トップへ戻る

【ジャンプスターター】 人気おすすめ商品 厳選5選!

【ジャンプスターター】 人気おすすめ商品 厳選5選!

突然のバッテリー上がりでエンジンがかからなくなった時、ジャンプスターターを一台クルマにおいておけば安心です。ジャンプスターターとは、クルマのバッテリーに接続するためのモバイルバッテリーで、クルマのエンジンの指導だけでなく、スマホやタブレットの充電にも使える便利アイテムです。今回は、そんな便利なジャンプスターターをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ジャンプスターターとは?

ジャンプスターターとは、バッテリーが上がってしまった時、簡単にエンジンをかける事ができる便利アイテムで、バッテリーが弱ってきている時やバッテリーが上がってしまった際の非常用として重宝します。

また、商品によってはモバイルバッテリーとして、スマホを充電できたりと嬉しい便利機能がついているものもあります。

そもそもバッテリー上がりってどんな状態?

そもそもバッテリー上がりとはどのような状態を指すのでしょうか。

バッテリー上がりとは、スマホで言うところの充電が切れている状態の事を指します。

気を付けてヘッドライトの光量や、スターターの音などを聞いていれば、バッテリーが弱ってきている事に気付けますが、中々難しいものです。

気付けば時すでに遅しという感じで、突然エンジンがかからなくなってしまうのが現実です。

バッテリー上がりが実際に起こった時の対処法は?

では、実際にバッテリー上がりとなってしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

バッテリーが上がってしまった場合は、一旦バッテリーケーブルを繋いでエンジンさえ始動させてしまえば、自走する事は可能な場合があります。もし、エンジンを始動する事ができた場合は、そのまま速やかに整備工場へと向かうべきでしょう。

ただ、そのエンジンをかけるには、別の車とバッテリーケーブルを繋いだ状態でエンジンを始動するしか方法はありません。つまり、バッテリー上がりをした車以外の、正常に動く状態の車が一台と、バッテリーケーブルが必要となってしまいます。

店舗などの駐車場でバッテリー上がりになった場合、車は周りにたくさんあっても、バッテリーケーブルを持っている人は中々いないでしょう。そして、両方が揃っていても、その人が助けてくれるとは限りません。

そして、ハイブリッド車が増えた昨今、ハイブリッド車でガソリン車を救援できないなどの問題もあります。しかし、そんな時にジャンプスターターがあれば、人に頼らなくても一人でエンジンを始動する事ができます。

ジャンプスターターの使い方が知りたい

ジャンプスターターの使用方法はとてもシンプルで簡単に使用する事ができます。

車の知識があまり無い方にとって、車のバッテリーを触る事に抵抗がある人も多いかと思いますが、ジャンプスターターの使用方法は至ってシンプルです。

バッテリーの赤色の端子に赤のケーブルのクリップを繋ぎ、黒色の端子に黒のケーブルのクリップを繋ぐだけです。同じ色に同じ色のクリップを取り付けるだけで、あとはエンジンを始動すれば良いのです。

【動画】これでばっちり!ジャンプスターターの使い方を学ぼう

オートバックス公式より、わかりやすいジャンプスターターの使い方が紹介されています。

ジャンプスターターの選び方

ジャンプスターターを購入するに当たっての選び方は、5つの項目から判断しましょう。

チェックポイント!

ボルト数
乗用車であれば、12V。
1トントラックから大型トラックであれば、24V。
最大電流
排気量の大きい車であれば、要チェック。
電池容量
モバイルバッテリーやその他の用途としても使用する場合は、要チェック。
保護機能
安全保護機能が備わっているかも要チェック。
追加機能
車のスターター以外の機能がついているものもある。


1. ボルト数(V)

軽自動車から普通車まで、乗用車であれば基本的にすべて12Vです。

1トントラックから大型トラックは基本的にすべて24Vです。

2. 最大電流(A)

軽自動車や排気量の少ない車に関してはそこまで気にする必要はありません。排気量の大きい車になってくると、電流が低いとエンジンが始動できない場合があるので、注意しましょう。

3. 電池容量(mAh)

どれだけの回数エンジンを始動できるかの目安として、この数値を見ますが、業務用では無い限り耐久性は気にする必要はあまりありません。

ただ、モバイルバッテリーやその他の用途としても使用する場合はこちらも注意して選ぶべきでしょう。

4. 保護機能

メカニック以外の一般人が使用する事を想定して、逆接続やショートなどをしてしまった場合の安全保護機能が備わっているものが多いです。

5. 追加機能

USBポートが複数ついているなど、車のスターター以外にもモバイルバッテリーとして使用できる便利な機能がついているものもあります。

ジャンプスターター 人気・おすすめ商品5選

では、Amazon等ネットで購入が可能なオススメしたい人気商品を6つご紹介していきます。

Arteck

Arteck製ジャンプスターターです。

こちらの商品の最大の特徴は、最大5.0Lまでのガソリンエンジンと3.0Lまでのディーゼルエンジンであれば、フル充電で最大20回も始動できる高性能・高耐久性と、リーズナブルなお値段設定というコストパフォーマンスの高さが両立している事!

勿論その高性能と高耐久は、ジャンプスターター以外の使い方にも活用できます。本機にはUSBポートがあり、ノートPC・タブレット・スマホなど思う存分充電する事ができます。

また、LEDフラッシュライトが搭載されており、フル充電で120時間点灯可能で、ストロボで位置を知らせる機能も搭載されています。

そして、コンパクトなボディとなっている為、アウトドアや旅行などのレジャーから出張などのビジネスシーンにも活用できる優れものです。24ヵ月の安心保障もついています。

Arteck ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 8000mAh ポータブル充電器最大800A LED緊急ライト搭載 スマホ急速充電器 24ヶ月保証付【日本語取扱説明書付き】

Arteck ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 8000mAh ポータブル充電器最大800A LED緊急ライト搭載 スマホ急速充電器 24ヶ

YABER

最大1200Aを誇り、ガソリンは7.5Lまで、ディーゼルは6.0Lまで対応可能ととなっています。

スーパーカーからキャンピングカーまで始動可能となっておりジャンプスターターの性能としては申し分ありません。本機の特徴は、Quick Charge 3.0対応2ポート搭載による急速充電が可能となっている事でしょう。

2台同時の充電から、充電しながらポートをもう一つ別に使用できるという優れもので、男心をくすぐるタフネスな外観に見合った、本格防水機構などアウトドアシーンを想定した設計が嬉しいです。

安心の24ヵ月保障付き。

YRBER ジャンプスターター 12V車用大容量防水エンジンスターター 15000mAh大容量 1200Aピーク電流 7.5Lガソリンエンジン車 6Lディーゼル車 LEDライト Type C 充電対応 モバイルバッテリー 24ヶ月保証 【日本語取扱説明書付き】

YRBER ジャンプスターター 12V車用大容量防水エンジンスターター 15000mAh大容量 1200Aピーク電流 7.5Lガソリンエンジン車 6Lディーゼル車 LEDライト Type C 充電対応 モバイルバッテリー 24ヶ月保証 【日本語取扱説明書付き】

Arteck

こちらの商品紹介欄最上部でご紹介した、Arteck製ジャンプスターターのハイエンドモデルになります。

ガソリンエンジンで排気量5.0Lまでのエンジンを最大20回まで始動可能となっています。

そして、充電はクイックチャージが可能となっており、よりコスパが高い商品です。

安心の24ヵ月保障付き。

Arteck ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 12000mAh ポータブル充電器最大800A LED緊急ライト搭載 USB-Cスマホ急速充電器 24ヶ月保証付【日本語取扱説明書付き】

Arteck ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 12000mAh ポータブル充電器最大800A LED緊急ライト搭載 USB-Cスマホ急速充電器 24ヶ月保証付【日本語取扱説明書付き】

GOOLOO

ガソリンエンジンは4.0Lまでであれば20回始動できるジャンプスターターとしては申し分ないスペック。また、バイク・ボートなどの始動にも対応しています。

USB充電と、車内のシガーソケットによるDC12V充電の2種類の充電方法が選べ、購入より12か月保障がついている事も特徴です。

GOOLOO ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 10000mAh ガソリン車 ディーゼル車 多車種対応 モバイルバッテリー LED緊急ライト搭載 持ち運びに便利 12ヶ月保証付【日本語取扱説明書付き】

GOOLOO ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 10000mAh ガソリン車 ディーゼル車 多車種対応 モバイルバッテリー LED緊急ライト搭載 持ち運びに便利 12ヶ月保証付【日本語取扱説明書付き】

Arteck

3品目となる人気のArteck製ジャンプスターターです。

ガソリンがエンジンであれば7.0Lまで、ディーゼルエンジンでは6.5Lまでで最大20回始動可能となっています。

充電方法も家庭用コンセント以外にもシガー、USB充電、車内のシガーソケットによるDC12V充電など豊富なバリエーションがあります。

安心の24ヵ月保障付き。

Arteck ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 18000mAh ポータブル充電器最大900A LED緊急ライト搭載 スマホ急速充電器 24ヶ月保証付【日本語取扱説明書付き】

Arteck ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 18000mAh ポータブル充電器最大900A LED緊急ライト搭載 スマホ急速充電器 24

まとめ

突然のバッテリー上がりに助かるジャンプスターターについて、選び方やおすすめ商品などを紹介させて頂きました。

車のバッテリー上がりに嬉しい機能は勿論、スマホ、タブレットが普及している昨今それらの充電にも使用できる機能は大変有難いものです。

また、アウトドアシーンにおいては、簡易発電機のような役割も果たしてくれるジャンプスターターはこの上なく便利なツールと言えます。

ジャンプスターターのFAQ

ジャンプスターターを買うと、どんなメリットがあるの?

突然のバッテリー上がりでエンジンがかからなくなったときに、ジャンプスターターをバッテリーに接続すれば、エンジンを始動できるようになります。
ジャンプスターターが無ければ、JAF等のロードサービスを呼んでエンジンの始動を依頼しなければならず、時間と費用がかかってしまいます。ちなみに、JAFの非会員がバッテリー上がりでロードサービスを依頼した場合、13,130円(税込)のサービス料がかかります。
イザという時の備えとして、5,000円〜1万円程度のジャンプスターターを買っておくと、時間とお金をセーブする事が出来ます。

ジャンプスターターって、どうやって使うの?

ジャンプスターターに付属しているケーブルを、クルマのバッテリー端子に接続するだけなので、それほど難しい作業ではありません。ただ、高圧の電気を扱うので、ジャンプスターターの取扱説明書をよく読んで作業するようにしましょう。

ジャンプスターターは、クルマの中に置きっぱなしでいいの?

ジャンプスターターのバッテリーであるリチウムイオン電池は、放ったらかしていても放電しにくい性質を持っていますが、長時間放置しておくと肝心の時に電池が無くなってしまっている可能性もあります。
ジャンプスターターには、車内のシガーソケットに挿して充電できるアダプタが付属している事が多いので、バッテリーの残量を確認して減っていればドライブ中に充電すると言う習慣をつけることをオススメします。

ジャンプスターターは、バッテリー上がりの時だけに使うの?

少し前までのジャンプスターターはバッテリー上がりの際だけに使うものでしたが、高性能なリチウムイオンバッテリーの普及で、今はモバイルバッテリーとして活用できる製品が増えています。
8,000〜18,000mAhと言う大容量のバッテリーを搭載しているので、スマホやタブレットなどを充電する事が出来、ドライブ先のアウトドアでも活躍出来ます。
ただし、使いすぎ注意!ジャンプスターターのバッテリーを全部使ってしまうと、イザという時にジャンプスターターの電池がなくなってバッテリー上がりの際に使えなくなってしまいます!

おすすめ記事はこちら

関連する投稿


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。言葉は知っていてもその意味を理解していない方も多いと思いますので今回はガソリン添加剤についてご説明したいと思います。その効果などについても詳しく解説して参ります。これからガソリン添加剤を使ってみようという方は参考にしてみて下さい。


車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

バッテリーは、クルマの中でも、トラブルが起こりやすい箇所のひとつです。それでも、普段からバッテリーを充電しておけば、かなりの程度、トラブルを防ぐことができます。そこで今回は、バッテリー充電器についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。