目次へ戻る

【録画範囲・価格 何で選ぶ?】ドライブレコーダー おすすめ16選&選び方

【録画範囲・価格 何で選ぶ?】ドライブレコーダー おすすめ16選&選び方

【2018/02/14更新】ドライブレコーダー(ドラレコ)への注目や需要が集まる中、この記事ではドライブレコーダーの選び方、2018年2月現在の各メーカー最新製品からおすすめ機種の紹介、Amazon売上人気機種をランキング形式で、さらにミラー一体型、前後録画など各要素ごとに分けてドラレコのオススメを紹介しています。


目次

求められる危険運転への対策、有効なのはドライブレコーダー

あおり運転に代表される危険な運転に遭遇したことはありますか?

警察庁からあおり運転に対して罰則が強化される新対応が発表されたのは記憶に新しいところです。

ある調査によればあおり運転をされたことがあるという方はなんと9割にも及ぶそうです。

あおり運転に限らず、当て逃げや、執拗な幅寄せ、恫喝など、多くの方が危険運転に遭遇しています。

もしトラブルにあったときにあなたの身を守ることにつながるのが、ドライブレコーダーに残る証拠映像です。ドライブレコーダーは略してドラレコと呼ばれます。

本記事では、トラブルの際あなたの身を守るドライブレコーダー(ドラレコ)をご紹介します。

ドライブレコーダー(ドラレコ)の選び方。必ずチェックしたい4つのポイント!

ポイント1 画質はフルHD以上、画素数は200万画素以上か

ドライブレコーダーは「相手の車のナンバープレートや交通事故の状況が鮮明に映せているか」が最重要です。
映像を鮮明に捉えられるように、画質がフルHD(FHD)画素数は「200万画素」以上がおすすめ。

画質は高い順番に、WQHD(2560×1440)→フルHD(1920×1080)→HD(1280×720)の順です。

ポイント2 白とび・黒つぶれを抑えるHDR/WDR対応機種か

夜間走行時、逆光時であっても「相手の車のナンバープレートが鮮明に映っているか」が重要です。

トンネルの出入り口や、夜間走行、逆光時でも「白とび」や「黒つぶれ」を抑えて鮮明な映像が撮影できるHDR/WDR対応の機種を選びましょう。

ポイント3 LED信号対策済み機種か

交通事故では過失の割合を決める際に「信号機が赤だったのか、青だったのか」が非常に重要になるケースがあります。

ここでは詳しい説明は省略しますが、LED信号対策済みの商品を選びましょう。

ポイント4 水平視野角が100度以上、垂直視野角が60度以上か

横からの追い抜きや幅寄せも撮影できるように、水平画角が100度以上、垂直画角が60度以上の商品を選びましょう。

なお、
・セダンタイプなど横幅が広い車種は水平画角が広いもの
・バンタイプなど車高が高い車種は垂直画角を
選ぶのがおすすめです。

ドライブレコーダー(ドラレコ)の価格を左右する7つのポイント

先ほどお伝えした4つのポイントをチェックしておけば安心してドライブレコーダーを購入できます。
更に、価格を左右する7つのポイントをご紹介します。

1.映像素子のセンサーのグレード
2.最大記録解像度の細かさ
3.液晶サイズ
4.レンズのF値
5.駐車時の監視、防犯機能があるか否か
6.地デジ放送を邪魔しないか
7.音声記録

などの機能の有無、及び性能で価格が上下します。

また下記の6社は交通事故時にドラレコの買い替えにお金が返ってくる制度に加盟しています。
■セルスター工業株式会社、株式会社ユピテル、株式会社JVCケンウッド、hp(ヒューレットパッカード)日本地域認定代理店 株式会社プロジェクト琉球、トヨタ部品大阪共販株式会社、エレコム株式会社

【2018年最新】ドライブレコーダー(ドラレコ)Amazon売上・人気ランキングTOP5

まずはAmazonのカー用品カテゴリから、売上・人気ランキング1位から5位までのドライブレコーダーをご紹介します。

価格については、メーカー希望小売価格にて記載しています。

Amazon内での在庫状況によって大幅に異なりますので、最新の価格についてはAmazon内でご確認下さい。

売上げ・人気ランキング1位 コムテック ZDR-012

コムテック ドライブレコーダー ZDR-012

国内メーカー製/画質:フルHD/視野角:水平109°垂直57°(対角135°)/HDR・WDR搭載/地デジ対策済み/LED信号対策済み

楽天でみる

売上・人気ランキング1位は、コムテック ZDR-012です。
コムテックはドライブレコーダーの国内大手メーカーであり、ZDR-012はそのエントリーモデルです。

画質はフルHDにも関わらず価格も安く、売上・人気ランキング1位も納得の高コスパ製品です。
また、フロントガラスの視界を遮らないコンパクトなデザインも非常によく出来ています。

メーカ希望小売価格:24,624円(税抜)

売上げ・人気ランキング2位 Toguard ドライブレコーダー

Toguard ドライブレコーダー

海外メーカー製/画質:HD/視野角:不明(対角130°)/HDR・WDR不明/地デジ対策不明/LED信号対策不明

楽天でみる

売上・人気ランキング2位は、Toguardのドライブレコーダーです。
海外メーカーToguardの商品ですが、地デジ対策/LED信号対策に関する記載はありませんでした。

吸盤取り付け式のドライブレコーダーで、横型デザインが視界を遮らないドライブレコーダーです。

売上げ・人気ランキング3位 ユピテル ドライブレコーダー WD300

ユピテル ドライブレコーダー WD300

国内メーカー製/画質:HD/視野角:水平95°垂直50°(対角130°)/HDR搭載/地デジ対策済み/LED信号対策済み

楽天でみる

売上・人気ランキング3位は、ユピテルのWD300(Web専売モデル)です。
ユピテルはコムテックと並ぶ国内大手メーカーで、WD300はWeb専売モデルです。

画質がHDであること、簡易パッケージで取扱説明書が付属していないモデルであることが安さの秘密です。

メーカー希望小売価格:16,480円(税込)

売上げ・人気ランキング 4位 APEMAN ドライブレコーダー C470

APEMAN ドライブレコーダー C470

海外メーカー製/画質:フルHD/視野角:不明(対角130°)/HDR・WDR搭載/地デジ対策不明/LED信号対策済み

楽天でみる

売上・人気ランキング3位は、APEMANのC470です。
海外メーカーAPEMANの商品ですが、地デジ対策に関する記載はありませんでした。

某ロボットアニメのキャラクターのようなデザインも特徴的です。

メーカー希望小売価格:20,880円

売上げ・人気ランキング5位 YAZACO ドライブレコーダー Y180

YAZACO ドライブレコーダー Y180

海外メーカー製/画質:フルHD/視野角:不明(対角140°)/WDR搭載/LED信号対策済み

売上・人気ランキング5位は、YAZACOのY180です。
海外メーカーYAZACOの商品ですが、地デジ対策に関する記載はありませんでした。

非常に価格が安く、視野角も広い商品です。

【2018年最新】これで万能?4つのポイントを満たす、おすすめドライブレコーダー(ドラレコ)5選

下記のオススメするドライブレコーダー(ドラレコ)は、前述したドラレコの選び方、4つのポイントである

■画質:フルHD以上
■HDR/WDR対応
■LED信号対策済み
■水平画角が100度以上、垂直画角が60度以上

のポイントを満たした筆者おすすめの5商品です。
(価格は2018/01/18時点のものとなります)

おすすめ1. Amazonでも人気 コムテック ZDR-012

コムテック ドライブレコーダー ZDR-012

画質:フルHD/水平109°垂直57°(対角135°)/HDR・WDR搭載/地デジ対策済み/LED信号対策済み

楽天でみる

Amazon売上げランキング1位でも紹介した、コムテックのZDR-012。
ご紹介した4つのポイントをクリアした商品で、非常に優れているためオススメです。

メーカ希望小売価格:24,624円(税抜)

おすすめ2. PapaGO!ドライブレコーダー GoSafe 30G GS30G-32G

PapaGO! ドライブレコーダー GoSafe 30G GS30G-32G

海外メーカー製/画質:SHD/水平108° 垂直60°(対角140°)/HDR・WDR搭載/地デジ対策済み/LED信号対策済み

楽天でみる

こちらはPapaGO!社のGo Safe 30G GS30G-32Gです。
PapaGO!は海外では100万台以上を売り上げる大手メーカーです。

価格もこのモデルにしては安く、デザインもおしゃれです。

おすすめ3. PCがMacの方に ユピテル DRY-WifiV3c

ユピテル ドライブレコーダー DRY-WiFiV3c

画質:フルHD/水平101°垂直64°(対角131°)/HDR・WDR搭載/地デジ対策済み/LED信号対策済み

楽天でみる

こちらはユピテルのDRY-WifiV3cです。
国内大手メーカー、ユピテルの本モデルの強みは、スマホ専用アプリに接続し録画映像を確認できること。

多くのドライブレコーダーは、Apple社のMacでは録画映像の確認することができません。
ユピテルのDRY-WifiV3cなら、スマホ専用アプリですぐに録画映像を確認することができます。

危険運転の録画だけでなく、趣味でロード−ムービーを撮影したい方などにもおすすめです。

おすすめ4. コムテック最上位モデル HDR-352GHP

コムテック ドライブレコーダー HDR-352GHP

画質:フルHD/水平136°垂直70°(対角168°)/HDR・WDR搭載/地デジ対策済み/LED信号対策済み

楽天でみる

こちらはコムテックのHDR−352GHPです。
国内大手メーカーコムテックの最上位モデルで、なんといっても対角168°の超広角レンズが強みです。

超広角レンズに加えて、GPS機能、地デジ対策、LED信号対策と全部入りが非常に魅力的です。
また法人向けの運行管理に適したソフトウェアも対応しているので、法人でドライブレコーダー導入を考えている方にもオススメです。


駐車時監視機能がない「HDR-352GH」モデルや、GPS機能を外した「HDR−351H」モデルでも十分な性能を誇るため、これらのモデルも購入の視野にいれると良いでしょう。

おすすめ5. KENWOOD最上位モデル DRV-830

KENWOOD(ケンウッド) ドライブレコーダー DRV-830

画質:WQHD/水平132°垂直70°(対角144°)/HDR搭載済/地デジ対策済み/LED信号対策済み

楽天でみる

こちらはケンウッドのDRV-830です。
ケンウッドもユピテル、コムテックと並ぶ国内の大手メーカーで、本モデルはケンウッドの最上位モデルです。

本モデルの強みは業界最高水準の画質であるWQHDであること。
また、microSDスロットが2つあるため記録時間の大幅な拡張ができること、3インチの液晶などまさに全部入りが魅力です。

Wifiに転送可能な「DRV-W630」や「DRV-630」もWQHDの高解像度な映像で非常に鮮明な映像が期待できます。

全方位?前後録画?安さ?駐車監視機能付き?用途別おすすめドライブレコーダー

次は切り口を変えて、
・全方位録画
・前後(フロントリア)
・バックミラー一体型
・コスパ重視
の観点からおすすめのドライブレコーダー(ドラレコ)をご紹介します。

駐車監視機能付のドライブレコーダー(ドラレコ)情報は、下記の記事からご確認下さい。

全方位(360度)録画のドライブレコーダー3選、実用段階はまだ先か。

全方位(360度)録画のドライブレコーダーのメリット、デメリットをご紹介します。

■メリット
・全方位録画が可能な為、横や後ろからの追突事故などの証拠も残せる

■デメリット
・対応しているモデルが少ない
・費用が高い

発展途上の全方位(360度)録画モデルは費用も割高になっています。
全方位(360度)録画モデルのドライブレコーダーは、側方や後方の録画ができるためオススメしたいのですが、まだまだ商品化されていないのが現状です。

今後の発展への期待も込めて、3種類のドライブレコーダーをご紹介します。

全方位(360度)モデル1. セイワ PIXYDA PDRSV600



セイワ PIXYDA PDRSV600

メーカー希望小売価格:29,999円

画質:フルHD/水平360°垂直220°/HDR・WDR不明/地デジ対策不明/LED信号対策不明

オートバックスグループ店舗にて先行販売中

楽天でみる

まずはじめにご紹介するのは、セイワのOIXYDA PDRSV600です。
オートバックスグループ店舗にて先行販売されている、360°を録画できるドライブレコーダーです。

GPSは非搭載ですが、オートバックスグループ店舗で先行販売を開始しています。
気になる方は最寄りのオートバックスへ行ってみましょう。

全方位(360度)モデル2. ユピテル Q-01

関連する投稿


タイヤ交換の所要時間&工賃比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤ交換の所要時間&工賃比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤの溝がすり減ってきて、そろそろタイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


【2018年最新】安全性が証明されたチャイルドシート・ベビーシート4選

【2018年最新】安全性が証明されたチャイルドシート・ベビーシート4選

お子さんの安全に関わるチャイルドシートやベビーシートは、安全なものを選びたいですよね。本記事では独立行政法人が発表した2017年度(2017年4月~2018年3月)版の「チャイルドシート安全性能評価試験」をもとに、安全性が証明された4つのチャイルドシートをご紹介します。


地方版図柄入りナンバー 勝手に選んだベスト10デザインを発表!

地方版図柄入りナンバー 勝手に選んだベスト10デザインを発表!

国土交通省が全国41地域に導入する地方版図柄入りナンバープレートのデザインを公表しました。各地域の魅力溢れる個性的なデザインのご当地ナンバーが目白押しとなっています。そんな41地域のデザインについて筆者個人の独断と偏見によりベスト10を選出してみました。


自作「ホワイトレター」でタイヤをおしゃれにカスタム【画像あり】

自作「ホワイトレター」でタイヤをおしゃれにカスタム【画像あり】

タイヤのロゴが白く着色された「ホワイトレタータイヤ」をご存知でしょうか。既製品もありますが、自分で簡単に仕上げることもできるので、お手軽カスタムとしてジワジワと注目を集めています。今回は自分でペイントする際にオススメのペンマーカーと、ホワイトレタータイヤにカスタムした車の画像集をお届けします。


 メルセデス・ベンツのスピーカー交換。音質改善方法&おすすめブランド

メルセデス・ベンツのスピーカー交換。音質改善方法&おすすめブランド

「メルセデス・ベンツ」オーナーに向けて、純正オーディオの特徴分析、そしてそれを踏まえての音質改善方法を紹介していきます。もっともおすすめな音質改善方法であるスピーカー交換については、その注意点や価格帯ごとのおすすめスピーカーまでを詳しく紹介していきます。


最新の投稿


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

DMMが6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をダウンロードしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。