目次へ戻る

タイヤ交換の所要時間&工賃比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤ交換の所要時間&工賃比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤの溝がすり減ってきて、そろそろタイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


どこがおすすめ?タイヤ交換比較表

タイヤ交換をするには、ガソリンスタンドやタイヤ/カー用品専門店、ディーラーなどがあります。こちらではそれぞれがどのような特徴を持つのかをご紹介します。

タイヤ交換の比較表
店舗数技術力サービス安さ
ガソリンスタンド××
タイヤ専門店
ディーラー××

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでタイヤ交換をするメリットはなんと言ってもその身近さとタイヤ交換の安さが挙げられます。店舗数が多く、急にタイヤ交換が必要になった場合でも時間をかけずに交換することが可能です。

デメリットとしてはタイヤの品揃えなどが挙げられます。お店によっては車に合うタイヤが無いことも考えられるため、事前予約が可能な方は事前予約がおすすめです。

タイヤ専門店

タイヤ専門店やカー用品店のメリットは、豊富なタイヤの品揃えとタイヤ交換の安さが挙げられます。デメリットとしては、ディーラーほどのサービスがない点です。

カーディーラー

ディーラーでタイヤ交換をするメリットはサービス・技術力の高さと純正タイヤの在庫が豊富にあることです。ディーラーでは、そのメーカーの車の扱いに特化した整備士と純正タイヤの在庫が豊富に準備されています。また、自宅から車の引取なども合わせて行ってくれる為忙しい方でも対応することが可能です。

タイヤ交換の所要時間はどう決まる?

次に、タイヤ交換の所要時間が気になる方のためにタイヤ交換の所要時間がどのように決まるのかをご紹介します。

一般的にタイヤ交換の所要時間は、
・タイヤの大きさ
・車種
・その他、車高など
の組み合わせで大きく左右されます。

【タイヤ交換の所要時間】大きさ

まずはタイヤの大きさ別のタイヤ交換の所要時間についてご説明します。タイヤは大きければ大きいほど、所要時間が長くなります。おおよその所要時間は下記の通りです。

タイヤの大きさ所要時間
14インチ以下30分から1時間
15〜17インチ30分から1時間
18〜21インチ1時間から1時間半
22インチ以上1時間半以上

例えば、トヨタ・プリウスの標準装備タイヤは15インチ、ホンダ・N-BOXの標準装備タイヤは14インチです。そのため、ほとんどの自家用車は30分から1時間ほどでタイヤ交換が終わるでしょう。

【タイヤ交換の所要時間】車種

また車の種類も所要時間に影響を与えます。タイヤも小さく車体も軽い軽自動車は所要時間が早く、セダン、ミニバン、SUV、トラックなどの順に所要時間が長くなる傾向にあります。

【タイヤ交換の所要時間】その他

スポーツカー等もともと車高が低い車は、ジャッキアップやリフトアップ作業時に通常の車よりも慎重に作業をする必要があるため、所要時間が長くなる傾向にあります。

タイヤ交換の所要時間を短くする方法は事前予約!

タイヤ交換の所要時間を短くするには事前予約をするのが最も有効です。事前予約をすることで、順番待ちを避け、お店も必要なタイヤや工具の準備を万端にしてタイヤ交換を行うことができるため、結果的に所要時間を短くすることが可能です。

タイヤ交換にかかる費用はどう決まる?

タイヤ交換の際にかかる料金を、全国展開するガソリンスタンド「宇佐美」の料金を例にご紹介します。

下記の図は、「宇佐美」での軽自動車・普通自動車の17インチまでのタイヤ交換に関連する各種料金を表示したものです。

タイヤ交換の各種料金 〜軽・普通自動車17インチまでのタイヤの場合〜
1本あたりの料金4本の料金
タイヤ脱着540円2160円
タイヤ組み換え1080円4320円
ホイールバランス1080円4320円
ローテーション540円2080円
タイヤ廃棄料270円1080円

タイヤ本体代金

まず、タイヤ交換をする際の新品のタイヤが必要です。タイヤの本体代金は1本あたり2,500円〜約3,0000円台までとピンからキリまで存在しますが、金額の違いは走行性能や乗り心地などが異なるためです。

工賃

次にタイヤ交換を行う際の工賃が必要です。タイヤの「脱着」なのか「組み換え」なのかによって料金が異なります。また、タイヤが大きく重いほど工賃が高くなる傾向にあります。

タイヤ交換をご自身でする際には工賃がかからないため非常に安くタイヤ交換をすることが可能です。

タイヤの脱着(履き替え)

画像はタイヤの脱着(履き替え)


「タイヤの脱着(履き替え)」はタイヤ部分とホイール部分をまとめて交換することを示します。

タイヤの組み換え

画像はタイヤの組み換え

タイヤの「組み換え」はホイールはそのままにタイヤ部分のみ交換することを示します。

バランス調整

バランス調整は1本約1000円ほどで行われている、タイヤとホイールのバランス調整をすることです。

一見すると円に見えるタイヤも、実は完全な円ではありません。そのため、車に取り付けて高速回転している際は、上下左右にブレが生じています。この上下左右のブレは、高速走行に影響を与えるほどの振動や騒音を引き起こします。こうした上下左右のブレを無くすのが「バランス調整」です。
専用の機械でタイヤを回転させ、スチールやアルミ製のおもりをホイールに貼り付けることで微妙なブレをなくします。

ローテーション

ローテーションは1本約500円ほどで行われている、タイヤの位置を変える作業です。タイヤは同じ位置のまま長期間使用していると、同じ場所が偏って摩耗したり(偏摩耗)、前輪と後輪で摩耗具合が異なってしまいます。そのため、タイヤのローテーションを行うことでタイヤを長持ちさせることが可能になります。

タイヤ廃棄料

タイヤの内部にはワイヤーが入っており、無料廃品回収などでは回収してもらうことができません。そのため、1本300円ほどを支払うことでタイヤ用品店に引き取ってもらいましょう。

タイヤの持ち込み交換に対応しているのは?

さきほどご紹介したタイヤ交換の費用の中でも、タイヤの本体価格を安く抑える方法がネット通販でタイヤを購入することです。他店やネットで購入したタイヤを持ち込んで交換する「持ち込み交換」にどのお店が対応しているのかを調べました。

持ち込み交換Amazon購入での交換
オートバックス
エネオス×
イエローハット×
タイヤ館×
カーディーラー×
宇佐美

上記のように、ほとんどのお店が「持ち込み交換に対応可能かは店舗による」とのことでした。つまり、他店で購入したタイヤを持ち込み交換できるかは、各店舗に委ねられているということです。

これはガソリンスタンドなどがFC契約であることや、店舗によりタイヤ交換の機材なども異なるためです。

ガソリンスタンド 宇佐美は持ち込み交換OK!

そんな中でも全国に展開するガソリンスタンドの宇佐美は、持ち込み交換に対応しています。しかし、金額は通常の2倍ほど1本2,160円〜と金額がかかります。

持ち込み交換、Amazon購入で可能に!

「持ち込み交換」をしたい方に最もおすすめなのが、タイヤをAmazonで購入し提携しているお店で交換することです。
これは、Amazon.co.jpが販売するタイヤを購入することで、下記のガソリンスタンドやカー用品店でタイヤ交換を行うことができるようになる仕組みです。Amazonからタイヤ交換を行う店舗に直接タイヤを輸送することで、タイヤを運ぶ手間も省けさらにタイヤ本体代金も抑えることが可能です。

4本あたり
宇佐美4320円〜
出光4320円〜
タイヤプロネットワーク4320円〜
Esso Mobil ゼネラル石油5000円〜
オートバックス6000円〜
LOTUS CLUB9072円〜
グーピット店舗による

さらに、提携している店舗も多いためニーズに合ったタイヤ交換が可能です。

※店舗ごとの詳細などは下記のURLをご覧ください※

Amazon.co.jp: カー用品取付・交換ご利用ガイド 外部提携サイトで申込み: 車&バイク

車&バイク の優れたセレクションからオンラインショッピング。

まとめ

お店ごとのタイヤ交換の特徴と、持ち込み交換が可能なお店をご紹介しました。

価格重視の方には、Amazonで購入して提携会社に持ち込むことが最もお得な方法と言えそうです。
詳細については各店舗の詳細をご覧ください。

関連する投稿


【2018年厳選】タイヤラックおすすめ3選!厳選した人気タイヤラックをご紹介

【2018年厳選】タイヤラックおすすめ3選!厳選した人気タイヤラックをご紹介

意外と見落としがちなタイヤの保管方法。貴方はどうしていますか?タイヤは消耗品ではありますが、適切な方法で保管することで、少しでも長く使いたいものですね。そのために、大切なのがタイヤラック。本記事では、人気で使いやすいおすすめタイヤラックをご紹介しています。


【2018年最新】安全性が証明されたチャイルドシート・ベビーシート4選

【2018年最新】安全性が証明されたチャイルドシート・ベビーシート4選

お子さんの安全に関わるチャイルドシートやベビーシートは、安全なものを選びたいですよね。本記事では独立行政法人が発表した2017年度(2017年4月~2018年3月)版の「チャイルドシート安全性能評価試験」をもとに、安全性が証明された4つのチャイルドシートをご紹介します。


地方版図柄入りナンバー 勝手に選んだベスト10デザインを発表!

地方版図柄入りナンバー 勝手に選んだベスト10デザインを発表!

国土交通省が全国41地域に導入する地方版図柄入りナンバープレートのデザインを公表しました。各地域の魅力溢れる個性的なデザインのご当地ナンバーが目白押しとなっています。そんな41地域のデザインについて筆者個人の独断と偏見によりベスト10を選出してみました。


自作「ホワイトレター」でタイヤをおしゃれにカスタム【画像あり】

自作「ホワイトレター」でタイヤをおしゃれにカスタム【画像あり】

タイヤのロゴが白く着色された「ホワイトレタータイヤ」をご存知でしょうか。既製品もありますが、自分で簡単に仕上げることもできるので、お手軽カスタムとしてジワジワと注目を集めています。今回は自分でペイントする際にオススメのペンマーカーと、ホワイトレタータイヤにカスタムした車の画像集をお届けします。


 メルセデス・ベンツのスピーカー交換。音質改善方法&おすすめブランド

メルセデス・ベンツのスピーカー交換。音質改善方法&おすすめブランド

「メルセデス・ベンツ」オーナーに向けて、純正オーディオの特徴分析、そしてそれを踏まえての音質改善方法を紹介していきます。もっともおすすめな音質改善方法であるスピーカー交換については、その注意点や価格帯ごとのおすすめスピーカーまでを詳しく紹介していきます。


最新の投稿


日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産自動車は、高性能スポーツブランド「NISMOロードカー」の第7弾となる日産『リーフNISMO』(Nissan Leaf NISMO)を7月31日より発売すると発表しました。今回のリーフでNISMOロードカーは7車種目になります。リーフNISMOはいったいどんな仕上がりになっているのでしょうか。


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

DMMが6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をダウンロードしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!