスがタンク内を循環して各種不純物と分けられるようになっているのです。取り除かれた不純物はそのままタンクの下部に落とされて、その後ブローバイガスは再びインテークを経由して燃焼室へ戻ってきて燃焼へ使用されます。バッフル板を縦に配置してセパレートしているものもあります。

パイプの長さが異なるタイプ

オイルキャッチタンクの取り付けられているパイプ(ブローバイガスが通るところ)の長さにも種類・違いがあります。

このパイプとは上記で少し説明したIN側とOUT側の2つのパイプのことです。これらのパイプがそれぞれ同じ長さのものと、IN側パイプのほうが長くてOUT側のほうが短いものがあります。

後者の場合、IN側パイプがオイルキャッチタンク内まで伸びているため定期的にタンク内のオイルを抜く必要が発生し、これを怠ってIN側パイプがオイルに浸るほどになるとブローバイガスが抜けなくなるため注意が必要です。

オイルキャッチタンクの取り付け方

オイルキャッチタンクを取り付けるには、それぞれの車のブローバイガスの流れに合わせて配管作業を行う必要があります。

一般的には、IN側パイプに固定した耐油性ホースをPCVバルブに取り付ける、OUT側パイプに固定した同様のホースをエアクリーナーなどの吸気に関わる部分へ取り付ける、という感じです。

純正の状態ではブローバイホースと呼ばれるホースでエンジンヘッドとエアクリーナーが繋がれているので、このブローバイホースとオイルキャッチタンクを置き換えると考えましょう。

また、オイルキャッチタンクをエンジンルーム内に固定する必要もあります。

オイルキャッチタンクを購入したときに付属するブラケットやボルトを使えば取り付けることができるようになっているので、エンジンルーム内でエンジンからできるだけ離れていてスペースのある部分を見つけて固定するようにしましょう。

オイルキャッチタンク搭載車の車検は?

オイルキャッチタンクを搭載していても適切に取り付けられていれば車検をパスすることができます。

この場合の「適切に取り付けられている」というのは、オイルキャッチタンクに入ってきたブローバイガスを確実に燃焼室へ戻すようになっていて大気へブローバイガスを放っていないという意味です。

取り付け位置に関する特別な取り決めもなされていませんから、大気中にブローバイガスを放つような取り付け方をしないようにしましょう。

まとめ

様々なメーカーからオイルキャッチタンクが発売されていて、その交換作業も特別な工具が必要という話ではありません。
エンジンの調子を保つためやメンテナンスのためにも有益な部品であることには間違いありません。

特にレースなどでは安全性の面からも重要な部品となっています。

一般車の場合にはレース車両と違ってオイル漏れが発生する可能性は低いですが、不純物が発生してエンジン内部やインテークパイプなどに汚れが発生することに間違いはないので、気になっていた方は品質の良いオイルキャッチタンクを購入して取り付けてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


メンテナンス 車検

関連する投稿


手洗い洗車?洗車機?それぞれのメリット・デメリットや費用を調査!

手洗い洗車?洗車機?それぞれのメリット・デメリットや費用を調査!

愛車をいつまでも美しく保つためには洗車を定期的に行う必要があります。洗車には、さまざまな方法があります。定番の手洗いから洗車機による方法、さらにはプロに依頼する方法も。それぞれの方法によって、メリット・デメリットや費用は異なります。今回は洗車方法によってどのような違いがあるか、費用の違いなどについて解説していきます。(※2020年3月更新しました)


コイン洗車場の使い方、必要な準備、覚えておくべきマナーは?

コイン洗車場の使い方、必要な準備、覚えておくべきマナーは?

洗車は愛車を綺麗に保つうえで大切です。洗車したいけれども自宅にスペースがない方場合「コイン洗車場」を活用している方も多いと思います。しかし、コイン洗車場を初めて利用する場合、どんなルールがあるのだろう?と敷居が高く感じてしまうもの。今回は初心者でも安心して洗車場で洗車するためのノウハウをお伝えします!


車のガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

車のガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

カーコーティングの中でも硬いガラス質の皮膜でボディを多い、キズに強いと言われている「ガラスコーティグ」。本記事ではガラスコーティングとは何かといった疑問から、ガラスコーティングのメリット、ポリマーコーティングやワックスとの違い、コーティング後の洗車方法や注意点、おすすめのコーティング剤についてを紹介しています。


【エンジンオイル】交換時期はいつ?目安は?

【エンジンオイル】交換時期はいつ?目安は?

半年に1度の交換をすすめられることも多い自動車のエンジンオイル。適切な交換時期はいつなのでしょうか?こちらの記事ではエンジンオイルの交換時期について説明しています。


【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

こちらの記事ではエンジンオイル交換を安く済ませるため、自分で交換したいという方のために、エンジンオイルの種類、粘度、規格についてと選び方についてを紹介しています。さらに粘度別のおすすめのオイルもご紹介します。


最新の投稿


買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

原付バイクをこれから購入しようと考えている方へ。メーカー毎にオススメのバイクと新車価格、中古価格の相場をご紹介。男性にオススメのカッコイイ原付バイク、女性にオススメの可愛い原付バイク、値段も合わせてそれぞれご紹介しています。また、原付・中型・大型の違いや、そもそも原付とは何か?についてもご紹介!(※2020年4月3日更新しました)


【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

日産から「新型キックス」が6月3日に発売されるという情報が飛び込んできました。 日産の代表的なコンパクトSUVと言えば「ジューク」を連想する人も多いのではないでしょうか。しかしながら、新型ジュークは2019年9月に欧州にて登場するも日本に導入されることはありませんでした。そこでジュークに替わるコンパクトSUVとして日本に導入されるのが「キックス」という訳です。本記事では「新型キックス」日本導入の詳しい内容をまとめていきます。


トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド。フルモデルチェンジが2020年に行われると噂があります。現行型のモデルは発売されて11年もの歳月が経ちます。2017年9月にビッグマイナーチェンジが行われてからも既に3年近くなります。次の新型のプラドはどのような車になるか気になるところですよね。本記事では最新のフルモデルチェンジの情報を含め、改めてランドクルーザープラドの燃費、口コミ、価格、試乗記などをまとめてご紹介します。(※2020年4月3日更新しました)


【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

ジープと言えば、SUVという言葉が使われるようになる以前からオフロード走行可能4輪駆動車を作ってきた、4輪駆動車の車の王道といっても過言ではありません。しかし、ジープのラインナップには、意外にも2輪駆動車が存在しているのも事実です。今回はジープの2輪駆動、そして4輪駆動のSUV車について紹介しましょう。


クルマを高く売るには?お得に車を売る方法と中古車査定の注意点

クルマを高く売るには?お得に車を売る方法と中古車査定の注意点

自分の車を売却して別の車が欲しいと思った時、まずは今乗っている車を高く売ることが大切になってきますよね。そのためには中古車査定をしてもらう必要があります。けれど、何からすればいいのか?どこに行くの?と悩む方も多いはず。そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取りでより高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。