トップへ戻る

タイヤ交換の所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

タイヤ交換の所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

タイヤの溝がすり減ってきて、タイヤ交換の時期…。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧でわかりやすく解説します。タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をまとめました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


タイヤ交換はどこがおすすめ?タイヤ交換比較

タイヤ交換をしようと思った時、一体どこに行けばいいのだろう…と疑問に思ったことはありませんか?タイヤ交換は、主にガソリンスタンドやタイヤ専門店・カー用品店、ディーラーなどで行えます。

まず、それぞれがどのような特徴を持つのかを紹介します。

タイヤ交換の比較表
店舗数技術力サービス安さ
ガソリンスタンド×
タイヤ専門店・カー用品店
ディーラー××

1.ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでタイヤ交換をするメリットは、なんといってもその身近さとタイヤ交換の安さが挙げられます。店舗数が多くロードサイドの立地の良い場所に位置しているので、急にタイヤ交換が必要になった時にも近くの店舗で交換可能です。

デメリットは、タイヤの品揃えや交換できるタイヤサイズが限定されていること。店舗によっては車に合うサイズのタイヤが店頭に在庫がないことや、タイヤを持ち込んでもサイズによっては交換ができない場合もあるため、事前に確認しておくのがおすすめです。

ガソリンスタンドでタイヤ交換する際のメリット

ガソリンスタンドでタイヤ交換をするメリットは、店舗数が多く、夜遅くまで営業している店舗もあるため営業時間が長いという点があります。また、タイヤ交換と一緒に給油や洗車も同時にできるので、車のメンテナンスを一か所で行うことが可能です

ガソリンスタンドでタイヤ交換する際のデメリット

ガソリンスタンドでは、タイヤ以外の洗車と給油も同時にできますが、交換できるタイヤの数が少なく、サイズが合わないという場合もあります。

タイヤ専門店ではないため、緊急時のタイヤ交換には便利ですが、メーカーなどにこだわりがある人は、在庫が豊富なタイヤ専門店での交換がおすすめです。

ガソリンスタンドでタイヤ交換する際の注意点

ガソリンスタンドはガソリンを給油するのがメインなので、行ってすぐにタイヤ交換をしてもらえるとは限りません。

スタッフの配置の関係上、作業時間を見込んで予約を受けつける場合もあるので、飛び込みで入っても人手が足りず作業してもらえない場合もあります。タイヤ交換が可能な時間帯を聞き、あらかじめ予約をした上で出かけるようにしましょう。

2.タイヤ専門店・カー用品店

タイヤ専門店やカー用品店のメリットは、豊富なタイヤの品揃えとタイヤ交換の安さが挙げられます。

デメリットとしては、ディーラーほどのサービスがないことと、混み合いやすく希望日時で予約を取りにくいことや、作業時間が長くなってしまう場合があることです。

タイヤ専門店・カー用品店でタイヤ交換する際のメリット

タイヤ専門店やカー用品店はその名の通り、タイヤや車用品に特化した専門店です。品揃えが豊富な上、スタッフも専門知識を持っているのでタイヤ選びの相談も可能!車のトラブルや、気になる個所を相談して、最適なタイヤを提案してもらえます。

また、専門店なので保証も充実しています。対面で説明を受けながらその都度質問し、納得した上で保証を選べるというのも大きなメリットです。

タイヤ専門店・カー用品店でタイヤ交換する際のデメリット

タイヤ専門店やカー用品店でのタイヤ交換は、多くのお客様の対応をするので、ディーラーのような細かなサービスは受けられません。車のカスタマイズも同時に行う人もいるので、待ち時間が長くなる場合もあります。

タイヤ専門店・カー用品店でタイヤ交換する際の注意点

タイヤ専門店やカー用品店は、気軽に利用できるというメリットがありますが、その分利用するお客様も多いので予約が取りにくい、または取りづらいという点があります。

タイヤ専門店やカー用品店でタイヤ交換をする際には、予約を取り、時間の余裕をもって出かけるようにしましょう。

3.ディーラー

ディーラーでタイヤ交換をするメリットは、サービス・技術力の高さと純正タイヤの在庫が豊富なこと。ディーラーでは、そのメーカーの車の扱いに精通した整備士が対応してくれる安心感も他に勝ります。

また、自宅から車の引取などもあわせて行ってくれるため、忙しい方でも時間を取られず対応してもらうことができます。

ディーラーでタイヤ交換する際のメリット

ディーラーでタイヤ交換するメリットは、車種を知りつくしているので、最適なタイヤを提案してくれるという点です。また、自宅まで車を取りに来てくれ、作業後に運んでくれる他、時間の調整やアフターフォローなどきめ細かいサービスが受けられます。タイヤ交換にも技術の差があるので、高い技術力でタイヤ交換をしてくれます。

ディーラーでタイヤ交換する際のデメリット

ディーラーでタイヤ交換をするデメリットは、やはり料金が高めという点です。お客様ごとに丁寧に対応していくため、時間がかかるという点も考慮しなければいけません。

ディーラーでタイヤ交換する際の注意点

ディーラーでタイヤ交換をする場合、きめ細かいサービスが受けられるため、費用は高くなります。また、車に合った純正のタイヤを勧めるため、希望と合わない場合もあります。

メーカー以外のタイヤを希望する場合、費用が別途かかるので、事前に取り付けが可能かどうか相談するようにしましょう。

タイヤ交換の時期

タイヤは製造された日から10年が交換の目安です。製造された日と、購入した日では年数の計算が変わってくるので、必ず製造日をチェックします。

交換する時期の目安は、サマータイヤからスタッドレスに履き替える10月~11月、そして冬が終わり、夏タイヤに履き替える春先が目安となります。

地域によって気温が異なるため、季節用タイヤの履き替える時期をひとつの目安とし、その他、運転状況や点検でタイヤの状態をチェックするようにしましょう。

タイヤ交換の所要時間はどう決まる?

次に、タイヤ交換の所要時間がどのように決まるのかを紹介します。

一般的にタイヤ交換の所要時間は、

・タイヤの大きさ
・車種
・その他、車高など

の組み合わせで大きく左右されます。

【タイヤ交換の所要時間】大きさ

《画像提供:Response》タイヤガーデン(イメージ)

まずは、タイヤの大きさ別のタイヤ交換にかかる時間について。

タイヤは大きければ大きいほど、交換にかかる時間は長くなります。おおよその所要時間は下記の通りです。たとえば、トヨタ プリウスの標準装備タイヤは15インチ、ホンダ・N-BOXの標準装備タイヤは14インチです。そのため、ほとんどの自家用車のタイヤ交換は30分から1時間ほどで終わるでしょう。

タイヤの大きさ所要時間
14インチ以下30分から1時間
15〜17インチ30分から1時間
18〜21インチ1時間から1時間半
22インチ以上1時間半以上

【タイヤ交換の所要時間】車種

また車の種類も所要時間に影響を与えます。

タイヤが小さく車体も軽い軽自動車は所要時間が短く、セダン、ミニバン、SUV、トラックなどの順に所要時間が長くなる傾向にあります。

【タイヤ交換の所要時間】その他

スポーツカー等もともと車高が低い車は、ジャッキアップやリフトアップ作業時に通常の車よりも慎重な作業を要するため、所要時間が長くなる傾向にあります。

タイヤ交換にかかる時間を短くしたい!そんな人は事前予約がおすすめ

タイヤ交換にかかる時間を短くするには、事前予約がもっとも有効です。

事前予約をすることで、待ち時間を減らせることに加えて、店舗側も必要なタイヤや工具の事前準備ができるので、結果的に所要時間を短くできます。

タイヤ交換にかかる工賃・料金はどう決まる?

タイヤ交換の際にかかる料金を、全国展開するガソリンスタンド「宇佐美」の料金を例に紹介します。

下記の図は、「宇佐美」での軽自動車・普通自動車の17インチまでのタイヤ交換に関連する各種料金を表示したものです。(※情報は2022年7月時点のもの)

タイヤ交換の各種料金 〜軽・普通自動車17インチまでのタイヤの場合〜
1本あたりの料金4本の料金
タイヤ脱着550円2,200円
タイヤ組み換え1,100円4,400円
ホイールバランス1,100円4,400円
ローテーション550円2,200円
タイヤ廃棄料275円1,100円

タイヤ本体の料金

タイヤ本体の料金は1本あたり2,500円~30,000円台までと金額の幅がありますが、金額の違いで走行性能や乗り心地などが異なります。

タイヤ交換工賃

タイヤ交換の工賃として、タイヤの「脱着」なのか「組み換え」なのかによって金額が異なります。また、タイヤが大きく重いほど工賃が高くなる傾向にあります。

タイヤの脱着(履き替え)

タイヤ履き替え(イエローハット)

車に装着しているタイヤを外し、別のタイヤを取り付けることをいいます。

タイヤの組み換え

ホイールからタイヤを外して、別のタイヤ(ゴム部分)に交換することをいいます。

費用を抑えたい方は、DIYでタイヤ交換にチャレンジしてみるのもいいですが、タイヤの組み換えを行う際には、タイヤチェンジャーなど専用の機器が必要になります。機器を用意する費用を含めた総額を考えて、自身で行うか店舗に依頼するかを検討しましょう。

バランス調整

ホイールバランス測定調整(イエローハット)

一見すると円に見えるタイヤも、実は完全な円ではありません。そのため、車に取り付けて高速回転している際は、上下左右にブレが生じています。

この上下左右のブレは、高速走行に影響を与えるほどの振動や騒音を引き起こします。こうした上下左右のブレを抑えるのが「バランス調整」です。

専用の機械でタイヤを回転させ、スチールやアルミ製のおもりをホイールにつけることで微妙なブレを抑えます。

ローテーション

タイヤローテーション(イエローハット)

ローテーションは、タイヤの取り付け位置を変える作業です。

タイヤは同じ位置のまま長期間使用すると、同じ場所が偏って摩耗したり(偏摩耗)、前輪と後輪で摩耗具合が異なっていきます。タイヤの取り付け位置を変えることで、タイヤを長持ちさせることができます。

タイヤ廃棄料

タイヤは自治体の無料ゴミ回収では回収してもらえません。

自治体によっては別料金で廃タイヤ回収をおこなっているケースもありますが、カー用品店などでタイヤを購入した際に、その店舗で廃棄料等を支払って不要なタイヤを処分してもらうのが一般的な方法です。

タイヤ交換 持ち込みに対応しているのは?

さきほど紹介したタイヤ交換の費用の中でも、タイヤ本体の価格を安く抑えられるのがネット通販でタイヤを購入する方法です。他店やネットで購入したタイヤを持ち込んで交換する「持ち込み交換」にどのお店が対応しているのかを調べました。(※2022年7月時点)

持ち込み交換Amazon購入での交換
オートバックス×
エネオス×
イエローハット×
タイヤ館×
カーディーラー×
宇佐美

上記のように、ほとんどのお店が「持ち込み交換に対応可能かは店舗による」とのことでした。つまり、他店で購入したタイヤを持ち込み交換できるかは、各店舗に委ねられているということです。

これはガソリンスタンドなどのFC契約や、店舗によりタイヤ交換の機材なども異なることが影響しています。

ガソリンスタンド 宇佐美は持ち込み交換OK!

そんな中でも全国に展開するガソリンスタンドの宇佐美は、持ち込み交換に対応しています。しかし、金額は通常の2倍ほどで1本2,200円~と割高になります。

タイヤの持ち込み交換、Amazon購入で可能に!

「持ち込み交換」をしたい方にもっともおすすめしたいのが、Amazonでタイヤを購入し、提携している店舗で交換することです。

これは、Amazonで販売するタイヤを購入し、提携のガソリンスタンドや整備工場でタイヤ交換を行えるサービスです。Amazonからタイヤ交換を行う店舗に直接タイヤを配送することで、タイヤを運ぶ手間も省け、さらにタイヤ本体代金も抑えられます。

対象提携店舗4本あたり
宇佐美6,600円〜
ロータスクラブ掲載店舗8,400円〜
グーネットピット掲載店舗4,400円~
※2022年7月現在

Amazonで購入できるおすすめタイヤ5選

ここからは、アマゾンで購入できるおすすめのタイヤを5つ紹介します。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) NEXTRY

ブリヂストンのNEXTRYは、軽自動車やセダン、そしてコンパクトカーなど幅広い車種に適合します。乗り心地を追求しつつも、ドライ性能と転がり抵抗を考慮して作られているため、燃費アップも期待できます。国産のメーカーでできるだけ燃費を考慮したタイヤを選びたい人におすすめです。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) 低燃費タイヤ NEXTRY 155/65R14 75S 1本

HAIDA(ハイダ)サマータイヤ HD921

HAIDA(ハイダ)は中国のタイヤメーカーです。ロードノイズを低減する左右非対称のパターンにより、高速道路も安定した走行が実感できます。高速道路を使う頻度が多い人におすすめです。

HAIDA(ハイダ) サマータイヤ HD921 205/40R17 84W

IMPERIAL(インペリアル)スタッドレスタイヤ S110

IMPERIAL(インペリアル)はスタッドレスのタイヤです。アマゾンのタイヤの売れ筋ランキングでも上位に表示される人気商品です。タイヤ交換にはできるだけコストを抑えたいという人は、試してみましょう。

インペリアル(IMPERIAL) スタッドレスタイヤ S110 165/60R15 81T

ピレリ サマータイヤ DRAGON SPORT(ドラゴンスポーツ)

DRAGON SPORT(ドラゴンスポーツ)は、パフォーマンスが高いスポーティータイヤです。四角い接地面が均一な摩擦を実現させハンドリングとブレーキングの性能を高めました。パワフルな走りを実感したい人におすすめです。

225/45R17 ピレリ サマータイヤ DRAGON SPORT 91W ドラゴン・スポーツ 1本 PIRELLI 2630200

APTANY(アプタニー)サマータイヤ RA301

APTANY(アプタニー)は中国のタイヤメーカーです。左右非対称になっているトレッドパターンにより、撥水性に優れロードノイズを軽減し、安定した乗り心地を実現させました。いろいろなメーカーのタイヤを試してみたいという人におすすめです。

アプタニー(APTANY) サマータイヤ RA301 225/45R18 95W

Amazon.co.jp: タイヤ取付・タイヤ交換

https://amzn.to/3RZbZgn

Amazon.co.jpではタイヤの販売だけではなく、タイヤ取付・タイヤ交換サービスもお手頃価格で実施しています。①タイヤを購入する前に取付・交換サービスチケットを購入してサービスを受ける方法と、②外部のタイヤ取付・タイヤ交換サービス提携先に申し込む方法があります。

まとめ

ガソリンスタンドやタイヤ・カー用品専門店、ディーラーでのタイヤ交換の特徴と、タイヤ交換にかかる所要時間や工賃などを紹介しました。

価格重視の方には、Amazonで購入して提携しているガソリンスタンドや整備工場に持ち込むのがもっともお得な方法といえそうです。

よくある質問

タイヤ交換はどこでできる?

タイヤ交換は、ガソリンスタンドやカー用品専門店、ディーラーなどで行うことができます。それぞれで交換に関する料金や安心面でのメリット・デメリットがありますのでご自身の希望にあう場所で交換しましょう。

タイヤ交換の所要時間は?

一般的な自家用車のサイズであれば30分から1時間ほどで交換できます。20インチ以上の大きなタイヤサイズになると1時間半以上かかる場合もありますので、順番待ちを減らすためにタイヤ交換店へ事前に予約をしておくのがよいでしょう。

かんたんにタイヤ交換がしたいという方はこちらもどうぞ

タイヤ交換をしたい、でも何からすればいいのか。自分で全部やるのはめんどくさい。そんな方にはTIREHOODがおすすめです。


タイヤ購入・取付予約が同時にできる!
近所にあるガソリンスタンドをはじめとした
店舗が予約できる
そして、
購入したすべてのタイヤにパンク保証がつく!
TIREHOOD公式ページはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

こちらの記事もおすすめ!

スタッドレスタイヤに関する情報はこちらから

関連する投稿


タイヤ交換はどこが安い?交換時期や値段、意外と簡単な交換の方法までを解説!

タイヤ交換はどこが安い?交換時期や値段、意外と簡単な交換の方法までを解説!

購入した車は、ずっと同じ状態で乗り続けられるわけではありません。とくにタイヤは地面と接地するパーツのため、主に走行することによって劣化していきます。安全に走るために、タイヤ交換は必要なものですが、タイヤ4本の交換となると費用もかさみます。そこで今回は、タイヤ交換で少しでも費用を抑えるために知っておきたいポイントや自分で交換する方法など、タイヤ交換について知っておきたい情報をまとめてお伝えします。


タイヤメーカーおすすめランキング!メーカーごとの特徴を比較

タイヤメーカーおすすめランキング!メーカーごとの特徴を比較

あなたは、タイヤのメーカーをどれくらいご存知でしょうか?車のタイヤを選ぶ時、「愛車に合いそう」「価格が安いから」などで選んでいませんか?タイヤメーカーの特徴を比較して知ることで、より快適に走れるように、今回は車のタイヤのメーカーについて紹介します。(2022年7月更新)


アジアンタイヤおすすめ10選!国産タイヤとの比較や寿命、評判も解説

アジアンタイヤおすすめ10選!国産タイヤとの比較や寿命、評判も解説

タイヤ専門店や、インターネットなどでアジアンタイヤについて目にする機会も増えてきました。価格が安いと品質はどうなのか気になる人も多いのではないでしょうか。ここでは、アジアンタイヤの特徴や安さの理由、そして国産タイヤとの違いや寿命、最後におすすめのアジアンタイヤについて紹介します。


タイヤの買取はオートバックスで決まり!?高く売るための方法は?

タイヤの買取はオートバックスで決まり!?高く売るための方法は?

業界最大手のカー用品店であるオートバックスで、タイヤの買取をしてもらえるってご存じですか?車を乗り換えるタイミングや、今まで使っていたスタッドレスタイヤが、新しい車には合わなくなったときなど、タイヤを売りたくなる理由は人によってさまざまです。そんな時に困らないように、今回はオートバックスにタイヤの買取をお願いするときのポイントについて解説します。


知っておきたい!タイヤの組み換えを持ち込みで依頼するポイント

知っておきたい!タイヤの組み換えを持ち込みで依頼するポイント

タイヤは、車のパーツの中で唯一路面と接する部分です。市販されているタイヤは性能も価格も千差万別で、商品ごとにさまざまな特徴を持っています。また最近ではネット通販での取り扱いも充実し、より多くの選択肢の中から自分好みのタイヤを選択できるようになりました。今までは、タイヤショップやカー用品店で購入したタイヤを、そのお店で組み換えてもらうことが主流でした。しかし現在は、自分好みのタイヤを購入し、持ち込みで組み換えを依頼するケースが増えています。今回の記事では、タイヤの組み換えを持ち込みで依頼する際に困らないための情報をお伝えします。


最新の投稿


【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

女性が運転していたらより一層かっこいい。そんな車を国内外の多様なジャンルの車から国産車5台、輸入車5台をピックアップしました。貴女に似合うピッタリの一台が見つけてください。


【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

車には様々なボディタイプがありますが、多くの人が車と聞いて最初に思い浮かべる、最もオーソドックスな形状の車がセダンです。最近のセダンは流れるルーフラインでクーペのような美しいデザインも多く、セダンの定義やイメージも時代とともに少しずつ変わってきています。この記事では、現在販売されている新車のセダンで販売台数ランキングトップ5の国産車と輸入車をそれぞれ5台ずつ、計10台紹介します。


【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

昨今アウトドアや車中泊の人気が高まっていますが、気軽に車中泊を始めるなら「軽バン」がおすすめです。もともとは「仕事用」のイメージが強い軽バンですが、実はいろいろな種類があります。この記事では車中泊におすすめの軽バンを5台紹介します。


【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

昨今、各メーカーが最も力を入れてるジャンルの一つであるといっても過言ではないSUV。悪路走破性能に特化した本格クロカンSUVはもちろんのこと、都市型クロスオーバーSUVや高級感溢れるフラッグシップモデル、さらには一風変わったこだわりのデザインの車種まで、国産&輸入のかっこいいSUVを10車種紹介します。


【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

市場には、リセールバリュー(再販価値)の高い車と低い車があります。購入時にリセールバリューの高い車を選べば、新車販売価格は高額であっても、所有期間中に目減りする資産価値、すなわち自分の持ち出し分は意外と少なくなる可能性も。この記事では、リセールバリューの高いおすすめの5車種を紹介します。